愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

永く富む家

 

住まい手様の希望
純和風の家が好き。地震に強く、三世代が安心して暮らせる家にしたい。
中島工務店の答え
伝統的なセガイのついた入母屋造りの落ち着いた外観、屋根の荷重を支える11メートルを超える地棟丸太、和室まわりには差鴨居(尺材)など和風建築の粋を尽くしました。
1階に親世代、2階に次世代の居室を配し、三世代がゆったりと暮らせます。
※セガイ:母屋の柱から腕木を出して桁を載せ、その部分に天井を張る構法。
※差鴨居:鴨居は和室の障子や襖などの上部にある部材で障子や襖を開け閉めするために必要だが、現代では薄い板材を取り付けるだけで構造的な意味はない場合が多い。差鴨居は太い部材を柱にホゾ差しで組み込むもので、構造的に効いているため大きな開口をつくれる。

 

HOUSE DATA
●延床面積     247.66㎡(75.05坪)
●おもな構造材   土台:桧12cm、通し柱:桧12cm/15cm、管柱:桧12cm、梁:杉
●おもな外部仕上げ 屋根:和風いぶし瓦葺き、外壁:木摺りモルタル下地+弾性リシン吹付け・杉板張り
●おもな内部仕上げ 天井:杉板張り、床:桧フローリング・カバフローリング、左官壁:ジュラックスC

002

004

008

010

 

011

013

009

007

来場予約はこちら