愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

注文住宅の業者選びのコツ~ポイントは比較のしかたです~

161116%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88top

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
最初のテーマは『注文住宅の業者選び』です。

「あの素敵なリビングを見たのって、どこの会社だったっけ?」
「外観はあそこの会社が好きだけど、寝室の雰囲気は別の会社の方がいい気がする」
「別の会社ってどこ?」
「エッ・・・いやもう、どの会社がどんな家だったかよくわからなくなってきた・・・」
長久手Studioに家づくりの相談に来てくださるお客様のお話を聞いていると、こんな会話がよくあります。
家づくりは最初から最後まで取捨選択の繰り返しですが、中でも、業者選びは最初にして最大の選択でしょう。
一生に一度の家づくりのすべてを託すんですから、慎重に選びたいですよね!
業者選びで大切なのは 納得できるまでいろんな住宅会社を見学してじっくり選ぶこと 。
でも、選ぼうとすればするほどわからなくなってしまうことがよくあります。

今日は、当社の営業スタッフがたくさんのお客様の生の声を聞く中で編みだした、納得できる住宅会社の選び方をご紹介します。
キーワードは「ドリームノート」「放射状に比較する」です。

 

住宅会社選びで迷う理由

具体的なやり方をお話しする前に、どうして迷ってしまうのかを考えておきましょう。
迷ってしまう原因を解決すれば、納得して選べるはずですから。

そもそも家を建ててもらう業者ってどうやって探すのでしょうか。
家づくりの先輩たちがどうやって探したのかを、国がちゃんと調べてくれています。
国土交通省が実施している平成27年度住宅市場動向調査の結果を見てみましょう。

161115-01

注文住宅の場合、半分以上が「住宅展示場」に行っていることがわかります。

知人等の紹介も3割弱います。
信用できるという意味では間違いありませんから、手始めに話を聞いてみるとその後の業者選びの参考になるでしょう。
ただし、友人・知人にとってよい会社が自分にとっても最良だとは限らない点には注意が必要です。

勤務先で、というのは勤務先に提携している住宅会社があるケースでしょうか。
そのようなケースでは割引などの特典があることが多いので、一度は検討したい選択肢です。

ほかにはネット、雑誌、折込広告ということですが、このあたりは皆さんいろんな手段を併用して情報収集していることでしょう。
でもネット検索で自分に合う会社を見つけるのってなかなか難しいですよね。
例えば「愛知、注文住宅」で検索すると186万件もヒットしますし、いろんなタイプの会社が列挙されますから、もっともっと自分に合ったキーワードで絞り込まないといけません。
自分が建てたい家、実現したい暮らしがはっきりしているほど求めている情報に出会えるのは一般的な検索と同じですが、家づくりを始めたばかりの頃は建てたい家や実現したい暮らしがまだよくわからないことが多いからたいへん です。

雑誌を見るときには、自分の視点と発行者の視点が違うことを意識しておくと掲載されている情報を判断しやすくなるでしょう。
雑誌の誌面はとても素敵ですが、その内容は発行者の視点で編集されています。
発行者が設定したテーマやテンプレートに従って掲載内容や項目が選ばれているので、自分にとって意味のある情報がそこから漏れてしまっている恐れがあります。

さて、ここまでの内容から業者選びで迷ってしまう原因が2つ見えてきました。

1.情報が多すぎる
2.自分なりの視点を持つのが難しい

よく似た住宅会社がいっぱいあって、それぞれにいいところがあって、どこをどう選べばいいのかわからなくなる・・・。
これが多くの人が迷い込んでしまう業者選びの迷路です。
つまり、自分なりの判断基準をしっかりと持って情報を料理すれば、納得して業者を選べる可能性が高まるというわけです。
そこで登場するのが ドリームノート と 放射状に比較する という方法です。

 

ドリームノートに家づくりのアレコレをなんでも記録しよう

ドリームノートは、その名の通り、家づくりに関する夢を書くノートです。
「なぁんだ」と思われましたか?
名前は違っても、この方法は聞いたことがある人も多いでしょう。
でも、このノートは活用方法がポイントです。
そう、放射状に比較するというものです。
そのように活用するためには書き方にもポイントがありますが、まずは何を書くかを押さえておきましょう。

下の写真は当社で建てていただいたお客様が実際に書かれたドリームノートです。

他社について書かれている部分はモザイクをかけさせていただきました。
リアルすぎますからね・・・。

ドリームノートには何を書いてもかまいませんが、ぜひ書いてほしいのはこんなことです。

・新しい家でやりたいこと、叶えたい夢 ← 言われなくても書きますよね。
・今の家で困っていること ← 気づいたときに書いておかないと忘れます。
・街の中で、ネットで、雑誌で見た「これいい!」って思うもの ← すぐに写真を撮ってください。
・モデルハウスや見学会で感じたこと ← わからなくなるので帰ったらすぐに書きましょう。
・思いついたアイディア ← すぐに書いておかないと忘れます。

 

上の写真のお客様は、いろんな住宅会社を見学したり情報収集したときの出来事を日記のように記録されました。
見ての通り、写真を貼ったり、自分でイラストを描いたりもしています。
イラストには描いたときの気持ちが表現されているので、あとで見直したときに自分が心を動かされたポイントがわかりやすいというメリットがあります。

書き方は自由ですから、箇条書きでもかまいません。
というか、このあたりの話はネットで検索するとたくさん出てきます。
まとめ方のコツやテンプレートみたいなのもありますね。
でも、あまり難しく考えずにとにかく記録しておくことが大事です。
書いてさえあればなんとか料理できますから!

 

ドリームノートの活用その① 自分にとって大事なことを知る

先ほどのドリームノートを書かれたお客様がおっしゃっていました。
書いているうちに自分にとって大事なことがわかってきた、と。

ここで役立つのが先ほどの事例でいうイラストです。
イラストを描くというのはそれだけ心が動いたという証拠ですから、イラストがあるところを拾い読みするだけで自分の気持ちがよくわかります。
もちろん、イラストじゃなくてもかまいません。
マーカーで目立つように線を引いておいたり、付箋を貼ったり、好きなシールを貼っておいてもいいんです。
最初のうちはなにが大事か、どんなふうに役立つかわからないけれど、感じたことをとにかく書いておく。
その中で自分がワクワクしたり心に響いたポイントがわかるようにしておけば、それが自分にとって大事なことの目印です。
そして、ここで気づいた「自分にとって大事なこと」が住宅会社を比較するときの項目になります。

 

ドリームノートの活用その② 軸を決めて放射状に比較する

住宅会社を比較するときの項目は決まりましたが、ここで多くの人が陥りやすいのがひとつひとつの会社を候補になっているほかのすべての会社と相対評価することによる混乱です。
絵にしてみるとこんな感じです。

161116%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%8802
矢印がたくさん交わっていて、見るからにごちゃごちゃですね。
「木材はA社よりB社がいいけれど、施工が丁寧なのはB社よりC社。でも耐震性ならD社で、とはいえD社はデザインが好みじゃなくて、センスが合うのはB社だと思う。それから営業さんが親切なのはA社とC社で・・・」
せっかく自分にとって大事な項目を決めたのに、最終的にどこがいいのかよくわからなくなってしまいました。
すべての項目で最高だと思える会社があればそれに越したことはありませんが、そううまくはいかないのでこうなってしまうのは当たり前です。

これを解決するのが軸を決めて放射状に比較するという方法です。

まず、どこか1社、軸になる会社を決めましょう。
一番気になっている会社でもいいですし、よくわからなければ最初に見学した会社でもかまいません。
とにかく「ここを基準にする」という会社を決めてください。

あとは、その軸になった会社とそのほかの候補の会社を1対1で比較するだけです。
X社を軸にしたなら、X社とA社、X社とB社、X社とC社という具合に比べていきます。
もちろん、このときには先ほど確認した「自分にとって大事なこと」という観点から比較検討しましょう。
点数をつけるのもオススメです。

161116%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%8803

X社というひとつの会社を軸にして点数をつけた結果、すべての会社が同じ基準で評価されました。
すると、どの会社が総合評価が高いのか、ひと目でわかるようになります。
X社と比較しただけなのに、結果的にすべての会社を相対的に比較したことになったわけです。

この方法には、比較しようという心構えで見学にいくためその会社の特徴をつかみやすくなるというメリットもあります。
漠然と見てまわるのではなく「X社で聞いたことは、この会社ではどうなんだろう」と説明を求めにいくわけですから。

そうやって2~3社に絞ったころには、住宅会社をまわり始めた頃に比べて目が肥えているはずです。
知識も増えていますよね。
その目と知識を持って、絞り込んだ2~3社をもう一度見てまわってください。
きっと本当に自分に合う会社が見えてくるはずです。

 

家づくりを託す業者は納得して決めてほしいと、選ばれる側の私たちも思っています。
一生に一度の家づくり、これから何十年も暮らす家を建てさせていただくのですから、心から「この会社にお願いしたい」と思って臨んでほしいんです。
住宅会社選びに絶対的な正解はありませんが、ドリームノートの活用は正解に近づくためのひとつの方法です。

来場予約はこちら