愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

薪ストーブのある木の家~K様邸(2012年新築)~

 

戸建も、マンションも、リノベーションも。最初はいろいろ考えました

――色づいたもみじに大屋根の落ち着いた佇まいが映えて、とても趣がありますね。

ご主人・Kさん こんなにもみじがきれいだとは知らなかったんですが、この土地に決めてよかったなと思います。薪割りもずいぶん上達しました!

奥様・Sさん 私たちの家づくりの一番の要望は薪ストーブでしたから。

――では、薪ストーブが似合う木の家を建てたいと思って家づくりを始めたのですか?

Kさん いいえ、最初は特に木の家がいいと思っていたわけではありません。というか、家づくりにどんな選択肢があるのかもわかりませんでしたから、新築の戸建もマンションも中古住宅のリノベーションも、考えられる選択肢は全部考えてみようと思っていました。

Sさん ただ、子どもをのびのび育てたいと思ったらやはり戸建がいいなと思い、土地が決まったのを機に注文住宅について真剣に検討し始めたんです。

Kさん でも、当時は注文住宅といったら友人が建てた大手ハウスメーカーくらいしか知らなくて。工務店など、ほかにいろんな選択肢があることはわかっていませんでした。

――実際に家を建てようと思うまでは知らなくて当然ですよね。まったく知らないところから、どのようにして考えていったのですか。

Sさん まず雑誌を見ました。最初、私はデザイナーズ住宅が素敵だなと思って見ていたんですが、だんだん見た目はおしゃれだけど実際に住むと住みづらいんじゃないかと思うようになってきて。

Kさん デザイナーズ住宅はやめようと決めたあと、ネットで見つけたブログが木の家を考え始めるきっかけになりました。

――ブログというと?

Kさん 実際に建てた人の経験を参考にしようと思って、注文住宅を建てた人・建築中の人などのいろんなブログを見ていたのですが、たまたま木のよさや自然のよさについて書いているブログに行き当たったんです。それを読んでいるうちにだんだんと木の家っていいんじゃないかなと思い始めました。

Sさん それでまず、「木の家」でよく看板を見かける工務店のA社に行ってみることにしました。

――初めて実際に木の家をご覧になったんですね。いかがでしたか。

Kさん なんだか思っていたのと違っていました。木の家には手づくりのよさがあると思っていたんですが、それが感じられなかったんです。

Sさん 和室の欄間などつくり込むところはものすごくつくり込んであったんですが、逆に和の印象が強く感じられて私たちの希望とは違うと思いました。

Kさん 木の家がいいんだけれど、和風じゃないシンプルな家がよかった。

――その頃には、手づくりのシンプルな木の家という希望が固まってきていたんですね。

Kさん だんだんそういう気持ちになってきていました。それで、僕と妻がそれぞれ雑誌を見て気になったところに付箋を貼ることにしました。付箋を貼ったらその会社のホームページを見て。そうやって候補の会社を絞り込んでいきました。

Sさん 結局、実際に見に行ったのは中島工務店とB社の2社だけでしたね。

Kさん 中島工務店はホームページの作品集に載っていたある家がとても素敵で。休みの日に可児モデルハウスを訪ねたのが最初でした。

 

重厚さとシンプルさを併せ持つモデルハウスに惹かれて

――可児モデルハウスの印象はいかがでしたか。

Kさん ビビりました!玄関を入った瞬間「こんなに木の香りがするんだな」と驚かされたんですが、中に入るともっとすごかった。梁や柱が見える重厚な造りなんだけどシンプルさも併せ持っていて。ものすごく気に入りました。

Sさん すごすぎて自分たちには建てられないと思い、「無理そうだね~」と言いながら帰ったのを覚えています。ただ、そのときに美濃加茂にあるモデルハウスを見に行くように勧めていただいたので、次の休みに見に行きました。そこも素敵なモデルハウスだったんですが、私たちはやっぱり可児モデルハウスが好きでした(※美濃加茂のモデルハウスは現在はありません)。

――B社にも行かれたんですよね。

Sさん 現場を見せてもらいながら相談したんですが、B社は会社としてどんな家を建てたいかというこだわりが強く、私たちの希望とは合わない部分があるように感じました。

――当社の営業担当と初めてお話しされたのは、その頃ですね?

Kさん はい、ダメもとで予算を伝えたところ「いけますよ」と言われたんです!「いろいろ考えながら進めていきましょう」とのことだったので、自分たちの希望を柔軟に叶えてもらえそうだとも思いました。それで、すぐプランに入りました。

 

一番の希望は薪ストーブ!

――最初に言われていた通り、一番の希望は薪ストーブだったんですよね?

Kさん 実は、僕は床暖房がいいと思っていました。けれど妻が薪ストーブがいいというので、だんだんおしゃれな感じがしてきて・・・

Sさん 私は、家を建てる前から薪ストーブがある場所に出入りすることがあったんですが、とても暖かくて。下がコンクリートのところでも底冷えしないのを体感していたので、とにかく薪ストーブがほしかったんです。実際に家に置いてみたら、主人もハマってしまいました(笑)

Kさん はい、本当にあったかいですし、薪割りが楽しくて仕方ありません(笑)

――そのほかにはどんな要望がありましたか。

Kさん 個室で過ごす時間は限られているからリビング・ダイニングをひとつの大きな空間にしてほしいとお願いしました。

Sさん 細かい要望は雑誌の切り抜きなどを持って行ってイメージを伝えました。色合いや、こんな雰囲気がいいと。

――初めてプランを見たときはいかがでしたか。

Kさん ものすごく気に入りました!僕としては「絶対このプランでいこう!」と思ってウキウキしながら家に持って帰ったんですが、親から「家相がよくない」と言われてしまったんです。本当にものすごく気に入っていたのでショックでしたが、建てた後で気になってもイヤですよね。それで設計の加藤さんに相談してみたら再検討してくれることになって。結局3つめのプランで決めました。

――設計中、困ったことなどはありませんでしたか。

Kさん 設計の打ち合わせは楽しかったです。僕たちが希望しても無理なものは無理と言われるんですが、それでも希望したことが図面になって出てくるのは嬉しかった。伝えたいことはバンバン伝えていましたが、頭の片隅にはずっと「これだけ伝えてこれだけやってもらったら、予算オーバーするんだろうな」という不安はありました。

――結果的に、ほぼ希望が叶ったかと思います。

Kさん そうなんです、加藤さんがうまく収めてくれました。

Sさん 高野槇のお風呂や造作のキッチンはあきらめなきゃいけないかなと思っていたんですが、どちらも叶いました。

――工事中はブログを書いていらっしゃいましたね。

Kさん しょっちゅう現場に行っては写真を撮っていました。ブログに書くために大工さんにいろんな質問をしましたが、いつも丁寧に教えてくれて。「今日はここまで進みましたよ」とお話ししてくれるので逐一写真に撮ってはブログにアップしていました。自分の家ができていく過程を見るというのは一生に一度の経験なので、とても楽しかったです。

k_02

 

「自分ちがあるっていいな」と思います

――入居されてもうすぐ5年になります。住み心地はいかがですか。

Kさん 過ごしやすいです。夏は風が抜けるのでほとんどエアコンを使いませんし、薪ストーブのおかげで真冬でも暑いくらい家全体が温まります。リビング・ダイニングを大空間にしたおかげで人が集まりやすいのもいいですね。友だちが家族で来てもゆったり過ごせます。

Sさん 毎年夏には親戚30人くらいが集まって、我が家の裏庭でバーベキューをするんですよ。

Kさん 北側の裏庭はすごく気持ちいいんです。畑もつくったし、ハンモックも掛けてあります。

Sさん 夏には、裏庭に面したウッドデッキにビニールプールを出して子どもたちが遊んでいます。家の中にいるときは、和室が子どもたちの遊び場です。和室もリビング・ダイニングと一体になっているので目が行き届いて、私たちも安心です。

――お引き渡し当初には、鳥が巣をつくるなどお困りのこともありましたね。

Sさん こんなに鳥が来るなんて知らなかったので弱りましたが、現場監督だった佐々木さんに相談したら、すぐ大工さんが来て巣をつくれないようにしてくれて助かりました。

Kさん 佐々木さんは連絡するとすぐ駆けつけてくれます。このあいだもちょっとした棚をつけてもらいました。住み始めてからもずっとつながりがあるので、なにかあるとすぐ相談できて安心です。

――家を建てていた頃、まだ赤ちゃんだった上のお子さんがすっかりお兄ちゃんになって、妹さんも生まれました。

Sさん 上の子は我が家が大好きで、出かけていてもすぐに帰りたいって言うんです。嬉しいですね。

Kさん 僕も旅行から帰ってきたときには「自分ちがあるっていいな」とつくづく思います。旅行は楽しいですけど、我が家はとにかくくつろげますから。

Sさん 子どもたちが思春期を迎えたら、子ども部屋に間仕切りをしなきゃと思っています。そのときにはまた相談させてくださいね。

来場予約はこちら