愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

新築工事のトラブル回避!現場で気になることの上手な伝え方

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
工事にまつわる最初のテーマは『現場で気になることの伝え方』です。

新しい暮らしへの夢を膨らませて楽しかった設計が終わると、いよいよ工事が始まります。
工期は建物の大きさや仕様などによって変わりますが、当社の場合は延床面積35坪で約7カ月がめやすです。
春に着工しても入居できるのは冬前になりますから、長いなぁと思われるかもしれません。
でも、この期間はどんどん建物ができていくので、終わってみると「意外と短かった」と言われることもよくあります。
我が家ができるプロセスを見るなんて一生に一度の機会ですから、時間が許せばできるだけ現場を見に行くとよいと思います。
きっとかけがえのない思い出になります。

とはいえ、一生に一度だからこそ、実際の工事の内容はよくわからないことも多いと思います。
初めて見るんだから当たり前です。
わからないことがあったら遠慮せず質問してください。
現場を訪ねたときに大工さんや職人さんがいれば、その場で質問していただくとすぐに説明してもらえるのでわかりやすいでしょう。
出来映えが気になるところはもちろん確認していただきたいと思いますが、「これってどうやってつくったんだろう」とか「次は何をするんだろう」といった単に聞いてみたいことも遠慮なく聞いちゃいましょう。
我が家がどうやってできているのかを知ることができるのは注文住宅ならではの醍醐味ですから!

けれども、誰もが平日の昼間に現場に行けるわけではありません。
夜や日曜にしか行けなくて、気になることがあってもなかなか聞けないこともあるでしょう。
また、仕上がり具合が気になっても「目の前でがんばっている大工さんには言えない」なんてこともありますよね。
でも、それをちゃんと聞くことが納得できる家づくりにつながります。
そこで今回は、現場監督さんなど目の前にいない人に、目の前にない現場についてどのように説明すると言いたいことが伝わるのか
相談を受ける側の立場から「こういうふうに伝えるとわかりやすい」というコツをお話しします。

 

住宅にまつわるトラブルの相談は年間28,000件以上

伝え方のコツをご紹介する前に、どうして現場で気になることを伝えるのがそんなに大切なのかをお話しさせてください。

それは、お客様に納得して家づくりをしていただくために重要だから。
聞いてみたら「なんだ、そういうことか」とあっさり頷けるようなことでも、聞かずにいるとなんとなくモヤモヤしたまま工事が進んでしまったり、場合によっては不信感が募ってトラブルにつながってしまうこともあります。

公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターによると、住宅にまつわるトラブルの相談は年間28,000件以上あります。

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e7%9b%b8%e8%ab%87%e4%bb%b6%e6%95%b0%e6%8e%a8%e7%a7%bb

上のグラフは住宅リフォーム・紛争処理支援センターが受け付けた新規電話相談件数の推移です。
2000年に業務開始して以降、年々増えて2015年度には28,638件になりました。
うち、新築戸建の持ち家に関する相談は12,752件
また、新築にまつわるトラブルに関する苦情の相手は6割弱が施工業者です。
詳しくは「住宅相談統計年報2016」をご覧ください。

住宅会社の立場からひとつはっきりと言えるのは、トラブルを起こそうと思ってやっている業者はないということです。
それでもトラブルが起こってしまうのが家づくりの難しいところなのですが、特に注文住宅でトラブルが起こってしまう原因のひとつに「コミュニケーションの行き違い」があります。
家づくりは最初から最後まで取捨選択の繰り返しで、細かいことをたくさん決めていかなくてはいけません。
その中でコミュニケーションの行き違いをなくすために、例えば当社では打ち合わせ後には毎回「打ち合わせ記録」を作成してお客様の承認印をいただくなど、施工業者も様々な努力をしています。
また、実際のところトラブルにまでなることはほとんどありませんが、「できたのを見たら、思っていたのと違っていた」ということはあります。
見慣れない建築図面や小さなサンプルから完成した建物をイメージするのはとても難しいので、図面通りにつくっていてもお客様が抱いていたイメージと違ってしまうことがあるのです。
もちろん住宅会社側はそうならないように精一杯努力しなくてはいけません。
が、それでも、どうしても行き違いや勘違いをゼロにするのは簡単ではありません。

お客様も住宅会社もよい家を建てたいと思っているのは同じなのに、ちょっとした行き違いや勘違いから気持ちがすれ違ってしまったり、トラブルになってしまうのはすごく残念なことですよね。
そうならないためにはやっぱりコミュニケーションが大切。
だから気になることはまず伝えてみてほしいと思います。

それでは、本題の「伝え方のコツ」いってみましょう!!!

 

現場で気になることの伝え方のコツ ①すぐに伝える

「ん?これって???」と思ったら、できるだけ早く伝えてください
なぜって、工事はどんどん進んでいるから

「アノ件も聞きたいから、週末にまとめて相談しよう」とか「今度、現場監督さんに会ったときに聞いてみよう」なんて思うこともありますよね。
でも、その数日のあいだにも工事は進んでしまいます。
気がついたときに相談していただいたら変更や手直しができたことも、数日経ったらどうしようもない・・・なんてことは結構あります。

工程は川の流れと同じで、ひとつの方向にしか流れていきません。
行き過ぎてしまったらもう戻れなくなるか、戻るのにすごくパワーが必要になります。
相談いただいたらなんでもできるわけではありませんが、早めに相談していただくことで対処できることもありますのですぐ伝えるがひとつめのポイントです。

 

現場で気になることの伝え方のコツ ②メールを使おう

すぐ伝えるために電話する→それでOKです。
気になったそのときに現場監督に電話で相談するといいでしょう。
でも2つの理由から、メールを使うとよりいいんじゃないかと思います。

ひとつめの理由は、時間を気にしなくていいこと。
出勤前の早朝や帰宅後の夜、あるいは日曜日に現場を見に行くという方もたくさんいらっしゃいます。
すると、気になることがあったからといってすぐ電話しよう!とはなりませんよね。
また、そういう時間だと電話をもらった現場監督も出られないことが多くなってしまいます。
平日の昼間でも業務の状況によっては電話に出るのが難しかったり、じっくり話を聞く余裕がないこともあります。
電話って相手が何をしているかわからないからどうしても気を遣ってしまいますし、気を遣っているうちにかけられなくなったり・・・なんてこともありますよね。
メールだとそういう気遣いが必要ありません。

ふたつめの理由は、写真と本文のボリュームです
最近は、メールってあんまり使わない、LINEの方が・・・という方も増えていますね。
わかります。
でも、やっぱり現場について質問するときにはメールをおすすめします。

建築の話って、なんだかんだ専門的で難しいんです。
写真に撮ってもごちゃごちゃしてわかりにくいこともありますし、説明も長くなりがちです。
LINEの長文って・・・ちょっとつらいですよね。
住宅会社が返信する場合にも、いただいた質問よりずっとずっと長文になったり、図面などの資料を添付したりすることもあります。
そういう意味でも、メールを使える環境にある方はメールを使っていただくとお互いやりやすいと思います。

LINEがダメというわけではありませんし、例えば打ち合わせ時間の確認など簡単なメッセージならLINEの方が適していますから、上手に使い分けたいですね。
ところでLINEは、フツーに画像を送信すると小さなサイズに自動変換されてしまいます。
建築関連の写真の場合、画質が粗くなると細かい点がわからなくなってしまうことがあります。
LINEで現場の写真を送るときには、一覧から写真を選択するときに「オリジナル画質」にチェックを入れて送ると高画質のまま送れるのでおすすめです!line

現場で気になることの伝え方のコツ ③写真に印をつけよう

私たちがお客様から連絡をいただいたときに困ることのひとつが、どこの箇所について話しているのか特定が難しいということです。
家を1軒建てるまでにはものすごくたくさんの部材を使います。
例えば「リビングの柱が・・・」と言われても、リビングだけで柱は10本以上ありますからどの柱なのか特定することから始めなくてはいけません。

さらによくあるのが、お客様が言われる部材の名前と私たちプロが呼ぶ名前が違っていて混乱するケースです。
例えばこの写真をご覧ください。

01

伝えたいのは赤い丸印の部分についてです。
ここは「梁(はり)」というんですが、お客様の中には「柱」と言われる方がたくさんいらっしゃいます。
梁なんて日常生活で使う言葉ではありませんから、仕方がありません。
ただ、私たちは「柱」と言われるとどうしても柱を探してしまいます。
で、ずいぶん悩んでお客様にもう一度確認の連絡をするなどしてから「あ~、梁のことだったんだ!」と気づくわけなんですが。

それってお互いとてももどかしいですよね。
でも写真に印をつけて送れば、見ての通り、簡単にわかります!

上の画像は長久手Studioの建築中のものなんですが、もし赤い丸印のところを写真なし・言葉だけで伝えるとしたら。

2階の ←まず階を特定しましょう。
畳スペースの ←どの部屋か特定しましょう。
南側の ←わかれば方位を特定しましょう。
梁の ←部位を特定しましょう。名前がわからなければ「床と平行の長い木で高さ2mくらいのところを東西に通っている・・・」とかかな。
西から2本目の柱の上 ←具体的な箇所を特定しましょう。

といったところでしょうか。
でも、ここでもちょっと難しいポイントがあります。
○をつけている柱の右の方に細い柱っぽいものが2本ありますよね。
柱みたいだけれど、緑色の養生材を巻いていないものです。
コレ、間柱というんですが、私たちプロはこれを「柱」とは数えません。
だから「西から数えて2本目の柱の上」になるんですが、間柱を柱として数えたら「4本目の柱の上」になってしまいます。

そんなのわかんないからっ!
って思いますよね。
その通り、わかるはずがありません。

でも。
そんなときにも、写真に印をつけておけば一発でわかります!
今は画像加工アプリで簡単に印を書き込めますし、誤解なく言いたいことを伝えるためには写真に印がおすすめです。

 

まとめ

現場で気になることを見つけたら。
写真を撮って、画像加工アプリで気になるところに印をつけて、メールに添付して送信!
これだけです。

目の前にない現場について目の前にいない監督さんとお話しするなら、この方法が一番です。
メールの後に電話で相談する場合も、同じ写真を見ながらだとわかりやすいですしね。
ぜひ試してみてください。

来場予約はこちら