愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

住宅のアフター対応~停電?漏水?これをするだけで素早い解決につながります~

可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの洗面室&浴室 ※画像は本文には関係ありません。

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
家づくりといいつつ、お引き渡し後の暮らしについてもアドバイスしちゃいます。
家は完成して終わりじゃありませんから。
当社もお引き渡し後の定期点検はもちろん、建てさせていただいた家がある限り、様々なお困りごとに対応させていただいています。

そう、家にはメンテナンスがつきものなんです。
年月とともに設備は必ず劣化していきますし、床も壁も建具も、外壁や屋根だってどうしたって傷んできます。
だから定期点検に行かせていただくんですが、設備の故障などはいつ起こるかわかりません。
今回は、そんな急な困りごとの際に素早い解決に役立つちょっとしたアドバイスをお話しします。

 

困ったらとにかく電話しよう

お困りごとの連絡って、とりあえず電話すればいいんじゃないの・・・?
と思われましたか。

そのとおり!
まずはとにかく電話してください。

SUUMOの調査によると家の中で起こる設備のトラブルはこんな感じです(SUUMOなんでもランキングより)。

%e8%a8%ad%e5%82%99%e3%81%ae%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

1位や4位は家電の故障ですが、そのほかは注文住宅であれば施工した住宅会社にご相談いただくのがよい内容ばかりですね。
特に2位 トイレが詰まった、5位 お風呂が壊れた、8位 排水溝が詰まった、9位 水が出なくなった はすべて水廻りのトラブルで、すぐに対処しないと生活に支障があるでしょう。

そんなときには、まずとにかく施工した住宅会社に電話してください。

 

症状を記録しておくと原因を特定しやすい

電話をすれば、住宅会社の担当スタッフなどが駆けつけて問題の解決に当たってくれます。

問題を解決するためには、まず原因を特定しなくてはいません。
ここからは少しでも早く原因を特定するためにやっておくといいことをお話しします。
それは症状を記録しておくことです。

具体的に記録してほしいのは。
・症状が起こる頻度
・症状が起こったときの具体的な状況(どんなときに、何をしたら起こったか)
・規則性の有無
といったところです。

これがあるだけで業者は原因を推測しやすくなります
ある症状が起こったとき、業者はおもに考えられる原因をいくつか頭に浮かべながらやってきます(工具や部材を用意してきたりもします)。
仮にA、B、Cの3つを想定してきたとして、症状や起こる頻度や規則性、具体的な状況がわかれば「Aはありえない。BかCだな」というように原因を絞り込んでいけるんです。
するとAに関する調査は省略してBとCの調査を行えるので、より早く原因が特定できるというわけです。

当社のお客様で実際にあった例をご紹介しましょう。

あるお客様から「ときどき停電が起きる」という連絡をいただきました。
ときどき停電が起きるけど、ブレーカーを上げるとまた普通に通電するんだそうです。
当社の担当スタッフは、最初、エアコンの使い過ぎによる容量オーバーではないかと考えました。
ブレーカーって、電力会社と契約している電力量を超える電流が流れたら自動的に落ちるしくみになってるんですよね。

でも、このときお客様から「エアコンをつけていなくても停電が起こるし、つけていても停電しないこともある」というお話をお聞きしました。
どんなときに停電が起こるのかを記録しておられたんです。

その記録を拝見した担当スタッフは「漏電の可能性が高い」と判断。
結果としては食洗機で漏電が発生して、漏電ブレーカー(漏電遮断器。漏電を感知したら自動的にブレーカーを落とす)が作動していたことがわかりました。

このように、頻度・具体的な状況・頻度がわかると原因の特定に役立つので、修理までの期間を短縮することができます
もちろん、中には私たち業者もなかなか思いつかないような原因で起こる故障やトラブルもありますから、記録があっても原因の特定まで時間がかかるケースもあります。
それでも、原因を絞り込んでいくためには必ず役に立ちますので、可能な範囲で記録して業者に伝えるとよいでしょう。

 

修理依頼の7割は1週間以内に対応完了(当社の場合)

ところで「修理依頼ってどのくらいの期間で対応してもらえるんだろう」って思っていませんか?
最初に見たようにトラブルが起こりやすいのはやっぱり水廻りですから、「すぐに直してほしい」と思いますよね。

最後に、参考までに、当社の場合の修理対応の所要期間のデータをご紹介しておきます。
2015年度のデータです。
当社で新築またはリフォームをさせていただいたお客様からいただいた修理の依頼に対して、受付日から何日後に対応を完了したかを集計したものです。

%e4%bf%ae%e7%90%86%e5%ae%8c%e4%ba%86%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e6%89%80%e8%a6%81%e6%9c%9f%e9%96%93

グラフにある通り、全体の21.1%が当日に対応完了、26.3%が翌日には対応完了しています。
約半分は翌日までに対応完了というわけです。
期間が長くかかったものもありますが、全体の68.4%が1週間以内に対応完了しています。

調査に時間がかかったり、そこそこの規模の工事になった場合はどうしても時間がかかってしまいますが、数日から1週間で完了するケースの方が多いのでまずは相談してみていただきたいと思います。
なおこの場合の「完了」は修繕などの工事が完全に終了したときを指していますので、完了まで1週間かかっている場合でもそれ以前に可能な限りの応急処置はしていますので「1週間も水漏れしたまま!?」なんていうことはありませんのでご安心ください。

来場予約はこちら