愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

間取りの希望の伝え方~こうすれば設計士に伝わりやすい!~

長久手Studioのプラン中のスケッチ。※画像と本文は関係ありません。

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお伝えするこのブログ。
今回は『間取りの希望の伝え方』です。

家づくりの長いプロセスの中でも「設計が一番楽しい」と言われるお客様はたくさんいらっしゃいます。
家を建てようと考え始めてからいろんなモデルハウスを見学したり、雑誌やインターネットで好みの住まいの画像を集めたり。
家族で語り合ってきた夢が初めて「絵」になって見られるんです。
楽しいに決まってますよね!

私たち住宅会社にとって、設計は家づくりの要です。
家は設計にもとづいてつくられるわけですから、ここでお客様の気持ちをしっかりと汲み取ることができなければ、どんなに一生懸命に建てたとしても満足して住んでいただくことはできません。

逆にいうと、お客様にとっては設計のときに気持ちを十分に伝えていないと納得できる家はできないということです。
ただ、なんといっても初めての家づくりですから、どういうふうに伝えたらどんな結果になるのかなんてやってみなきゃわかりません。
でも、一生に一度の家づくりです。
「やってみなきゃわからない」なんて言ってないで、しっかりと希望を伝えたいですよね。

というわけで、今回は「どうすれば十分に希望を伝えられるのか」がテーマです。
最初に、プロがどのようにプランを考えるのかを確認しましょう。
そこに希望がうまく伝わらない理由が隠れています。
それを踏まえた上で、プロからの「こんなふうに伝えてくれたらわかりやすい」いうアドバイスをご紹介します。

 

プロのプランの考え方

家づくりの計画について、お客様は「間取りを考える」と言われることが多いのですが、私たちプロは「プランを考える」と言います。
この違いがお客様の希望が伝わらないことがある理由のひとつではないかと思います。

お客様と私たちプロの違いは考えるときの視点の数です。
お客様が家づくりの希望を考える場合、それは新しい家でどんな暮らしをしたいかを考えることにほかなりません。
だから、どこにどのくらいの大きさのどんな部屋がほしいのかを描いて「仕事から帰ったらここで着替えて、ここで食事をして・・・」と考えるのがわかりやすいですよね。
お客様が間取りを考えるのは、希望を整理する上で正解です。

一方、私たちプロが家を計画するときにはおもにこんなことを考えます。
●構造
●外観、特にファザード(道路からどのように見えるか)
●間取り、空間の使い方

構造、これは大事です。
長く暮らす上で重要な耐震性や耐久性は構造で決まる部分が大きいですから、柱や梁、壁をどのように配置するかは慎重に考えなくてはいけません。
当社のように木の柱や梁を室内に見せるデザインの場合は、どこにどんな種類・太さの柱や梁を配置するかによって空間のイメージそのものが変わってきます。

外観を考えるときには、特にファザード=道路からどのように見えるかに留意します。
外観は住む人の顔ですから、お客様のイメージに合い、しかも周辺の街並みにも似合うように考えていきます。
ときには設計士が敷地を訪れて、じっと周辺を眺めながら考えることもあります。

そして、もちろん間取りです。
お客様の希望が一番多いのがここですから、上手に組み立てなくてはいけません。
陽射しや風の取り入れ方、窓から見える風景などもよ~く考えます。

しかも、これらは常に同時に考える必要があります。
「お客様の希望に合った間取りにしたら、構造が崩れてしまった・・・」なんてことになっては困りますから。

プランのときに考えることはほかにもたくさんあります。
法的規制や周辺環境などはプランの前に調査済ですから、例えば建ぺい率(※注1)や北側斜線(※注2)などは当然頭に入っています。
お客様の予算のこともしっかり考慮しますし、10年後、20年後のご家族や周辺環境の変化なども大事な検討ポイントです。
考えなくてはいけないことはまだまだありますが、このように、たくさんの異なる重要な視点から同時に考えながらひとつの建物にまとめていくのがプランなのです。
※注1 建ぺい率:敷地面積に対する建築面積の割合。
※注2 北側斜線:北側隣地の日照を確保するために、建物の高さや屋根の勾配が制限される。

orangebase

複数の条件をまとめあげるということは・・・
そう!どうしても優先順位をつけなくてはいけないんです。
すべての条件が同時に満たされるなんてことはまずありませんから。
そして、お客様がプランを見たときに「希望がちゃんと伝わっていない」と思う原因のひとつが、この優先順位です。
お客様の希望を無視してプランをしようなんて考える設計士はいませんが、その優先順位を間違えてしまったらまったく違うプランになってしまうんです。
つまり、お客様の要望の優先順位が設計士にはっきりと伝わっていればいるほど、期待どおりかそれ以上のプランができる可能性が高くなるというわけです。

じゃあ、実際どうすればいいのでしょうか。
当社の設計士に聞いてみました。

 

家づくりの希望の伝え方 ①設計士と直接話そう

優先順位どーの以前のアドバイスになりますが。
実際にプランを考えてくれる設計士と直接話すことが大切です。

たいていの住宅会社は、プランの前にお客様の希望を聞き取る時間を設けます。
ヒアリング、インタビューなどと呼ばれることが多いようですね。
住宅会社によってはこのヒアリングを営業担当者が行って、後で内容を設計担当者に伝える場合があります。
それが絶対にダメというわけではありませんが、どうしても伝言ゲームのように誤解が生まれるもとになります。
優先順位だけでなく、希望そのものが誤って伝わることもありますので、設計担当者と直接話すのがよいでしょう。

 

家づくりの希望の伝え方 ②家族一人ひとりが本音を話そう

いざ具体的な希望を相談し始めたら、家族の中で意見が一致しない・・・よくあることです。
家族といっても抱いている夢は人それぞれですし、家の中での過ごし方もそれぞれ違いますから、すべてが一致するはずがありません。
ヒアリングの最中にご夫婦で「え?そんなこと考えてたの!?」となるのもめずらしくないんです。

そんなときどうするか。
まずはご家族一人ひとりが本音を言うことが大切です。
家族の中で意見が違うとわかったとき、あるいはきっと違うだろうなと予想できるとき、自分ではない誰かの気持ちを尊重して自分の意見を控えようとする方がいらっしゃいます。
それはご家族に対する思いやりなのでとても大切ではありますが、家づくりのときには敢えて率直な気持ちを言ってみてください。
家は、一度建てたら何十年も暮らす場所です。
自分なりに納得して言わなかったはずのことが、のちのち悔やまれてならないということもあるんですから。

これから長い年月を一緒に暮らしていく家です。
お互いに納得できることが一番ですから、ヒアリングの前にご家族でお互いの意見を話し合っておくとよいでしょう。
でも、それで意見がまとまらなかったときには「私はAだと思う。妻はBがいいと思っている」というように、誰がどう思っているのかを率直に設計士に伝えてください。
それをうまくまとめるのも設計士の腕のみせどころです。

模型をつくって検討することもあります。

模型をつくって検討することもあります。

 

もちろん、すべての希望を叶えられるわけではありませんから、結果的に家族の誰かの希望をあきらめなくてはいけないこともあります。
それでも一度は本音を伝えてみてください。
思わぬよいプランを提案してもらえるかもしれません。

 

家づくりの希望の伝え方 ③どうしても譲れないことをはっきり言おう

では、設計士がご家族一人ひとりの希望をお聞きした末に、たくさんある希望の中で優先順位をつけなくてはいけないときにどうするか。
法的規制や構造上の条件はどうしても最優先になります。
ここだけはできないものはできないという話になってしまいますが、法律的に問題がなく、お施主様にも近隣の方にも安心・安全に暮らしていただくためにご理解いただきたいと思います。

次に、コレ↑↑↑↑には当てはまらないけれど、たくさんある希望を取捨選択するときにどうするか。
最終的に、最初のプランを出すときには設計士が構造・外観・間取り・動線・予算・その他諸々を考え合わせて優先順位を判断します。
そのプランを見ながら改めて希望を聞いて修正・・・ということになるんですが。
どうしても譲れないことはぜひ最初にはっきりと言っておきましょう。
すると設計士にとって優先順位がはっきりするので、お客様の希望と様々な条件をしっかりと考え合わせたプランをつくれる可能性が高くなります。
何度も言いますが、プランを考えるときには構造・外観・間取り・動線・予算など、すごくたくさんのことを同時に考慮しなくてはいけません。
このときに何を優先するかは全体の方向性を導く羅針盤のようなもの。
羅針盤が間違っていたら、正しい方向に進むはずがありませんよね。
家づくりに寄せるたくさんの想いをできるだけよいカタチにまとめるために、言いたいことは全部言いながらも、羅針盤になる“どうしても譲れないこと”だけはご家族の間で共有し、設計士にもはっきりと伝えましょう。

 

家づくりの希望の伝え方 ④頭の中のイメージを絵や間取りで見せる

4つめに、希望を表現する方法についてご紹介します。
頭の中にあるイメージを言葉で伝えるのってすごく難しいですよね。
もしドリームノートを書いていたなら、それを見せていただくのが一番です。
※ドリームノートについてはこちらの記事をご覧ください。

また、よく言われることですが、雑誌の切り抜きやインターネットで見つけた画像を見せるのはやはり有効です。
間取り図を描いてみるのもいいですね。
私たちプロがお客様が描かれた間取り図をそのまま参考にすることはありませんが(しつこいですが、構造などいろんな観点から考えないといけませんからそのまま使えるはずがないんです)、お客様がどんなことを思っているのかを知る手がかりにはなります。
例えば、お客様が描かれた間取り図で洗面所やトイレがリビングから遠いところにあったら「家族がくつろぐ場所と水廻りは適度に離しておきたいんだな」という具合に、なんとなく思っていることが絵を通して伝わります。

 

最後に

一生に一度の家づくりですから、いろんな希望を叶えたいと思うのは当たり前。
その気持ちをできるだけ誤解なく伝えるためのアドバイスをご紹介してきました。

最後に、もうひとつだけとても大切なことをお伝えします。
プロの提案に耳を傾けましょう。
家づくりを始めると叶えたい希望はとめどなく溢れてくるものですし、「絶対これがいい」といった強い想いを持つようになることもあります。
それでもプロが「やめた方がいい」「こうした方がいい」と言ったときには、ぜひしっかりと耳を傾けてください。
プロの意見は、それまでに建ててきた何百棟もの家で培ってきた経験と知識に裏打ちされています。
言われたときには「え?」と思うようなことでも、実際に暮らしてみると「言われたとおりにしてよかった!」ということがたくさんあります。
自分たちの希望に加えて家づくりのプロの知識や経験を上手に活かして、よりよい家をつくっていただきたいと思います。

来場予約はこちら