愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

住宅模型のつくり方と役立て方~設計のお仕事を覗いてみよう~

mokei_top

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回は『住宅模型のつくり方と使い方』をご紹介します。

住宅会社にもよりますが、注文住宅の場合、設計中に模型をつくることがあります。
平面で書かれた図面から実際の建物のイメージをつかむのってなかなか難しいですよね。
そこで模型の登場です。
小さいとはいえ立体でお見せすると、お客様には「よくわかる!」と喜んでいただけます。
最近は模型の代わりに3DCGで見せる住宅会社も多いようですが、目的は同じ。
一生に一度の家づくりで、できるだけお客様の希望を叶えたいからです。
完成してから「言いたかったことはこうじゃない」となってしまったら、お客様はもちろん、私たちつくり手もとても悲しい思いをすることになりますから、つくる前にできる限りイメージを共有するための努力のひとつなんです。

今日はそんな模型づくりに密着。
家づくりの仕事の一端をご覧ください。
また、出来上がった模型をどんなふうに役立てればいいかをご紹介します!
★今回は実際に建築中のお住まいの模型づくりをお施主様のご了承のもとレポートさせていただきます。快くご協力いただいたお施主様に心よりお礼申し上げます。

 

密着レポート!住宅模型のつくり方

図面から必要な情報をプリントする
今回は、実際の建物の100分の1サイズのカラー模型をつくります。
設計図面から必要なデータを抜き出して、外壁や屋根、軒天など外装部分に色を付けてプリンタで印刷します。
こちらのお住まいの外壁はガルバリウム鋼板でブラックパールという色が採用されていますが、模型では敢えてやや薄い色を選択。
ガルバリウム鋼板の特徴である縦のラインをわかりやすく表現するためです。

zumen02

図面をスチレンボードに貼る
模型はスチレンボードでできています。
ので、先ほどプリントした図面をスプレーのりでスチレンボードに貼っていきます。

nori

nori02

写真を見てもらうとわかりますが、この作業だけは屋外でやります(ココ、長久手Studioのスタッフ用玄関の前です)。
実はスプレーのりってめちゃくちゃ強力で、万が一、室内で床やデスクに付いてしまったらわりとたいへんなことになるんです・・・。

パーツを切り抜く
デスクに戻って、パーツを丁寧に切り抜きます。
ここでまっすぐ、キレイに切れていないと組み立てたときにちゃんと納まらず、隙間ができたりくっつかなかったりします。kiru01

kiru02

一緒に写っている定規やさしがねと比べると、だいたいの大きさがわかりますね。
こちらのお住まいは約32坪の平屋なので、100分の1の模型としては「大きいなぁ」という印象です。

家の中から組み立てる
実際に家を建てるときは、柱や梁などの骨組みをつくってから、屋根・壁をつくり、それから内装へと進んでいきますが、模型の場合は反対で家の中から組み立てます。
模型用のスチのり(スチレンボード用ののり)で、1階の床部分に壁をくっつけていきます。
kabe室内に壁が少ないと思いませんか?
中島工務店の家の特徴のひとつ、必要のない廊下を設けず空間を一体とする“空間のつながり”が感じられます。
建物の真ん中に立っている棒は大黒柱。
最近は大黒柱のない住宅も増えているようですが、当社では大黒柱として6寸・8寸を使用することが多いので、模型にも大黒柱が立っています。

別につくったロフト部分を載せるとこんな感じ。2F

主要な設備をつくる
お客様に家のイメージをつかんでもらいやすくするために、大きな設備をつくって取り付けます。
今回つくるのは階段とキッチン。

まずはロフトへ上がる階段ですが。
下の画像の左の方にあるちっちゃな白い直方体が階段になります。
kaidan01

ピンセットでひとつずつ丁寧に・・・。kaidan02

階段、できました!
ちょっとかわいすぎるのは、ロフトへ上がる階段だからです(2階へ上がる階段だといろんな規制があって、もう少しごっつくなります)。
こちらのお住まいのこだわりのひとつ、吹き抜けのキャットウォークも取り付け完了。
下の写真の手前の方、宙に浮いているかのような細い廊下状のところがキャットウォークです。
kaidan03

ちっちゃなキッチンも取り付けます。kitchen

キッチン前のカウンターも付きました。
リビング・ダイニングとキッチンのつながりがよくわかります。
キッチンの入口側(写真では右側)に壁がありますが、この壁があるのとないので空間の雰囲気はまったく違ってきますから、こうやって模型で見ることによって壁をつくった方がいいかつくらない方がいいか検討しやすいのではないでしょうか。

外壁を取り付ける
出来上がった室内部分に外壁を取り付けていきます。gaiheki

gaiheki02

リビングの外にウッドデッキも付きました。

屋根を載せて、建物本体完成
別につくっておいた屋根を載せると・・・yane

建物本体完成です!tatemono_kansei

敷地の上に建物を置く
敷地全体と建物の関係も重要ですから、建物と同じようにスチレンボードに配置図を貼って敷地をつくります。
その敷地に建物を置けば模型の完成です!kansei01

 

完成した模型をいろんな角度から見てみよう

南東側からみるとこんな感じ。kansei02

北側から。
外壁のアクセントカラーの赤はできるだけ実際の色に近づけました。
赤い部分をどのくらいの面積にするときれいなのか、これを見ながら考えます。kansei03

西側から見てみます。
うん、シンプルで素敵。
黒い外壁と屋根に軒先のラインが1本スッと通っていてきれいですね。
kansei04

室内について検討したいときには、屋根をはずして見られます。
kanse05

今回使用したスチレンボードは厚さ1mmと2mmの2種類です。
100分の1ということは、実寸だと10cmと20cmですね。
模型では壁も床も柱もこの2種類でつくりましたが、もちろん実際の建物の部材はそれぞれ違うサイズです。
模型づくりのプロセスではいろいろなサイズの部材を2種類のスチレンボードで組み立てるために、敢えて図面どおりではなくサイズや造りを微調整しています。
例えばロフト部分には本当は天井がありますが、この模型で天井を張ってしまうとロフトがどんな感じなのかわからなくなってしまうので省略しています。
大切なのはお客様に建物のイメージをつかんでもらうことだから、模型は必ずお客様にとってわかりやすい状態に整えてあり、実際の建物とまったく同じというわけではありません。
でも、だからこそお客様にとっては役に立つんですよね。
住宅会社から模型をもらったら、じっくり眺めてまだ見ぬ我が家のイメージを膨らませてください。

 

設計に模型を役立てよう

こんなふうに、まだ存在しない我が家をいろんな角度から見て検討することができるのが模型のいいところです。
最後に、模型を設計に役立てる方法をご紹介しましょう。

①空間のつながりやデザインを検討する。
ここまでにもお話ししてきたとおり、空間のつながりや動線、ボリューム感、デザインなどを考えましょう。
立体になったことで1階と2階のつながりなどもわかりやすくなったはずです。

②高さや見え方を検討する。
平面から立体になったことで一番わかりやすくなったのが高さです。
天井の高さ、窓の位置や高さ・大きさ、設備(今回ならキッチン)の高さなどが全体のバランスの中で見えてきました。
模型を持ち上げて実際の身長くらいの位置からのぞきこむと、住んだときの室内の見え方の参考にもなります。

 

この模型の家、実物が見られます(完成内覧会のお知らせ)

※この内覧会は終了しました。

今回ご紹介した模型のお住まいが完成し、内覧会を開催させていただくことになりました。
天井高5.5メートルのリビングがある開放的な平屋をぜひご覧ください。

詳細は下記をご覧ください。
内覧会のときには、この模型も展示します。
模型と実物を見比べてみるのも参考になりますよ!

来場予約はこちら