愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

注文住宅の価格を知る方法~注文住宅会社が価格を書かない理由と尋ね方~

orangebase

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『注文住宅の価格を知る方法』です。

「注文住宅の会社ってどうして価格を書かないの?」と聞かれることがあります。
わかります!お客様としては一番知りたいところですよね。
素敵な家だなぁと思っても、建てられるかどうかを判断するための情報がないんじゃ困りますよね。
具体的に相談して、プランとか見積もりとかしないとわからないとか・・・怖い!めんどくさい!
わかるんです、私たちにもその気持ち。
なのに、ホームページにもパンフレットにも価格って書いてありません。
ご覧いただくとわかる通り、当社のサイトにも価格に関する情報はありません。
実はコレ、書くのがすごくすごく難しい上に、書いたところでお客様にとってほとんど参考にならないから書いていないんです。

今日はまず、注文住宅会社が価格を明示しない理由を住宅会社の立場から解説します。
さらに、具体的な相談を始める前に注文住宅の価格のめやすを確認する方法をご紹介しましょう。

 

注文住宅会社が価格を書かない理由

注文住宅会社は価格を明示しないと書きましたが、はっきりと書いているケースもあります。
ローコスト注文住宅と規格住宅です。
ローコスト注文住宅というのは、坪単価30~40万円代くらいの数字を広告にでっかく掲げている会社です。
見たことありますよね?
規格住宅というのは、注文住宅でありながらプランや仕様が限定された住宅です。
この「プランと仕様が限定された」というところがポイント。
これがローコスト住宅にも共通する価格を明示できる理由なんです。

大きさ・間取り・材料・設備などがほぼ決まっていて、変更できる範囲も限定されていて、会社によっては打ち合わせ回数まであらかじめ決まっているから、かかる費用もだいたい決まっている。
これなら価格もはっきりするから書けるんです。

注文住宅会社が価格を明示できない理由は、ちょうどこの逆のことをしているから。
つまり1軒1軒違う家を建てているからです。
本当にプランに制限のない注文住宅の場合、1軒1軒大きさ・間取り・材料・設備などが全部違っていて、すべてをゼロから考えなくてはいけません。
以前の記事で書いたように、土地の条件の活かし方から始まって、いろんな角度から考え抜いてたったひとつの最良の家を建てるのが私たちの仕事です。
だから、例えば坪60万円の家でも平屋もあれば2階建てもあり、太陽光発電を搭載した60万円もあれば、造作家具がたくさんある60万円もあります。
つまり、仮に建物の写真に価格や坪単価を表示したところで、その中身が全部わからないとどうしてその値段になったのかはわからないため見る人にとって参考になりません。
「うちは太陽光発電はいらないから安くなるかな」と思っても、違うところでお金がかかるなんてことはいくらでもあるんです。

この話をわかりやすくするために、過去3年間に当社で建てた住宅の価格帯のデータを公表しちゃいましょう。
延床面積30~35坪の住宅を建てるのにいくらくらいかかった人が多いのかというデータです(設計料を含む。諸費用は含まない)。

Print

「2,500万円以上3,000万円未満」が全体の半分強を占めていますが、次に多いのは「4,000万円以上4,500万円未満」です。
500万円刻みでグラフにしたのでこんな感じですが、同じくらいの大きさの建物でも2,000万円強~4,500万円弱まで分布していることがわかります。
その差はざっと2,000万円以上。
2,000万円あったらもう1軒建ちそうですよね・・・。
注文住宅の場合、どんな家を建てたいかによってこんなにも価格が違ってしまうから価格表示がとても難しいのです。

 

注文住宅の価格を尋ねてみよう

じゃあ、いいなぁと思った住宅会社で自分たちが建てられるのかどうかを知るにはどうすればいいんでしょう。
一番いいのはやっぱり正直に相談すること。
そうすれば、住宅会社はきちんと資金計画をして「どうすれば希望の家を建てられるか」を提案してくれます。
ただし、家族構成や勤務先・年収など重要なことをたくさん伝えなくてはいけませんから「あまり早くから自分の情報を伝えたくない」という気持ちもありますよね。
価格を確認したいときってまだ住宅会社選びの最中だから、複数の会社と話すのがしんどいというのもあるでしょう。
なので今回は、自分の情報をできるだけ伝えずにざっくりとした価格のめやすを聞く方法をお話しします。

カンタンにいうと自分の条件を伝えてだいたいの金額を教えてもらうということです。
できれば住宅会社を訪問してモデルハウスなど実物を見ながら尋ねるとよいと思いますが、難しければ電話でもかまいません。
少なくとも以下の条件を伝えて「御社ではいくらくらいで建てられるかだいたいの金額を教えてください」とお願いしてください。
伝えてほしい項目は。
①いつまでに入居したいか(建築にかかる期間は住宅会社によってずいぶん違うので、連絡した時点で「当社ではもう間に合わない」というケースがあります)
②家族構成(建物の規模を考えるめやすになります)
③特に希望すること(床暖房は絶対ほしい!など)
といったところです。
このくらい伝えれば、住宅建築のプロなら頭の中でだいたいどんな家になるかざっとイメージして「およそ●●万円くらい」と答えてくれるはずです(社内ルール等で答えてくれない会社もあります)。

ただし、これはあくまでめやすです。
自社の標準的な造りをベースに規模と特別な希望を考慮しただけですから、具体的に相談するともっと費用がかかることもあれば意外とコストダウンできることもあります。
住宅会社を絞り込むためのひとつの情報にはなりますが、「いいな」と思う会社ならやはりきちんと相談することをおすすめします。
すると「高くて無理かも」と思っていた会社でも、意外と予算内で希望を叶える方法を提案してもらえたりしますから!

 

「しつこい営業」や「相手にされないかも」という心配には

具体的に相談するのが一番だとわかっていてもなかなかできない、したくない。
お客様にその理由を尋ねてみると、個人情報を開示したくないというほかにおもに2つの理由があるようです。
「しつこく営業されそう」と「予算が少なくて相手にしてもらえないかも」という不安です。
最後に、この不安への対処方法をお話ししましょう。

しつこく営業されそうと不安なら「●月までに判断するから営業しないで」とはっきり伝えましょう。
このときに重要なのは「●月」が自分たちにとって適切な時期であることです。
ほとんどのお客様には「子どもが入学するまでに」など入居したい時期の希望があるはずです。
それまでに家が建たなければいろいろ困ったことが起こってしまいますので、資金などの相談をするときには、同時に各社の建築スケジュールを必ず確認しておいてください。
そのスケジュールを踏まえて自分なりの締切を設けて「●月までに返事をします」とはっきり伝えれば、フツーの住宅会社はしつこく営業することはありません。
住宅会社だって嫌われたくはありませんし、●月までという期限がはっきりしていればいつどんなアドバイスをすればよいか組み立てることができるので、営業サイドとしても助かる部分もあるんです。
なお設計や建築に必要な期間は住宅会社によってずいぶん違いますから、必ず候補の会社すべてに確認しましょう。

orangebase

次に「予算が少なすぎて相手にしてもらえないのでは」という不安について。
これは、一部でそのような対応をされたという話を聞くので実際にあることなんでしょう。
そういう会社に当たったら候補からはずしてください
住宅会社がそういう対応をしたのであれば、現実的にその会社で建てるのは難しいと考えてよいでしょう。
予算を増やすことができない限り、そこにこだわっていても希望の家は建ちません。

ただ、地域の住宅会社ならそういう対応をすることはほとんどないはずです。
あり得ないような極端な金額でなければ、なんとかしようと相談に乗ってくれるでしょう。
参考までに、予算が非常に限定されている場合、当社では安全・安心・健康にかかわる部分にはしっかりお金をかけて、住宅設備など家を建てた後でも入れ替えることができる部分でコストダウンを図ります。

ところで、予算が少ない場合には規格住宅という選択肢を提案されることもありますね。
一般的に、規格住宅はその住宅会社ができるだけ品質を落とさずに価格を抑えた商品となっているので、規格住宅で希望が叶うのであれば十分検討してよい選択肢だといえます。
とはいえ、プランも仕様も限定されるのは事実です。
予算が限られていても注文住宅なら基本的に設計は自由なので「こんな暮らしがしたい」という希望に近づいていくことができるでしょう。
どちらが自分に合っているのか、よく考えて選んでください。

 

 

 

来場予約はこちら