愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

漬物ステーキとペレットストーブで木の家の冬を楽しもう

top02

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『木の家の冬を楽しもう』です。

無垢の木に包まれた空間って、なんだかそれだけでぬくもりを感じますよね。
実際、木の床はビニールタイルの床に比べて足が冷えにくいという実験結果があります(林野庁HPより)。

Print

この実験のデータはナラですが、スギやヒノキでも同じです。
そう、「木に包まれてあったかい」というのは単なる気分の問題ではなく、科学的な根拠がある事実なんです。
が、今日はそんな難しい話はちょっと置いておいて。
当社スタッフがおすすめする木の家の冬の楽しみ方をご紹介します!

 

飛騨名物!漬物ステーキ

漬物ステーキってご存知ですか???
中島工務店の本社がある岐阜県中津川市加子母や飛騨地方の郷土料理なんですけど、ほかの地域の方にはあまりなじみがないと思います。
長久手Studioでも加子母・飛騨地方出身のスタッフたちが漬物を焼くとか煮るとか話しているそばで、ほかの地域出身者は「漬物に火を通す・・・!?」とびっくりしていました。
でもコレ、食べるととってもおいしいんです!
初めて食べた人にも大好評。
家の中でゆったり過ごす冬のひとときに最高のおつまみです。

というわけで。
早速、漬物ステーキをつくってもらいましょう!

 

漬物ステーキのつくりかた

①材料をそろえる
漬物ステーキはご家庭によっていろんなアレンジがあるようですが、今回そろえたのはこちら。
白菜の漬物、たまご、ごま油、レインボーペッパー。
だし醤油が写っていますが、使いませんでした。

01

ちなみに、調理の舞台は長久手Studioの2階キッチンです。
kitchen01コンロの前に立つと背中側がシンクになっています。kitchen02

②白菜の漬物を炒める
フライパンにごま油を引いて白菜の漬物を炒めます。

02

③溶き卵を入れる
白菜に火が通ったら、溶き卵を注ぎます。

03

④レインボーペッパーで味をつける
たまごを入れたらレインボーペッパーで味を整えるんですが・・・素早すぎて写真撮れませんでした。

⑤完成!
たまごにほどよく火が通ったら完成です。
調理時間5分。
カンタンにできました。

04

 

漬物ステーキを日本酒でいただきましょう

漬物ステーキは日本酒に合います。
今日は蓬莱泉 純米大吟醸「空」に添えていただきましょう。
入手困難で“幻の酒”ともいわれる「空」を注ぐのは、陶芸家・加藤恒太郎氏 作のぐい吞み。
繊細なぐい吞みが空のふくよかな香りを引き立ててくれます。
※加藤恒太郎氏のぐい吞みは長久手Studioに併設の雑貨ショップ・木まま工房で取り扱っています。

07

読みかけの本を持ってペレットストーブのそばに座り込めば、冬の夜長の至福のひととき・・・。
ずっと続いてほしいと願うような、穏やかで心地よい時間が流れていきます(羨ましいなぁ)。

06

 

ペレットストーブで炎のある暮らしを手軽に楽しもう

ほんのりあったかい無垢の木包まれた空間にはゆらめく炎が似合います。
最後に、木の家の冬に似合うペレットストーブをご紹介しましょう。
薪ストーブも風情があっていいですが、手軽な操作で炎のある暮らしを楽しめるのがペレットストーブのいいところですよね。
当社でおすすめしているのが、シモタニ コンコード・オルコット

stove

おすすめポイントはというと。
運転スイッチを押すだけで3~5分で着火します。
遠赤外線による暖かさだけじゃなく、送風口からは温風が出てダブルでお部屋を暖めてくれます。
ダイヤル式で簡単に火力や風量を調整できます。
着火タイマーがあるから、就寝前にセットしておけば起きたときにはお部屋が温まっています。
燃料のペレットは間伐材や製材所の端材でできているから、環境にやさしい暖房です。

ポンっとスイッチを押して、キッチンでちゃちゃっと漬物ステーキをつくって日本酒片手に戻ってきたら、もうあったかい。
憧れますよね、そんな暮らし。

来場予約はこちら