愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

新築住宅の定期点検~1年点検実例レポート~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは「新築住宅の定期点検」です。

「家は完成してからが本当のおつきあいの始まり」なんて言う住宅会社がたくさんありますが、これは本当で、建築業者を選ぶときにぜひ重視していただきたいポイントのひとつです。
なぜって、家に経年変化は付きものですから。
当社の住宅部メンテナンス課によると、だいたいこんな時期にこんなメンテナンスが必要になります。

■ウッドデッキなど外部木部の塗装 2年目~
■水廻りのコーキングの補修 5年目~
■外壁サイディングの塗装・目地コーキングの補修 7~10年前後
■熱源機交換 10年前後
■屋根の板金塗装・瓦漆喰補修など 15年目~

ほかにも水栓やパッキンなどの消耗品はいずれ必ず交換しなければいけませんし、建具の調整や襖・障子の張替えなどは適宜必要です。
住まいを快適な状態に保つためには適切な時期に適切なメンテナンスを行うことが大切で、そのためのアドバイスをするのが住宅会社の役割です。
定期点検はそんな住まいのメンテナンスの第一歩。
今日は定期点検でどんなところをチェックするのか、実際の点検の様子を密着レポートします。
※住まい手様のご厚意で点検の様子を取材&レポートさせていただきました。ありがとうございました。

 

定期点検のしくみと流れ

最初に、定期点検がどのように進むのかしくみと流れを確認しておきましょう。
当社では半年・1年・2年・5年に点検に伺い、5年点検以降は10年・15年・・・と5年ごとに伺います。
点検にお伺いするのは、2年点検までは原則として工事を担当した現場監督。
この時期は大きな不具合がほとんど発生しないほか、建築工事中の諸々を知っていた方が対処しやすいケースが多いからです。
5年点検以降は上に挙げたコーキングの補修など重要なメンテナンスが発生するようになるので、専門部署であるメンテナンス課のスタッフが訪問します。

定期点検の流れはというと。
①点検予定月の前月になったら、当社からお客様にご案内(返信用はがき入り)を郵送。
②お客様から当社へ返信用はがきで希望日程の候補を送付。
③担当者からお客様に連絡、点検日時を調整。
④点検当日 ←今日はココのレポートです!
⑤担当者からメンテナンス課に点検報告書を提出。
点検の結果、メーカーや協力業者に対応を依頼する必要がある場合や各種工事のご相談をいただいた場合は別途対応します。

では。
早速、定期点検に行ってみましょう!!

 

まずは外部をチェックします

点検内容には大きく分けて建物の外部と内部があります。
まずは外部からチェック開始です。

今回の担当は現場監督の香賀秀和
住まい手様ご夫妻と一緒に建物を見ていきます。
この日はあいにくの雨だったので、傘をさしての点検になりました。

塗装やコーキングの状態などを確認していくのですが、今回のお住まいはお引き渡しからまだ1年しか経っていませんから、特に気になるところはありませんでした。
唯一アドバイスをさせていただいたのがウッドデッキの塗装です。
日当たりがよく雨にも濡れるので一番塗装が劣化しやすい部分です。

現時点ではまだ大丈夫でしたが、おそらく2年点検よりは前に塗装し直した方がいい状態だったので「自分で塗れますよ」と簡単にご説明。
ご主人が「暖かくなったらやってみます!」とのことだったので、改めて塗料のメーカーと品番をお知らせするお約束をしました。

引き続き、外部を一周。
基礎の状態などもしっかり確かめて、外部のチェックは完了です。

 

内部もしっかりチェックします

次は建物内部の点検です。
お客様に気になるところがないか尋ねたところ、玄関ドアの開閉時に擦れるような音がするというお話が。
さっそく確認してみると、確かに音がしています。
ドアの滑りがよくないためと判断し、ドアレールにシリコンスプレーをひと吹き。
音がしなくなりました。

次にトイレの換気扇。
換気扇を動かすときに、少しですが異音がするのが気になるとのこと。
こちらも換気扇を開閉するバネの部分にシリコンスプレーを吹き付けました。

このとき換気扇のお手入れのしかたもご説明。
周辺の交通量などにもよりますが、トイレの換気扇って結構汚れるんですよね。
住まい手様に実際に羽根のつけはずしをやってみてもらいました。

取り外したトイレの換気扇の羽根。

 

においが気になるところがないか、リモコンやスイッチ類の動作に問題はないか、シロアリ等を見かけたことはないかなど規定の項目に従ってお客様に確認していきます。
床下点検口から床下の状態も確認しました。
すべて問題ありません!

ここで、奥様からリビングのバーチカルブラインドの開閉方向を変えたいというご相談が。
左から右に開くように取り付けていましたが、家具を置いてみると逆の方が使いやすいことに気づいたそうです。
ご主人にも協力いただいて逆向きに取り付けし直しました。

定期点検の際には不具合だけでなく、生活する上でのちょっとしたお困りごとや要望なども相談いただくことがよくあります。
この日も「棚板の位置って変えられるの?増やすこともできるの?」というご相談があったので、位置の変え方・増やし方をお伝えしました。
内容によっては部材が必要だったり別途業者を手配しなければいけないこともあり、有料となる場合もあります。
ですが、その場でできることはできるだけ対応するようにしていますので、気軽に相談してほしいと思います。

 

報告書に印鑑をいただいて完了です

すべてチェックし終わったら、点検完了のしるしである書類の記入を行います。
まずは住まい手様が保管している「定期点検スケジュール」に点検を実施した香賀がサインします。
「定期点検スケジュール」はお引き渡しの際にお渡しする様々な書類のひとつで、その名の通り点検予定が書かれています。
今回の点検で「半年点検」に続いて「1年点検」の欄が埋まりました。

続いて、点検報告書にお客様の印鑑をいただきます。
こちらは点検担当者がメンテナンス課に提出するもので、これによって会社は点検が確実に実施されたことを確認します。
点検実績は顧客管理システムにも登録され、住宅部のスタッフ皆が点検が完了したことを確認できるようになっています。

これで定期点検完了です!
この日の点検の所要時間は約1時間15分でした。

このように定期的にプロの目で住まいの状態をチェックすることにより、問題が起こる前に早めに適切な対処をしていくことができます。
もちろん、定期点検のタイミングでなくても機器の故障などなにかあったときには随時対応しますが、やはり定期点検をしっかり行うことが住まいをよい状態に保つ大前提です。
建築業者を選ぶ際には定期点検などアフター対応の体制を確認していただくとともに、ご入居後は忙しくても点検を欠かさないことが大切です。

来場予約はこちら