愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

産直住宅に共感して~S様邸(2014年新築)~

産直住宅・完結型林業に共感

――お引き渡しのときに小学校1年生だった一番上のお子さんがもう4年生とは・・・!時が経つのは早いですね。

ご主人・Mさん この家で暮らし始めてもう3年が経ちました。入居後に4人目も生まれて、にぎやかな毎日を過ごしています。

奥様・Tさん お友だちが来ると今でも「木の香りがするね」って言われるんですが、私たちはもう慣れてしまってわかりません(笑)遊びに来たお友だちが居心地がよくてなかなか帰りたがらないんですよ。やっぱりいい家なんだなと思います。

――S様は、最初に2週続けて可児モデルハウスLITTLE KASHIMOに来場されたのが印象的でした。

Tさん 1週目は家族だけで、2週目はおじいちゃんも一緒に行きました。おじいちゃんに「中島工務店で建てることに決めた」と伝えたかったので。

――その1年ほど前に一度だけ完成内覧会にお越しいただいていますが、それから1年も経ってから、しかもモデルハウスをたった1度見ただけで当社に決められたのには驚きました。

Mさん 僕が中島工務店を知ったのは、中島工務店で家を建てた内田樹先生のブログがきっかけでした。内田先生のファンなんです。それがちょうど家をどうしようか考えていた頃だったので、ネットで中島工務店の完成内覧会を見つけて行ってみたんです。でも、まだそのときは戸建と決めていたわけじゃなくてマンションや実家に同居という可能性もあったので、見せてもらっただけでした。

Tさん 1年後、戸建を建てると決めたときに改めてLITTLE KASHIMOに行きました。そのときはもう「中島工務店にしよう」と決めていましたね。

Mさん 中島工務店の産直住宅や完結型林業という取り組みがすごく素敵だなと思って。材料もつくる人もすべての背景に「地域のため」という思想があって、会社の軸足がしっかりしていると感じました。僕は豪華な設備とかにはあまり興味がなくて、そういう取り組みのためにお金を使うことが大事だと思っていたんです。

産直住宅
地域の材料を地域で加工し、中間流通を省いてお施主様に直接お届けし、地域の大工職人が建てる家。
1970年代の終わり、安価な輸入材との競争の中で国内林業が衰退の一途を辿る中で、当社の故郷・加子母が地域ぐるみで取り組んできた林産業を維持・発展すべく産直住宅に取り組み始めました。
完結型林業
林業・製材業・建築業を同一地域の中で完結するしくみ。産直住宅はその一部。住宅1棟分の木材の大部分を地域材で賄い、植林から育林・伐採・市売り・製材・乾燥・加工・建築までを地元の業者が担うこのしくみは地域活性化の切り札となっています。

 

――Tさんも同じ想いだったのですか?

Tさん 最初は主人ほどの思い入れはありませんでしたが、プランをお願いする前に水と緑の勉強会に参加したときには「こういうことができる会社にお願いするのはいいことだな」と思いましたね。森の空気が気持ちよくて、工場見学で家づくりのプロセスを全部見せてもらえて。信頼できると思いました。

Mさん 神宮備林を訪れたときには歴史を感じ、心を動かされました!水と緑の勉強会のような自然と歴史に触れる機会はとても大切なので、これからも続けていってほしいと思います。
※神宮備林:伊勢神宮の式年遷宮御用材を伐り出すヒノキ林。

 

希望は「明るくて動線のいい家」

――プランを始めるに当たってはどんな希望を出されたのでしょうか。

Mさん 日当たりと家事動線を重視してほしいと伝えました。当時住んでいたアパートがすごく動線がよかったんです。リビングから放射状に各部屋に行けてとても使いやすくて満足していたので、新しい家でも同じような発想でお願いしたいと思いました。

――ファーストプランからほとんど変更なく現在の住まいが出来上がりました。

Mさん そうですね、ファーストプランのときからLDKが一体空間になっていて真ん中にアイランドキッチンがあって・・・。動線がいいなと思ったので、大きな変更はありませんでした。外観も最初に提案されたものが「いいな」と思ったので、ほぼそのままになりましたね。

Tさん L字型のLDKに和室がつながっていて、洗濯物干し場にもすぐに出られて。一番重視していた動線は本当によく考えられていて、使いやすい家になったと実感しています。

Mさん 正直にいうと、プランを見せてもらってもそれがいいのかどうかよくわからないというのもありました(笑)「こんなのもありますよ」って言われると「それもいいな」というような。だから、基本プランがすぐ決まったわりには設計には時間がかかったと思います。

ご主人と担当設計士の小林(右)

 

――細かいところを決めていくために、設計中に何度も完成内覧会に参加されましたね。

Mさん 例えば腰壁の高さは100cmにしようかと言われても、実際どうなのかはなかなかイメージできなくて。それが内覧会で見てみると、100cmの腰壁が部屋一周ぐるっと張ってあるので「こうなるのか!」とよくわかる。色などもそうやって内覧会で実物を見ながら考えていきました。

Tさん 私も内覧会はすごく参考になりました。いろいろな家を見せてもらう中で「うちもこういう感じになるんだな」と納得したり、「こうしようと思ってたけど、やっぱりこれじゃない」と考え直したり。

Mさん 家づくりは一度きりで、組み立ててみてやっぱり違うから潰して・・・なんてことはできません。そこが全部自分たちで決める注文住宅の難しいところであり、醍醐味でもあるんだと思います。

 

いつも家族の気配が感じられる暮らし

――工事中も2週間に1回は立ち合いで現場確認を行いました。

Mさん 家づくりを始める前は少し遠いところに住んでいたのですが、子どもの小学校のこともあったので工事中は現場の近くにアパートを借りて家族で引っ越してきたんです。それに僕は現場の隣に駐車場を借りたので、朝晩通勤のときに進捗具合を見ていました。毎日見ているとだんだん我が家ができていくのが実感できますから、近くに住んでよかったなぁと思いました。

――実際に暮らしてみていかがですか。

Tさん 動線は本当に満足です。広いので掃除がたいへんかなぁと思いましたが、部屋がつながっているので意外とラクにできています。

Mさん 間仕切りが少ないので、どこにいても家族の気配が感じられていいですね。ただ、子どもたちがプライベートがほしい年頃になったら子ども部屋にも間仕切りが必要になってくるんでしょうね。そのときはまた相談させてください。

――リビングの一角に勉強コーナーがありますが、今はそこで勉強しているんですよね。

Tさん アパートに住んでいたときに子どもたちがいつもリビングで勉強したり遊んだりしていたので、ここでもリビングに勉強コーナーをつくってもらいました。いつもキッチンで料理や洗い物をしながら、子どもたちが勉強したり、ピアノを弾いたり、遊んだりしているのを見ています。すぐそばにいるので子どもたちも「これどんな字書くの?」なんて気軽に尋ねてきますし、こちらも家事をしながらすぐ答えられます。ママ友にも好評なんですよ。

――子どもたちの笑顔を見ていると楽しい毎日を過ごしていることがよくわかって、私たちも嬉しく思います。家づくりの先輩として、これから家を建てる人にアドバイスをいただけますか。

Tさん 自分の想いにとことんこだわり続けてください!ほかの会社で建てた友人たちからはいろんな希望を伝えてもなかなか叶わないと聞きますが、中島工務店は必ず一緒に考えてくれます。全部が実現できるわけではありませんが、しっかりと検討してくれるので納得のいく家づくりができると思います。

Mさん 僕は、敢えて逆のアドバイスをします。そのへんにしといたら、と。先ほどお話しした通り、家はつくって壊してやり直すということはできませんから本当に難しい。あまりにもこだわり続けると何がいいのかわからなくなり、前に進めなくなります。そういうときには自分の気持ちはちょっと横に置いておいてプロのアドバイスに従うのも大事だと思いますから。

――お客様の想いをしっかり受け止めながらプロとして適切な道しるべになる。私たちの責任ですね。肝に銘じてがんばっていきたいと思います。本日はありがとうございました。

 

来場予約はこちら