愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

新築住宅の外装塗料の色の選び方~無垢の木の家を建てるなら知っておきたいポイント~

木部の塗料の色 左:クリア、右:ブラック

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは「無垢の木の家の外装塗料の色の選び方」です。

内部でも外部でも、住宅に塗料を塗る目的はおもに2つ。
デザイン性と材料の保護です。
中でも外部塗装は外観の印象を左右する上、紫外線や雨から材料を守るという重要な役割を果たしています。
せっかく家を建てるんだから、かっこいい外観が長く続くようにしたいですよね!?
そのために大事なのが塗料なんです。

当社のような家づくりをしている場合、外部木部の塗料の色は工程の中でも意外と早いタイミングで決めなくては行けません。
というのも、こちらの記事の「施工ルール③」にある通り、外部木部は先行塗装するからです。
木材の加工工程で塗装も行うので、着工から3~4週間が色決めのタイムリミットです。

今日はそんな外部塗料を選ぶときに知っておきたいポイントを、中島工務店で標準採用している「リボス タヤエクステリア」を例にお話しします。
意外と知られていない塗料の色とメンテナンスの関係をぜひ参考にしてください。

 

無垢の木の家には自然塗料がおすすめ

塗料には、大きく分けて材料の表面に塗膜をつくるコーティング系塗料と材料に浸透する浸透性塗料の2種類があります。
ウレタン系やシリコン系がコーティング系塗料の代表格。
よく見かける新建材のぴかぴかツルツルのフローリングをイメージしてください。
あのぴかぴかツルツルは材料を保護する塗膜なんです。
一方の浸透性塗料はオイルなどを浸透させて木を守るもので、リボス タヤエクステリアなどの自然塗料はこちらに含まれます。
中島工務店は無垢の木には自然塗料をおすすめしています(当社に限らず、無垢の木の家を建てている住宅会社はだいたいそうだと思います)。
無垢の木の素材感や風合いを活かせる浸透性塗料の中でも、有害物質を含まない自然塗料なら安心・安全だからです。

ただし自然塗料はコーティングしていない分耐久性が限られていて、コーティング系塗料に比べるとこまめに塗り直しをしなくてはいけません。
だから色を選ぶときにはメンテナンスのことも知っておいてほしいんです。
え?色とメンテナンスが関係あるの?と思われましたか。
あるんです!
でもその話をする前に、塗装が劣化するとどういう状態になるのかを確認しておきましょう。

 

塗装が劣化した状態って?

下の写真は長久手Studioの玄関アプローチの梁の写真です(2階から見下ろしたところです)。
一番手前の梁だけほかの梁と色が全然違っていますよね?
これが塗装が劣化した状態です。

おもな原因は陽射しと雨です。
屋根にすっぽり覆われている奥の梁に比べて、手前の梁は陽射しも雨も当たりやすいため塗装の劣化が進んでしまいました。
長久手Studioは2014年7月OPENですから、3年足らずでこれだけの差ができたというわけです。
※手前の梁の上側の面は雨除けの板金を張ってあります。そうです、当初からここは一番傷みやすいとわかっていたんです。

塗装が劣化すると木材に直接雨などが当たるようになってしまい、繰り返し雨が浸透すると木が腐ってしまう場合もあります。
木が腐ってしまったら補修はたいへんです。
無垢の木は建物になってからも呼吸しており湿度などの影響で伸縮するため、どうしても塗装が劣化しやすいという傾向があります。
適切なタイミングで塗り直しをしなきゃいけないのでちょっと面倒だと思われるかもしれませんが、「だからこそ愛着が生まれる」というお客様もたくさんいらっしゃいます。
無垢の木ならではの味わいを長持ちさせるために、メンテナンスを見越した色選びの注意点を見ていきましょう。

 

色の濃淡とメンテナンス回数の違い

当社で扱っているリボス タヤエクステリアを無垢板に塗ったサンプルです。
実際に長久手Studioの打ち合わせ室に置いてあるもので、これを使って色決めをしています。

無色で木そのものの色を活かすクリアから黒まで8段階から好みに合わせて選べます。
ずいぶん濃淡がありますが、濃い色の方が紫外線の影響を受けにくいので塗装が傷みにくくなります。
黒の方が紫外線透過率が低いからで、「日傘は黒がおすすめ」といわれるのと同じ原理です。
じゃあ濃い色がおすすめなのかというと一概には言えません。
傷みにくいということは薄い色に比べてメンテナンスの回数が少なくなるということですが、木材のためにはこまめにメンテナンスした方がいいので薄い色の方がいいともいえるんです。

とはいえ、そもそも塗料の色を選ぶときに一番にメンテナンスのことを考えることはありませんよね。
デザイン性などを考慮して、好きな色を選んでください。
ただ、薄い色を選んだ場合には濃い色に比べてメンテナンスの回数が多くなるということを覚えておくと木材をできるだけ良い状態に保てると思います。

 

塗料の色の濃淡と塗り重ねるときの注意点

塗装をやり直す場合には、元の塗料にもよりますが、多くは元の塗料を剥離して新しい塗料を塗り直さなくてはいけません。
ところが、リボスの塗料は剥離せずに元の塗料の上から塗り重ねることができるという特徴があります。
比較的簡単にできるため、ウッドデッキなどは自分で塗り直すというお客様もたくさんいらっしゃいます。
塗り重ねOKでメンテナンスしやすいという点は、数ある自然塗料の中で中島工務店がリボスを採用している理由のひとつでもあります。
※リボスの塗料でも、長期間メンテナンスを行っていなかった場合は汚れを落とすために剥離が必要になることもあります。

ですが!
ここで知っておいてほしいポイントがあります。
まず、元の色と同じ色を塗り重ねていいのは塗装の劣化があまり進んでいないときに限ります。
こまめに塗り直していれば塗り重ねていい場合が多いですが、引渡し後の年数や日の当たり方などによって劣化の程度は異なります。
ひとつの建物でも東西南北で違ってしまうので、定期点検などの際にプロに確認してもらうことをおすすめします。

次に、同じ色を繰り返し塗り重ねるとだんだん濃くなっていくことにも注意が必要です。
当たり前といえば当たり前なんですが、最初に色を選ぶときにはなかなかそこまでイメージしにくいものです。
だんだん濃くなっていった結果「こんな色じゃなかった」とならないように、あらかじめメンテナンスのことも考えて色を選ぶといいですね。
もちろん、設計士や現場監督がアドバイスいたします。

色が濃くなっていくというのを逆手にとって、敢えて最初に薄い色を選んでだんだん濃い色を塗り重ねていくという方法もあります。
例えば、新築のときにはクリアを塗っておいて、メンテナンスのときにはピーチ→パイン・・・とだんだん濃い色を塗っていくわけです。
木部の色を変えることで外観の印象も変わるので「楽しい」と言われるお客様もいます。
なお、この逆、つまり濃い色に薄い色を塗り重ねることはできません。
程度の差はあっても元の塗料は必ず劣化していて均一に塗られた状態ではなくなっていますから、濃い色の上に薄い色の塗料を塗るとどうしても色ムラができてしまうんです。
最初に濃い色を選んだ場合はその色より濃い色、ブラックの場合はブラックを塗り重ねることになりますが、薄い色ほど色ムラにはならないので安心してください。

 

まとめ;新築住宅の外装塗料の色選びで注意すること

いろいろ書いてきましたが、デザイン性を左右する色選びではやはり好みが一番重視されます。
それでもここに挙げたようなことを知っているのといないのとでは住み始めてからの満足度が違ってくるので、頭に置いて考えたいですね。
色選びで注意したいことをまとめておきましょう。

●濃い色の方が薄い色より塗装が傷みにくく、メンテナンスの回数が少なくてすむ。
●木材のためには、こまめなメンテナンスが必要な薄い色の方がおすすめ。
●リボスの塗り重ねがOKかどうかは塗装の劣化具合による。
●同じ色を繰り返し塗り重ねるとだんだん濃くなっていくことを見越して色を選んだ方がいい。

なお、塗装の劣化具合によっては、一度元の塗料を削ってしまった方がいい場合もあります。
住まいをよりよい状態に保つために、迷ったときにはプロに相談してくださいね。

来場予約はこちら