愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

現在・数年後・数十年後をイメージして徹底的に考え抜きました~M様邸(2015年新築)~

「知っている人が建てた業者」で建てたかった

――手入れの行き届いたお庭が建物と調和していてとても素敵ですね。家の中もすっきりと片付いていらっしゃって、丁寧に暮らしていることがうかがえます。

奥様・Yさん 外観は設計を担当してくれた加藤さんにお任せしたのですが、外構を含めてとてもよい感じに仕上げていただきました。室内については、暮らし方にこだわりがあったので動線や収納を自分で考えた上で加藤さんに相談しました。家の中がごちゃごちゃするのがイヤで徹底的に検討したおかげで、あまり散らかることなく暮らせているんだと思います。

――お子さんが生まれた頃に家を建てようと考え始めたんだそうですね。

ご主人・Kさん 「子どもが小学校に入学するまでに建てたい」と思って土地を探し始めました。条件に合う土地を探していたところ、2年ほどで現在の土地が見つかりました。それから建築業者探しを始めたんです。

Yさん 「こんな暮らしがしたい」というこだわりがはっきりしていたので、マンションや建売住宅では満足できないとわかっていました。だから最初から注文住宅の業者に絞って、私たちの要望を実現してくれる会社をじっくりと検討しました。

インタビュー当日、近所に住むお友だちも遊びに来ていました。

 

――家づくりを考え始めるとまずハウジングセンターを見学する方がたくさんいらっしゃいますが、やはりハウジングセンターに行かれましたか?

Yさん ハウジングセンターには一度だけ行きましたが、私たちが求めているものではないと感じました。年月とともに味わいが増す無垢の木の家がいいと思っていましたから、ハウジングセンターに建っているモデルハウスのほとんどは参考になりませんでした。そもそも、私は知っている人が建てた業者で建てたかったんです。

――なぜ「知っている人が建てた業者」なのですか?

Yさん 雑誌やインターネットに住宅会社の情報はあふれていますが、どれほど調べてもわかることは限られていますし、どれも一面的な意見です。でも、知っている人が建てた業者なら建てた人の率直な意見が聞けるし、どんな家なのか実際に見ることもできる。住み心地やアフター対応なども確認できますから、信頼できる業者を選べるだろうと思いました。

――実際に何社くらい見学されましたか。

Kさん 3~4社です。中島工務店も知人の紹介で訪問しました。私たちは「こうしたい」というイメージをはっきり持っていたので、無垢の木の家であることはもちろん、要望に細かく対応してくれる自由度と設計力・技術力を持ち合わせた会社でなければいけないと考えて選んでいきました。そうやって絞っていった結果、最終的に中島工務店とA社が残りました。

Yさん そして、中島工務店とA社に同じ条件でプランを描いてもらったんです。すると、A社は私たちが伝えたことをそのままプランにしてくれた一方、中島工務店からは「こうした方がいいよ」「こういうやり方もあるよ」という提案が含まれたプランが提示されました。A社が担当者一人で考えているのに対して、中島工務店はチームで意見を出し合って検討しているから一人の思い込みに左右されることがないんだと感じました。私たちは素人ですから、こちらの意見を鵜呑みにするのではなく専門家として意見を言ってほしいと思って中島工務店に決めました。

 

「小人になって図面の中を歩き回って」徹底的に暮らしを考えた

――当社ではプラン前に現在の生活スタイルや新しい家へのご要望を確認する「住まいづくりプランニングシート」をご記入いただいていますが、M様はプランニングシートに加えて独自の要望書を提出してくださいました。

Yさん プランニングシートだけでは私の要望は伝えきれなかったので、A4用紙で2ページくらい書きましたね(笑)

Kさん 今でも当時の打ち合わせ記録を保管していますよ。

当時の打ち合わせ記録をめくると思い出がよみがえる。

 

――きれいにファイリングされていますね!最初のご要望を確認してみましょう。

Kさん 日当たりと風通しのよい家にしたかったので、全室南向きとお願いしました。床はなるべくフラットで、掃除しやすいようにしてほしいとも伝えました。

Yさん 私はエアコンが苦手なので、真夏でもエアコンなしで暮らせるというのが重要でした。限られた空間にグランドピアノをどう置くかも加藤さんを悩ませたところだったと思います。洗濯の動線も具体的にお願いしました。洗濯する・干す・たたむ・しまうまでの動線をリビングの外に置いて、リビングに洗濯物を持ち込むことがないようにしたかったんです。そうすればリビングが散らからないでしょ。化粧をするのは一般的に寝室なのかもしれませんが、私は洗面室に専用スペースを設けてほしいとお願いしました。化粧をしたらすぐに手を洗いたいですから。

Kさん 将来のこともずいぶん考えました。車椅子になった場合を想定してトイレなどの水廻りを広めにしてほしい、1階だけで暮らせるようにしてほしいといったことをお願いしました。

――そのほかにも、ご家族の現在の暮らしや数年後、数十年後をよく分析された具体的なご要望をたくさんいただきました。その上でプランをさせていただいわけですが、最初のプランを見ていかがでしたか。

Yさん 私たちの要望を上手に取り入れてもらっていて、納得できるプランでした。

Kさん 細かいところはさらに検討して修正してもらいましたが、大枠は最初のプランのまま進みましたね。いただいたプランに対する意見を提出して、修正案を見せていただいて・・・というのを2~3回繰り返してプランが決まりました。

――動線や収納には特にこだわっていらっしゃいましたね。

Yさん 小人になって図面の中を歩き回りましたよ(笑)例えば、夜寝るときを考えるとしましょう。ここでキッチンの照明を消して、ここまで来たらリビングの照明を消して、次に階段の照明をつけて・・・といった具合に、どうすれば全部真っ暗になることなく寝室に行けるかを図面の中を歩きながら考えるんです。で「ここにスイッチがあるんじゃ真っ暗になる瞬間がある!」と気づいたらスイッチの場所を変更してもらう。生活のいろんなシーンをイメージしながら、そんなことを何度も何度もやりました。

Kさん 設計の詳細な検討を始めてからは、妻は毎日深夜まで家づくりのことばかり考えていましたね。僕はお任せでしたが(笑)

Yさん 私は仕事から帰って夜中2時、3時まで図面やカタログとにらめっこしていました。特に、収納は徹底的に検討しました。例えば、一般的に押入れは二段ですが、うちは三段にしてもらいました。布団の入れ方や自分の体格からどうなっていれば使いやすいかを考えた結果が三段だったんです。さらに、押入れの戸も一般的な引き戸ではなく折れ戸にしてもらうことで、押入れ全体を大きく開くことができて使いやすくなりました。同じように、どこに何を入れるのかを考えて、造付家具の引き出しのサイズなども決めていきました。キッチンの家電の種類と数を考えてコンセントの数と位置を決め、ルンバや充電式掃除機の収納場所にもコンセントをつくってもらって・・・。なんとなく収納をつくっても住みやすい家にはならないと思ったので、そこに何を入れるのか、そのために何が必要なのかをひとつひとつ検討して設計に反映していただきました。

――ゴミの置き場所にもこだわったと聞きました。

Yさん 私たちが住んでいる地域は資源ごみが月1回なんです。つまりダンボールや新聞紙、発泡スチロール、ペットボトルなどを1カ月間きれいに納めておく場所が必要です。すっきりと暮らすためには、家電や小物など目の前にあるものをどこに置くかだけでなく、生活の中で起こってくることも考えることが大切だと思いましたから。

――本当に生活の細部まで検討されたんですね。

Yさん 照明や引き出しの取手ひとつひとつまで自分で考えたので本当に要望は多かったと思いますが、加藤さんが上手にまとめあげてくれました。

 

家族みんな「おうちが一番」

――工事中は現場を見に来られましたか?

Kさん 週1回現場打ち合わせがありましたし、週末には必ず見に来ていたので、週2~3回は来ていましたね。

Yさん 来るたびに次々出来上がっているからおもしろかったです。子どもが現場監督の前田さんが大好きで、よく遊んでもらいました。

娘さんのお友だちと娘さん、現場監督の前田。

 

――実際に暮らしてみていかがですか?夏にもエアコンなしで暮らしたいというご要望でしたが・・・

Kさん 風が抜けるので思ったより暑くありません。エアコンは前のアパートから持ってきた1台が子ども部屋にあるだけで、今のところ買い足す予定はありません。

Yさん 活動的にというわけにはいきませんが、それほど動かなければエアコンなしでも大丈夫です。南北にも東西にも風が抜けるので、よく考えてくださったんだと実感しています。

――そのほかの住み心地はいかがですか。

Yさん 要望をしっかり取り入れてもらったので不満はありません!うちは皆「おうちが一番」なんですよ。旅行に行っても、帰ってきたら「おうちが一番」って言っています(笑)

――ありがとうございます。実際に住んでみて想像以上だったところはありますか?

Yさん 一番すごいと思ったのは、窓から見える景色です。私たちは部屋のレイアウトや床や壁の仕上がりはイメージできますが、窓から見える景色までは考えもしませんでした。けれど、加藤さんは外の景色も上手に取り込んでいたんですね!2階のベランダからの景色が特に素晴らしく、北には桜が見え、南は道路が遠くまで伸びる様が見渡せます。さすがプロだなぁと思いました。

窓からは見事な桜が望める。

 

――「こうすればよかった」というところはありますか?

Yさん 玄関をセンサーライトにしておけばよかったと思います。それから洗面室の床暖房の位置なんですが、床下点検口の関係でちょうど化粧するときに座る場所の足元に床暖房がありません。これは残念でした。

――お引き渡し後も「なかしまふれあいまつり」などにご参加いただいていますね。※なかしまふれあいまつり:当社で家を建てられたお客様を年に1度お招きするイベント。

Yさん 楽しく参加させてもらっています。参加するとスタッフの皆さんや職人さんに会えるので、わざわざ電話するほどではないけれどちょっと気になることを相談するのにいい機会になっています。

Kさん 久しぶりに長久手Studioに行きたいなぁ。夏夜祭を楽しみにしています。※夏夜祭:長久手Studioで毎年開催する夏祭り。

――M様は自分たちの暮らしを細部まで徹底的に考えることで、よそにはないたったひとつの我が家を手に入れられました。これから家づくりをする人にアドバイスをお願いします。

Yさん 家を建てることはライフスタイルを決めることです。家って今だけじゃありませんから、何十年先を見通して、家族がどうなっているか、誰がどんなふうに暮らしているかをできる限りイメージすることが大切です。よく「小学校の近くがいい」といった話を聞きますが、小学校なんて6年で終わってしまいます。もっと長い目で見てどういうふうに暮らしたいのかをイメージしなければいい家はつくれないのではないかと思います。

――おっしゃる通りですね。私たちもご家族の将来を考えながら設計提案していきたいと思っています。これから先、お子さんの成長もますます楽しみです。

Kさん 子どもが小学校に入るまでに家を建てたいという希望が叶いました。子どもの成長とともにこの家もだんだん味わいが増してくると思うので、楽しみにしています。

 

来場予約はこちら