愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

工務店との打ち合わせはどこでする?モデルハウス・自宅それぞれのメリットまとめ

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『工務店との打ち合わせの場所』です。

注文住宅を建てるためには、間取りから始まって設備仕様など様々なことを決めなくてはいけません。
棚板一枚まで自分で検討できるのが注文住宅の醍醐味ですから、当社で建てられたお客様の中にも「設計の打ち合わせをしているときが一番楽しかった」という方がたくさんいらっしゃいます。
とはいえ、普段のお仕事や家事・育児をしながら打ち合わせもすることになるわけですから、時間的・体力的にはやはりたいへんです。
ネット上には「何度もモデルハウスに行って打ち合わせすることになるので、住宅会社は自宅から近い方がいい」なんてことが書いてあったりもします。
一方で「打ち合わせのときはいつも自宅に来てもらった」という話も聞きますよね。
住宅会社とお客様のご自宅、打ち合わせをするのはどちらがよいのでしょうか。
今日はまず、意外と気になる打ち合わせ場所について住宅会社と自宅それぞれのメリットを確認。
後半では中島工務店の家づくりの流れを例に、各ステップで住宅会社or自宅のどちらがおすすめなのかをご紹介します。

 

住宅会社 or 自宅、それぞれのメリット

住宅会社に行って打ち合わせをする場合、モデルハウス・ショールーム・事務所などのうちお客様のご自宅にできるだけ近い場所で行うのが一般的でしょう。
これらの場所で打ち合わせをするメリットはカタログやサンプルなど必要な資料が近くにあることです。
もちろんご自宅で打ち合わせをする場合にはスタッフが必要な資料を持参しますが、話を進めるうちに追加資料が必要になることがあります。
例えば床の塗装の色について相談していたときに「サッシの色も一緒に考えたい」と言われたら、「すみません、今日は資料を持ち合わせていませんので・・・」ということになってしまうんです。
注文住宅の打ち合わせでは、話しているうちに「もっとこうしたい」というイメージが膨らんで予定外の相談になることがありますが、住宅会社で打ち合わせをしていればそんなときにもスムーズに話を進めることができます。

長久手Studioのカタログコーナー

 

一方、住宅会社のスタッフがお客様のご自宅に伺って打ち合わせをする場合のメリットは現在の生活をしっかり把握してもらえることです。
家づくりにはいろいろな夢や希望があるものの、まずは暮らしを営む場所ですから、住む人の生活に合っていなくてはいけません。
プランの前には現在の生活パターンや今の家で気に入っているところ・不便だと感じているところなどをお聞きしますが、実際にご自宅を拝見するとお客様のお話の背景がよくわかり「そういうことか!」と腑に落ちることがあります。
すると、よりよい提案が浮かんできたりもするわけです。
「そうそう!コレがほしかったの!!」なんて提案が見られたら嬉しいですよね。
また、お客様にとっては、忙しい中で住宅会社まで出かけなくてよくなるというメリットもあります。
小さいお子さんがいる場合など、ご自宅の方が落ち着いて話せるといったこともあるでしょう。

このように、打ち合わせ場所としては住宅会社・自宅それぞれにメリットがあります。
では、いったいどっちがいいの!?というと・・・
家づくりの段階によっておすすめの場所が変わってくるんです。
中島工務店の家づくりの流れを例にどの段階でどちらがおすすめなのかをお話ししましょう。

 

中島工務店の家づくりの流れと打ち合わせ場所

中島工務店の家づくりの流れは以下のようになっています。
それぞれのステップをどこでやるのがおすすめなのか、まとめてみました。

家づくりのご相談→どちらでもOK
初めての家づくりでほとんどのお客様が不安に思われるのが「本当にこの会社にお願いしていいのか」「予算内で建てられるのか」ということ。
中島工務店では納得して家づくりを始めていただくために、プランの前に資金のご相談と当社の家づくりについて改めてご説明する機会を設けています。
①資金のご相談
お客様の場合の具体的な資金計画を行うため、まず営業スタッフから資金計画に必要な情報(自己資金や収入等)をメールでお聞きします。
それを踏まえて資金計画書を作成した上でお会いしてご説明することになりますが、場所は当社でもお客様宅でもどちらでもOKです。
②中島工務店の家づくりのご説明
具体的なプランに入る前に改めて知っておいていただきたいことを営業スタッフがお話しします。
このときは、できればモデルハウスにお越しいただくのがおすすめです。
先ほどお話しした通り資料がそろっているので質問に答えやすいほか、実物を見れるのでイメージしやすいというメリットがあります。
とはいえ、それらがなくてはできないわけではありませんのでお客様宅でもOKです。
「自宅に来てほしい」という場合はお気軽にご相談ください。

プラン申込→どちらでもOK
プランを始める際には「プラン申込書」のご記入をお願いしています。
申込書にご記入いただくと同時に、プラン作成のためにご要望などを記入していただく「住まいづくりプランニングシート」をお渡しします(プランニングシートは持ち帰ってご記入ください)。
このときは記入方法をご説明するだけですので、場所は当社でもお客様宅でもどちらでもOKです。

インタビュー→どちらでもOK。でもお客様宅ならよりよい。
住まいづくりプランニングシートが記入できたら、営業スタッフにご連絡ください。
プランニングシートを踏まえて、営業と設計のスタッフがご要望などをお聞きするインタビューを行います(プランニングシートはインタビュー当日に回収します)。
このときも当社でもお客様宅でもどちらでもかまいませんが、先ほどお話ししたようにお客様宅であれば現在の生活を具体的に把握することができるので、差し支えなければお客様宅にお伺いできるとよりよいと思います。

プレゼンテーション→モデルハウスがおすすめ。でもご自宅でも可能。
お客様にプランをご覧いただくのがプレゼンテーションです。
このときは木の空間を実際に体感できるモデルハウスにお越しいただいた方が、プランのイメージをつかんでもらいやすいでしょう。
ご希望であれば、お客様宅にお伺いすることもできます。

設計契約→どちらでもOK
プランに納得していただけたら設計契約をお願いします(設計契約前にプランの修正は可能です)。
契約書に記入・押印いただきます。
場所は当社でもお客様宅でもどちらでもOKです。

詳細打ち合わせ→どちらでもOK。内容によってはモデルハウスがよいことも。
設計契約後は設備仕様など細部にわたる打ち合わせが始まります。
当社で建てられたお客様が「楽しかった!」と言われるのがこのプロセスです。
この打ち合わせもモデルハウスでもお客様宅でもどちらでもOKです。
とはいえ、前半でお話ししたようにカタログやサンプルが揃ったモデルハウスの方がスムーズに打ち合わせが進むこともあります。
普段はご自宅で打ち合わせ、でも内容的にいろいろな資料が揃っていた方がいいときにはモデルハウス・・・というように上手に使い分けるとよいでしょう。

工事請負契約→どちらでもOK
設計が決まり、建築確認申請も完了したら工事請負契約です。
契約書に記入・押印いただきます。
場所は当社でもお客様宅でもどちらでもOKです。

工事中→現場へお越しください
工事中には2週間に1回程度、現場打ち合わせを行います。
現場の進捗を直接確認していただくほか、スイッチやコンセントの位置、カウンターの高さなどの最終確認などを行いますので、この打ち合わせは現場でなくてはできません。
工事中のお住まいと現場が遠かったり、お仕事などでなかなか時間が取れない場合には、打ち合わせのタイミングや回数を相談させていただきます。

長久手Studioにはいろいろなサンプルがあります。

 

まとめ;住宅会社選びにおいて「距離」はたいした問題ではありません

家づくりの流れと打ち合わせ内容を見てみると、ほとんどのステップで住宅会社でもご自宅でもどちらでもいいんだとおわかりいただけたのではないでしょうか。
確かに、住宅会社によっては「原則としてモデルハウス」あるいは「原則としてお客様宅」と決めているケースもあります。
その場合はそう決めている理由があるはずなので、「モデルハウスといわれたけど自宅に来てほしい」等と思われるのであれば理由を聞いてみるとよいでしょう。
特に設計までのプロセスでは「ここでなければできない」という打ち合わせはほとんどありませんから、相談すれば希望に合わせてくれる会社の方が多いはずです。

打ち合わせ場所を選べるということは・・・そう!住宅会社が自宅から近いか遠いかはたいした問題じゃないということです!!
遠かったり、忙しかったりで出かけていくのが難しければ来てもらえばいいんです。
一生に一度の家づくりを託す住宅会社を決める上で、自宅と住宅会社の距離は重要な要素ではありません。
これから毎日、何十年も暮らす家を建てるのですから、もっと大切にしたいことがたくさんありますよね。
あちこちのモデルハウスや見学会にたくさん参加しているとだんだん疲れてきて「近くの会社がいいな」と思うこともあるかもしれませんが、そんなときこそドリームノートを見直して、「自分にとって大事なこと」という観点からじっくりと選びましょう。
ドリームノートと住宅会社選びについてはこちらの記事をご覧ください。

来場予約はこちら