愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

住宅会社選びの実態~新築住宅の契約までに見学会には何回参加する?~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『完成見学会の参加回数』です。

注文住宅の業者選びでほとんどの人が訪ねる場所といえば、①モデルハウス、②完成見学会でしょう。
初期段階ではおもにこの2つを訪れ、その後、より具体的に絞り込む際にはこれらに加えて家づくりにまつわる勉強会やセミナー、現場見学、OB客訪問などに参加するのが一般的でしょう。
では、家づくりの先輩たちは、実際のところ「この会社に決めた!」というまでに何回くらい見学会に参加しているのでしょうか?

今日はまず、当社のデータをもとに契約までに見学会に参加した回数を確認してみましょう。
また、契約してくださるお客様もいれば、残念ながらお断りをいただくお客様ももちろんいます。
「この会社には頼まない」と決めるのもお客様にとっては重大な決断ですから、当社を選ばれなかったお客様がお断りをいただくまでに何回くらい当社に接触してくれたのかも確認してみましょう。

 

中島工務店のモデルハウスと見学会

今回の記事は、すべて中島工務店の2016年度実績データにもとづいて検討しています。
早速、新築住宅建築を契約されたお客様が何回くらい見学会に参加したのかを見ていきたいと思いますが。
その前に当社のモデルハウスや見学会の状況を簡単にまとめておきますね。

中島工務店中部エリアにはモデルハウス2棟とショールーム1カ所があります。

長久手Studio[愛知県長久手市]

 

完成見学会は「完成内覧会」という名前でだいたい年間10回程度開催しており、各回定員20組程度の完全予約制です。
ほかに構造見学会や森と工場を見学する勉強会(水と緑の勉強会 ※今春の募集終了しています)などもありますが、下のグラフにある通り、当社のお客様の8割が最初にモデルハウスまたはショールームに来ています。
やはり住宅会社選びをするお客様が最初に行くのはモデルハウスだといえますね。

また、グラフを見るとわかる通り、モデルハウスに次いで多いのが内覧会で13.5%を占めています。
この「最初に内覧会に来る人」を含めて、内覧会には年間延べ200組ほどが来場するので、やはりモデルハウスと内覧会が住宅会社選びの2大接点だと言っていいでしょう。

 

契約したお客様が見学会に参加した回数

では、契約したお客様が何回くらい見学会に参加したのか、実際のデータを見てみましょう。
中島工務店の今期のデータではこのようになっています。

分かれましたね~。
2回以内、3~5回、6~10回がそれぞれ3割を占めています。
2回で決めるか10回以上通うかってずいぶん違いますよね。
実は、2回以内で決めてくださったお客様の多くは以前から当社を知ってくれていて「最初から中島工務店に決めていた」という方です。
また、どなたかの紹介で来られたお客様も見学会参加回数は少ない傾向にあります。
とはいえ、ネット検索で当社を見つけて来られた方の中にも2回以内で決められた方はいらっしゃいますし、紹介でも何度も通われる方もいらっしゃいます(紹介してくれた人に合っていても自分に合うかどうかはわかりませんから)。

当社の場合、見学会は年間10回程度開催しているので、6~10回通おうと思うと半年~1年以上かかることになります。
10回以上参加されている方も7.7%いますから、全体の約4割が半年~1年以上にわたって当社の見学会に足を運んでくれているというわけです。
もちろん、この期間には他社の見学会等にも参加されているはずですから、注文住宅を建てるお客様がいかに熱心且つ慎重に住宅会社を選んでいるかよくわかりますね。

 

失注になったお客様が中島工務店と接点を持った回数

では逆に、当社を選ばれなかったお客様=失注になったお客様は「ここじゃない」と決めるまでに何回くらい当社に接触しているのでしょうか。
同じようにデータを見てみましょう。

2回以内が77%!!
こちらははっきりと傾向が出ました。
1回か2回、モデルハウスまたは内覧会にきて「違うな」と思ったということでしょう。
家づくりを考え始めた当初は、まずはいろんな住宅会社を見てみようという人がたくさんいらっしゃいます。
住宅会社としても見てもらわないことには始まりませんから、気軽に訪ねてきてほしいと思います。
いくつも見ているうちにだんだん自分の好みがわかって、絞り込んでいくのが当たり前ですから。

にしても。
接触回数が2回以内ということは、決断はかなり早いといえそうですね・・・。

 

まとめ;建築スケジュールを考慮して「決断」の時期を決めておこう

契約したお客様は内覧会に数回~10回程度参加する(モデルハウスを含めるともう2回くらい来場する)。
失注になったお客様は2回以内で決断している。
今回のデータからはこんなことがわかりました。
何十回参加してもよし、違うと思ったら1~2回で見切ってもよし。
それが住宅会社選びの実態であり、やり方なんだといえるでしょう。

大切なのは、それぞれのお客様が自分のペースで納得するまで見学し説明を受けることです。
そのときに気をつけていただきたいのが建築スケジュールです。
例えば中島工務店では、プランを始めてからお引き渡しまでに1年程度はいただいています。
「子どもが小学校に入学するまでに」などの目標を持って家づくりに臨まれる方はたくさんいらっしゃいますが、入居希望時期から逆算して「いつまでに住宅会社を決める」と確認しておかないと、ひとつの会社に決めたときには間に合わないなんてこともあり得ます。
設計・工事に必要な期間は住宅会社によって様々です。
もしかしたら2~3回で候補から外してしまう会社かもしれなくても、建築スケジュールは早めに確認しておくと安心でしょう。

来場予約はこちら