愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

森と木と花に囲まれて子どもたちの成長を見守る家~T様邸(2014年新築)~

ナチュラルで環境に配慮した暮らしを求めて

――リビングの窓から見える緑がとても気持ちがいいですね。

奥様・Rさん この景色が気に入ってこのあたりに住もうと決めました。私は海の近くの出身なんですが、山が好きで、森や木、花が身近に感じられるところに住みたいと思っていたんです。

ご主人・Hさん 山が近いこの地域に転勤になったときにはすごく喜んでたよね(笑)こちらに引っ越してきてしばらくは賃貸に住んでいたんですが、4人目の子どもが生まれて手狭になったので家を建てようと決めました。でも住宅地ではなく郊外の土地を希望していたので、なかなか気に入った土地が見つからなくて・・・。

――当社で土地探しからお手伝いさせていただきましたが、現在の土地が見つかるまでに2年ほどかかりましたね。T様は、土地探しを始める前から当社のことをご存じだったと聞きました。

Rさん 引っ越してきた当初に住んでいた社宅が中島工務店が建てた建物だったんです。そこがとても住み心地がよくて。年末になると中島工務店の施工事例が掲載されたカレンダーをいただいていたんですが、そこに載っている家がどれも素敵で「いいなぁ」と思っていました。

Hさん それで中島工務店に土地探しをお願いしたんですが、その頃はほかの住宅会社もいろいろ見てまわっていました。ハウジングセンターにも行きましたね。

Rさん ハウジングセンターでは一軒一軒見て回ったんですが、どれもぴんときませんでした。どの会社も「この家がこんなお値段で建てられますよ」とお金の話ばかりするのですが、私たちが求めていたのはそこではありませんでしたから。自然素材の家で環境に配慮した生活がしたいと思っていたのですが、そういう考え方の住宅会社はありませんでした。

――最初から自然素材や環境に配慮した家を建てたいと思っておられたのですか。

Rさん 私はマクロビオティックを実践しているので、オーガニックなものやナチュラルな暮らしに関心がありました。家を建てるなら化学物質が少ない方がいいと思っていましたし、いろいろ勉強する中で国産材・地域材がいいとも思うようになっていました。

Hさん いろんな本を読んで勉強しましたし、できるだけエネルギーを使わない暮らしを提案している住宅会社を訪ねたりもしました。環境について知れば知るほど地域の木で建てたいと思うようになり、加子母の木で建てている中島工務店にお願いしようと決めました。

Rさん 中島工務店の家のデザインもとても気に入っていましたし。完成内覧会に何度も参加しましたが、どの家もナチュラルなのにモダンな中島工務店らしさとそこに住む人の想いが融合されていると感じました。それぞれの家に個性があって、こだわりのある人が中島工務店を選んでいるのかなと思いました。

 

へこたれそうになるくらい徹底的に設計士さんと話し合った

――プラン前にはどんな要望を出されましたか。

Rさん 一番重視したのは、キッチンを中心に、そこから子どもたちの様子が全部見えるという点でした。4人の子どもたちそれぞれに目を向けていたいので、別々の場所にいても存在が感じられるような一体的な空間がいいと思っていました。

Hさん 僕たちは、子どもたちがどんどん成長していく中で家族の時間をどのように過ごしていきたいかを考えることが一番大事だと思っていたんです。なので、勉強スペースも低学年のうちはみんながいる1階に、少し大きくなったら2階の共有スペースで・・・というように家族が一緒にいられるような工夫をしてほしいとお願いしました。

Rさん そのほかはプラン前のインタビューで設計士さんが私たちの想いを上手に引き出してくれました。デザイン的にはもともと中島工務店の家が好きだったので信頼していましたし、雑誌記事などをスクラップしたスケッチブックも見てもらいました。

ダイニングの一角にある勉強スペース

――最初のプランを見ていかがでしたか?

Hさん 南側に大きな土間がある大胆な間取りで、僕たちでは到底想像しないような空間で驚きました。キッチンから南側の景色を見たいという希望を汲んでくださったんだと思いますが、実際にプランになったものを見ると南からの陽射しはやはり一番長い時間を過ごすリビングに採り入れたいと思いました。プラン前にはどちらかというと夢を語っていたところがありましたが、夢を優先すると実生活には適さないところが出てくるというのがよくわかりました。

Rさん まず私たちが生活のイメージをもっと具体的に詰めなくてはいけないと気づかせてもらいました。最初のプランをきっかけに私たちも話し合いましたし、設計士さんとも想いを出し合って結果的にとてもよいプランになったと思います。

――当社で家を建てられたお客様の中には「設計の打ち合わせが一番楽しかった」と言われる方が多くいらっしゃいますが、T様の場合はいかがでしたか。

Hさん 完成してから振り返ると興味深い時間だったなと思います。やっている最中にはへこたれそうになったこともありますが(笑)。設計士さんと何度も何度も話し合って想いをぶつけ合ったのでたいへんでしたが、実際に住んでみてあれは必要な時間だったんだと改めて感じます。中島工務店では、僕たちの「こうしたい」という想いに対して「こんなこともできるよ」というそれ以上の提案を見せてくれます。それを見ることで僕たちも刺激をもらって、また意見を言う。その繰り返しで自分たちの心の中にあるものを引き出してもらったんだと思います。もしも僕たちの言うとおりにつくってもらっていたら、住みやすい家にはならなかったんじゃないかな。

Rさん 結局、3つめのプランで決まりました。そこからは細かいところの提案をもらっては決めていくという繰り返しでしたが、ひとつひとつ絵に起こしてもらったり素材の見本を見せてもらったりしたのでどんなふうに仕上がっていくのかよくわかりました。

――工事中は時々現場を見に来られたと思いますが、いかがでしたか。

Rさん 月に何回か現場打ち合わせがあって進み具合を説明してもらったので安心できました。大工さんや左官屋さんの仕事ぶりを見るのが楽しかったです。手際よくきれいに仕上げていくのを見ていると「プロだなぁ」と感じました。

Hさん 工事中に1カ所だけ変更があったのですが、それもきちんと説明してもらったので納得できました。キッチンの下がり天井部分が少し装飾的な曲線になっているんですが、当初の予定ではもっとシャープな曲線だったんです。それが2階のトイレの配管が変更になった都合で緩やかな曲線にせざるを得なくなったのですが、理由も変更後にどうなるかも丁寧に説明してくださいました。

Rさん 結果的にかわいく仕上がって気に入っています。

 

夢だった「子育て中のお母さんたちと過ごす空間」も実現しました!

――お引き渡しからまもなく3年になりますが、住み心地はいかがでしょうか。

Rさん 日当たりも風通しもよくて、夏は窓を開けておけば冷房いらずですし、冬はひなたぼっこがすごく気持ちいいです!

Hさん 冷暖房をそれほど使わなくても暮らせますし太陽光発電も十分稼働しており、できるだけエネルギーを使わない暮らしをしたいという僕たちの希望をよく考えてくださったのだとわかります。

――当初の希望通り、キッチンからは1階全体に目が行き届きますね。

Hさん プラン中に話し合った通り、子どもたちの成長に合わせた使い方ができています。少し前まで2番目の子がダイニングの一角にある勉強コーナーで勉強していたのですが、今年3番目の子が小学校に入学したので、今は2番目の子が2階の共有スペースを、3番目の子が1階の勉強コーナーを使っています。もう少しして2番目の子が高学年になる頃には一番下の子が小学校に入るので、それぞれの子の成長に合わせて目を配れるように部屋割りを考えていきたいと思っています。

Rさん イメージしていた通り、いつも家族が一緒に過ごせています。それに、プラン中に「夢」として話していたことが実現したんです。当時、子育て中のお母さんたちが気軽に集まって悩みなどを話しながら癒しあったり、高めあったりできる空間になればいいなと思っていました。具体的な計画があったわけでもなく本当に夢のような話だったのですが、プランのときにそういうふうにも使えるように考えていただいて。今、実際にたくさんの人が我が家に集まってくれるようになり、子どもを和室で遊ばせながらゆっくりといろいろなことを語り合っています。私にとってとても大切な時間です。

――設計のときに苦労した分、イメージ通りの暮らしが実現したのだと言えそうです。

Hさん 家庭菜園以外は、ですね(笑)。妻の希望で家庭菜園のスペースをつくってもらい、そのための雨水タンクや流し台も設置し、パントリーにも外から入れるようにつくってもらったんですが・・・1年目しかやってないんですよ。

Rさん つくった野菜が思ったよりおいしくなくてびっくりしました!素人がつくると難しいものなんですねぇ(笑)

――具体的な生活だけでなく、いろいろな夢をプランに落とし込んだんですね。お話を聞いていると、充実した暮らしを送っている様子が伝わってきます。これから家づくりをする人にアドバイスをいただけますか。

Rさん 自分の生活スタイルをイメージして、こだわりをすべて伝えるとよいと思います。中島工務店は、実現する方向で話し合ってくれますから、思ったことはどんどん出していくといいんじゃないでしょうか。

Hさん 大事だと思っていること、こだわっていることをきちんと伝えれば必ず汲んでくれます。技術的にできるかどうかは中島工務店が考えてくれるのでまずは伝えて、納得できるまで設計士さんと話し合ってください。その話し合いの積み重ねが大事なんです。ネット上には家を建てている人のブログがたくさんありますが、ブログにあるような家づくりと中島工務店の家づくりは「話し合う」という部分がまったく違います。中島工務店は施主と一緒に、本当にすべてをゼロから考えていきます。その積み重ねが暮らし始めてからの納得につながるんだと思います。

――確かに、私たちも設計のプロセスをとても大切にしています。すべての要望を叶えられるわけではありませんが、まずは相談してほしいと思います。本日はありがとうございました。

来場予約はこちら