愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

暮らしの理想に寄り添うアプローチが決め手でした~M様邸(2016年新築)~

M様ご家族と現場監督の前田

いろいろな会社に相談して最後に中島工務店にめぐりあった

――庭にDIYで枕木を敷いているんですね。入居されてから1年ですが、畑も広がって暮らしを楽しんでいる様子が伝わってきます。

ご主人・Kさん DIY真っ最中なんですけど、意外とたいへんで腰が痛いです(笑)。でも自分でつくるって楽しいですよ。

奥様・Mさん 軒下で干し柿や梅干しをつくりました。いろいろなものを手づくりしたくてこの家を建てたので、願いが叶ってとても幸せです。

――最初から深い軒を希望されていましたね。ずっとそんな家に暮らしたいと思っていたのですか。

Kさん 僕たちは結婚した当初からとにかく家がほしくて、中島工務店と出会うまでの3~4年の間に3回他社で契約寸前までいきました。ただ、その頃は今とは全然違う家を考えていました。

Mさん 結婚当初は新婚旅行で見たプロヴァンス風の家に憧れてそんな家を探していました。その後、子どもが生まれると皆がよく建てているような家が子育てしやすいのかなと思うようになって大手住宅メーカーと契約しそうに。でも私たちの予算では希望の家は建たないと言われて「だったら無理して買わなくてもいい」と思ってやめました。

Kさん 当時はものすごく家が欲しかったので、その後も大手住宅メーカーを見て回ってまた別の1社と契約しかけたんですが、そこも結局僕たちの予算に合わせて提示されたプランに納得できなくて取り止めました。

――そこからどうして現在のような考え方に変わってきたのですか。

Mさん 子どもが大きくなるにつれてどういうふうに育てたいかがはっきりしてきたんです。自然豊かなところで、食べ物はできるだけ手づくりで・・・など、日々の暮らしを大切にしていきたいと思うようになり、四季が感じられる家がいいと思うようになりました。深い軒がいいと思うようになったのは、その頃契約寸前までいったログハウスで見た深い軒のある大きなデッキが素敵だったから。外で季節を感じながらごはんを食べたりできたらいいなと思ってはずせない希望になりました。

Kさん 軒が深いのは日本建築の特徴ですよね。それで在来工法の和風の家にしようと決めました。それが初めて中島工務店を訪ねた頃です。

 

初めて「自分たちのために提案してもらっている」と感じた

――M様はご親戚が中島工務店で働いている関係で当社を知っていたんですよね。でも、それまでモデルハウス等を見に来られたことはありませんでした。

Mさん 中島工務店は純和風の家しか建てていないと思い込んでいたからです。それがそうでもないらしいと知ってホームページや親戚の家にあったカレンダーを改めて見てみると、和風でありながらも現代的でおしゃれな家をたくさん建てているとわかりました。それから水と緑の勉強会に参加して「めっちゃいい」と思って中島工務店に決めました。

――水と緑の勉強会の何がよかったのでしょう。

Mさん 大黒柱の森での伐採見学から始まって、製材所、プレカット工場と順番に見学し、山の木が家になるまでの流れが見えました。それがすごくしっくりきたんです。大手住宅メーカーの勉強会で外国産の木を使っていると聞いて「日本にはこんなに木があるのにどうして外国から?」と疑問に感じ、身近な木で建てたいと思っていたのですが、中島工務店の取り組みがその気持ちとつながりました。

M様ご家族~水と緑の勉強会2014春にて

――それから完成内覧会にたくさん参加してくださいました。

Kさん いろいろな家を見せていただく中で、それまで話をしてきた住宅メーカーと違って施主の要望を聞いてくれることがわかりました。それまでの住宅メーカーでも希望は聞いてくれるのですが、融通が利かずすぐお金の話になってしまって。

Mさん ほかの住宅メーカーではまず予算を聞かれて、その会社の規格の範囲内で予算に合わせた提案があり、そこに私たちの希望を足していくという順番でした。でも、そうやって提案された家は私たちがほしい家ではないので「いりません」となります。中島工務店の営業さんは「こんな家がほしい」という私たちの想いをまず聞いてくれて、予算内でその希望をできるだけ叶えるために何を優先して何をあきらめるかを私たちに問いかけてくれました。

Kさん 初めて自分たちのために提案してくれていると感じられ、気持ちよく「ここで建てたいな」と思える運びでした。

Mさん もちろん中島工務店と出会う前は私たちの暮らし方の希望が明確でなかったせいもありますが、「こんな暮らしがしたい」という私たちの気持ちに寄り添ってくれたのが中島工務店にお願いする決め手になりました。

夏にぴったり!手づくりの梅ジュースの炭酸割り。

 

設計打ち合わせでは住んでいるような感覚で検討できた

――上のお子さんが幼稚園に入った頃に土地が決まり、具体的なプランが始まりました。プラン前には先ほどお話しされていたような四季を感じる、軒が深いなどの要望を出されたのですか。

Mさん 大きな要望としてはその2つと、窓を開けて暮らしたかったので風通しがよいこと、それに気になっていた家相にも配慮をお願いしました。

――最初のプランを見ていかがでしたか。

Kさん 家相への配慮が不十分で残念でした。私たちが家相にとてもこだわっていることがきちんと伝わっていなかったんだと思います。改めてそれを伝えたら2回目のプランは納得できるものになり、そこから細かいところを相談していきました。

――設計にはじっくり時間をかけましたが、たいへんではありませんでしたか。

Mさん 設計中はずっと楽しかったです。生活に直結した具体的な話をしながら進んでいけたのがよかったと思います。「買い物してきて、車から降りたらここで荷物を下ろして」とか、「玄関から入るとまずこの壁が目に入るから、この壁で印象が決まる」というように、まるでもう住んでいるような感覚で日常生活の行動をひとつひとつ確認し、それが図面になっていきました。

Kさん おもに長久手Studioで打ち合わせをしましたが、片道1時間のドライブも楽しかったですね。行きはその日の打ち合わせ内容について相談し、帰りはその日聞いたことについて話し合って。道中で話がまとまることも多かった気がします。

Mさん 契約した後、もう行けないのかと思うと張り合いがなくなってしまいました(笑)

Kさん じっくり時間をかけて打ち合わせをしたからこそ、納得できる家になったんだと思います。僕たちは自分たちの暮らしを自分たちでしっかり考えたかったので、ペースが合っていました。

――工事中もよく現場に来られましたね。

Mさん 近くに住んでいたので毎日10時と3時に見にきました。棟梁と一緒にお茶を飲みながら「今日はここができたぞ~」と教えてもらって、我が家ができていくプロセスをひとつひとつ見せていただきました。今、完成した家に住んでいてもつくっていた当時の様子を思い出します。プロの仕事だなと感じましたし、感謝する気持ちが増しました。

 

ピザ釜、実のなる木・・・思い描く暮らしをひとつひとつ実現していきたい

――入居して1年、願っていた暮らしは実現していますか。

Mさん イメージしていた生活そのままです!設計のときから住んでいるような感覚で考えてきたからか、入居して半年も経たないうちにずっと前から住んでいるような気持ちになりました。

Kさん 風通しがよくて家の中にいても季節が感じられ、深い軒があるので雨の日もカンカン照りの日も外で過ごせて気持ちがいいです。

Mさん 食べることと生活って直結していると思うので、できるだけ手づくりのもので暮らしていきたいというのが私たちの願いです。軒下で梅干しや干し柿をつくったり、庭の畑で野菜をつくったり、子どもたちと一緒にこんな暮らしができてとても嬉しいです。

朴の木(手前)と畑

――本当に実現したい暮らしがはっきりしていますね。これからやりたいこともいろいろあるのではありませんか。

Kさん 今もDIYをやっていますが、庭をもっと充実させていきたいです。ピザ釜をつくろうと計画しているんですよ。大きなものは中島工務店にお願いしようと思っていますが、自分たちでやれることは少しずつでいいので自分たちでやっていきたいです。

Mさん 家が完成したときに、私たちのたっての願いで朴の木を植えてもらいました。大きくなったら朴葉ずしと朴葉味噌をつくりたいと思って!ほかにも実のなる木を増やしていって、四季の変化と食を楽しみたいと思っています。

――M様はいろいろな住宅会社との紆余曲折を経て理想の暮らしにたどり着きました。これから家を建てようと思っている人にアドバイスをお願いします。

Mさん こんなふうに暮らしたいというイメージを持つことが大切だと思います。家事動線、子どもとの関わり方、家族との関わり方など人によって大切にしたいものは異なると思いますが、自分にとって大切なもの、叶えたい暮らしをイメージするといいのではないでしょうか。そのイメージがあった方が納得できる家ができると思うんです。中島工務店にそれを伝えればきっとカタチにしてくれますから。

Kさん イメージを持つためにも、完成内覧会にはできるだけたくさん参加するといいと思います。家づくりを考え始めた頃、プランに向かう頃、詳細打ち合わせの頃と家づくりのステップが進むごとに見たい内容も変わってきます。私たちも漠然としたイメージを具体化するときに内覧会はとても参考になりましたので、きっと役に立つと思います。

来場予約はこちら