愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

自然に触れて暮らしたいという願いを中島工務店と一緒に叶えました~H様邸(2013年新築)~

加子母の自然と中島工務店のあたたかさに触れて

――初めて中島工務店に来られた頃にはまだご夫婦お二人だったのが、今は5人家族!にぎやかになりましたね。

ご主人・Sさん 最初に家づくりを考え始めたのは今から7~8年前で、まだ一番上の子が生まれる前でした。自分たちの家がほしくて土地探しから始めたのが懐かしいですね。

――最初から土地を探したということは、マンションや建売ではなく注文住宅と決めておられたのですか。

奥様・Sさん 私たちは「こんな暮らしがしたい」というイメージを持っていたので、細かいところまで自分たちで考えることができる注文住宅にしたいと思っていました。建売だと完成したものの中から選ばなくてはいけませんが、それでは満足できないと思っていたんです。

Sさん 自然を感じて暮らしたいと思っていたので、最初から木の家と決めていました。子どもたちのために安心できる材料でつくりたいと思っていましたから。

Sさん 本や雑誌を見て、木の家を立てている工務店を訪ねてまわりました。その中で中島工務店の可児モデルハウスにも行ったんです。

――可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの印象はいかがでしたか?

Sさん 第一印象で「こんな家が建てたい」と率直に思いました。

Sさん 僕もです。いくつか木の家の工務店を訪ねましたがほかにグッとくるところがなくて、わりと早い段階で中島工務店で建てたいと思うようになりました。

Sさん 中島工務店では春と秋に「水と緑の勉強会」を開催していますよね。私たちもとても参加したかったのですが、タイミングが合わなくて参加できず・・・そしたら営業さんが加子母に招待してくれて、水と緑の勉強会と同じように山や工場を案内してくれたんです!そのときに社長さんも来てくださって、加子母のことや木のことをたくさんお話ししてくれて。山の木が製材・加工されて家になるまでの流れがよくわかり「ここの木を使うんだ」というのが実感できました。

Sさん 加子母で1泊2日過ごすうちに自然豊かな加子母が大好きになり、中島工務店の皆さんのあたたかさに触れて「中島工務店で建てたいなぁ」と思うようになりました。

 

プラン中は「次どんな提案を持ってきてくれるかな?」と毎回楽しみだった

――ですが、実際にプランを始めたのは2年ほど後でした。

Sさん 一番上の子の出産の時期に重なったので2年ほどお休みしましたが、その間も完成内覧会には参加していました。

Sさん 2人目が生まれるとわかって、アパートが手狭になるから早く建てたいと思い始めたんですが、予算のことでどうしてもふんぎりがつかなくて・・・

Sさん そしたら担当の営業さんが「お二人のような方はたくさんいらっしゃいます。でも、お二人と私たちが意見を出し合って歩み寄っていけば、限られた予算でも必ず想いのこもった家が建ちます。大丈夫です、一緒にがんばりましょう」と言ってくださったんです。予算ありきであきらめるんじゃなく一緒に考えてもらえるんだと心強く感じて中島工務店に託そうと決心しました。

ーーそうしてプランがスタートしたんですね。プラン前にはどんな要望を出されましたか。

Sさん 家は生活スタイルに合っていて暮らしやすいことが一番大切だと思っていたので、動線や子どもが安全に過ごせる造りなどを重視しました。どこにいても家族がお互いの気配を感じられるようにしたいというのも大切でした。

Sさん 東西に隣家がありますが、自然を感じて暮らせるように日当たりと風通しをよくしてほしいというお願いもしました。

――じっくり時間をかけてプランを検討されました。

Sさん 「予算が限られているのに無理な注文をしたかな」と思うこともありましたが、私たちの要望に応えるために何度も打ち合わせをしてくださいました。打ち合わせの最初にはいろんなお話をして場を和ませてくれるなど私たちが気持ちを伝えやすいように気を配っていただき、最初に「一緒にがんばりましょう」と言っていただいたのは本当だったんだなと実感しました。子どもが小さかったので設計の加藤さんに自宅近くまで来てもらうことも多かったですね。コメダ珈琲でよく打ち合わせをしました(笑)「次はどんな提案を持ってきてくれるかな」と毎回楽しみでした。

Sさん 夢を詰め込んで予算オーバーになってしまったときには、一緒に減額案を考えてくれました。コストダウンのひとつとして棚板をDIYしたのですが、家づくりに参加したという思い出にもなって我が家への愛情が深まりました。

――棚板1枚の幅まで徹底的に検討されましたね。

Sさん 使い勝手がいいように紙に書いて考えて、「ここに何を置きたいからこれくらいの幅にしてほしい」と具体的にお願いしました。子どもたちが小さいうちはできるだけリビングで一緒に過ごしたくて階段下におもちゃをかたづけるための収納をつくってもらうなど、生活の希望に添って加藤さんと一緒に検討しました。

 

お友だちが「気持ちいいね」と長居していきます

――工事中もよく見に来ていただきました。

Sさん 現場にいくと桧のいいにおいがして「木の家を建てているんだな」と実感できました!

Sさん 隣の人からも「毎日いいにおいがしてくる」と言っていただいたし、通りがかりの人にも「いい木を使っているね」と声をかけていただくことがありました。子どもを連れて行っても危なくないようにと大工さんがいつも現場をきれいにしてくれていたのも嬉しかったです。

Sさん ゆっくりだけれど確実に「今日はここができたんだな」というのを見せていただき、自分たちも家づくりに参加していると感じられて楽しかったです。

――入居して3年半になりますが、実際に暮らしてみてイメージしていた暮らしは叶いましたか。

Sさん イメージした通りの暮らしができています!棚板1枚の幅まで検討したので思っていた通りの使い方ができていますし、日当たりも風通しもいいのですごく気持ちよくて訪ねてきたお友だちがみんな長居していきます(笑)。リビングダイニングを広めにして、大きなダイニングテーブルを置いたのでたくさん人が訪ねてきてもみんなでご飯が食べられます。それも叶えたかったことのひとつなので本当に嬉しい!

Sさん 僕はプランしているときには吹き抜けはイヤだなと思っていたんです。冬、寒いんじゃないかと思って。でも実際に住んでみると南側の大きな窓から陽射しが降り注いですごく暖かい。軒が深いので夏の陽射しは遮ってくれますし、吹き抜けの窓と1階の窓に高低差があるおかげで思った以上に風が抜けるんですよ。

Sさん ペレットストーブの熱も吹き抜けを通じて2階に伝わるので夜寝るときも足元が寒くなく、朝方までぽわんとあったかいんです。

――DIYもされるようになったとか。

Sさん 工事中に棚板をつけたのをきっかけに、おもしろいなと思ってちょっとずつ大工道具を買いそろえています。庭に自転車を置いておく小屋をつくったんですよ。

Sさん 子どもたちのお絵かき道具などをしまう棚もつくってもらいました。お絵かきや工作に使うものは子どもたちが自分で出したりしまったりできるところに置いておきたくて。

 

子どもたちに自然に触れながら育っていってほしい

――リビングや庭が広々としているので、3人のお子さんたちが元気に走り回っていますね。これからどんな暮らしをしていきたいと思っていますか。

Sさん 子どもたちには、日々の暮らしの中でできるだけ自然に触れてほしいと思っています。昆虫が大好きでカブトムシなどを捕まえてきて一緒に世話をしています。バーベキューもよくやりますし、下の子がもう少し大きくなったらキャンプもしたいですね。このあいだ、庭でテントを張ってみたんですよ。もっと花や木を植えたり野菜を育てたりして虫や生き物が集まってくるお庭をつくりたいと思っています。

Sさん 僕も子どもたちと一緒に過ごす時間を大切にしたいと思っています。リビングを通らないと子ども部屋に行けないので、大きくなってからも子どもたちとしっかり顔を合わせられるのではないかと思っています。この家は、僕たちが願っていた通りどこにいても家族の気配が感じられるので、ずっと家族一緒に日常を楽しみながら暮らしていきたいですね。

――願いが叶って私たちも本当にうれしく思います。

Sさん 信頼できる工務店、信頼できる担当者に出会えたおかげだと思っています。初めての家づくりでは「こうしたい、ああしたい」と思うことがあってもなかなか100%は伝えられません。伝えてもいろいろな事情で受け入れてもらえないこともあるし、予算の関係であきらめなくてはいけないこともあります。でも、まず伝えなきゃ始まりませんよね。設計の加藤さんは私たちのたくさんの想いをじっくり聞いてくれました。そのおかげで住みやすい家になったんだと思います。

Sさん 設計には本当にたっぷり時間をかけましたが、それがよかったんだと思います。家づくりを終えてみて、時間をかければかけた分だけ自分たちが納得できる家ができるのではないかと感じています。

――私たちもお施主様が納得されるまで一緒に考えたいと思って取り組んでいます。本日はありがとうございました。

来場予約はこちら