愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

キッチンのショールーム見学~効率よく活用する方法はこれです!~

中島工務店施工事例(以下同じ)

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『キッチンのショールーム見学』です。

注文住宅を建てるには決めなくてはいけないことがたくさんありますが、その中でも住んでからの使い勝手や家全体の雰囲気に大きく関わるのがキッチンなど大型の住宅設備です。
毎日使う場所ですから自分なりに「こんなキッチンがいい」という希望を持っているお客様も多く、キッチン選びは家づくり全体の中でも盛り上がる場面のひとつになっています。
とはいえ、ショールーム見学って1回2~3時間はかかってしまいますし、意外とたいへんな作業でもあるんです。
今回はキッチンのショールームを効率よく活用して納得してキッチンを選ぶために、
①キッチンを決める流れとショールーム見学のタイミング
②ショールーム見学前の予習ポイント
③ショールーム見学のコツ
をお話しします。

 

キッチンを決める流れ~ショールーム見学はこのタイミング!

最初に、そもそもキッチンはどんな流れて決めていくのか、どのタイミングでショールームに行くのかを確認しておきましょう。
住宅会社によって多少違うと思いますが、中島工務店ではショールーム見学は次の2回をおすすめしています。

■キッチンのショールーム見学のタイミング
・1回目:設計初期→具体的な商品を選びます。
・2回目:施工中→選んだ商品の最終確認です。

 

注文住宅の場合、間取りを決める段階である程度キッチンも決めなくてはいけません。
キッチンは大抵幅2メートル以上ある大きな設備なので、形や大きさ、家の中での位置が決まらないと家全体の間取りが決まらないんです。
ですが、この段階でショールームに行く人はあまり多くありません。
システムキッチンには規格があり大きさや形のバリエーションがある程度限られていますから、設計士にキッチンをどんなふうに使いたいのか(家族みんなで?来客に見えないように?など)、どのくらいの大きさ・形がいいのかなどを伝えていただければ、実現可能な商品があるかどうかだいたいわかります。
そのイメージも湧いてこない場合やこの機会にいろいろ知りたいという場合は、この段階で一度ショールームに行くのもいいでしょう。

間取りが決まり、詳細設計が始まったらショールーム見学本番です。
具体的に商品を選びに行きましょう。
このときの予習のしかたや見学のコツはのちほどご紹介します。

住宅会社によっては設計のときに見学したら終わりというケースもあると思いますが、中島工務店では施工中にもう一度見学することをおすすめしています。
発注に間に合うタイミングで色やオプションなどを最終確認してください。
また、当社では設計期間3~4カ月・施工期間約7カ月と長いため、商品を選んでから発注するまでの間にメーカーのモデルチェンジがあるケースがあります。
この場合も、発注前に旧モデルと新モデルのどちらにするかを決めることになります。
モデルチェンジで気に入っていた機能がなくなってしまうなんてこともありますから、何が違うのかよく確認して決めましょう。

 

ショールーム見学準備~ネット予習はここがポイント

ここからは、設計初期に具体的な商品を決めるために見学に行くときのポイントをご紹介します。
まずは見学準備について。

LIXIL、TOTO、Panasonic、クリナップ、トクラス・・・キッチンを扱っている住宅設備メーカーは主要な会社だけで10社以上あり、専門メーカーも含めるとかなりの数があります。
それらのショールームをすべて見学するというわけにはいきませんから、まずはネットで調べてだいたいどのメーカーのどのシリーズが自分の価値観に合うか調べて見学先を決めましょう。
各メーカーのホームページを開いたら、注意してみてほしいのはこんなポイントです。

①扉の種類
キッチンのグレードは扉の種類で決まります。
色や取手のデザインなどはどれでも選べると思いがちですが、扉によって選べるシリーズが決まってしまうので早めに見るのをおすすめします。
②シンクの大きさと形
排水口の位置や洗剤などを置くポケットの位置・形、お手入れの方法など細かいところに違いがあります。
洗い桶を置くのか、置くならどこがいいのか、お料理から後片付けまでの使い勝手を具体的に考えてみましょう。
③コンロの種類
例えば一般的な3口タイプのIHヒーターにも「2口IH+ラジエントヒーター」「3口すべてIH」「2口IH+オールメタル(金属鍋がすべて使える仕様)」などいくつかのタイプがあります。
ガスの場合もガラストップやホーロートップなどがあり、グリルも両面焼きなのか水を使うのか使わないのかなど細かな違いがあります。
ご自身の料理のスタイルに合うのはどれなのか考えてみてください。
④レンジフードの種類
商品によってレンジフードが変更できるものとできないものがあります。
レンジフードはメーカーや商品によって吸気方法が違うほか、最近ではお掃除のしやすさにも各社が力を入れているので違いが出ています。
一番お手入れがたいへんな箇所のひとつですから、レンジフードを気にする場合はここから先に見ていくといいでしょう。
⑤天板(ワークトップ)の素材
天板の素材としてはステンレス、人造大理石、人工大理石、タイル、メラミンなどがあります。
それぞれ使い勝手やお手入れ方法に違いがあるほか、メーカーによって取り扱っている素材も異なります。

このほかにも引き出しのサイズや形状、包丁の収納方法など、メーカー、シリーズによって細かな違いはたくさんあります。
ですが、予習のときにはまずここに挙げた5つのポイントを確認し、自分にとって優先順位が高いものを装備したキッチンを扱っているメーカーを見学先候補にするのがよいでしょう。
なお、住宅会社によってはお値打ちになるメーカーもありますのでお薦めを聞いてひとまず見学してみてください。
好みや価値観に合えばとてもよい選択肢になります。

 

ショールーム見学のコツ~住宅会社経由で予約するのがおすすめ

実際にショールームを見学するときのコツは住宅会社経由で予約してもらうことです。
個人で予約することもできますし、予約なしで行くこともできます。
ですが、住宅会社経由であれば次のようなメリットがあるんです。

①設計や要望に添った的確な提案をしてもらえる。
住宅会社経由で予約した場合、住宅会社はあらかじめショールームに最新の図面や要望、予算など必要な情報を送ります。
どのメーカーもとてもたくさんの商品を持っていますが、これらの情報があることでショールームのスタッフはある程度希望に合う商品を選んで待っていてくれるので効率よく自分に合う提案を聞くことができます。
お客様がご自身で図面を持参して要望や予算を伝えることもできますが、プロ同士なら設計上の制限など専門的な情報も共有できます。
注文住宅の場合、規格があるシステムキッチンとはいっても周辺の設計と整合性をとる必要がありますから、設計的な観点から確認しなくてはいけないこともあります。
そういう意味でも、やはり最初から専門家の目で見てもらった方がよいでしょう。
なお、打ち合わせ内容やタイミングによっては設計士がショールームに同行する場合もあります。

②ショールームから住宅会社にフィードバックがある。
見学後は、ショールームから住宅会社にお客様との打ち合わせ内容のフィードバックがあります。
お話した内容、選んだ商品、オプション、見積もりなど設計を進めていく上で必要な情報が提供されるので、次のステップにスムーズに進んでいくことができます。

住宅会社を経由して予約すると、このように設計士とショールームスタッフが専門家として連携しながらサポートしてくれるというメリットがあります。

見学の際にはキッチンをどのように使いたいと思っているのかについてショールームスタッフにできるだけ具体的に伝えるとよりよい提案をもらえるほか、自分の希望の中で叶えられない点も説明してもらえます。
すると、何を優先するのか、また別のメーカーを訪ねるのか等考えるきっかけにもなります。
ショールームで感じたことを率直に設計士に相談し、納得できるまで検討してください。

なお、予約なしでショールームに行くとそのときに対応可能なプランナーがいなくて十分な説明を受けられないことがあります。
設計段階で具体的に検討している場合はやはり予約は必須ですが、逆にいうと、自分たちだけで自由に見てまわりたい場合は予約なしで行くというのもアリでしょう。

 

設計中ならオリジナルキッチンに変更OK

ここまでショールームでシステムキッチンを選ぶコツをご紹介してきましたが、中島工務店ではオリジナルキッチンも製作しています。
建具や家具を造作するのと同じようにキッチンも造作するもので、自分たち家族だけの使い勝手やデザインをカタチできます。
キッチンを大切に考えたいという人の中には、ショールームを巡った結果、システムキッチンでは満足できないというケースもあります。
そんなときにはオリジナルキッチンも検討してみてください。

中島工務店 オリジナルキッチン施工事例

 

オリジナルキッチンというと高額というイメージがあるかもしれませんが、本当にゼロからつくっていくものですから仕様によってまったく異なり、システムキッチンより費用を抑えられることもあります。
設計中であれば変更可能ですから、お気軽にご相談ください。

来場予約はこちら