愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

新築住宅の土間の仕上げ方~コンクリート・モルタル・豆砂利洗い出し・タイル・石を比較~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『土間の仕上げ方』です。

アプローチや玄関、勝手口、駐車場などどんな家にも必ずあるのが土間です。
実は外から見たときに目につきやすい場所なんですよね。
土間をどのように仕上げるかによって見た目の印象がずいぶん変わる上、コストにも意外と差がつきます。
今日は土間のおもな仕上げ方5種類を取り上げて、ひとつずつ特徴を確認していきましょう。

今回取り上げる5種類はこちらです。

●コンクリート
●モルタル
●豆砂利洗い出し
●タイル
●天然石

 

このリスト、基本的には下にいくほどお値段高めです(細かい仕上げ方等によって多少変わります)。
それでは順番に見ていきましょう!

 

土間の仕上げ方① コンクリート

まずは皆さんご存じのコンクリート。
セメントに砂と砂利を混ぜたものです(この砂や砂利を骨材といい、土間の話ではときどき登場するので覚えておいてください)。
いわゆるコンクリート色に仕上がるので無機質な印象にしたい場合に好んで使われるほか、比較的安価なので勝手口など目立たない部分に使われることも多い材料です。

コストダウンのためにコンクリート!というときに注意してほしいことがひとつ。
骨材として砂利が入っているため、塗ったときの厚みが5センチくらいは必要です。
厚みが5センチもあると垂直面を塗るときには型枠が必要になり、型枠なしで塗れるモルタルより費用がかかってしまうことがあります。
ただし、コンクリートの方が骨材が大きい分、モルタルより頑丈で割れにくいという特徴もあります。
平らな面だけ塗るときにはコンクリートが安価ですが、段差があって垂直面を塗らなくてはいけない場合はモルタルと特徴やコストをよく比較検討してください。

 

土間の仕上げ方② モルタル

コンクリートとよく似ているのがモルタルです。
違いは骨材で、モルタルはセメント+砂でできています。
使われ方はコンクリートとほとんど同じですが、砂利が入っていないため厚み2~3センチ程度で塗ることができます。
つまり型枠なしで垂直面を塗ることができるので、型枠が必要なコンクリートよりコストダウンになるケースがあるというわけです。

コンクリートと違ってモルタルは色をつけることもできますが、色ムラが出やすいので均一に仕上げたい場合はあまりお勧めできません。
大きめの骨材が入っていない分コンクリートに比べるとやや割れやすく、下地のコンクリートから浮きやすいというのもあらかじめ知っておきたいところです。
※割れたり浮いたりするのは長期的な話で、コンクリートもモルタルも通常の使用の範囲なら短期間で割れることはありませんのでご安心ください。

なお、コンクリートもモルタルもすべり止めにほうき目を入れることがありますが、ほうき目には埃がたまりやすくこまめな掃除が必要になります。

 

土間の仕上げ方③ 豆砂利洗い出し

中島工務店で玄関やアプローチによく採用するのが豆砂利洗い出しです。
豆砂利とは豆のような丸みがある小さな砂利で、現場でセメントに混ぜて塗っていきます。
いったん塗った後に表面のセメントを水分を含んだスポンジで洗っていき、豆砂利を浮き出させる・・・これが洗い出しです。
詳しい施工手順はこちらの中島工務店現場リポートをご覧ください。

豆砂利洗い出しは厚み1~1.5センチで塗れるので、こちらも垂直面にも塗ることができます。

豆砂利は自然素材なのでアース系の数色から色を選びます。
落ち着いた印象、やさしい雰囲気に仕上がるのはやはり自然素材ならではですね。
デザイン的にほかの色がいいという場合は、次にご紹介するタイルの方が選択肢が広がります。

【おまけ】コンクリート洗い出し
コンクリートを使って豆砂利洗い出しと同様の手順で洗い出す、コンクリート洗い出しという仕上げ方もあります。
浮き出させるのはコンクリートの骨材、つまり砂利です。
豆砂利ほど印象的にはなりませんが、コンクリートよりは仕上がりに表情が生まれます。
コンクリート工場によって使っている骨材が異なるので、仕上がりも変わってきます。
費用的にはコンクリートよりは高く、豆砂利洗い出しよりは安いといったところです。

 

土間の仕上げ方⑤ タイル

タイルも玄関などで一般的な仕上げ方ですね。
大きさや形、色、デザインが豊富で和洋どちらにも合わせやすく、空間イメージに合わせて選ぶ楽しみもあります。

タイルの弱点は割れやすいところ。
モノを落としただけで割れることがありますし、下地からも浮きやすいので、ほかの仕上げ方に比べて短期間でメンテナンスが必要になります。
またタイルには必ず目地がありますが、時間とともに目地が減っていくのは避けられず、そこにゴミや埃がたまりやすいというのも気になるところです。
濡れるとすべりやすくなりますが、すべり止めを塗ることができます。

住宅会社が実際に建てた家を見るときには、タイルの割り付けにも注目してみてください。
ある面積に決まった大きさのタイルを貼っていく場合、ちょうど割り切れる枚数で終わらないことはよくあります。
例えば幅1メートルの場所に15センチのタイルを貼ると6枚+10センチになりますよね。
この10センチをどう貼るのかにその住宅会社のセンスが現れます。

タイルはデザインが豊富な分、選ぶものによっては流行に左右されることもあります。
長く暮らす住まいに使うタイルを選ぶときには10年後、20年後を考えるのも大切です。

 

土間の仕上げ方⑤ 天然石

天然石は最も高級感漂う仕上げ方です。
見た目に美しいのはもちろん、割れることもまずないので耐久性にも優れています。
ただし天然石を敷く場合にも目地がありますから、目地が減って埃やゴミがたまるのは避けられません。
濡れるとすべりやすくなりますが、こちらもすべり止めを塗ることができます。

天然石も、どんな石をどのように配するかに住宅会社のセンスが現れます。
よく見てみると住宅会社選びの参考にもなるでしょう。

 

複数の仕上げ方を組み合わせるのもアリ!

土間の仕上げ方を5種類紹介してきましたが、もちろんこれらを組み合わせて使うこともできます。
コンクリート仕上げのポイントにタイルをはめ込んでみたり、豆砂利洗い出し仕上げの縁をタイルにしてみたり・・・。
例えばこんな感じ。

土間の仕上げ方しだいで建物の印象はずいぶん変わります。
住宅会社の施工事例を見るときには土間まで含めて見てみると、少し違った角度からその会社の考え方に触れることができるかもしれません。

土間の使い方を検討することが多い車庫・カーポートにはいくつか留意しておきたい規制があります。
こちらの記事も参考にしてみてください。

来場予約はこちら