愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

モデルハウスではここもチェック!~ユニットバス vs ハーフユニット vs 在来浴室~

可児モデルハウス LITTLE KASHIMO (在来浴室)

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『浴室』です。

現代では、浴室というとほとんどの人がまずユニットバスを思い浮かべるでしょう。
別名システムバスとも言われ、工場で生産された壁・床・天井・浴槽・水栓などの部材を現場で組み立てるものです。
キッチン・バス工業会によると戸建住宅の60%以上がユニットバスで、今後も増え続けると予測されています。
住宅会社のモデルハウスで見るのもほとんどがユニットバスですよね。
主要メーカーのユニットバスならたいていどこの住宅会社でも採用できますから、モデルハウス見学のときに浴室に注目することは少ないかもしれません。

ですが、浴室のつくり方はほかに2種類あります。
ハーフユニットバスと在来浴室です。
これらを選択肢に加えると、ユニットバスとはひと味違った浴室空間を考えることができるんです。
今日はユニットバス・ハーフユニットバス・在来浴室の違いを費用やメンテナンスを含めてご紹介。
モデルハウス見学やプランの参考にしてください。

 

ユニットバスの特徴~お手入れしやすい!

まずはユニットバス。
中島工務店のお客様にも圧倒的にたくさん採用されています。
そう、こんなやつ↓↓↓

画像はLIXIL様より借用

 

当社では、いわゆる1坪サイズ(1616サイズ / 浴室の内寸が160cm×160cm)が一番よく採用されています。
素材はFRPや人造大理石で、壁などが大きめのパネルでできていることが多いのでカビが生える目地が少なく、中性洗剤とスポンジで汚れを落としやすいという特長があります。

ユニットバス一式+取付費で安いものなら40万円台後半からありますが、当社で一番よく採用されているのは60万円台クラスのものです。
お手入れのしやすさや浴槽・浴室の保温性、様々な美容系機能などによって違ってくるので、ショールームでよく確認して選びましょう。

 

ハーフユニットバスの特徴~防水性と好みの両立!

ハーフユニットバスは、ユニットバスと造作を組み合わせたお風呂です。
防水性能が特に重要な浴槽・床・壁の下の方にはユニットバスの部材を使い、壁・天井・水栓・ドアなどは好きな素材・デザインで造作します。
ユニットバスに比べて好みの空間に仕上げることができるので、お風呂にこだわりがある人に人気です。

ハーフユニットバス 当社施工事例

 

壁・天井にはタイルや木がよく使われます。
中島工務店では、木の中では耐水性があって香りがよい高野槇をお勧めしています。
でも、浴室に木を使うとお手入れが気になりますよね。
浴室の仕上げに使う板にはカビが生えにくいように表面塗装がしてあるので、基本的に木部の掃除は必要ありません。
というか、ゴシゴシすると塗装が剥がれて防カビ効果がなくなってしまうので何もしなくてかまいません。
クロスで拭くくらいなら問題ないので、よりカビが生えにくいようにお風呂を使った後に水滴を拭き取るとよりいいですね(十分な換気も必要です!)。
塗装の効果は通常5年程度ですが、5年間まったくカビが生えないというわけではありません。
5年経ったらカビ取りと再塗装をしましょう。

ハーフユニットバスを選ぶときには、できれば慣れている会社にお願いした方が安心です。
というのも、浴室の上半分(造作部分)の防水は施工する会社の技術力しだいだからです。
例えば、ユニットバスならあらかじめドアから脱衣室に水が流れ出さないような仕様になっていますが、ハーフユニットではそうはいきません。
「水仕舞(みずしまい)」といって漏水や水が浴室から流れ出すのを防ぐための工夫が必要で、それを考えるのは施工会社の役目なんです。
漏水が起こらないように壁の裏側でユニット部分と一体となるような防水工事をしたり、水切れがいいように天井や壁にわずかに勾配をつけたり・・・大きなことからちょっとした配慮まで、やり慣れているかどうかの差が住み始めてからの維持管理に影響してきます。
家づくりを考えているときに「ハーフユニットバスもいいな」と思ったら、候補にしている住宅会社のモデルハウスにハーフユニットバスが採用されているか見てみたり、施工実績を確認してみるとよいでしょう。

長久手Studioの浴室(ハーフユニットバス)

 

ハーフユニットの場合、どんな仕上げにするかによってお値段に違いが出ますが、だいたいユニットバスの1.2~1.5倍程度の費用になります。
やや割高ですが自分好みのお風呂で過ごすひとときは格別ですから、お風呂にこだわりがあるならぜひ一度検討してみてください。

 

在来浴室の特徴~広さも仕上げも自由自在

在来浴室とは、在来工法、つまりすべて造作でつくった浴室です。
仕上げやデザインを自由に選べるのはもちろん、ユニットバスもハーフユニットバスも規格サイズでしかつくれないのに対して在来工法なら広さも自由に決めることができます。
もちろん、ジェットバスや床暖房などの設備もお好みで取付OK。
そう、お風呂好きな方にはたまらないのが在来浴室なんです。

在来浴室 当社施工事例(浴槽は既製品)

 

浴槽は桧や石、壁や天井は桧・石・タイルなどでつくることが多いです。
お手入れ方法としては、桧は乾拭き、石はデッキブラシなどでゴシゴシ、タイルは中性洗剤で磨きます。
タイルや石の目地は適宜カビ取りも必要です。

在来浴室はハーフユニットバスよりさらに防水が難しいので、施工実績のある会社に依頼するのが安心です。
お値段的にはどんな仕様にするかによってかなり幅がありますが、およそ100万円くらい~といったところ。
ただし、浴槽だけ既製品を使うという方法もあり、その場合はもう少し費用を抑えることができます。

 

モデルハウス見学のときは浴室にも注目してみよう!

ユニットバス・ハーフユニットバス・在来浴室それぞれの特徴をご紹介してきました。
ユニットバスならどこの住宅会社でも問題ありませんが、ハーフユニットバスや在来浴室も考えたいなら住宅会社選びのときから施工実績を確認しておくといいですね。
ハーフユニットバスや在来浴室の施工に自信がある会社ならモデルハウスにも採用していることが多いので、注意して見てみてください。

ふだんあまり目にする機会がないハーフユニットバスや在来浴室は見るだけでも楽しく、参考になります。
モデルハウスでは浴室にも注目してみましょう!

 
あわせて考えたい洗面脱衣室についてはこちらの記事を参考にしてください。

来場予約はこちら