愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

濡れ縁って何がいいの?ウッドデッキとの違いチェック!~浴衣で楽しむ夏の木の家の暮らし~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『濡れ縁』です。

濡れ縁は「ぬれえん」と読み、いわゆる縁側の一種です。
いろんな使い方ができますが、特に夏にはとても気持ちのいい場所です。
最近ではウッドデッキが人気で「濡れ縁とウッドデッキって何が違うの?」という質問をいただくこともあります。
今日は濡れ縁について、①ウッドデッキとの違い、②使い方・楽しみ方をご紹介。
最後に浴衣の着付けポイントも簡単にご紹介しているので、残り少ない夏をぜひ楽しんでみてください!

 

濡れ縁とウッドデッキの違い

濡れ縁とウッドデッキの違いに明確な定義は見当たらず、ネット検索するといろいろな見解が見つかります。
「和風なら濡れ縁、洋風ならウッドデッキ」とか「濡れ縁は家の一部で軒がある、ウッドデッキは独立している」とか。
中島工務店でも濡れ縁と呼ぶ場合とウッドデッキと呼ぶ場合があるので、「どう違うの?」と施工課長に聞いてみたところ。
軒が掛かっているのが濡れ縁、軒がないのがウッドデッキとのこと。

濡れ縁

 

ウッドデッキ

 

なるほど。
イマドキ和風とも洋風とも分けられない家も多く、濡れ縁も和風住宅に限ったものではなくなっています。
また、ウッドデッキは建物と一体になっていることも多く、逆に濡れ縁は後からポンと置くタイプのものがホームセンターで売られています。
一方、確かに濡れ縁は軒下にあるのが通常で、ウッドデッキは太陽の下に大きく張り出しているものをよく見かけます。
屋根が掛かったウッドデッキもあるので軒があるかないかが絶対的な基準にはなりませんが、「軒下にある=濡れ縁、軒がない=ウッドデッキ」というのはひとつの見解としては納得できるのではないでしょうか。

 

濡れ縁はこう楽しもう

濡れ縁もウッドデッキも、外でありながら家の中のように過ごせる中間領域として近年人気です。
テーブルやイスを置いて食事をしたり、本を読んだり、お昼寝したり・・・。
比較的広いスペースで、アウトドアリビングとして楽しむのがウッドデッキの使い方でしょう。
注目度も高いようで、こちらの記事も人気です。

ウッドデッキと比べると、濡れ縁は軒下にあるがゆえに比較的スペースが限られることが多いといえます(軒の出幅=濡れ縁の幅になるので)。
でも、だからこそイスを置こうとか考えることなく気軽に使えるのが濡れ縁のいいところ。
ちょっと腰掛けて庭を見ながらおしゃべりなど、なんの準備もしていなくてもそこに座るだけで外の心地よさを感じながらくつろげるのが濡れ縁なんです。

じゃあ掃き出し窓でもいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、掃き出し窓だと窓の幅が座れるスペースの限界で、大人が2人座るのはかなり窮屈です。
それに比べて濡れ縁なら2人以上がゆったりと座れてお茶などのモノも置く余裕があるので、掃き出し窓の外に濡れ縁を設けたいという方が多くいらっしゃるのでしょう。

軒があるおかげで、雨や風に直接晒されるウッドデッキに比べて傷みにくいのも特徴です。
表面が傷んできた場合のメンテナンス方法はウッドデッキと同じですが(下記の記事を参照してください)、軒下にある分、メンテナンス頻度は少なめで済むことが多いでしょう(諸条件によります)。

 

浴衣で涼もう~夏の木の家の楽しみ方 ※浴衣の着付けのポイントも!~

下の写真は長久手Studioの濡れ縁です。
すだれをしつらえて、カキ氷を持って腰掛けたら・・・我が家にいながら夏祭り気分が楽しめます!

そんな日にはぜひ浴衣も着てみてください。
というわけで、最後に浴衣の着付けのポイントを簡単にご紹介します。
当社スタッフが実際に着付けの先生に着せていただきながら確認しましたので、ぜひ参考にしてください。

浴衣の着付けポイント
●裾は長めにすると大人っぽくなります。ただし動き回る予定ならやや短めに。
●腰紐はまっすぐ横に締めましょう。きつめに締めると着崩れしにくくなります。
●襟は喉のくぼみが見えるくらいの位置で合わせましょう。ネックレスなどをしている場合は見えるようにもう少し開けてOK。
●襟の後ろはやや広めに開ける(抜く)と色っぽく見えます。
●帯はひと巻きずつしっかり締めます。最後はきつめに巻いて、結ぶときには1回目にギュッと縛ると崩れにくくなります。

 

来場予約はこちら