愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

新築時に壁掛けテレビをきれいに設置する方法~周辺機器の置き場所と将来の買い替え対策も~

当社施工事例(以下同じ)

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『壁掛けテレビをきれいに配線する方法』です。

最近人気の壁掛けテレビ。
ネット上には壁掛けテレビのメリット・デメリットやおしゃれに見せるポイント、DIYのコツなどいろいろな情報が掲載されています。
当社でも壁掛けにしたいという要望をいただくことが増えていますが、きれいに仕上げるためにはいくつかポイントがあります。
また、テレビの配線を考えるときに同時に考えなくてはいけないのが録画機器やゲーム機など周辺機器の配線。
さらに、テレビは数年~10数年でかならず買い替えるものだから、新築のときから考慮しておきたい点もあるんです。
今日はまず壁掛けテレビをきれいに配線する基本のポイントを確認し、当社施工事例を参考に周辺機器の置き方をご紹介。
さらに買い替えに備えてあらかじめ考えておきたいことをまとめます。

 

壁掛けテレビをきれいに配線する基本のポイント

壁掛けテレビをきれいに見せるためには、とにかく配線を見せないこと!
これに限ります。
テレビまわりにはとても配線が多いんです。
電源、アンテナケーブルはもちろん、録画機器やゲーム機など数台の関連機器につながっているのが当たり前です。
テレビまわりをスッキリ見せるためには、コンセントやアンテナ端子をすべてテレビの後ろに隠してしまうのが一番早い方法です。
そう、こんな感じ。

壁掛け用の金具とコンセント・アンテナ端子

 

壁掛けの金具の後ろ、ちょうどテレビ本体で隠れるところにコンセントやアンテナ端子を配置した例です。
これで前からは配線が見えないので、まずはきれいに見えるようになりました。

 

録画機器やゲーム機はどこに置く?

次に考えなくてはいけないのが、録画機器やゲーム機など周辺機器の置き場所です。
テレビをすっきり壁掛けにしても、そこから周辺機器への配線がたくさん伸びていたのではかっこよくありませんから。
中島工務店ではだいたい3つのパターンがあります。

①テレビを掛ける壁の背面に収納を設ける
テレビを掛ける壁の背面に収納を設けて、そこに周辺機器をまとめて置きます。
テレビの後ろから出した配線をすぐ裏にある収納内でつなぐのでケーブルやコード類の長さもそれほど必要ありませんし、広めの収納であれば接続作業もやりやすくてオススメです。

テレビの後ろの収納に関連機器を収納。

 

②やや離れた場所に置き場所をつくる
背面に収納を設置するのではなく、周辺に専用の置き場所をつくるケースもあります。
見える場所に棚を設けることもあれば、見えにくい場所に置くことも。
背面に収納を設ける場合との違いは、いったんテレビの後ろに出した配線を周辺機器の置き場所まで引っ張った上で、改めて表に出してこなくてはいけない点。
特に棚など表に見えるところに置く場合は設計時と棚の高さを変えると配線が見えてしまうので、あらかじめどの位置に棚を設けるかよく検討しましょう。

テレビを掛けた壁の奥、部屋の隅に周辺機器専用の棚を設置。

 

階段下に置き場所をつくったケース(白く囲んだところに周辺機器置いてます)

 

③壁掛けテレビでもテレビボードを置く
え?せっかく壁掛けにしたのにテレビボードを置くの?と思われたかもしれませんが、それが一番スッキリ納まる場合もあります。
例えばホームシアターを設置したこちらのケース。
電動スクリーンを巻き上げると壁掛けテレビがあるのですが、たくさんある関連機器を納めるために敢えてテレビボードを選択しました。
間取りなどの関係で背面や周辺に置き場所をつくれない場合にも、この方法は有効です。
インテリアに似合うテレビボードを選ぶと想像以上におしゃれにまとまることもあります(こちらのお宅のテレビボードは完成内覧会でとても好評でした!)。

スクリーンの後ろに壁掛けテレビ。敢えてテレビボードを置きました。

 

なお、①または②にする場合に気をつけたいのがリモコンの電波が届くかどうかのチェックです。
収納の扉や壁が厚いと届かない場合があるほか、ふだん座る場所の正面に置かない場合もふだんの姿勢でリモコンを操作してちゃんと機能するかどうかを考慮してください。

テレビの買い替えに備えて

テレビの後ろにコンセントやアンテナ端子を設けて周辺機器の置き場所を決めてそこまで配線すれば、テレビの壁掛け完了です!
が、もう少し先を見て将来の買い替えまで考えておきましょう。

買い替えのときに何が問題になってくるかというと。
・従来より大きなテレビを買うかもしれない。
・外部機器との接続端子(HDMIなど)が変わったり、増えたりするかもしれない。
・壁掛け用の金具が変わるかもしれない。
など、いろんなことが考えられます。
テレビの機能はほんの1年でもずいぶん進歩するので、次に買い替えるときにはここでは考えていなかったようなことが起こる可能性も高いでしょう。
でも、ひとまず今考えられる範囲で対策をしておくとすると。

まず大きなテレビを掛ける可能性を考えるなら、あらかじめ壁の補強をしっかりしておくことです。
テレビを掛ける壁には必ずそのための下地材を入れますが、その下地材をあらかじめより重いテレビにも耐えられるようにしておけば少々大型で重量があるテレビに買い替えても大丈夫です。
※実際に買い替えるときには新しいテレビの重さに耐えられるか、施工した建築業者に確認してください。

もうひとつやっておくとしたら、取付金具が変わってもケーブルやコード類と干渉しないようにコンセント、アンテナ端子などの接続部分を壁から引っ込めておくことです。
こういうこと↓↓↓

この記事の最初の方の写真にある通り壁掛け用金具ってかなり大きめですし、テレビによって大きさや形状が異なります。
新築のときにはそのときに掛けるテレビに合わせてコンセント位置を決めると思いますが、次に買ったテレビの金具がちょうどそのコンセントに被さってちょうどいい位置に取り付けられない場合があるんです。
それを避けるために、あらかじめ引っ込ませておこうというのがこの方法です(数センチずらせば取り付けられるので、あまり気にしない人もいます)。
こうしておけば、比較的いろいろなタイプのテレビに対応できる可能性が高くなるでしょう。

 

まとめ;使い方をよく考えて相談しよう

リビングだけでなく、ダイニングや寝室でも壁掛けテレビを希望する方が増えています。
部屋によって録画機器が必要な場所とそうでない場所、ゲーム機などを接続する場所としない場所などテレビの使い方も様々です。
テレビの角度を変えられるようにしたいかどうかなども、細かな取付方法に影響してきます。

どの部屋で誰が、どのようにテレビを使いたいのかをよく考えて設計士に相談してください。
先ほどからご紹介してきた通り、細かな設計に影響するので早めに相談するのがオススメです。

 

来場予約はこちら