愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

薪ストーブ・キッチン・収納・・・お気に入りがいっぱい!帰りたくなる自慢の家~I 様邸(2015年新築)~

 

毎年カレンダーを見て「建てるなら中島工務店」と決めていた

――平屋なのに大空間で、お引き渡し後にお子さんが増えても広々としていますね。

ご主人・Yさん 入居してすぐに長男が生まれて、今年次男も生まれました。最近ではママ友が集まるのはいつもうちです(笑)

奥様・Cさん 子どもが10人くらい来ても走り回れるからすごくいいんです(笑)

Yさん 外から見ると小さな平屋なのに中に入ると大きな空間にでっかい梁が見えるってかっこいいじゃないですか。憧れていた通りの家になりました。

―― I様はお父様の仕事の関係で家を建てようと思う前から当社をご存じだったのですよね。

Yさん 僕は家を建てるなら中島工務店と決めていました。以前からよく話を聞いていて、せっかくなら地元の会社で建てたいと思っていたので。それに毎年もらうカレンダーがすごくて!見るたびに「なんじゃこりゃ!こんな家が建てれるんだ・・・」と思ってましたから。

――初めてお会いしたときから和風の平屋を希望されていました。

Yさん 同じ敷地内に両親が暮らしている母屋があるので、大きな家はいらないと思っていました。和風の家は昔からの憧れです。

Cさん 私は流行りのかわいい家がいいなと思っていたんですが、聞いてもらえず(笑)。でも実際にプランを始めたらすごく楽しくなって「こういう風にしたい」という希望とかを書いたノートをつくってしまいました!

今も大切に置いてある想いを記したノート

 

――当社でいうドリームノートですね。

Yさん 中島工務店で建てると決めていましたが、どんな家があるのか知りたくていろんな会社を見てまわったんです。そこでもらったパンフレットなどからいいなと思ったものを切り取って貼ったりしました。

Cさん ほかにも雑誌や本やインターネットで調べたものも貼っていって。こうしたいっていう気持ちをいっぱい書きました。

Yさん 中島工務店が実際に建てた家も何軒も見せてもらって、いいなと思ったところは参考にさせてもらいました。

※ドリームノートについてはこちらの記事をご覧ください。

 設計に約2年 具体的なアドバイスで予算内で想いを叶えた

――プランに際してはどのようなご要望を出されましたか?

Yさん 30坪くらいの平屋の和風の家で、梁を見せることと薪ストーブは絶対。最初はそのくらいでしたね。

Cさん 私はその頃はまだ特にこうしたいというのはなくて・・・。漠然といいなと思ったことを書き留めていたノートのコピーをお渡ししました。

――実際にプランに入るとCさんもすごくノってきて、お二人で徹底的に考えられましたね。

Yさん 最初のプランを見たら「こうしたい」というのがどんどん湧いてきて。キッチンを決めるだけで1年くらいショールームに通いました。こうしたいという想いを叶えるには自分から動かなくちゃいけませんから。

Cさん 収納と家事動線はものすごく考えました。何回も想像して「ゴミ箱はこっちじゃないとイヤだ」とか。メーカーを決めてからも何回もそのメーカーのショールームに通って、聞きたいことは全部聞きました。

――Yさんはトイレにこだわっていましたね。

Yさん トイレって一番リラックスできるところじゃないですか?僕の中でトイレは家の象徴にしたかったんです。自分で絵も描きましたよ。

――いろいろ考えるうちにお見積もりが怖くなってきたとか。

Yさん やりたいことを全部ぶつけていましたから当たり前なんですが、実際に見積もりを見たときには度肝を抜かれました。「これはマジか」と。でもそこから設計の加藤さんが上手にアドバイスしてくれて予算内に収めてくれたので助かりました。

Cさん 加藤さんは「ここは妥協しないといけないけど、ここは奥様の希望通りいけますよ」とひとつひとつアドバイスしてくれたんです。ダメなものはダメとはっきり言ってくれましたし。

――どんなアドバイスで予算に収めていったか、具体的に覚えていることはありますか?

Cさん ノートに書いてあった希望ひとつひとつを検討しました。例えば「宙に浮いているように見える造り付けのテレビボード」がほしかったんですが、フツーに脚のあるテレビボードにしました。でもインテリアにはすごく似合ってて使い勝手も希望通りです。寝室のウォークインクローゼットも造り付けの棚をやめて代わりに既製品の収納ボックスを入れたんですが、寝室全体のイメージも使い勝手も変わらず費用を抑えることができました。

――結果的に設計に2年ほどかかりましたが、楽しかったですか?

Yさん 楽しかったけど、もう1回やりたいかと言われたら・・・

Cさん もうやらなくていい(笑)

Yさん よく「家は3回建てないと」といいますが、1回で十分満足できる家になりました。

 

細かいところまで、ノートに書いていた希望がほとんど叶った

――実際に暮らしてみて、特に気に入っているところはありますか?

Yさん いっぱいあります!憧れだった薪ストーブのまわりの空間やこだわったトイレ、リビングをロフトから見下ろしたところ・・・。設計中「なんでもいい」って言ったことがありませんから、できたものは全部納得していてお気に入りです。

Cさん 1年かけて考えたキッチンは、今使っていて完璧です。トイレの収納も「トイレットペーパーのお徳用24ロールが入るように」など具体的に要望したことが叶っていてとても使いやすいし、「食器棚が隠れる大きなスライドドア」とか「ミキサーが使えるコンセントの位置」とか細かいところまでほとんど叶えてもらって。どこに何を入れるかひとつひとつ考えて決めた収納は特に気に入っています。

Yさん 仕事に行っていても家に帰りたくなるんです。本当にくつろげる。自慢の家です。

――すごく気に入っていただいていてうれしく思います。これからどんなふうに暮らしていきたいと思っていますか。

Yさん 僕はスローライフが憧れです。今は時間に追われていますが、のんびりと畑をしたり好きなDIYをしたり。

Cさん 私はそれに惑わされずに自分のペースでいこうと思います。外に出たいときは一緒に出るけれど、ずっとだと疲れちゃうから家の中でのんびりしたり。そんな感じでやっていきたいと思います。

――これから家を建てる人にアドバイスをお願いします。

Cさん どんなことでもまず中島工務店に相談するのがいいと思います。相談したらできることはできる、できないことはできない、こうすればできるというように具体的に答えてくれるので納得できますから。

Yさん 僕たちも困ったことがあったらすぐ相談したよね。友だちみたいにしょっちゅう電話してた(笑)

Cさん 家ができてからも、なにかあったらすぐ電話しています。「どうしよう、可知さん!」って(笑)。中島工務店はじっくり相談に乗ってくれて、いつでもなんでも話せる関係でいてくれるので安心できます。だからまずは相談してみてほしいと思います。

来場予約はこちら