愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

外壁の種類と選び方~サイディング・吹付け・板金・塗り壁・タイルを比較してみた~

無塗装サイディング+弾性リシン吹付け(当社施工事例 / 以下同じ)

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは「外壁の仕上げ方」です。

外壁には躯体(骨組み)を雨水などから守るという大きな役割がありますが、家づくりを考えるにあたってはデザインもとても重要です。
どんなふうに仕上げるかによって建物の印象はずいぶん違ってきますよね。
最近では窯業系サイディングが8割を占めています。

このグラフは材料別の構成比ですが、実際にはその材料をどのように仕上げるかによっても見た目やお値段が違ってきます。
サイディングやモルタルをそのまま仕上げに使うこともありますが、中島工務店の作品集でご紹介しているように「窯業系無塗装サイディング+弾性リシン吹付け」「モルタル下地+弾性リシン吹付け」「モルタル下地+左官仕上げ」といったサイディングやモルタルを下地にしてさらに仕上げていく方法もあるからです。

外壁材を選ぶなら、最後の仕上げ方まで考えて選びたいですよね。
今日は最近の木造住宅でよく使われる次の7つの仕上げ方を取り上げて、特徴・費用の違い・メンテナンスについて比較します。

今日取り上げる外壁仕上げ
●化粧サイディング
●無塗装サイディング+吹付け
●板金
●モルタル+吹付け
●高耐久サイディング
●塗り壁
●タイル

 

化粧サイディング

サイディングは板状になった外壁材で、住宅の骨組みにサイディングボードを張り付けていき、つなぎ目をコーキングなどのシーリング材でつないでいくものです。
最初にご紹介したグラフの窯業系サイディング・金属系サイディング・アルミサイディングというのはこのサイディングボードの材料の違いで、最も多く使われている窯業系サイディングはセメント質と繊維質が材料です。
そして、サイディングのうちそのまま仕上げ材になるものを化粧サイディングといいます。
そのまま仕上げにならない、つまり中島工務店でよく採用されている「無塗装サイディング+弾性リシン吹付け」といったときのサイディングは化粧サイディングではないということ。
街の中で見かけるサイディングの壁=化粧サイディングだと思ってOKです。

化粧サイディングの特徴はなんといってもデザインが豊富なところ。
いろいろな色や柄の中から好きなものを選べます。
でも、だからこそどんなデザインを選ぶかで建物の印象がガラリと変わってしまうのが難しいところ。
一般的には薄い色合いで柄が細かい方がきれいに見えやすいでしょう。

化粧サイディング(画像はニチハ様より拝借)

化粧サイディングは紫外線や雨の影響で色落ちしやすいというデメリットがあります。
環境にもよりますが、およそ10年で塗り替えを考えましょう。
また、色落ちより先に問題になるのがコーキングです。
コーキングが切れるとそこから雨水が侵入して家そのものが傷む恐れがあるので、早めに補修しなくてはいけません。
コーキングは7年くらいで切れてくるのでよく点検して、早めに対処しましょう。

費用は、今回取り上げる7つの中で最も抑えられるケースが多いでしょう(後で紹介する高耐久サイディングを除く)。

 

板金

ガルバリウム鋼板などの金属板を張るものです。
耐久性が高く、ほぼメンテナンスフリーなのが特徴です。
壁を板金にした場合、10年以上経っても色落ちはほとんどありません(壁の場合。屋根の板金はやや色落ちします)。
コーキングはサイディング同様に劣化しますが、サイディングに比べてコーキング箇所が圧倒的に少ないためメンテナンス費用は抑えられます。

板金

 

デメリットは色・形状(どんな形に加工されているか)が少ないこととキズつきやすいこと。
また、板金の壁材そのものがサビることは通常ありませんが、もらい錆には注意が必要です。
万が一、キズを発見したら建築業者に連絡してタッチアップしてもらいましょう

費用は形状によって幅がありますが、化粧サイディングと同等~といったところです。

 

無塗装サイディング+吹付け

無塗装サイディングという現場塗装を前提としたサイディングボードにリシン、スタッコなどの塗料を吹き付ける仕上げ方です。
塗料によって仕上がりも費用も変わってきますが、化粧サイディングほど一般的ではないため見た目にオリジナリティが感じられます。
また化粧サイディングはデザインが豊富とはいえ洋風が多く、和風や和モダンの家にはいまいち似合うものが少ないかもしれません。
その点、例えば当社でよく採用している「無塗装サイディング+弾性リシン吹付け」なら落ち着いた色と風合いで、和風や和モダンの家に似合います。

無塗装サイディング+弾性リシン吹付け

 

塗料はリシンに限られているわけではありませんので、塗料と仕上げ方によってバリエーションは無数にあります。
好きな色を選べますし、吹付けの後にさらにローラーやコテを使って表面に変化をつけることも可能です。
ただ、どんな塗料を選んでも色落ちは避けられず、10年ほどで再度吹付けが必要です。
コーキングも7年頃から切れ始めます。

費用は選ぶ塗料によって幅がありますが、安いものであれば化粧サイディングの1.2倍程度でしょう。

なお耐久性を高める方法として、サイディングの目地をパテで埋める方法があります。
こうすると耐久性が向上するほか、目地が見えなくなるので見た目もよくなりますが、費用的には次にご紹介するモルタル+吹付けより高くなるでしょう。

 

モルタル+吹付け

モルタルはセメントと砂でできた材料で、土間の仕上げなどにも幅広く使われています。

そのモルタルを下地として塗った上にリシンなどの塗料を吹き付ける仕上げ方で、無塗装サイディング+吹付けとの違いは下地だけです。
なので、こちらも塗料と仕上げ方の選択しだいで幅広いバリエーションが楽しめます。

サイディングとの違いは目地がないこと。
目地がない=コーキングがないので、サイディングに比べてコーキング部分のメンテナンスの必要がないこと、見た目がよいことが特徴です。
ただし、モルタルはひび割れる恐れがあり、素材としての耐久性はサイディング+吹付けの方が優れているでしょう。

費用は、こちらも塗料しだいですが、化粧サイディングの約1.5倍~です。

モルタル+弾性リシン吹付け

 

高耐久サイディング

サイディングの中でも表面加工などによって耐久性を高めたものです。
超高対候塗料を使用して紫外線や雨の影響を抑えたり、サイディングの弱点であるボードの接合方法を工夫したり超高耐久シーリング材を用いているのが特徴で、仕様にもよりますが30年程度塗り替え不要なものもあります。

こちらもサイディングなのでデザインは豊富です。
また、一般的なサイディングボードが厚さ14mmなのに対して高耐久サイディングは厚さ16mmです。
わずか2mmの違いですが、これによって表面加工の凹凸が増すほか施工方法も変わってくるため(14mmは表面から釘で打つ、16mmは裏から金具で留める)、高級感が醸し出されます。

費用は化粧サイディングの約1.7倍~ですが、塗り替えがほぼ不要なのでライフサイクルコストは抑えられるでしょう。

高耐久サイディング

 

塗り壁

塗り壁とは、土などの自然素材を塗り重ねて仕上げた壁のこと。
古くは土壁などがありますが、最近では消石灰を原料とする漆喰やシラス(火山灰)を原料とするそとん壁がよく使われています。
自然素材ならではの風合いが感じられ、色落ちすることがなく、コーキング部分もないためメンテナンスフリーなのが特徴です。
ただし、自然素材であるがゆえに色と仕上げ方のバリエーションは少なめです。

そとん壁

 

費用は化粧サイディングの約2倍~。
イニシャルコストとしては高く感じますが、ランニングコストがほとんどかからないこともしっかり考え合わせたいですね。
汚れたら水洗いしましょう。

 

タイル

タイルは皆さんご存知の陶磁器製の薄い板です。
外壁用のタイルは約1,300℃という高温で焼き固めているため非常に硬く、傷つきにくくて紫外線や雨による色落ちもほとんどありません。
ただし目地のコーキングはやはり劣化してきますので、そこだけは補修が必要です。

タイル張りの外観には高級感を感じる人も多いのではありませんか?
お値段も相応で、そとん壁の約2倍~、化粧サイディングの約4倍~となっています。

 

おまけ;板張り

中島工務店は木の家づくり専門。
ということで、ときどき依頼されるのが板張りの外観です。
木が好きな人にとってはたまらない仕上がりですが、ほかの外壁材に比べてメンテナンスのたいへんさは飛び抜けています。
方角や周辺環境にもよりますが、約2年で塗り直しが必要になります。
なので、オススメは部分使い。
手の届く範囲=足場を組まなくても塗り直しできる範囲に使うとアクセントにもなり、メンテナンスもしやすいでしょう。

そとん壁+杉板張り

 

まとめ;外壁仕上げの選び方

7つ+おまけの仕上げ方をご紹介してきましたが、実際にはどれかひとつにすることもあれば複数を組み合わせることもあります。
とにかくイニシャルコストを抑えたいなら化粧サイディング一択です。
けれども建物全体で表現したいイメージや長期的なメンテナンスコストを考えると、おのずとほかの選択肢も出てきます。
外壁・外装の塗り直しは当社が依頼を受けるリフォームの中でも最も多く、新築のときによく考えておいてほしいことのひとつです。
家づくり全体の予算の中でどのくらい外壁に掛けられるか、住み始めてからのメンテナンスをこまめにできるか、それに叶えたい暮らしのイメージを実現できるかどうかなど多方面から検討しましょう。

来場予約はこちら