愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

「チルチンびと」みたいなあったかい感じの木の家に憧れて~N様邸(2012年新築)~

薪ストーブがある木の家がいい

――プランをしていたときには2人だったお子さんが4人に増えて、とてもにぎやかになりましたね。

ご主人・Mさん 一番上の子が小学校に上がるまでに家を建てたいと思って計画したのですが、その子がもう小学校5年生になりました。

奥様・Sさん 土地は決まっていたのでなんとなくハウジングセンターに行き始めたんですけど、それが一番上の子が幼稚園のときでした。今から7年前になります。

――最初から木の家が建てたいと思っておられたんですよね。

Sさん 私はもともと木が好きで、雑誌「チルチンびと」に出ているようなあったかい感じの木の家に住みたいと思っていました。それに実家にいたときの経験があって・・・。ある日、実家の和室の床柱がぺらってめくれたんです。木だと思ってた柱が木じゃなかった。木に見えるシートを貼っているだけで、すごく騙された感があって。私はそんな家じゃない、本物の木の家に住むんだと思っていました。

Mさん 僕は家づくりに対して特にこうしたいという想いはなかったのですが、木の家は嫌いじゃありませんでした。「チルチンびと」によく薪ストーブが載っていて、薪ストーブが似合う木の家っていいなと思っていました。

――ハウジングセンターを見学してみていかがでしたか。

Mさん 大きくてきれいな家がいっぱいありました。その頃は輸入住宅メーカーA社がいいと思っていました。

Sさん 私も洋風の外観に憧れていたのでA社の見た目は好きでした。

――中島工務店を知ったのは偶然でしたね。

Sさん 当時、中島工務店の名古屋支店の近くに住んでいたんですが、名古屋支店で開催されていたかしも産直市に行ったのが最初でした。住宅会社とは知らずに行ったのですが、たまたまショールームを覗いてみたら素敵な囲炉裏の空間があって。すごく雰囲気がよくて興味を持ったんです(※建て替え前の旧名古屋ショールーム。現在はありません)

Mさん それからわりとすぐ水と緑の勉強会に行ったよね。

Sさん 水と緑の勉強会はすごく楽しかったです!

水と緑の勉強会2010春にて

 

――当社のスタッフも帰り際にSさんが車の窓を開けて「楽しかったです!来てよかったです~!」と言ってくださったときの笑顔が忘れられないそうです。

Sさん 木の伐採や工場を見せてもらって本当に楽しかったので、その気持ちを伝えたかったんです。私は食べ物もできるだけ国産のものにしたいと思っていて、木の家を建てるならやっぱり国産材がいいと思っていました。水と緑の勉強会に参加する少し前に別の大手ハウスメーカーさんの工場見学会にも参加したんですが、そこはほとんど輸入材でした。水と緑の勉強会で中島工務店は本当に地元の木を使っているんだとわかって、とても納得できました。

Mさん その頃には中島工務店で建てようって決めてたんじゃない?

Sさん そうかも。水と緑の勉強会で「中島工務店は働いている人がいい」とは思ったから、心の中では決めていたかもしれません。でも輸入住宅メーカーA社でもプランと見積もりをしてもらったよね?

※水と緑の勉強会についてはこちらの記事をご覧ください。

 

風の抜け方などいろんなことを勉強しました

――当社より先に輸入住宅メーカーA社にプランと見積もりを依頼されたのですよね。A社のプランをご覧になっていかがでしたか。

Sさん これはうちのために計画したんじゃなくてどこかから持ってきたんだと感じました。なんのひねりもない、ごく当たり前なプランで。A社の人にそれを伝えたら「普通が一番ですよ」と言われました。

――中島工務店でプランをするときにはどのような要望を出されましたか。

Mさん 薪ストーブは最初からお願いしました。1階に和室があって、吹き抜けがあって。外観は洋風とも伝えたと思います。

――最初のプランを見たときの印象はいかがでしたか。

Mさん 可児モデルハウスLITTLE KASHIMO(LK)に似ていると思いました。僕はLKに住みたかったわけじゃないので「そうじゃない」と感じました。

――担当設計士の小林によると、N様のご要望を検討するのにLITTLE KASHIMOがちょうどよい例だったのでLKをたたき台にして検討していったということでした。

Mさん そのプランをベースに「こうしたい」というのを伝えて今のようなプランになってきました。

――設計では決めることがたくさんありますが、たいへんだと感じられましたか。

Sさん 私は間取り図を見るのが好きで、雑誌とかも見てすごく勉強しました。子育てにいいのはどんな家か、とか。風は低いところから高いところに抜けるとかいうこともそのとき知りました。「ここをこうしたい」というと次の打ち合わせには変更した案を見せてもらえたので希望が反映されてよかったのですが、変えようと思えばどこまでも変えられるので、自分たちで決めていくのがおもしろいけどたいへんでもありました。

――中島工務店の設計のゴールは「お客様の納得」なので、納得するまで検討することができます。N様の場合はリビング周辺の空間の使い方をずいぶん検討しましたね。

Sさん 子どもたちが帰ってきたときに必ずリビングを取って部屋に行くようにしたかったので、そうなるようにいろいろ考えました。薪ストーブの位置も悩んだところで、いろいろ調べると部屋の真ん中に置いた方がいいということだったんですが、テレビの場所とのバランスがすごく難しくて。

Mさん 僕は天井が高い空間にしたかったので、全体のバランスの中でそこもよく考えました。

 

餅投げがめちゃくちゃ楽しかった!

――工事が始まってからも、特に外壁は最後まで悩まれましたね。

Mさん そうでしたね。着工前にいったん板張りで決まっていたんですが、やっぱり当初の希望だった輸入住宅風の外観も気になっていたんです。

Sさん 工事が始まって、変更できるギリギリというタイミングでもう一度ショールームを見学に行きました。それでタイル調のサイディングにしようって決めたんですが、すぐ設計の小林さんから電話がかかってきて「この建物にタイル調はないよ、もう1回考え直した方がいい」と言われました。私もタイル調が100%いいと思っていたわけじゃなかったので、そう言われるともうよくわからなくなってしまって。

Mさん 最終的に、この建物に洋風の外壁は合わないと納得しました。

――N様邸の工事で印象的だったのは上棟のときの餅投げです。

Sさん 義父が軽トラいっぱいにお菓子を積んできました!親戚中に声をかけて。初めて建築中の建物の上に上がったんですけど、そんな経験ないじゃないですか。めちゃくちゃ楽しかったです。餅投げは絶対やった方がいいですよ。

楽しかった餅投げ

 

両親も“ふれあいまつり”を楽しみにしています

――実際に住んで5年になりますが、気に入っているところはありますか。

Sさん 床をぞうきんで拭くといいにおいがします。5年経った今でもアロマな感じ。拭き掃除は好きではありませんが、床拭きは好きになりました。

Mさん 風通しがいいですね。越屋根が効いていて、夏も風があると日陰にいるような気持ちよさがあります。

Sさん 実は、私の親は家が完成するまではどんな家なのかいまいち納得していない節がありました。でも完成した家に来てもらったら「断熱もしっかりしているし、いい木を使っている」「いい家だね」と言ってくれるようになりました。それがとても嬉しいです。

――当初からの希望だった薪ストーブはいかがですか。

Sさん 子どもがストーブの火をじっと見ているのを見ると嬉しくなります。イマドキの暮らしでは火を見る機会って少ないですから。

――年に1回のふれあいまつりにはMさん、Sさんそれぞれのご両親も一緒に参加してくださっています。

Sさん 家ができてからもそういうイベントに招待してもらえるっていいですよね!うちの両親も「今年はいつ?」って楽しみにしています。中島工務店はアフターフォローもよくて、小林さんに電話するとちょっとしたことでもすぐに来てくれます。そういうところもとても安心できますが、ふれあいまつりのようにときどきスタッフの皆さんに会える機会があると、いつまでも身近に感じられてなんでも相談しやすくなっていいと思います。
※ふれあいまつり:年に1回住まい手様を招待して、フードやアトラクションなどを楽しんでいただくイベント。

――これから叶えたい暮らしはありますか。

Sさん 畑をきちんとやりたいです。今もやっていますが、子どもが小さいこともあってあまり手をかけられないので、いずれもっと畑を広くして自給自足できるくらいいろいろつくりたいです。庭に木も植えたいですね、隣の家が見えないくらいたくさん。ニワトリも飼いたい。ヤギも!

――夢が膨らみますね。最後にこれから家を建てる人にアドバイスをお願いします。

Sさん うちは費用を抑えるために、設計では扉があったところを新築時には取り付けないことにしたんですが、住み始めてからの冷暖房効率が悪くて。2階の誰もいない部屋ばかり温まってしまったので、結局すぐに扉を付けました。扉ひとつでもいろいろなことを考えて必要だと提案してくれているので、むやみに取り止めてはいけないと思いました。後から取り付けてもらうとその分出張費もかかりますしね!

Mさん 越屋根は風通しにはとてもいいんですが、掃除ができなくて困っています。掃除のこともよく考えておきたいですね。

Sさん 餅投げは絶対やった方がいいです!結婚式くらい楽しかったので、絶対オススメです!!

来場予約はこちら