愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

みんなで料理できるキッチンづくりのポイント~木の家の秋の暮らし 中津川名物!栗きんとんのレシピ付き~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『みんなで使うキッチン』です。

家づくりの中でもキッチンは「こうしたい」という要望をたくさんいただく場所のひとつです。
仕事から帰ってとにかく手早く食事の支度をしたい人、梅干しをつくったりジャムをつくったりじっくり“食”に向き合いたい人、子どもたちと一緒に料理を楽しみたい人・・・。
キッチンは住む人のライフスタイルがはっきりと現れる場所なので、いただく要望も様々です。
その中でも今日は「みんなで料理を楽しみたい」ときにどんなキッチンをつくればいいのか、可児モデルハウスLITTLE KASHIMOのキッチンを例にご紹介したいと思います。

あわせて、LITTILE KASHIMOのキッチンで中島工務店の本社がある中津川の名物・栗きんとんを実際につくってみたので、栗きんとんのレシピもお届けします!

 

ポイント① カタチと奥行

キッチンにもいろいろなカタチがありますが、みんなで料理を楽しみたいならアイランド型かペニンシュラ型がおすすめです。
ご覧の通り、作業台の周りを囲むことができますから!
このとき「手元を隠したい」とちょっと高いカウンターをつけたりするとそちら側からは囲めなくなるので注意してください。

可児モデルハウスLITTLE KASHIMOのキッチンはペニンシュラ型。
中島工務店で設計・製作したオリジナルキッチンですが、市販のキッチンに比べて奥行が大きいのが特徴です。

一般的なキッチンの奥行は65~70センチくらいなので、約30センチほど大きいことになります。
奥行が大きくなった分はそのまま作業台の大きさになります。
これってみんなで料理するときにはとても大切。
お鍋やボウルなどのツールを置いたり、たくさんの食器を置いたり・・・大人数で作業するならとっても便利なんです。

キッチンを選ぶときにはどちらかというと幅の方が重視されます。
コンロとシンクの距離や位置関係が使い勝手に影響するからです。
みんなで使うキッチンといっても普段は1人か2人で使うことが多いはずですから、もちろん幅は重要です。
でもみんなで使う場合は奥行も大事なので、何人くらいでどんな風に使いたいかを考えてみるといいでしょう。

 

ポイント② 収納

LITTLE KASHIMOのキッチンの奥行が大きくなった分の約30センチは、実は収納になっています。
こんな感じ。

一人で使うと考えると、この収納ってビミョーだと思いませんか?
作業するのと反対側に食器が入っていると、出し入れするたびに行ったり来たりしなくてはいけないわけですから。
でも、コレがみんなで使うときにはとっても便利なんです。
作業台の反対側の人が食器を準備できるので動線が分散し、「後ろ通りま~す」なんて言いながら準備しなくてよくなりますから。

普段使いの食器は背面収納に、パーティー用の食器はダイニング側にしまっておくと使いやすそうですね。
みんなで使うキッチンを考えるときには大人数で作業する場合の動線を想定し、収納も含めて計画するのがオススメです。

 

ポイント③ ダイニングとの位置関係

これは一般的なキッチンでもいえることですが、キッチンとダイニングの位置関係も重要です。
LITTLE KASHIMOではキッチンのすぐ前にダイニングがあります。

作業台のダイニング側にいる人が食器を出して、盛りつけたら振り返るだけでテーブルに置ける!
すごく使いやすいですね。
こんな位置関係・距離感だと片づけも捗ります。
みんなで楽しくお食事した後、さっと片づけができると気持ちいいものです。
実際の設計の際には、リビングやほかの水廻りを含めて限られたスペースをどう活かすかという検討になると思いますが、こうした視点からもぜひご検討ください。

 

中津川名物・栗きんとんのつくり方

一般的に栗きんとんというとおせち料理に入っている甘くて粘り気のあるモノをイメージすると思いますが、中島工務店の本社がある中津川では栗を茶巾絞りのように絞ったモノを言います。
栗そのものの味を楽しめる中津川名物の栗きんとんをつくってみました!

①栗をゆでる
ゆで時間は約1時間。ゆで汁は真っ黒になります。

②中身を出す
今回は包丁で半分に切ってスプーンですくい出しましたが、皮をむくという方法もあります(熱いうちにむかなきゃなので気をつけてくださいね)。

③砂糖を入れてすりつぶす
今回は粉砂糖を使用。この方がしっとりと仕上がるんだそうです。

④ラップにくるんで茶巾絞り
キュッと絞ってカタチを整えます。

⑤完成!
ゆであがりからここまで約30分。意外と手軽にできちゃいます。

今回は栗と砂糖だけを使った王道レシピでつくりましたが、サツマイモや生クリームを入れるなど家庭によっていろいろなアレンジがあります。
中島工務店のスタッフも秋になると栗きんとんをつくる人がたくさんいます。
栗そのものの味を楽しめるシンプルでおいしいお菓子なので、ぜひつくってみてください。

来場予約はこちら