愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

年を重ねても不安なく暮らせる終の棲家~K様邸(2016年新築)~

先に建てた息子の家を見て私たちも建替えたくなりました

――こちらのお住まいのお引き渡しは2016年ですが、K様と中島工務店のおつきあいはその6~7年前からになりますよね。

奥様・Yさん 前々から自然豊かな加子母が好きで、よく遊びに行っていました。行くとかしも産直市に立ち寄るんですが、そのときに隣にある中島工務店のかしもショールームにもよくお邪魔していたんです。カレンダーをもらったり。それで息子たちが家を建てようと考え始めたときに中島工務店を紹介したんですが、そしたら息子も偶然インターネットで見て知っていて。「いいよね!」と一致して先に息子が建てることになりました。

――最初に中島工務店に来てくださったのも息子さんの家づくりのためでした。

ご主人・Jさん 最初に行ったのは可児モデルハウスだったかな。たまたま訪ねたら設計士の加藤さんがいて、今思うとそれが長いおつきあいの始まりでしたね。

Yさん 私たち、加藤さんに惚れちゃったから!ちゃんと話を聞いてくれて、押しつけがましいところがなくて、でも大事なことはしっかり言ってくれるので信頼できると思いました。結果的に息子の家も私たちの家も加藤さんに設計してもらいました。

――可児モデルハウスに来られた頃にはご自宅を建て替える予定はなかったんですよね。

Yさん そのときは私たちの家のことなんて考えていませんでした。でも建ててもらった息子の家があまりにもよかったので気に入っちゃって、私たちも・・・と思うようになりました。

――息子さんの家のどんなところが気に入ったのですか。

Yさん あたたかい雰囲気、ぬくもりかなぁ。

Jさん ハウジングセンターに建っている家にはないあたたかさが伝わってきました。

Yさん そこにいるだけで人を和ませてくれる感じがしました。心のエキスになるような。息子たちだけこんないい家に住むなんて・・・って思いました(笑)

――それで改めて加藤に相談していただいたんですね。

Jさん 最初はリフォームを考えていました。前の家は築30年ほどでしたが、台所の床や畳が沈むようになっていて直さなきゃいけないなと思っていたので。

Yさん 加藤さんにリフォームのプランをつくってもらいましたが、思ったより費用がかかることがわかって。それなら建て替えた方がいいんじゃないかと考え始めました。

 

いつか年老いて一人になっても不安なく暮らせる家にしたい

――実際に建替えを決断されるまでにはずいぶん悩まれたことと思います。

Yさん 60歳を過ぎてこれからの人生を考えたときに、子どもたちに迷惑をかけたくはないと思いました。二人一緒ならなんとかできることも、一人になってしまって判断力も衰えてきたら周りに迷惑をかけてしまいます。きちんと身の回りの整理をしながら、自分のチカラでなんとかしていきたい。いつか年老いて私たちがどちらか一人になってしまっても不安なく暮らしていける家にしたい。そう思うと、前の家をリフォームしただけではどうしようもないと思うようになりました。

Jさん 前の家は大きくて一人で暮らせるような間取りでもありませんでしたから。それにすきま風もひどくてとても寒かったので、年をとってから暮らすのは難しいと思いました。ただ築30年ほどの家でしたし、思い出もあったので潰してしまうのはもったいないという気持ちもありました。

Yさん いろいろな想いがあって何カ月も考えた末に、新築でお願いしようと決めました。

夫婦そろって台所に立つことが多い

 

――改めて新築のプランをすることになりましたが、最初はどんな要望を出されましたか。

Yさん 這ってでも生活できる空間にしてほしいとお願いしました。台所、トイレ、お風呂、寝室に這ってでもいけて、一人になっても自分のチカラで暮らせる家。とにかくそれが大事でした。あとは、私たちは験(げん)を担ぐので家相には注意を払ってもらいました。

――設計期間はたいへんでしたか。

Jさん 仮住まいのアパートの契約期限があったので限られた期間で設計、工事と進めてもらいましたが、スムーズだったと思います。加藤さんとは何年ものおつきあいで私たちのことをよくわかってくれていたので、気持ちを汲んでもらえたんだと思います。

 

趣味の品、思い出の品を大切に飾って

――実際に暮らしてみていかがですか。

Jさん 気密性が高いのがいいですね。とても暖かくて静かです。前の家は冬の朝には3℃くらいまで冷え込んでいたんですが、今は12℃くらいあります。駅が近い住宅地ですが、外の音がほとんど聞こえてこないので夜もぐっすり眠れます。

Yさん 私は開放感があるところが気に入っています。特に台所!前の家では台所は一番奥まったところにあって周りを囲まれたところで家事をしていましたが、今はLDKがひとつの空間になって大きな窓もあるので外を眺めながら作業できます。台所に立つ時間が一番満たされる時間になりました。

――這ってでも暮らせる家という点ではいかがでしょう。

Yさん ほぼ平屋なので不安がありません。台所、パントリー、物置なども使いやすく配置されていて住みやすいです。思い切って建替えてよかったと思います。

――リビングに入ってくると大きなテーブルが目を惹きます。

Yさん 前の家の欄間を使ってテーブルをつくってもらいました。亡くなったおじいちゃんと皆で暮らした家なので何かの形で残しておきたくて加藤さんにお願いしました。来る人が皆「すごいね」と言ってくれます。

――Yさんが趣味で集めているたくさんの品を飾る棚もつくりました。

Yさん 盃など昔のものを集めるのが好きで、キッチンのカウンター下収納など普通は隠してしまうところをガラス戸にして飾れるようにしてもらいました。玄関にも飾り棚がありますが、こちらは我が家に伝わる品々を飾っています。おじいちゃんが大切にしていたもので、前の家をかたづけるときにたくさんの物を処分しましたが、これらはおじいちゃんがなにかの想いがあって取っておいたのだと思うので私も大切にしています。

前の家の欄間でつくったテーブル

 

――こうしておけばよかったというところはありますか。

Jさん リビングのシャッターは電動にしておけばよかったと思います。加藤さんは電動を勧めてくれていたんですが、費用のことなどを考えて手動にしました。でも窓の前に物を置くこともありますし、これから年を取ってからのことを考えると電動にしておいた方がよかった気がします。

Yさん 窓の大きさなども加藤さんの提案通りにしておけばよかったと思うところがあります。風通しがいいように加藤さんの提案より大きくしたところがあるんですが、その分ホコリも入ってきて、大きければいいというわけでもないのが住んでみてわかりました。やっぱりプロなのでひとつひとつの提案に意味があるんだなぁと今になって思います。

 

暖かい家でゆったりと・・・そんな暮らしが1日でも長く続けばいい

――不安なく暮らせる家が叶いました。これからどんな風に過ごしていきたいですか。

Jさん 普通の暮らしが一番です。

Yさん これから先、二人の時間は限られています。自分たちで採った野菜で料理をしたり・・・。こんな暖かい家でゆったり過ごす時間が1日でも長く続けばありがたいと思います。

――お二人の経験を通じて、これから家を建てる人にアドバイスをお願いします。

Jさん 思っていることを率直に伝えることが大切だと思います。打ち合わせのときに思いつくとは限りませんが、思いついたときに遠慮なく言えば中島工務店なら聞いてもらえるはずです。安心して遠慮なく伝えた方が納得できる家になると思います。

Yさん 家づくりは人との関わりです。家は長く住むものですから、長い目で見ると常に人づきあいだと言えます。家づくりを託す住宅会社の一人ひとりを信頼できれば何もかも任せることができます。長いおつきあいの中で中島工務店で働いている人はどなたにもあたたかさがあり、心から信頼できると感じています。これから家を建てられる人もご自身でそれを実感していただき、信頼できると思ったら安心して任せるとよいと思います。

来場予約はこちら