愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

畳コーナー・和室をつくるときの設計上の注意点~イマドキ木の家のお雛様の飾り方と土雛紹介も!~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『畳コーナー・和室』、そして木の家の暮らしシリーズ・早春『お雛様』です。

「和」のイメージを大事にしている中島工務店でも、最近は本格的な和室をつくりたいというお客様はほとんどいません。
一方で「和室はいらない」というお客様もほとんどおらず、「家全体の雰囲気に合わせたモダンな和室」「普段づかいできる和室」あるいは「リビングの一角に畳コーナー」という希望が多くなっています。
実際にどんな割合なのかを過去2年分の新築実績から見てみると・・・

リビングの一部などに畳を敷いた間仕切りなしの「畳コーナー」が約4割、リビングに隣接していて間仕切りがある「リビング隣接和室」が4割弱、リビングなどとは別にある「独立和室」が1割強となっています。
畳コーナーとリビング隣接和室が合計で8割ですから、間仕切りのあるなしはともかく、改まった場所としてではなく日常生活で使える畳の部屋がほしいという人が多いといえそうです。
ところで、畳コーナーとリビング隣接和室は似ているようでずいぶん違います。
広さはもちろん、必要なときに戸を閉めて仕切れるかどうか、床の間や仏間、押入れなどがあるか・・・これだけ違えば使い方がまったく違ってきますよね。
それに畳コーナーであれ和室であれ、家づくりではほかの部屋との関係性しだいで使い勝手が変わってきます。

今日は新築で畳の部屋を考えるときに知っておきたい設計のポイントをお話しします。
さらに大好評!木の家の暮らしシリーズ早春編・イマドキ木の家のお雛様の飾り方をご紹介。
あわせて中島工務店のふるさと加子母の郷土雛「土雛」もご覧ください。

 

畳の基礎知識~家づくりで知っておきたいこと

畳といっても最近は和紙やポリプロピレンといった新素材でできたものや「置き畳」といわれるフローリングに置いて使う畳などいろんな種類があるほか、畳床と呼ばれる芯の部分も昔ながらのワラ床から当社でも採用しているスタイロフォームなど建材床も多くなっています。
が、材料や種類、お手入れ方法などをまとめたサイトはいろいろあるので、ここでは家づくりにまつわる観点から知っておきたい畳の基礎知識をまとめてみましょう。

①畳のランクと価格(い草の畳の場合)
畳は「特上」「上級」「中級」といった具合にランク分けがされています。
違いは産地・い草の質・い草の量・経糸(たていと)の量などですが、一般の人の目で見れば、見た目に色ムラが少なく目が詰まっているほどよい畳だと言ってよいでしょう。
当社では、最も安いもので畳1枚(1帖)あたり8,000円くらい、最も高いもので13,000円くらいです。

②畳はすべて特注品
畳って既製品を部屋の広さに合わせて並べているわけじゃないってご存知ですか?
1軒1軒採寸してつくる、いわば特注品なんです。

家が完全な長方形になっていることはまずあり得ません。
どんなに緻密に施工したとしても、人の手でつくるものですからほんのわずかとはいえ必ず誤差ができてしまいます。
その数ミリの差が畳を敷いたときにわずかな隙間になったり、部屋に収まらないといったことになってしまうんです。
そこで新築の建物でも必ず畳屋さんが現場を採寸してピッタリはまるように1枚1枚つくっていきます。
なので、畳は1枚ずつ敷く位置も向きも決まっています。

長久手Studioの畳の裏側 敷く位置が「南東」と書いてあります

 

和室に敷く一般的な畳の場合は決まった厚み(54~57mm)でつくりますが、小上がりの畳コーナーの場合は設計時に厚みを決めます。
框(畳コーナーのまわりの枠)の大きさや畳の下に収納を設ける場合は収納サイズとの兼ね合いで検討します。
15mm以上あればつくることができますが、薄くなればなるほど畳の感触は失われてしまう点に注意が必要です。

 

和室 or 畳コーナー?~生活スタイルをよく考えよう

最初にご紹介した通り、当社のお客様の9割がカジュアルとはいえ畳スペースを希望していますが、その理由は様々です。
おもなものを挙げてみると。
寝転がりたい、コタツを置きたい、アイロンがけや洗濯物をたたむ家事スペースにしたい、小さな子どものお昼寝スペースにしたい、座卓で食事をする、仏壇を置きたい、客間にしたい、お茶・お花・着付けなど趣味のために必要・・・などなど。
生活の欧米化が進んでいるとはいえ、畳がほしくなる生活スタイルが根強いことがわかります。

畳スペースには独立和室・リビング隣接和室・畳コーナー(フローリングと同じ高さ or 小上がり)といった種類がありますが、どのタイプにするかは生活スタイルをよく考えて選ぶことが大切です。
改まった来客が多い家庭で客間として使いたいなら独立和室でなくてはいけませんし、座卓で食事をするのならリビング隣接か畳コーナー、仏壇を置きたいなら独立和室かリビング隣接でなくてはいけません。

リビングに隣接した和室

 

小上がりの畳コーナー

 

「うちは建物が小さいから畳コーナーで」と言われることもあります。
確かに限られた面積の中で畳スペースをどう設けるかは重要ですが、大きさよりも生活スタイルを重視してほしいと思います。
でないと、実際の生活で困りますから!

冒頭のグラフを延床面積別にどんな畳スペースをつくったかに分けてみると。

建物が大きくても小さくても畳コーナーとリビング隣接和室の割合はほぼ半々(さすがに35坪未満で独立和室はありませんけど)。
自分たちの暮らしに合った空間づくりをしていることがわかります。

 

和室や畳コーナーとリビングの位置関係~動線をよく考えよう

独立和室の場合は玄関から家族の空間を通らずに和室に入れることが大事になってくるので、全体プランの中での和室の位置は自ずと決まってきます。
一方、よく考えなくてはいけないのがリビング隣接和室や畳コーナーの場合。
そこで何をするのか、そのときリビングやダイニングには誰がいて何をしているのか――畳コーナーや和室の使い方とほかの家族の動線を具体的に考えてほしいと思います。

例えば。
お父さんは畳でゴロンとなってテレビを見たいけれど娘さんはソファに座っていることが多いというなら、畳コーナーがソファーの後ろに来ることがないように、且つ畳コーナーからもソファーからもテレビが見られるように位置関係を考えなくてはいけません。
お父さんと娘さんがおしゃべりしやすいように、和室を小上がりにして視線の高さを合わせるのも大切なこと。
子どもが遊んだりお昼寝したりする場所として使いたいなら、お父さん・お母さんが普段いる場所から見やすいところがいいですね。
アイロンがけや洗濯物をたたむ家事スペースにするなら水廻りやクローゼットとの位置関係が重要ですし、アイロンがけをしながらテレビを見たいならやはりソファーの後ろにならないように気をつけたいところです。

可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの和室

 

住宅会社の図面では当たり前のようにソファーを置くことになっていたりしますが(将来の可能性を含めてそのスペースを考慮しなきゃですから)、住み始めるとソファーなんて置いてないというケースも結構あります。
雑誌で見た憧れの暮らしや図面のイメージに引きずられすぎることなく、自分たちのリアルな生活を考えながら畳コーナーや和室の位置を検討しましょう。

 

注意!畳の部屋には家具が置けない

もうひとつ畳のスペースを検討する上で注意してほしいことがあります。
畳の上にはほぼ家具が置けないということ。
いえ、置こうと思えばもちろん置けるんですが、どうしても跡がついてしまうので重たい収納などを置くのはためらってしまいますよね。
お客様の住まいを訪ねても、だいたい置いているのは座卓だけです。

それが家全体の計画にどう影響するかというと。
和室であれ畳コーナーであれ、その部分には家具を置かない前提でほかの場所に手持ちの家具を置くように考えたり、必要な収納をとるように計画しなければいけません。
収納や家具の量・位置は住み始めてからの使い勝手に直結しますから、プラン段階でよく考えておきたいポイントです。

 

木の家にお雛様を飾ってみた!

普段はフローリングの空間で暮らしていても「日本の季節の行事を楽しみたい」となると「和室じゃなきゃ!」となることがあります。
今の時期ならひなまつり。
お雛様はリビングに飾ってもいいけれど、畳に飾るとまたちょっと違った風情が感じられます。

ということで、長久手Studioの畳コーナーに飾ってみました!

2帖の無縁畳の小上がり。
イマドキの木の家のリアルな飾り方の例になったんじゃないでしょうか。

棚の上に飾っているのが飛騨の郷土雛「土雛(つちびな)」です。
中島工務店の本社がある加子母周辺で見られるお雛様で、素焼きに絵付けされています。

見るとわかる通り、七福神みたいな人形がいますよね。
こういった一般的な雛飾りでは見かけない人形も一緒ににぎやかに飾ります。
土雛は行商人が売りにくるのを年々買い足していくという、購入方法もめずらしいスタイル。
素朴で楽しげな印象が木の家に似合います。

加子母のひなまつりは4月なので、このお雛様たちも3月3日が過ぎたら持ち主のお宅に帰ってふるさとのひなまつりを祝うことになっています。
お雛様や五月人形を飾る場所って家づくりの計画の中では優先度は高くないかもしれませんが、暮らし始めてからないと困るもの。
「ここにこんなふうに飾ると素敵だな」と考えてみると畳スペースの検討に役立つこともあります。

来場予約はこちら