愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

勾配天井にすると外観の見映えもよくなる!~メリット・デメリットと設計時の注意点まとめ~

勾配天井 当社施工事例(以下同じ)

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『勾配天井(こうばいてんじょう)』です。

勾配天井とは、その名の通り、勾配=傾斜をつけた天井です。
屋根の形状を活かすことが多いですが、屋根の架け方とは無関係に内部に勾配をつけることもあります。
ネット上にはメリット・デメリットや照明計画の難しさなどをまとめた記事がたくさんあり、どうやら注目度は高めのよう。
中島工務店でも勾配天井は人気があり、特に勾配天井+丸太梁という組み合わせが人気です。
こんな感じ↓↓↓↓

ネット記事でおもに挙げられているメリットは①開放感がある、②高窓をつけられるから明るい、③同じ理由で風通しがよくなる ですが、実はこのほかにもぜひ知っておいていただきたいメリットがあるんです。
今日はまず勾配天井のよく言われるメリット・デメリットを確認した上で、知っておいてほしい外観にまつわるメリットをお伝えします。
さらに設計のときに注意したいことをご紹介します。

 

勾配天井のメリット・デメリット~よく言われていることを再確認

最初に、勾配天井のメリット・デメリットとしてよく挙げられることを確認しておきましょう。

メリット①開放感がある
私たちは空間を面積だけでなく体積で感じているので、同じ広さならタテに大きい方が開放感があります。
例えば長久手Studioのリビングは10畳で床から梁の下までが2メートルしかありませんが、勾配天井なのでずいぶん広く感じられます(もちろん勾配天井だけが理由じゃなく、ダイニングキッチンやロフトがつながっているとか材料の組み合わせ方・見せ方とかいろいろ理由はあります)。
下の画像で梁の上に天井を張った場合を想像すると違いがわかりやすいのではないでしょうか。

メリット②明るい・風通しがいい
通常の窓のほかに高い位置に窓をつけることができるので採光がよくなります。
上の長久手Studioの画像でいうと、ロフト部分に窓がありますよね。
 これがあることによって室内が明るくなっています。
また暖かい空気は上に移動するので、窓に高低差があった方が風は抜けやすくなります。

デメリット①費用が高くなる
天井を張ってしまえば小屋裏になる部分を部屋にするので、天井を張る場合に比べてその分の内装費(おもに壁)がかかります。

デメリット②冷暖房効率が悪くなる
空間の体積が大きくなるというメリットがある一方で、その分、冷暖房が効きにくくなってしまいます。
シーリングファンをつけたり、開閉可能な間仕切りを設けたりすることで改善できますが、勾配天井でない場合に比べるとどうしても効率は悪くなります。

デメリット③照明の交換がたいへん
天井が高くなるということは、照明の取付位置も高いということ。
ちょっと脚立に上がって電球交換!とはいかなくなってしまい、私たち工務店に連絡をもらわなくてはいけなくなることがあります。
とはいえ、最近のLED照明なら頻繁に交換する必要はありませんし、ブラケット照明やペンダント照明で手の届く高さにすることもできます。

大壁で天井にも木を見せない例

 

ところで、ネット上には勾配天井だと照明計画が難しいという記事がいくつも見られますが、中島工務店ではほぼ問題になったことはありません。
確かに斜めの面に取り付け可能な照明器具でなくてはいけませんし、大きな空間に十分な明るさを考えなくてはいけません。
が、当社ではもはや標準仕様か?というくらいたくさん勾配天井をつくっているので対応可能な照明器具のラインナップと設計・取付のノウハウがあります。
そういう意味では、勾配天井にしたい場合はやり慣れている住宅会社に依頼した方がよりよい空間をつくってくれるかもしれません。

 

こんなメリットもある ①階高を抑えて外観をきれいに見せる

住宅の外観をきれいに見せるコツのひとつに「高さを抑える」というのがあります。
建物全体のプロポーションにもよりますが、同じカタチなら背が高い方が間延びして見えることが多いんです。
特に影響するのが軒先の高さ。
全体の背が高い建物でも軒先が低いと重心が下がってきれいに見えます(もちろん全体のバランスなんで一概には言えませんけど)。

もしも軒先がもっと高かったら印象が違うと思いませんか?

 

そして、軒先を低く見せたいときに勾配天井が効果的なんです!
というのも、勾配天井の方が階高を抑えられるから。
階高とは各階の高さのことで、下の階の床面から上の階の床面までの高さを指します。
一般的な2.4メートルの高さで天井を張る場合、梁は2.4メートルより上になくてはいけません。
当然、屋根はその上に架けることになります。
一方、勾配天井なら梁の位置を2メートル程度まで下げて、その上に屋根を架けることができます。
上の長久手Studioの画像を見るとわかる通り、2メートルまで下げても十分すぎるくらいの広さを感じられますよね。

開放感がありながら階高を抑えられる分、軒先の位置が下がる。
だから建物がキレイに見える!というわけです。

 

こんなメリットもある ②高さ制限、階段、建具など諸々やりやすくなる

階高を抑えて建物の高さを低くすると、各種高さ制限をクリアしやすくなります。
建物の高さに関する制限には、第1種低層住居専用地域または第2種低層住居専用地域内においては、建築物の高さは10メートルまたは12メートルのいずれかを超えてはならないとする「絶対高さの制限」、道路の採光・通風や両側の建物の採光・通風の確保のための「道路斜線制限」、隣地への陽当たりや通風に配慮する「隣地斜線制限」、特に北側への日照を遮らないための「北側斜線制限」、さらに都市計画に定められた「高度地区」「風致地区」などがあります。
特に都市部ではこれらの制限の影響を受けることが多いのですが、建物の高さが抑えられていると回避して希望の設計をしやすくなります。

リビング上部の勾配天井・吹き抜けを共有スペースに

 

階高が下がるということは階段の段数も少なくなるということ。
数段少なくなるだけと思われるかもしれませんが、毎日昇り降りすると考えると階段を何段にするかは大きなポイントです。
2段多いか少ないかで、まっすく昇るか途中で曲げるかといったおさめ方まで違ってくることもあります。

建具も階高の影響を受けるもののひとつです。
天井または梁の高さまで建具にするか、天井/梁と建具のあいだに壁をつくるかは見た目の印象を大きく左右します。
サッシの規格は高さ2.2メートルくらいまでが一般的なので、天井/梁の高さをそのくらいまでに抑えると費用を抑えながらバリエーションを選べることが多いでしょう。

 

こんなメリットもある ③将来ロフトをつくりやすい

もう一度、長久手Studioの画像をご覧ください。
2メートルのところにある梁の上に床を張れば、そこにロフトができるのがわかりますよね。
長久手Studioの場合は既存のロフトがそのままリビングの上まで伸びてくる感じになります。
床を張ると開放感はなくなりますが、家族や生活スタイルの変化で必要なときにロフトをつくることができるのも勾配天井のメリットだといえます。

リビングは勾配天井の吹き抜けで開放感を、和室とキッチン部分には天井を張って落ち着きを演出

 

ロフトについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

設計のときに注意したいこと

①勾配天井部分の上には部屋をつくれない
1階に勾配天井を採用した場合、その上には部屋をつくることができません。
吹き抜けにするか、その部分を2階がない位置に持ってくる必要があります。
勾配天井にするなら2階がいいといわれるのはこのためです。
勾配天井にしたい場合、その分部屋に使える面積が減ることをあらかじめ念頭に置いておきましょう。

寝室を勾配天井に

 

②階高を下げるときに注意すること
勾配天井にして階高を下げるとキッチンの吊戸棚やレンジフードの位置も下がるので注意が必要です。
きちんとした和室をつくるなら天井高は2.4メートルで梁を見せないのが通常なので、和室部分だけ梁の位置を高くしなくてはいけないことがあります。
ユニットバスのダクトスペースにも要注意。
ユニットバスの天井高は2.2メートルが一般的なので(2メートルもありますが、やや圧迫感があるのでおすすめしません)、その上に換気扇のダクトを通すには2.7メートルくらいの高さが必要になります。
階高を抑えた場合、浴室を2階がない位置にしたりダクトを天井に抜くなどの工夫が必要です。
もちろんこれらは設計士が考えることですが、こういった制限がかかってきて希望通りにできないケースがあるので知っておくとよいでしょう。

来場予約はこちら