愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

60分でつくれる木製テレビ台~建築屋さんのDIY講座;角取りやパテ埋めなどちょっと差がつく技も!~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『木製テレビ台をつくろう』です。

ナチュラルな木の家に住みたいという人にはDIY好きが多い!ということで始まった“建築屋さんのDIY講座”。
初回がなかなかの人気でしたので、勢いに乗って2回目をいってみたいと思います!
初回の『IKEAの鏡を壁に取り付け』はこちらをご覧ください。

今回はDIY入門編としておすすめのテレビ台づくりです。
板を切る・穴をあける・ビスで留めるといった基本的な技術に加えて角取り・サンダー掛け・パテ埋めなど仕上がりにちょっとプロ感を出す技をご紹介します。
タイトルに60分と書きましたが、実演してくれた現場監督は30分足らずでつくってしまいました
初心者でも挑戦しやすいですし、寸法やデザインを変えるといろんな棚に応用できるので参考にしてください!

 

道具と材料を用意しよう

今回つくるのはこちら、杉の集成材の板でできた2段のテレビ台です。

下の段は本体に固定されておらず、キャスターがついていて手前に引き出せるようになっています。
というのも、今回は長久手Studioスタッフが実際に「ほしい!」というテレビ台をつくってみたから。
下の段にはプリンタとパソコンを置くんだそうで、出し入れできなきゃいけないんです。
実際の使い方に合わせてつくれるのがDIYのいいところですよね!では、今回使う道具を確認しましょう。

左端:スライド丸鋸
上の黒い箱:インパクトドライバー
その右の青い箱:マルチツール(サンダー掛けに使用)※サンドペーパーで代用OK。
その右:丸鋸
その下のオレンジ:延長コード
その左:かなづち、(腰袋で見えないけど)かんな ※こちらもサンドペーパーで代用できます。
その左:ほうきとちりとり

そしてビス。
別にこんなコレクションでなくていいです、必要なサイズ・数を用意してください。
今回はキャスターを留めつけるのに短めのビスを8本、本体の板材どうしを留めつけるのに長めのビスを6本使用しました。

材料は板材とキャスター、ビスキャップ、クッションフェルト。
全部ホームセンターで揃います。
板材については次の項目で詳しくご紹介します。

 

板材を切って、角をきれいに仕上げよう

まずは板材の加工から。
今回は杉の集成材をスライド丸鋸で切り揃えました。

スライド丸鋸を使うときの注意事項は手袋をしないこと。
プロでも手袋が巻き込まれてケガをすることがあるので、この作業は素手で手元をよく見ながらやってください。
とはいっても、自宅にスライド丸鋸があるという人も少ないですよね(DIYがんばるなら買うと便利ですけど)。
通常は丸鋸で切るか、ホームセンターで板を購入しその場でカットしてもらうのがよいでしょう。

板材は切りっぱなしだと角がとがってますし、トゲトゲザラザラしているのできれいにしていきましょう。
かんなで角を軽く削ってからマルチツールでサンダーをかけました。

ビフォーアフターはこんな感じ。

とってもきれいになりました。
ハイ、自宅にかんなありませんよね(道具のところで紹介したかなづちはかんなの調整に使ったのでフツーはいりません・・・)。
マルチツールもあると便利ですけど、あまり持ってないでしょう。
その場合は手でサンドペーパーをかけてください。
時間はかかりますが、同じようにきれいになります。

板材が揃いました!

 

キャスターを取り付けよう

下の段の板の裏側にキャスターを取り付けましょう。
取り付け位置に鉛筆でしるしをつけます。

今回は使い方を考慮して前後にだけ動くキャスターを選びました。
くるくる360度動くキャスターもありますが、前後にだけ動いてほしいときには適しませんので注意して選びましょう。

ビスで留めていきます。
ビスを打つときには下穴をあけておくのがポイントです。
下穴とは、ビスを打つところにインパクトドライバーに細い木工用のキリをつけてあけておく細い穴のこと。
いきなりビスを打つより木が割れにくくなるので、ぜひひと手間かけてみてください。

4つのキャスターを全部取りつけて鉛筆の線を消したら、下の段は完成です。

 

本体を組み立てよう

先ほどと同じように横の板(脚になる部分)をくっつける位置を確認して鉛筆でしるしをつけたら、こちらも下穴をあけていきます。
小さな穴があいているの、わかりますか?

ここにビスを打っていくわけですが、ここでひと工夫。
ビスキャップをつけるための大きい穴をつくります。
インパクトドライバーに10mmの木工用のキリをつけて、下穴を中心に深さ5mmほどの穴をつくります。

ここに再びインパクトでビスを打っていき・・・

ビスキャップをはめるとこんな感じ。

ビスキャップをするだけでビスの頭が見えなくなって素敵な仕上がりになりました!
今回は木の色に合わせましたが、ビスキャップにはいろんな色があるので敢えて違う色にしてもおしゃれかもしれません。
なお、横の板をつけるときは2枚の板を垂直に固定しておかなくてはいけないので2人での作業となりました。

 

細かいところを仕上げていこう

これでいちおう使えるカタチにはなりましたが、プロらしく?もう少し細かいところを仕上げていきましょう。
まずは脚にクッションフェルトを貼っていきます。
クッションフェルトは四隅をカットするとプロっぽさが増すし、はがれにくくなります。

最後にパテ埋めに挑戦しましょう。
木の種類にもよりますが、木工は作業しているあいだにどうしても木にキズがついてしまいます。
特に今回はやわらかい杉だったので、ちょっと裏返して置いたりしただけで細かいキズが避けられません。
これを補修するかしないかで仕上がりが違ってくるので、ぜひ最後にひと手間かけてみてください!

使うのはこちら、木材補修用のパテです。

ヘラにパテをとってキズを埋めていきます。
パテが表面で盛り上がってしまわないようしっかり平らにならしてください(盛り上がっていると仕上げがたいへんです)。
小さなキズを埋めるくらいなら10分ほどで乾くのでサンダーで仕上げましょう。
もちろんサンドペーパーでOKです。

できました~!

今回のテレビ台は初心者でも比較的失敗しにくく、DIYの基本的な技術が身につく作品です。
これからチャレンジしたい!という方はこのへんから始めてみてはいかがでしょうか。

来場予約はこちら