愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

焦らないこと、現場に足を運ぶこと~注文住宅を新築する人へ、現場の大工さんからのアドバイス~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回は家づくりの現場を担う大工さんにインタビュー!
なかなか控えめな大工さんに一生懸命突っ込んで、20年現場に携わってきた大工の目から見た中島工務店の家づくりの変化やお客様へのアドバイスを聞き出しました。

インタビューに協力してくれたのは棟梁・加地健二さん。
現場のお昼休みにお邪魔して、お弁当を食べながらざっくばらんにおしゃべりしました。
興味を持っている人が意外と多い「大工になるには」「大工の仕事」といった点からも参考にしていただけます!

 

大工歴20年~棟梁のプロフィール

――健二さんは今年40歳ですよね。建築系の専門学校を出て20歳のときに大工修行を始めたと聞きました。

加地 うちのおばあちゃんが中島工務店の社長と知り合いで、紹介してもらって面接に行ったのが最初でした。社員として入社して親方の下で5年間修行させてもらいましたが、面接で「大工になりたい」と言った覚えはあまりありません(笑)

――特に大工になりたかったわけではない?(笑)

加地 大工になりたいって言ったのかなぁ?僕は木材産業が盛んな付知町の出身で、地元産業に貢献したいとは言ったと思います。それに子どもの頃からものづくりが好きだったので、建築をやるんなら大工がいいと思ったのかなぁ。

かんなの刃を研ぐ――道具の手入れも大工の仕事

――子どもの頃から大工さんが身近にいたんですね。

加地 周りにいっぱいいたし、高校のときに実家を新築したときにはちょこちょこ現場を覗いてすごいなぁと思っていました。職人さんってとっつきづらいから柱の陰からこっそり見てたんですけど。

――修業時代はたいへんでしたか?

加地 そうでもありませんでした。親方はやさしくて丁寧に教えてくれましたし、同年代の兄弟子がいたので助けられました。それにものをつくってカタチにしていくのが好きだったから楽しかったですよ。結局、親方の下に7年いて独立しました。

――独立してから13年、何棟くらい建てましたか?

加地 30棟くらいだと思います。手伝いを含めたら60棟くらいに関わっているかな。ずっと中島工務店ひとすじです(笑)

 

機能とデザインがよくなった~大工から見た中島工務店の家づくり20年

――20年やっていると中島工務店の家づくりも変化してきましたか?

加地 見えないところがだいぶ変わったと思います。オモテに見えているところは昔から木をふんだんに使った造りが多くて、それは今も変わっていません。でも断熱など仕上がったら見えないところが進化したなぁと思います。

――断熱や気密など機能面が強化された分、現場はたいへんになったのでは。

加地 手間は増えました。昔は躯体ができたらすぐ外壁・内装だったのが、今は下地にすごく時間がかかります。

――ほかに変わったところはありますか?

加地 デザインも変化しました。昔は和なら和、洋なら洋という家が多かったのですが、最近は和の雰囲気がありながらモダンで住みやすそうな家が多いと感じます。二間続きの和室をつくると「自分がんばったな~」とは思いますが、実際その部屋で何をするのかというと普段使いには向いてませんよね。そこにいるだけで緊張しそうですし(笑)自分が住むんなら最近つくっているような家の方がいいなと思います。

――お客様は変わってきましたか?

加地 そんなに変わっていない気がします。ただ、最近のお客様の方がよく勉強されていて知識があるなぁとは思います。いろいろ調べて積極的に質問や相談をされるので、こちらもたいへんだけど楽しい。お客様の質問に答えるためにこちらも調べるので自分のスキルアップにもなるし、きちんと理解してもらった上で希望を反映していけます。

――健二さんは完成内覧会にもよく来てくれますが、それも勉強のため?

加地 勉強です!大工に限らず家づくりに関わる職人は自分の工程が終わったら引き上げるので、関わった家の仕上がりを見ることがほとんどありません。僕は自分が携わった家もほかの大工が建てた家も見たいので、内覧会には行ける限り行っています。ほかの大工の現場を見ると「こういう納め方もあるな」と参考になるし、色の使い方や照明の位置なども見ておくと自分なりにお施主様にアドバイスするときに役立ちます。

 

焦らない、現場に足を運ぶ~大工からのアドバイス

――お客様が現場に来るのはいかがですか?

加地 できるだけ来た方がいい。僕は家を建てる手伝いをしているだけで、お施主様の家ですから。お施主様が住んだときにどうかが大事なので、できるだけ現場に来てどうなっているか見てほしいです。僕はいろんなお客様の家を建ててきたから、「前の現場ではこんな意図でこうした」という自分の経験をお客様と共有したいと思います。たくさんの家を建ててきたからこそ、こうもできる、ああもできるという選択肢を示すことができますから。そんな話をするには現場で実際に見てもらうのが一番ですよね。お客様に現場に足を運んでもらって一緒に家づくりできたらいいなといつも思います。

――中島工務店の家づくりとほかの工務店の家づくりに違いはあると思いますか。

加地 わかりません。ほかの建築屋さんもみんながんばっていますから。どこに重きを置いているかが違うだけ。中島工務店の場合はそれが国産材ですよね。住宅を建てるにあたってそこに視点を置いている人なら中島工務店で建てると納得できる家を建てられるんじゃないかと思います。

――これから家を建てようと考えているお客様にアドバイスをお願いします。

加地 焦らないことです。「どうしても子どもが入学するまでに入居したい」といったお客様がいらっしゃいます。その気持ちはよくわかりますが、それって人生の中のほんのちょっとの時間です。そのほんのちょっとのために焦った仕事をしてもらうより、かけるべき手間をかけてもらった方がいいと僕は思います。急かされるとどうしてもそれなりの仕事になってしまいますから。子どものためという気持ちはわかるけれど、そこをグッと踏みとどまって余裕を持つとよりいい家ができるのではないでしょうか。

――今日は家づくりの要・大工さんにお話を聞きました。ありがとうございました。

お食事中、お邪魔しました!

 
ただいま大工修行中!中島工務店の大工育成課程でがんばる若手大工さん座談会はこちらから↓↓↓↓

 

来場予約はこちら