愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

床の仕上げ材変更でどのくらいコストダウンできる?~杉・桧・樺 無垢フローリングの値段と特徴を比較~

桧上小節の床

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『内装費用の抑え方~床材編』です。

夢が膨らむ家づくりの計画では、アレコレ希望を盛り込んでいるうちに当初の予算をオーバーしてしまうのは珍しいことではありません。
すると、見積書とにらめっこしながら「何を削ろう・・・」と考えることになってしまうんですが。
予算を抑える方法は、面積を小さくする、設備のグレードを落とす、造作家具を減らすなどいくつかありますが、比較的よく検討される方法のひとつが内装材の変更です。
「塗り壁をやめてクロスにした」なんて話、聞きますよね。
でも、実際どのくらい費用の差が出て、仕上がりや使い勝手はどんなふうに変わってくるのでしょうか。

というわけで、内装材で大きな面積(=費用)を占める床材と壁材の費用と特徴を2回に分けて材料別に比較してみましょう。
まず1回目の今回取り上げるのは床材、特に無垢フローリングです。
具体的にはこの5つ:杉節あり・杉節なし(上小節)・樺節なし・桧節あり・桧節なし(上小節)。
なお、価格の比較はあくまで中島工務店の場合で、地域や流通経路によって異なる場合がありますのでご了承ください。
それでは見ていきましょう!

※予算調整のための見積書の見方はこちらの記事を参考にしてください。

 

床材① 杉フローリング材(節あり)

床材の比較を始める前に、今回の条件を確認しておきます。
床材については長さ3メートル、幅105mm前後(材によって若干異なります)、厚さ15mmで比較しています。
実際に家を建てるときには2メートルや4メートルの材を使うことがあり、それによって単価が変わってくることもあります。
のちほどそのケースもご紹介しますが、ひとまず3メートル材という条件で比較してみましょう。
また施工費はどの材料でも変わりませんので、材料費のみの比較とします。

杉節あり

 

今回比較する無垢フローリングの中で最もお値段を抑えられるのが杉節ありです。
杉はやわらかくて足ざわりがよく、ぬくもりが感じられるのが特徴です。
ただし、やわらかい分キズがつきやすい点には注意が必要です。
杉は赤身と白身といわれる色のコントラストがいかにも木っぽく見え、特に節ありだと素朴な印象が増すので「あたたかい感じが好き」と言われることもよくあります。

 

床材② 杉フローリング材(節なし/上小節)

同じ杉でも節なし(上小節/じょうこぶし ともいわれます)になると印象が変わります。
こんな感じ↓↓↓↓

杉なのにずいぶん白いなぁという印象ですね。
やわらかくて足ざわりがいいのは節ありと同じで、キズつきやすいのも変わりません。
お値段は杉節ありのおよそ1.15倍
まあ、それほど大きな差はないといえそうです。

 

床材③ 樺フローリング(節なし/上小節)

桧に近い色合いで、杉や桧より堅くてキズつきにくいのが特徴です。
その分、足ざわりはやや冷たく感じられます。
木目がはっきり見えずやわらかい色なので、中島工務店のような桧の柱を使う家に似合う床材だといえます。

樺のお値段ですが。
樺だけどうしても同じ条件で比較できず、2メートルもの・塗装品での比較となります。
理由は2つ、①通常2メートルものが多く3メートルものの単価が把握できない、②塗装品を使うことが多い からです。
①については、ほかの床材も含めて坪単価に換算して比較しました。
②の塗装の話ですが。
ここでご紹介している杉や桧の無垢フローリング、当社では通常無塗装品を仕入れて施工時に塗装します(塗装費用はどの材でも同じなので今回の比較には影響しません)。
では、なぜ樺だけ塗装品を使っているのかというと、樺は塗装前に一度表面をなめらかに削らなければならず(でないと塗装後に毛羽立つことがある)、その分施工手間=施工費がかかってしまいます。
さらに仕上がりも塗装品の方がキレイで、コストと出来映えを考えると塗装品を選ぶ方が多くなっています。

以上のような条件の違いを踏まえつつ、まずは単純に製品単価を比較すると・・・。
樺は杉節なしと同じくらいのお値段、つまり杉節ありの1.15倍くらいです。
でもでも、さきほど書いた通り樺は塗装品なので施工時の塗装費がかかりません。
ということは、施工費まで含めると杉の節なしより少し安い!ということになります(杉の節ありよりは高いです)。
とはいえ、杉の節ありと杉の節なしの差ってそもそも0.15倍しかありませんから、まあそれほど差はないといっていいでしょう。

 

床材④ 桧フローリング(節あり)

杉に比べると白く、その分だけ節が目につきます。
杉よりは堅く、樺よりはやわらかいといったところですが、やはりキズはつきやすく、ペットと一緒に暮らすとなかなかたいへんなことになるでしょう。
お値段は杉節ありの1.3倍
杉上小節や樺と比べるとやや高いといったところです。

 

床材⑤ 桧フローリング(節なし/上小節)

建築用材として最上級といわれるのがこちら、桧上小節です。
白く美しい見た目が特徴で、特に岐阜県産だと最初の頃はピンクがかった独特の美しさが見られます。

上の写真でもややピンクがかかっているのがわかるでしょうか。
今回取り上げる無垢フローリングの中では最も高く杉節ありの1.6倍くらい。
このくらいになってくると少し差がつくなぁという印象ですね。
ただし、最初に少しお話しした材の長さによって単価が変わるのがこの桧なんです!

 

桧フローリングのコストダウンの方法~長さで値段が変わります

結論からいうと、桧の床材は長いほど高くなります
先ほどご紹介した通り、3メートルの場合のお値段は桧の上小節が杉節ありの1.6倍でしたが、これが4メートルものになると価格差が約3倍に広がります。

杉ではこのようなことはなく、長さが違っても単価はほとんど変わりません。
桧は杉に比べて建築用材として使えるようになるまでに年数がかかるなど、植えてから製品になるまでにより手間がかかるからでしょうか。
わりと大きな差がついています。

コレ、逆にいうと短い材を使えばコストダウンできるということ!
使用する面積にもよりますが、4メートルの桧上小節を2メートルに変更するとそれなりのコストダウンになりそうです。
コストに関して床材を見直すひとつのポイントだといえそうですね。

 

床材まとめ~仕上げ材変更によるコストダウン効果は限定的

ここまで長さ3メートルあたりの単価で比べてきたので、じゃあ家1軒分だとどうなの?というのも見ておくと。
延床面積35坪の家で床材をALL杉節ありにした場合とALL桧上小節にした場合の差は、およそ20万円!
う~ん・・・気にならないほど小さな差でもありませんが、ものすごく大きな差もつかないといったところですね。
もちろん、最終的な予算調整ではこのような数十万円の差を積み重ねていくことになるのでこの価格差も重要なんですが。
実際のところ、ALL杉節ありとかALL桧上小節というケースはあまりなく、「お客様を迎える玄関は上質な印象の桧上小節・子どもが遊ぶ2階は足ざわりがいい杉節あり」といった具合に空間のイメージや使い方によって張り分けることがほとんどです。
なので、現実的には床材を変えることによるコストダウン効果は数万~10万円程度と限定的。
全体予算をにらみながらではありますが、ある程度好みを優先して選んでもいいといえるでしょう。

 

床は面積が大きく目にもつきやすいので、どんな床材を選ぶかによって空間のイメージが左右されます。
また床材に合わせて同じく木でつくる建具や巾木、窓枠などの樹種を決めていくことも多く、そういう意味でもインテリア全体に影響するといえます。
コストダウン効果が限定的である以上、床材は好みやデザインを重視して選んでほかのところで費用を抑えるというのもアリじゃないでしょうか。

では壁材はどうなのか???
実はこちらの方が仕上げ材の変更によるコスト削減効果は大きいんです!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

来場予約はこちら