愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

壁の仕上げ材変更でどのくらいコストダウンできる?~クロス・珪藻土・シラス壁・漆喰の値段と特徴を比較~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『内装費用の抑え方~壁材編』です。

こちらの記事では『床材編』として、杉・桧・樺の無垢フローリングを比較しました。
わかりやすいととっても評判で、やはり皆さんの関心が高いテーマだということもわかりました。

というわけで、今回は予告通り壁材編です。
取り上げるのは無垢の木の家でよく使われる4種類、クロス・珪藻土・シラス壁・漆喰です。
床材同様に費用と特徴を比較していきましょう。
なお、どの壁材も製品としてはいくつも種類がありますが、今回は当社で使用している製品を中心に比較しました。
特徴はメーカーや製品が異なってもほぼ同じですし、費用も傾向としては変わりませんので十分参考にしていただけると思いますが、その点をあらかじめご了承ください。
また、床材と違って壁材は材料費+施工費の合計金額、いわゆる材工一式の費用で比べています。
壁材は素材によって施工方法が異なるため、材料費だけ比べても意味がありませんから。
なお下地材は共通で石膏ボードであるものとします。

さあ!
前置きが長くなりましたが、順番に見ていきましょう!

 

クロス(注文住宅向けの一般的な製品)

壁の仕上げ材として最もなじみがあるのはやはりクロスですよね。
クロスの特徴はなんといっても色柄が豊富なところ。
おしゃれなカフェや美容院にいくと「こんなのあるんだ!」っていうような壁紙が見られますし、最近では一般の方のお住まいでも個性的なクロスを使っているケースがめずらしくありません。
でも、あまり奇抜な色柄を選ぶと家具が合わせにくかったり、飽きてしまったりすることもあります。
メイン=大きな面積を占める部分の色柄は無難なものにして、個性的なデザインはアクセントとして部分づかいするのがオススメです。

クロスのもうひとつの特徴は貼り替えがしやすいこと。
塗り壁が汚れてしまった場合、気になる部分だけ表面を削りとることもできますが、たいてい一面まるごと塗り直すことになります。
それに比べるとクロスは部分的に貼り直すこともできますし、全体を剥がして貼り直すにしても塗り壁ほどには手間がかかりません。

そして費用が一番抑えられるのもクロスです。
クロスのお値段は幅広くていわゆるピンキリですが、ここでは注文住宅で一般的に使われるグレードのもので考えました。
賃貸住宅などに使用されるものと比べるとやや高めになるんですが、それでもこれから紹介する塗り壁よりはグッと控えめなお値段です。

 

珪藻土(けいそうエコナ)

自然素材の塗り壁材として人気の珪藻土。
珪藻(けいそう)という藻類の一種の化石が積み重なって堅くなった土で、主成分は二酸化ケイ素。
調湿機能、消臭機能が特徴です。
珪藻土は直径2~50ナノメートルというごくごく小さな穴が無数にあいた多孔質素材なので、その穴が湿気を吸ったり吐いたりすることで調湿するというしくみです。
同時ににおいの元を吸い取ってくれるので消臭効果もあるとされています。
最近では珪藻土バスマットが人気ですが、あれも珪藻土の吸水性を活かしたものです。

仕上がりはザラザラしたテクスチャーで、左官の仕上げ方によって独特の風合いを演出できます。
塗り壁の中では色のバリエーションも多く、自然素材らしいやわらかな色合いに加えて赤・黒・グリーンなども選べます。

けいそうエコナ仕上げ

 

珪藻土もお値段に幅があります。
その理由を簡単にいうと、混ぜているものが違うから。
珪藻土は粘土などと違って水を混ぜても固まらないため結合材と呼ばれる固めるための成分が必要なのですが、メーカーや製品によってその成分が異なります。
混合材の種類によっては珪藻土の穴をふさいでしまってせっかくの調湿性を損なってしまうものもあるとか。
珪藻土の特徴を損なわないものを混ぜている製品ほどお値段も高めという傾向があります。

当社ではフジワラ化学のけいそうエコナを採用しています。
結合剤は合成樹脂エマルジョン。
化学製品ですが調湿性にはほとんど影響せず、ホルムアルデヒドも含みません。
お値段はというとクロスの約2倍
おもな左官材の中では珪藻土は一番費用を抑えられるんですが、それでもクロスの2倍になります。

 

シラス壁(中霧島壁ライト)

シラスは火山から噴出したマグマが岩石となる前に粉末になったもので、主成分は珪酸。
珪藻土同様に調湿機能、消臭機能があります。
まあ珪藻土の主成分=二酸化ケイ素が水と結合したのがシラスの主成分=珪酸なので、そうなりますよね。

じゃあ珪藻土とシラスの違いは何なのかというと。
珪藻土同様にシラスを左官材にするためには混ぜものが必要なんですが、シラス壁はその混合材も100%自然素材と謳っています。
メーカーや製品による違いはないの?と思われるかもしれませんが、そこもシラス壁がほかの左官材と違うところで、シラス壁のメーカーは高千穂シラスさん一社です(ほかにもあるのかな?調べても見つけられません)。
つまり高千穂シラスさんの製品がそのままシラス壁の仕様や特徴になるというわけです。

中霧島壁ライト

 

そういうわけで、仕上がりの特徴と費用の比較については高千穂シラスの中霧島壁ライトで検討しましょう。
仕上がりはこちらもザラザラしていて、左官の仕上げ方によって印象が変わるのも珪藻土と同じです。
色のバリエーションは少なめで、自然素材らしい落ち着いた色合いが中心です。

費用はクロスの約3倍。
珪藻土よりさらにお高めです。

 

漆喰

漆喰は伝統的によく使われてきた左官材で、姫路城が真っ白に見えるのも漆喰で表面を塗り固めているからです。
主原料は石灰石からつくられる消石灰。
主成分は水酸化カルシウムで、吸水・吸湿という特性を持つのでやはり調湿性があります。
二酸化炭素を吸うと硬化するという特性もあり、壁材としても塗ってから年月が経つほど固くなっていきます。

消石灰に海藻(フノリ)・麻の繊維を混ぜる昔ながらの製法でつくったものを本漆喰といいますが、現在の漆喰メーカーの製品はほとんど本漆喰ではありません。
施工性を高めたり製造コストを抑えるために様々な混合材が使われており、中には接着剤など化学製品を使用しているものもあります。
珪藻土にもいえることですが、化学製品を使っているからといって自然素材としてのよさが損なわれるとは限りません。
健康や環境に配慮した製品もあればそうでないものもあります。
珪藻土同様、原料に何をどのくらい使っているかでお値段に幅が出ます。

漆喰は珪藻土やシラス壁と異なり、表面をつるんと仕上げることができます。
漆喰といえばつるんとした仕上げを思い浮かべる方も多いと思いますが、もちろんパターンをつけることもできます。
つるつるに仕上げる場合は職人の腕の差が出やすいので注意が必要です。
本来、漆喰は原料が消石灰なので色は白しかありません。
カラフルな漆喰も見かけますが、原料が消石灰ではない“漆喰調”の塗り壁か、ヨーロッパ製の顔料を混ぜた輸入品でしょう。

気になる費用はクロスの約4倍
珪藻土と比べても2倍ほどになるので、かなり高いなぁという印象です。

 

内装材でコストダウンしたいなら床材より壁材!

クロス・珪藻土・シラス壁・漆喰という無垢の木の家でよく使われる壁の仕上げ材を比べてきましたが、どれを選ぶかによって結構お値段の差が出るなぁという印象ではありませんか。
床材の比較では最も安い杉節ありと最も高い桧上小節の差が約1.6倍でしたから、壁材の方が費用への影響は大きいといえます。
つまり内装材でコストダウンしたいなら床材より壁材の変更を検討した方が効果が見られやすいということ。
とはいえ壁は床より面積が大きい分、空間全体の印象への影響も大きいので、コストダウンを優先してあきらめてしまうと住み始めてから後悔することもあります。
見積もり後は設計士さんに相談しながら、じっくり検討しましょう。

 

そのほかの壁仕上げ材~エコフリース、ウォーロ、エコカラットなど

最後に当社で最近採用しているそのほかの壁材や部分使いに適した壁材をご紹介しましょう。

環境壁紙 エコフリース
エコフリースの原料は天然紙で、通気性・吸湿性があります。
最大の特徴は塗り替えできること。
先ほどクロスの特徴として貼り替えが簡単だといいましたが、クロスをはがす手間すらなくして何度でも上から塗り直せるようにしたんだそうです。
2016年発売の製品で当社で塗り替えたことはまだありませんが、クロスより環境に配慮した選択肢としてご提案しています。
費用はクロスの約1.3倍です。

板の部分づかい


天然素材100%の塗り壁材 ウォーロ

2016年発売の塗り壁材・ウォーロ
おもな原料は消石灰(漆喰の原料)、ゼオライト(天然沸石)、珪藻土、シリカ真空ビーズ。
つまり漆喰と珪藻土の特性に加えて、吸着性が高いというゼオライトの特性を備え、火山灰鉱物からつくった特殊真空ビーズの断熱性を足した左官材です。
従来の左官材の優れた機能を受け継ぎつつ、さらに断熱性を加えて、一方でお値段を抑えた製品です。
なんだかよさげに聞こえますね。
でもまだ発売から2年しか経っていないので、経年変化はこれから確かめなくてはいけません。
費用はクロスの約2倍です。

エコカラットの部分づかい


部分づかいに向いているもの:和紙・板・エコカラット

このあたりは壁全体に貼ると重い印象になってしまいがちなので、アクセント壁に使うのがオススメです。
和紙を貼ると和風な雰囲気が強くなります(←当たり前)。
板も部屋全体に張るとまるで山小屋のようになりますが、部分的にうまく使えば木の家らしい趣を演出できます。
エコカラットはLIXILの建材ですが、鉱物が原料でやはり調湿性があります。
デザイン性が高く、当社では寝室やリビングの一部にアクセントとして使うケースが多いです。

来場予約はこちら