愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

新築時にしておきたい、太陽光発電・家庭用蓄電池・EV充電ポストを後から設置する準備~ZEHまとめも!~

ZEHビルダー&ZEHプランナーマーク ※中島工務店はZEHビルダーに登録しています。

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『ZEH仕様の装備の後付け』です。

ZEH(ゼッチ)という言葉、最近よく聞くようになりましたね。
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(Net Zero Energy House)の略称で、経済産業省・環境省・国土交通省が協同で推進しているこれからの住宅です。
経済産業省によると

ZEHとは「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅

だそうです。
こんな感じ↓↓↓↓

 

高断熱で、LEDなど省エネ性能に優れた設備機器を取り入れ、さらに太陽光発電など創エネ設備を備えた家。
単に高性能なだけでなく住む人の快適さを重視しているところもポイントで、「省エネのためにエアコンを使うのを我慢しよう」というような生活ではなく、快適な暮らしと省エネを両立しようというものです。
国土交通省は2015年にとりまとめた「ZEHロードマップ」の中で、2020年までに新築戸建住宅の過半数をZEHにするという目標を掲げています。
ZEHが当たり前の時代がもう目の前に来ています。

ZEHのイメージ ※同じく資源エネルギー庁サイトより。

 

ZEH推進のために、経済産業省・環境省・国土交通省が連携して補助事業を行っていますが、2018年には補助対象として従来のZEH、Nearly ZEHに加えてZEH+(ぷらす)、Nearly ZEH+、ZEH Orientedという3つがZEHシリーズに加わりました。
う~ん・・・いっぱいあって、ちゃんと整理しないと違いがよくわかりません。
今日はまず、ZEHシリーズの違いをカンタンにまとめるところから始めたいと思います。

そして、太陽光発電などZEH関連設備を後付けする場合の準備もご紹介します。
というのも、ZEHにするにはそれなりにお金がかかります!
上の図を見てもらうとわかるように、ZEHにするためには太陽光発電やHEMS、蓄電システムなどいろいろな設備を搭載しなくてはいけませんから当然です。
なので、新築のときに断熱性能や消費エネルギーはZEH基準をクリアするものにしておいて太陽光発電だけ後から(お金ができてから)載せるといった選択をするケースもあります。
予算の問題に限らず、高性能な住宅が当たり前になりつつある今、将来的にこうした設備を取り付けられるように備えておくというのはアリですよね。
そういうわけで、後半では太陽光発電・家庭用蓄電池・EV充電ポストといったZEHで求められる各種設備を後付けするために新築のときに準備しておきたいことをお話しします。

なお、今回取り上げるのはすべて戸建住宅の場合です。
集合住宅については別途基準があります。

 

UA値、一次エネルギー消費量、地域区分って?

早速、ZEHシリーズそれぞれの基準を確認していきたいところですが。
専門的な用語がたくさん出てくるので、最初にそのへんを確認しておきましょう。

UA値(外皮平均熱還流率)
断熱性能を測るための計算方法。建物から逃げ出す熱の量を計算・表示。数字が小さいほど断熱性能が高い。

一次エネルギー消費量
家庭で消費するエネルギーの量を一次エネルギーに変換して表示したもの。
石油・天然ガス・太陽光など自然から直接得られるエネルギーを一次エネルギー、家庭で使う電気・ガスなどを二次エネルギーといいますが、それぞれ単位が異なる電気やガス(電気ならkWh、ガスなら㎥)を同じ単位(J / ジュール)に統一してわかりやすくするために一次エネルギーに変換します。

一次エネルギー消費量の削減率
あらかじめ定められた基準一次エネルギー消費量に対して、その住宅がどれだけエネルギー消費量を削減しているかを計算したもの。
実際の消費エネルギー量は家族構成や生活スタイルなど様々なことに左右されるため、設計時に理論上算出される値で考える。

 

ごめんなさい、難しいですよね。
でももうひとつ、地域区分も知っておいてください。
地域区分は省エネ基準で定められたもので、気候などによって全国を市町村単位で8つの地域に分けています。

断熱地域区分

 

暑いところと寒いところで求められる断熱性能が違うというのは納得ですよね。
愛知県は一部を除いて6地域、岐阜県は5~3地域まで分かれています。

ここまで踏まえたところで、ZEHシリーズの違いを見ていきましょう!

 

ZEHシリーズ それぞれの基準

ZEH
●UA値の基準を満たしている。1~3地域は0.40W/㎡・K、4~7地域は0.60W/㎡・K(←これをUA値のZEH基準といいます)。
●太陽光発電搭載前で、一次エネルギー消費量の削減率が20%以上。
●太陽光発電搭載後、一次エネルギー消費量の削減率が100%以上。

Nearly ZEH
寒冷地や低日射地域、多雪地域限定。
太陽光発電を搭載しても一次エネルギー消費量の削減率を100%にするほどの発電が見込めない地域を対象に、75%以上削減すれば補助金の対象にするとしたものです。
●UA値のZEH基準を満たしている。
●太陽光発電搭載前で、一次エネルギー消費量の削減率が20%以上。
●太陽光発電搭載後、一次エネルギー消費量の削減率が75%以上100%未満

ZEHシリーズの要件まとめ ※経済産業省資料より

 

ZEH+
ZEHより高い省エネ性能を備えた住宅。
●UA値のZEH基準を満たしている。
●太陽光発電搭載前で、一次エネルギー消費量の削減率が25%以上(←ZEHより削減率5%アップ!)。
●太陽光発電搭載後、一次エネルギー消費量の削減率が100%以上。
●自家消費を意識した太陽光発電の促進を図る措置として、次の①~③のうち2つ以上を満たしている
①さらなる強化外皮基準(UA値:1~2地域 0.30W/㎡・K、3~5地域 0.40W/㎡・K、6~7地域 0.50W/㎡・K)
②高度エネルギーマネジメント:HEMS設置。HEMS・冷暖房設備・給湯設備・燃料電池システム・蓄電システムを設置する場合、ECHONET Lite AIF認証を取得したものであること。
③電気自動車を活用した自家消費の拡大措置:電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHEV)の充電設備、EV・PHEVと住宅間で充放電する設備
※HEMS(Home Energy Management System)とは家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム。エネルギー消費量や太陽光発電の発電量などをモニターで見える化したり、使用量を自動制御する。

Nearly ZEH+
ZEH+のNearlyバージョン。
寒冷地や低日射地域、多雪地域限定。
ZEH+の条件を満たして太陽光発電を搭載しても一次エネルギー消費量の削減率を100%にするほどの発電が見込めない地域を対象に、75%以上削減すれば補助金の対象にするとしたものです。
太陽光発電搭載後の一次エネルギー消費量の削減率のほかはZEH+と同じ条件です。
●UA値のZEH基準を満たしている。
●太陽光発電搭載前で、一次エネルギー消費量の削減率が25%以上。
●太陽光発電搭載後、一次エネルギー消費量の削減率が75%以上100%未満
●自家消費を意識した太陽光発電の促進を図る措置として、次の①~③のうち2つ以上を満たしている。
①さらなる強化外皮基準
②高度エネルギーマネジメント
③電気自動車を活用した自家消費の拡大措置

ZEH Oriented
都市部の狭小地に建てられる住宅が対象(平屋を除く)。
ZEHの要件は満たしているけれど、屋根面積が小さすぎて太陽光発電を有効に搭載できない建物について創エネを免除して補助金の対象とするものです。
狭小地の定義は北側斜線制限の対象となる用途地域で敷地面積が85㎡未満の土地。
●UA値の基準を満たしている。
●太陽光発電搭載前で、一次エネルギー消費量の削減率が20%以上。
太陽光発電は搭載しなくてよい。

ZEHに関する情報は資源エネルギー庁のコチラのサイトがよくまとまっています。
補助金情報などもありますので参照してください。

 

ZEH関連設備を後付けするために~新築のときに準備しておきたいこと

こうやって見てみると、国がZEHの普及にとても力を入れていることがわかります。
寒冷地や都市部狭小地などZEHの普及が進みにくい地域に次々と補助金適用要件を設定して、なんとかして省エネ性能が高く、災害時に必要最低限の電力を自ら供給できる住宅を増やしていこうとしています。
これから新築するなら、住み心地や省エネ性、光熱費の節約などを考えても、できればZEHにしておきたいところです。
が、太陽光発電など各種設備を備えるにはそれなりの費用がかかってしまう・・・ということで後半のお話。
断熱性能など後から手を加えるのが難しい構造部分は新築時にZEHレベルでつくっておいて、太陽光発電などは後から載せよう!という選択肢です。
太陽光発電・家庭用蓄電池・EV充電ポストを後付けするために備えておきたいことをまとめましょう。

太陽光発電を後載せするための準備
できるだけ南向きの大きな屋根をつくっておくことに尽きます。
これから新築する家で強度的に太陽光発電を載せてはいけないような建物はまずありえませんから、その点はあまり心配する必要はないでしょう。
向き、勾配(キツすぎると載せにくい)、広さに配慮しましょう。
なお、分電盤も太陽光発電対応のものにし、回路に空きを残しておきましょう(蓄電池、充電ポストも同じです)。

屋根が大きいと太陽光発電をたくさん載せられます ※当社施工事例

 

家庭用蓄電池を後付けするための準備
あらかじめ必要な配線・配管をしておくといいでしょう。
蓄電池を設置するときには対応した分電盤やメーターコントローラーも必要になります。
あらかじめ配線しておかないとその部分の配線がむき出しになってしまいます。

EV充電ポストを後付けするための準備
こちらもあらかじめ配管しておくことと電圧は200V、主幹ブレーカー容量は30Aまで想定しておきましょう。
あらかじめ配線用の配管がされていないと、分電盤から外部の設置場所まで結構な距離を壁や天井、床下などを通す配線工事をしなくてはいけなくなります。
もちろん費用もかかります。
それに対して、新築時の配管工事なら数万円もかかりません。

なお、これらはいずれも数年先を想定したお話。
10年以上先となると様々な規格が変わってしまう可能性があり、今の時点で準備しておいても意味がなくなってしまう恐れがあります。

家づくりはとても楽しい時間ですが、限られた予算をどのように使うか悩んでしまうこともたくさんあります。
ZEHがこれからの住宅のひとつのカタチになっていくのは間違いありませんが、かといってそのためにほかの希望が犠牲になってしまっては本末転倒です。
これから新築を考えるなら、暮らしの希望に加えて、ZEHやIoT住宅など次世代住宅の可能性も考慮しながら優先順位を考えていきたいところです。
※IoT住宅については下記の記事をご覧ください。

来場予約はこちら