愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

屋根材ってどうやって選ぶの?種類と特徴まとめ~和瓦・平板瓦・カラーベスト・ガルバリウムの比較と選び方のポイント~

葺き下げ屋根が好評の住まい →作品集を見る

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『屋根材』です。

屋根には住まいと暮らしを守る役割があると同時に、建物の外観イメージを決める重要な要素のひとつでもあります。
屋根の役割はおもに7つ。
防雨・防風・防雪・防音・遮熱・遮音・美観。
自然の猛威から住む人を守り、内部の音を外に伝えない、外部の音を遮るといった暮らしやすさにも貢献しています。

そして7つ目の役割、美観。
屋根材を選ぶときはだいたいこの視点から考えているのではないでしょうか(防雨とか防風とか当たり前ですもんね)。
和風の家には和瓦を選ぶように、屋根材の選択は建物全体のデザインと密接に結びついています。
これまで床や壁の仕上げ材の比較をしてきましたが、屋根材の変更は外観イメージそのものに響いてしまいますから、床や壁に比べてコストを理由に選ぶ人が少ない部位だといえます。

※床や壁の仕上げ材比較はこちらから↓↓↓↓

とはいえ、屋根材も種類によってそれぞれ特徴があり、特に建築後の経年変化やメンテナンスには差が出てきます。
今日はまず屋根材の種類とその特徴をご紹介。
おもに耐久性と屋根勾配から見た違いを確認した上で、選び方のポイントをお話ししましょう。

なお、今回取り上げるのは4種類の瓦(いぶし瓦・陶器瓦/和型・平板瓦・S型瓦)とカラーベスト、ガルバリウム鋼板です。
4種類の瓦の材料はすべて粘土ですが、いぶし瓦と陶器瓦は製法が異なり、結果として色に特徴が出ます。
平板瓦とS型瓦は陶器瓦の一種でカタチに特徴があるものです。
分類の仕方にやや違和感があるかもしれませんが、見ための違いがデザインの違いにつながるので今回はこの6つに分けて取り上げます。
では早速、いぶし瓦から見ていきましょう!

 

瓦① いぶし瓦

瓦の中でも最もお値段が張るのがいぶし瓦。
材料は陶器瓦と同じく粘土ですが、陶器瓦が釉薬(ゆうやく)で色をつけるのに対して、いぶし瓦は薬をつけずに焼き上げて最後に燻化する(いぶす)ことで独特の銀色に仕上げます。
陶器瓦は表面に色をつけているだけなので割ると中は素焼きのレンガっぽい色をしていますが、いぶし瓦は中まで銀色です。

いぶし瓦と陶器瓦はどちらも和瓦と呼ばれる日本の伝統的な瓦の形状と、平たい形状の平板瓦があります。
形状の違いはデザインの違いに直結しますが、製法の違い=いぶし瓦と陶器瓦のどちらを採用してもデザイン的に大きな違いは生まれません。
いぶし瓦はお寺や神社に使われているため重厚なイメージがあり、より和風な印象に仕上げたい場合などに好まれるようです。

 

瓦② 陶器瓦(和型)

先ほどもご紹介した通り、粘土を成型後、焼く前に釉薬で色をつけるのが陶器瓦です。
割ると、中は素焼きのレンガっぽい色です。
色は銀・黒・青など様々で、いぶし瓦に似せたいぶし色もあります。

いぶし瓦と陶器瓦の和瓦には共通の特徴として鬼瓦があります。
こういうヤツ↓↓↓↓

屋根の一番上(棟)の端についているのを見たことがありますよね。
鬼瓦は厄除けや装飾を目的としていて、大きさやデザインは自由に選べ、専門の職人さんにオリジナルでつくってもらうこともできます。
また、鬼瓦に合わせてのし瓦を何段か積むため棟が高くなるのも和瓦の特徴です。

 

瓦③ 平板瓦

陶器瓦の中でも平たい形状のものを平板瓦といいます。
鬼瓦や高い棟のない平板瓦は和の印象が薄くなるので、より幅広いデザインに似合います。

平板瓦と和瓦は並べ方が異なります。
和瓦が縦横とも一直線に整列させるのに対し、平板瓦は上の段の瓦の位置と半分ずつずらしながら並べていきます。

和瓦の並べ方

 

平板瓦の並べ方

 

並べ方が違うのは、雨水ができるだけ屋根の下に入っていかないようにするため。
和瓦はへこんでいる部分を雨水がまっすぐに流れ落ちていきますが、平板瓦だと瓦と瓦のすきまを雨水が流れやすくなります。
そのときに瓦が一直線に並んでいるよりずらしてある方が水が切れやすいというわけです。

 

瓦④ S型瓦

S型瓦は西洋建築の瓦です。
こちらも陶器瓦のひとつで、瓦の半分が半円状に大きく盛り上がっているのが特徴です。
素焼きっぽい暖色系の色のイメージが強いかもしれませんが、青や黒、緑など様々な色があります。

画僧は新東株式会社様サイトより拝借 ※当社には施工事例がないので・・・ごめんなさい。

 

 

カラーベスト(スレート瓦)

カラーベストとスレート瓦は同じもの。
スレート瓦はセメントにパルプ繊維などを混ぜ込んでギュッと固めた屋根材です。
カラーベストはKMEW株式会社のスレート瓦の商品名ですが、事実上KMEWさん1社しか製造していないためスレート瓦=カラーベストで、今やカラーベストという名前の方が一般的なくらいなのでここではカラーベストと呼びたいと思います。

画像はKMEW様サイトより拝借

 

カラーベストの特徴はなんといってもその薄さと軽さ。
見ためは平板瓦と同じですが平板瓦より薄く、ガルバリウム鋼板より重厚感がある仕上がりになります。
KMEW様のサイトによると、重さは平板瓦の2分の1で地震の際に揺れを小さくする効果があるそうです。
ただし、ほかの材料に比べて薄いからこそ割れやすいのは否めません。

 

ガルバリウム鋼板

金属性の屋根材として一般的なのがガルバリウム鋼板。
おもにアルミニウムと亜鉛で構成されたアルミ亜鉛合金めっき鋼板です。
屋根を薄く、軽快に見せたいときによく採用されます。

ガルバリウム鋼板には縦葺きと横葺きがあります。
文字通り、ガルバリウム鋼板をタテに張るかヨコに張るかの違いです。

ガルバリウム鋼板 タテ葺き

 

ガルバリウム鋼板横葺き

 

横葺きは遠目にみると平板瓦とあまり変わりませんね・・・色にもよりますけど。
縦葺きの方が水が切れやすいので、勾配を緩くすることができます(そう!屋根の施工はとにかく雨漏り対策なんです)。

色は赤系・青系・ベージュ系・グレー系などなど、さらにはつやありつや消しまでとってもバリエーション豊か。
ただし年月とともに色落ちするので塗り替えは必要になります(詳細は次の項目をご覧ください)。

ガルバリウム鋼板を選ぶ場合は気をつけたいことがいくつかあります。
まずは音。
やはり瓦に比べると雨音が大きく聞こえるため、シージングボードなど吸音性がある下地を張るのがオススメです。
通気性にも配慮が必要です。
瓦は桟の上に留めつけるので自然と通気層ができますが、ガルバリウム鋼板は下地に直に張り付けるためその下に通気層をつくるなどの対応が必要。
通気できないと熱が直に伝わって結露が起こってしまいます。
また、金属なのでキズつきやすく、小石などが飛んできてキズがつくとそこから錆びる恐れがあります。

とはいえ、ガルバリウム鋼板には勾配を緩くできるというデザイン上のメリットもあります。
耐久性と屋根勾配について、瓦・カラーベスト・ガルバリウム鋼板を比べてみましょう。

 

耐久性と屋根勾配~屋根材の比較

本記事では4種類の瓦を取り上げましたが、製法やカタチが違っても瓦としての性能はどれも同じです。
なので、ここでは瓦・カラーベスト・ガルバリウム鋼板の3つを比較していきます。

①耐久性
耐久性が最も優れているのは瓦です。
瓦は50年以上ほぼメンテナンスフリーといって差し支えありません。
塗り替えは必要なく、通常、50年以上にわたって葺き替えも必要ありません。
100年くらい経つとずれたり、割れたりする瓦が出てくるので葺き替えを考えた方がよいでしょう。
台風や地震で瓦が飛ぶ・落ちる被害を目にしたことがあるかもしれませんが、これは瓦を1枚ずつビス留めすることでほぼ防げます。
中島工務店では現在100%ビス留めです。

カラーベストは10年ごとのメンテナンスが推奨されており、30年で葺き替えが必要とされています。
が、実感としては20年くらいで葺き替えが必要になっているケースが多いようです(あくまで当社に相談をいただく事例から見ると、ですが)。

ガルバリウム鋼板は30年程度は葺き替えなしで大丈夫。
ただし色落ちしてくるので20年くらいで塗り替えは必要です。

②屋根勾配
屋根勾配とは屋根の傾斜角度のことで、水平寸法10寸に対する立ち上がり寸法で表します。
例えば「屋根勾配 3寸」というと水平10寸・高さ3寸という角度の屋根だということで、屋根勾配の数字が大きいほど勾配がきついという意味です。

屋根の形状によって雨水の流れ方などが違うため、屋根材ごとに対応可能な屋根勾配が決められています。
和瓦の場合は3.5寸以上。
平板瓦は3寸以上、カラーベスト2.5寸以上がめやすになっており、ガルバリウム鋼板はモノによっては1寸程度でも対応できます。

屋根勾配がきついか緩いかで建物の印象はずいぶん違ってきます。
こんな感じ↓↓↓↓

屋根勾配2.5寸 ガルバリウム鋼板

 

屋根勾配2.5寸 ガルバリウム鋼板

 

屋根勾配4.5寸 平板瓦

 

屋根勾配5寸 平板瓦

 

2.5寸と5寸じゃまったく違いますよね。
このように屋根材によってデザインも変わってくるので、好みの外観の形がある場合は早めに相談した方がよいでしょう。

ところで、屋根材はコストよりデザインで選ばれることが多いと言いましたが、それでもやっぱり費用は気になりますよね。
最も費用を抑えられるのはガルバリウム鋼板の横葺き。
ガルバリウム鋼板横葺きを基準にした場合、平板瓦は15%増、ガルバリウム縦葺きと和型陶器瓦は30%増、いぶし瓦は45%増といったところです。

 

屋根材の選び方

ここまでの内容を踏まえて屋根材の選び方をまとめます。

①和型か平たい形状のものかはデザインの好みで選んでOK。
②瓦かガルバリウム鋼板かは勾配によって選びましょう。
③好みの外観がある場合は最初に伝えておきましょう(全体のデザインと予算配分にも影響するので!)。

 

特に具体的な希望がない場合は設計士さんにお任せすると全体のイメージに合った屋根材を提案してくれるので、ひとまずお任せしてみるとよいでしょう。

中島工務店としては耐久性に優れる瓦がイチオシです!
ところで、瓦をオススメすると必ずといっていいほど聞かれるのが地震のこと。
地震のときに重たい瓦が載っていると家が潰れやすいのでは?との質問ですが、現在の住宅は設計時に必ず規定の方法で耐震性能を担保しなくてはいけません。
その際には屋根の重さも考慮され、重ければそれに応じた耐力壁量が必要になります。
つまり、軽い屋根の家と重い屋根の家が同じ耐震等級2だとしたら、重い屋根の家にはよりたくさんの耐力壁があって結果的に2軒の家の耐震性能は同程度になっているということです。
木造住宅の耐震性を担保する方法については下記の記事をご覧ください。

来場予約はこちら