愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

実践レポート!自分でできる木の家のお手入れ~無垢の床のキズ補修、障子の破れ補修、給気口のフィルター掃除ほか~

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今日のテーマは『木の家のお手入れ』です。

家づくりを検討中のお客様や建てて間もないお客様からよく相談をいただくのが、木の家のお手入れ方法。
大切な我が家だからしっかりお手入れしたいものの、これまで無垢の木の家に住んだことがなくてわからない・・・という方が多いようです。
また、レンジフードのお掃除など賃貸暮らしだとほとんどやらないような設備のお手入れも、新築を機に挑戦しよう!と思われるようで、いろいろな質問をいただきます。

そこで今回はよく質問をいただく①無垢の床のキズの補修方法、②レンジフードのお掃除のしかた、それに見落としがちな箇所として③給気口のフィルターのお手入れ方法をご紹介。
さらに、中島工務店のような和の住まいによく使われている④障子の補修方法と⑤まゆはな(照明)の電球交換方法も取り上げます。
実際に長久手Studioでやってみましたので、参考にしてください。

 

無垢の床のキズの補修方法

とにかくよく質問をいただくのがコレ、無垢の床のキズの補修方法。
確かに杉や桧の床は建材のフローリングに比べてやわらかく足触りがよいですが、その分キズもつきやすく、お手入れが気になる気持ちはよくわかります。
キズも味わいとはいえ、やっぱりできることならキレイにしておきたいですもんね。

今回は長久手Studioの2階の杉の床で試してみましたが。
ほら、こちら↓↓↓↓

びっくりするくらいキズがついてますね~。
いえ、わかりやすくキズだらけのところを選んだんですけどね。
長久手Studioはモデルハウスですし、またヨガなどの講座に貸し出していて不特定多数が出入りしているのでキズだらけになってしまいましたが、一般家庭ではここまでなることはまずありませんので安心してください。

では早速、このキズを補修していきましょう。
水を吸うと膨らむという木の性質を活かして補修します。
要するに木に水を含ませてへこんだ部分を膨らませよう!ということなんですが、今回は2種類のやり方を試してみました。

まずアイロンを使ったやりかた。
水をたっぷり含ませた布巾をキズの上に置いてアイロンで温めます。

スチームアイロンだとより効果的。
布巾が乾いてきたらもう一度濡らして、またアイロンで温めます。
温める時間は床の状態によって異なりますが、今回は15分ほど温めました。
実際にはキズの膨らみ具合を見ながら判断してください。

もうひとつの方法、スチームクリーナーでもやってみましょう。
皆様ご存知、ケルヒャーのスチームクリーナー(公式サイトでは2万円台~、メルカリだと1万円しないものもありますね)。

アイロンの場合と同様に専用のマイクロファイバークロスを取り付けてスチームを噴射します。

上の画像で白い煙のように見えているのがスチームです。
スチームの量はアイロンよりかなり多めですが、この機種の弱点?は連続噴射時間が6分しかないこと(軽量コンパクトが売りの機種なので仕方ない。大容量タイプもあります)。
さらに冷めるまで本体を開けて水を足すことができないので、ちょっと時間がかかってしまいます。

さて、気になる補修の仕上がり具合ですが・・・。
2カ所やってみましたので、それぞれビフォーアフターを比べてみましょう。

1カ所目。

キズが薄くなったのがわかりますか?
撮影時間が違うので(床が乾くのを待っていたら日が暮れてきたんです・・・)やや木の色も違って見えますが、へこみ具合が随分マシになっているのがわかると思います。
アフターの方が全体的に白っぽく見えるのは塗料も一緒に剥がしてしまったから。

もう1カ所見てみましょう。
こちらの方が深いキズがありました。

深いキズは残念ながら見た目でわかるほどには補修できていませんが、触るとかなり木が膨らんだことがわかります。
深いキズの周りにある細かなキズはかなり薄くなりました。
このあと塗料を塗って完成です。

今回ご紹介した方法で浅いキズならかなり薄くできることがわかりました。
上の画像ほどキズだらけになる前にこまめにお手入れすればかなりキレイな状態を保てそうです。

この方法ではどうしようもないくらいキズがついてしまった場合には、プロにお願いして一度表面を削るという方法もあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください(塗料の塗り方もこちらでご紹介しています)。

 

レンジフードのお掃除方法

次はレンジフードです。
今回お掃除したのは長久手Studioの事務所のキッチンのレンジフード。
メーカーは富士工業さんです。

レンジフードでお掃除したい箇所はおもに2つ、①表面と②内部のシロッコファンです。
表面は市販の油汚れ用洗剤で拭けばいいので今回は割愛。
シロッコファンを洗っていきましょう。

まずは整流板をはずして、内部のシロッコファンを取り外します。
このとき、危険なので必ずレンジフードの電源をオフにしておいてください。

取り外し方はレンジフードの機種によって異なりますので、取扱説明書などを参照してください。
今回の機種の場合は、取り外し方が本体に貼ってありました。
機種が違っても基本的にファンの中央につまみ状のモノがあって「ゆるむ」方向にまわせばはずれるので、難しくはありません。

後は汚れを落とすのみ!
シロッコファンはその形状ゆえ、どうしても羽根の部分に油が付着してその上にさらにホコリが付着しやすくなっています。
その油とホコリを落とせばいいわけですが、今回はそれほど汚れがひどくなかったので洗剤付きのスチールウールのたわしで磨いてみました。

あまり力を入れて磨くと塗料まで剥げてしまうので注意してください。
ブラシがあると隅々まで磨きやすいでしょう。
また、もっと汚れがひどい場合は強めの洗剤にしばらく漬け込んでおくと汚れがとれやすくなります。
ただし、こちらも長時間漬け過ぎると塗料が剥げてしまうのでよく観察しながら行ってください。

整流板やオイルパック(油受け)などの部材も拭き上げましょう。

レンジフード本体の内部も油汚れ用洗剤で拭き上げます。

取扱説明に従って再度組み立てたら終了です。
使用頻度や油を使う料理をするかどうかなどによりますが、年に1回くらいはお掃除したいところです。

 

給気口のフィルターのお手入れ方法

レンジフードやお風呂やトイレの換気扇はちゃんとお掃除する方でも、忘れがちなのが給気口のフィルターです。
現在は24時間換気が義務付けられているので、2003年以降に建てられた住まいなら必ずあるはずです。
例えばこんなやつ↓↓↓↓(換気方式やメーカーによって異なります)

表面のフタを引っ張るとパカっとはずれるので、あとはフィルターを取り出して洗うだけ。
難しくはありませんが忘れがちなので、2~3カ月に1回はお掃除するとよいでしょう。

取り外したフィルター。汚れがわかります。

 

 

障子の補修方法

中島工務店のような和の住まいでは障子を設えることがよくあります。
障子は汚れたり傷んでくると張替えができるというメリットがありますが、一方で張替えないといけないほどの状態になることはそれほどありません。
より多いのは部分的に穴があいたり破れたりするケースでしょう。

というわけで、今回は障子の部分的な補修をやってみましょう。
補修するのはココ。
長久手Studioのセミナールームの天井照明を覆っている障子、赤い丸で囲んだところが破れているところです。

ホームセンターなどで売っている障子紙を用意して、切りたい形に切っていきます。
切り方は「障子 補修 切り方」などで検索してみてください。
折り方とか意外と難しいけど面白かったりします。

複雑な折り方・・・。

これを切って開くと・・・
できました!桜の花びらです。

では貼ってきましょう。
用意するものはのりと霧吹き。
今回は水のりを用意しましたが、小さな補修ならスティックのりでも大丈夫です。

先ほどつくった桜の花びらにのりをつけて貼って・・・。

貼りつけた桜の花びらのまわりに霧吹きで2~3回水を吹き付けたら完了です。
霧吹きの水が乾くと障子紙がピンと張って、キレイに仕上がります。

 

まゆはな(照明)の電球交換

最後にMAYUHANA(まゆはな)の電球交換をご紹介します。
まゆばなは繭のような繊細な見た目が印象的なペンダントライトで、中島工務店ではモデルハウス2カ所で使っているほか、お客様の住まいでもよく選んでいただいています。

可児モデルハウスLITTLE KASHIMO ギャラリーのまゆはな

 

ただ、外から電球が見えないためちょっと「どうやって電球を変えるんだろう?」と思ってしまいます。
長久手Studioではリビングに使用していますが、オープンから5年、ちょうど切れたので交換してみました。

まゆはなは上部がビスで留められているので、ドライバーを使ってはずします。
赤い丸で囲んだところがビスのあるところ。

ビスを外すとカバーはカンタンに外れます。
中はこんな感じ。

あとはフツーに電球を換えて、はずしたときと逆の手順でカバーを戻してビスで留めるだけ。
やや高所での作業になるので脚立などを用意して、安全に配慮して作業してください。

 

自分でできることとプロに依頼することを分けて考えましょう

こうやって見ると、意外と自分でもできそう!って思いませんか?
自分でできることは自分で定期的にお手入れすると住まいへの愛着も増すし、よい状態が長持ちします。

とはいえ、プロに頼んだ方がいいこともあります。
例えば、ときどき相談をいただく雨樋の掃除。
雨樋に落ち葉などが溜まったままにしておくと詰まってしまうのでときどき確認して、状態によっては掃除が必要になります。
作業としては溜まった落ち葉などを取り除くだけですが、屋根に上がらなくてはいけないのでお客様ご自身での作業はオススメしません。
当社では定期点検の際に確認し、必要に応じて作業も請け負っています(有料)。

住まいのプロである住宅会社に相談しながら、自分でできることとプロに依頼した方がよいことを分けて計画的にお手入れをしていくのがよいでしょう。

 

来場予約はこちら