愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

知っていると安心できる!基礎のアレコレまとめ~ベタ基礎・布基礎、基礎一体打ち、人通口、基礎パッキンなど~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『基礎』です。

建物を一番下で支える基礎が構造上重要なのはなんとなくイメージできるのではないかと思います。
耐震性や耐久性への関心が高まるにつれ、基礎の工法や構造をアピールしている住宅会社も増えています。
でも会社によっていろんな工法があるから(というか実はそんなに違わないのにどの会社もオリジナルの名前とかつけてアピールしてくるから)いくつもの会社のホームページや資料を見ているうちに何がいいのかわからなくなってきませんか?

というわけで、今日は基礎について知っておきたいことをまとめてご紹介。
まずは建築基準法上の基礎の規定を確認。
さらによく比較されるベタ基礎と布基礎の違いを確認した上で、木造住宅でベタ基礎が多く選ばれる理由、布基礎はコストダウンになるのかといった点についてプロの視点から検討してみます。
それから最近増えていて当社でも採用している基礎一体打ち工法、基礎の解説でよく見かける防湿シート、基礎パッキン、人通口について解説します。
住宅会社のパンフレット等資料を読み解いたり、工事現場を見る機会があれば実際に確認するときのチェックポイントとして活用してください。

 

木造住宅の基礎に関する規定

2階建て以下の木造住宅の基礎の構造については、2000年の建築基準法改正時に具体的な規定がつくられました(建設省告示第1347号)。
簡単にまとめた表を国民生活センターの資料より引用します。

N/㎡という見慣れない単位が使われていてわかりにくいですね・・・。
要するに基礎は地盤の強度に応じて設計しなければならず、地盤が弱いと杭基礎のみOK、強くなるにつれてベタ基礎や布基礎でもOKになっていくということです。
同時にベタ基礎・布基礎の場合は鉄筋コンクリート造でなくてはならず、基礎各部のサイズや位置、鉄筋の寸法・本数・位置・間隔も規定があります。
非常に細かくなってしまいますので、詳しくは日本住宅基礎鉄筋工業会の資料をご覧ください。
※杭基礎とは:基礎の下に杭を深く打ち込んで支えるもの。木造住宅ではあまり使われないので詳細は割愛します。

ちなみに、この規定を根拠に「ベタ基礎の方が布基礎より優れている」とするケースがありますが、正しいとは言えません。
ベタ基礎と布基礎では構造がまったく異なっているため荷重の受け止め方・処理のしかたもまったく違い、強度に関していえば優劣はありません。
地盤の強度に対して適切な構造で設計されていればどちらでもOKです。
鉄骨系ハウスメーカーでは布基礎が採用されているケースも多く、それは建物の構造上数カ所の耐力壁に力が集中する鉄骨プレハブ造には断面係数が大きい=基礎立ち上がりが高い布基礎の方が適しているからです。
※断面係数とは:部材の断面性能を表す値。曲げる力に対する強さを表す。同じ面積なら縦長の方が強くなる。一般的に布基礎の方がベタ基礎より立ち上がりが高くなるため断面係数も高くなる。

 

ベタ基礎と布基礎の違いと木造住宅にベタ基礎がよい理由

では、なぜ木造住宅会社はこぞってベタ基礎を採用するようになってきたのでしょうか。
詳しい構造はともかく、ベタ基礎と布基礎の違いを端的にいうと床下部分に鉄筋があるかどうかです。
下図は基礎の断面図ですが、ベタ基礎は床下部分全体に鉄筋が張り巡らされています。

あわせてベタ基礎・布基礎比較記事でよく見られるそれぞれの特徴をまとめておきましょう。

ベタ基礎の特徴
●地面からの湿気が上がりにくい。
●地中からのシロアリの浸入を防ぐ。
●布基礎に比べてコンクリートや鉄筋の使用量が多いため割高(←コレあとで検討します)。
布基礎の特徴
●地面からの湿気が上がりやすい。
●シロアリや害虫の浸入を防ぎにくい。
●ベタ基礎に比べてコンクリートや鉄筋の使用量が少ないためコストを抑えられる(←コレあとで検討します)。

 

要するに床下全体を鉄筋コンクリートで覆っているからどうかがそのまま違いになっていて、概してベタ基礎の方がいいとされることが多いわけです。
実際、分厚いコンクリートで床下を覆うため木造住宅の大敵・シロアリと湿気対策にはベタ基礎の方が適しています
この理由から中島工務店でもベタ基礎を採用しています。

 

布基礎はコストダウンになるのか?

ここでベタ基礎vs布基礎比較記事でよく見られる「布基礎の方がコストを抑えられる」という件について検討してみたいと思います。
結論から言うと、一般的な工事であれば布基礎にしても大幅なコストダウンにはならないと考えています。

根拠は施工の手間です。
例えば埋め戻しといわれる作業。
ベタ基礎は底面全体に鉄筋コンクリートを打つため基礎の全体の大きさ分だけ地面を掘り、その上に基礎をつくっていくので埋め戻すのは外周部だけです。
一方の布基礎は立ち上がり部分の下だけ筋状に堀るので、そのまわりをすべて埋め戻さなくてはいけません。
単純に埋め戻しの手間が違う!ってわかりますよね。

防湿シートを張るにしても、ベタ基礎では配筋前に地盤全体にいっきに張ってしまうのに対して、布基礎では立ち上がりとフーチング(立ち上がりの下の部分)のコンクリート打設後に区分けされた部分ごとに施工していかなくてはいけません。
上の図(右側の布基礎の図)の白い部分にひとつひとつシートを張っていくということです。
こちらもずいぶん手間が増えたことがわかりますよね。
なお、このようにシートを分けて張るとその分隙間もできやすくなり、それが布基礎の方が防湿性に劣る一因でもあります。

ほかにもベタ基礎の方が鋼製束(大引きを支える部材)が設置しやすいなど、プロから見た施工性はベタ基礎の方が優れています。
一方で、布基礎の場合は掘り起こした土の大部分を埋め戻すのに対してベタ基礎はほとんどの土を処分しなくてはいけませんから、土の処分費はベタ基礎の方がかかるのが一般的です。
これらを考え合わせると、布基礎の方が鉄筋やコンクリートが少ない分コストが抑えられるといわれることがありますが、手間にかかるコスト等を鑑みると布基礎の方がコストを抑えられるとは限らないといえそうです(具体的には諸条件によって異なります)。
基礎の選択や費用に疑問がある場合は、住宅会社になぜその基礎を選ぶのか、何にいくら費用がかかっているのか説明してもらいましょう。

 

基礎一体打ち工法~メリットと施工条件

次に、最近増えている基礎一体打ち工法を取り上げましょう。
中島工務店もベタ基礎一体打ち工法を採用しています。

基礎一体打ち工法とはその名の通り、通常、ベース(底面)部分と立ち上がり部分の2回に分けてコンクリートを打設するところを1回で打設し、コンクリートを一体に仕上げるものです。
2回打ちの場合はベース部分のコンクリートが乾いてから立ち上がり部分を打つため、どうしても「打ち継ぎ」と呼ばれるつなぎ目ができてしまいますが、一体打ちだと打ち継ぎができないのがポイント。

画像は株式会社NSP様サイトより拝借

 

打ち継ぎがない分、強度が増し、外部からが水が浸入しづらく耐久性が増すというメリットがあります。
当社は株式会社NSP様のベタ基礎一体打ち工法を採用していますが、同社による強度比較試験でも2回打ちより優れているという結果が出ています(詳細はコチラの資料のp59をご覧ください)。
また、ベース部分のコンクリートが乾くのを待たなくていい分、2~3日ほど工期も短縮できます(1階の面積が20坪くらいの場合)。

画像はNSP様資料より拝借

 

強度比較試験結果(同じ資料より)

 

ただし、一体打ちには制限がありすべての建物でできるわけではありません。
一体打ちではまず外周部分、次にベース部分という順番でコンクリートを打っていきますが、外周部分をすべて打設し終わった時点で最初に打設したところが固まっていたらたいへんです。
つまり、外周部が乾かないうちにベース部分の打設に進めることが一体打ち工法適用の条件ということ。
具体的にはコンクリートの打設量やポンプ車が配車できるかどうかなどで判断します。
また、1日でコンクリートをならす(表面を整える)ところまでやってしまわなくてはいけないので、そうした点も考慮して一体打ちでやるかやらないかを判断しています。

基礎一体打ち工法では外周部からコンクリートを打設する

 

なお、一体打ちでなくても設計通りに施工すれば構造上必要な強度は備わっていますのでご安心ください。
工期が短縮される分コストダウンになると思われることもありますが、2回打ちに比べて必要な金物などが増えるのでコスト的なメリットは特にないといえるでしょう。

 

基礎まわりのアレコレ ①防湿シート

続いて基礎につきもののアレコレを見ていきましょう。
まずは先ほどから登場している防湿シート。
地面からの湿気を防ぐシートで、砕石を転圧した地盤の上に張ります。

防湿シートを張っていてもコンクリートから湿気が出るんじゃ・・・と思われますよね。
コンクリートからは1年くらいは湿気が出ますが、そのせいですぐに不具合が起こるといったことはありません。
徐々に乾いていくので気にしなくて大丈夫です。

 

基礎まわりのアレコレ ②基礎パッキン

続いて基礎パッキンをご紹介しましょう。
基礎と土台のあいだに使用する部材で、床下の換気の役割があります。

 

古い家で基礎に換気口が設けられているのを見たことがある方もいるでしょう。
基礎パッキンを採用すれば基礎に穴をあけて換気口をつくらなくてよくなるので施工の手間が減りますし、家全体をぐるっと一周しているので換気口よりまんべんなく換気できるようになります。

 

基礎まわりのアレコレ ③人通口

人通口は基礎の立ち上がり部分につくる、人が通れる開口部です。
床下点検をしやすくするのが目的です。
下の画像の立ち上がり部分が途切れているところが人通口で、これを辿っていけば床下を自由に移動できるのがわかりますよね。

こんなふうに基礎を切り取って強度は大丈夫!?と思われるかもしれませんが、土台の継手(つなぎ目)の位置にしない等、十分検討して配置していますし、人通口まわりは鉄筋を補強しています。

また、中島工務店では浴室の下の人通口には断熱タイプのフタ(基礎点検口)を採用。
というのも、当社は床断熱ですが浴室だけは基礎断熱にしているからです。
建物の断熱性能をきちんと確保するためには、断熱材が途切れることなく施工されていなくてはいけません。
それはつまり、ユニットバスまわりにもしっかりと断熱が必要だということ。
ユニットバス部分には床がなく基礎の上に直接載っている設備なので(といっても床下空間があり配管があります)、この部分だけは基礎の位置で断熱しなくてはいけません。
そこで人通口も断熱タイプにしなくてはならないというわけです。

住宅は基礎ひとつとってもいろいろ細かい点を考えないといけないことがおわかりいただけたのではないでしょうか。
これらがしっかりできているかどうかでも建物の耐久性や住んでからの快適さが変わってきます。
各社のパンフレット等会社資料を比較したり、建築現場を見るときにはこうした観点からも検討してみるとよいでしょう。

来場予約はこちら