愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

平屋は2階建てより割高になる!?~その理由と費用の抑え方&平屋を建てるときの注意点、和モダン平屋の外観事例も!~

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『平屋』です。

最近、平屋がとても人気です。
雑誌の特集などでもよく見かけませんか?
当社にも「平屋で建てたい」というご相談をいただくことが増えています。
そんなお客様とお話ししている中で驚かれることが多いのが平屋の方が2階建てより割高になること。
上の階をつくらないから割安になると思っていらっしゃる方が多いようです。

今日はまず平屋が割高になる理由を解説した上で、少しでも費用を抑える方法をご紹介。
さらに平屋を建てるときに注意したいこと、和モダン平屋をおしゃれに見せるコツを当社施工事例を紹介しながらお話しします。

 

平屋が割高になる理由

建築費についていえば、基礎と屋根の面積が増えるのが平屋が割高になる大きな要因です。
延床面積40坪の平屋と総2階の家を比べてみましょう。
平屋だと40坪分の基礎が必要ですが、総2階なら半分の20坪分で済みます。
同様に屋根の面積も平屋は総2階のほぼ2倍になってしまい、その分の材料費・施工費が必要です。

基礎や屋根は建築工事全体の費用の中でも大きな割合を占めますから、それが2倍になると当然かかるお金はずいぶん増えることになります。
これが同じ面積だと平屋の方が割高になるおもな理由です。

なお、土地も平屋の方が広い面積が必要なためお金がたくさんかかることになります。

 

平屋の費用の抑え方 ①建物の形は正方形の方がいい

平屋に限らず、建物はできるだけシンプルな形にした方が費用が抑えられるのはご存知の方も多いかと思います。
建物の形が複雑になるほど柱や壁の数が増え、金物の数も増え、施工の手間も増えるので費用がかさんでいくからです。
シンプルな形の中でもさらにコストダウンを目指すなら、長方形より正方形がおすすめ(屋根の形状等ほかの条件が同じなら)。
ポイントは外壁の面積です。

建築面積(建物を真上から見たときの面積)が同じで、上から見たときの建物のカタチが正方形の場合と長方形の場合を比べてみましょう。
約30坪≒100㎡と想定します。
正方形の各辺の長さは10メートル、長方形の長辺を20メートル・短辺を5メートルとしましょう(ちょっと極端ですけど)。
高さは共通で2.7メートルとしてみます。

正方形の場合:(10m×2.7m)×4面→108㎡
長方形の場合:(20m×2.7m)×2面+(5m×2.7m)×2面→135㎡

 

このように、正方形の方が長方形より外壁の面積が小さくなります。
また、長方形の中でもより正方形に近づくほど外壁の面積は小さくなります。
外壁は面積を増やすと仕上げだけでなく断熱材の施工等も増やさなくてはいけないので、比較的全体の費用に影響しやすい箇所です。
外観は住まいの顔ですし、形が変わると間取りにも影響しますからコストだけで決めるのがよいとはいえませんが、少しでもコストダウンしたい場合は検討してみるのもよいでしょう。

 

平屋の費用の抑え方 ②間仕切りを減らそう

間仕切りを減らせば、材料費も施工費も下がります。
同時にバリアフリーとしてもよりよくなる可能性が高いでしょう。
耐力壁の配置にだけ留意が必要ですが、構造上なくてもよい壁はできるだけ減らすとコストダウンにつながります。

ただし、間仕切りを減らしすぎると家族の中でのプライバシー確保が難しくなってしまうことがあります。
詳しくは次の項目でお話しします。

 

平屋を建てるときに注意したいこと

さて、ここで平屋を建てるときに注意したいことをまとめておきましょう。
平屋は建物の高さが低いので斜線制限など各種規制をクリアしやすく、2階との関係を考えなくてよい分、間取りの自由度も高くなるというメリットがあります。
無垢の木の家に住みたい場合、平屋だとガスコンロを採用しても内装制限を受けないから木を張れるのも嬉しいところ。
階段がないので移動もラクで、「敷地さえ広ければ平屋にしたい」という人が多いのもよくわかります。
ただ、そうは言っても平屋にも注意しておきたい点はありますので参考にしてください。
※斜線制限とは;隣地に住む人の日照や通風など良好な環境を保つために建物の高さを制限するルール。
※内装制限とは;主要構造部が耐火仕様でない2階建て以上の住宅の場合、最上階以外の火気使用室は不燃・準不燃としなくてはならない。

①防犯対策・プライバシー対策をしよう
寝室や個室も1階になるため、防犯やプライバシーへの配慮が必要です。
窓の配置を工夫したり、外部の目が気になる場所には目隠しを設けたりするとよいでしょう。
下の画像は当社の平屋施工事例です。
市街地のお住まいですが、大きな開口の外に格子を設けることで目線を遮ると同時に木に包まれた気持ちいいデッキ空間に仕上げています。

②家族内のプライバシーにも配慮しよう
外部に対するプライバシーに加えて、家族内でのプライバシーにも注意が必要です。
2階建てだと1階にリビングやダイニング、2階に寝室・個室を配して共有空間とプライベート空間を分けることができます。
ところが平屋の場合はすべてがワンフロアに集まるので、リビングの隣が寝室や子ども部屋といった配置にならざるを得ません。
これを避けるためには各部屋のあいだに廊下や中庭などなにかクッションになるものを配することになりますが、そうすると平屋だからこその動線のよさが犠牲になってしまうことがあります。
また、廊下などを増やすごとに延床面積も増えていくので、ついつい建物が大きくなって費用もかさんでしまう・・・というケースが平屋の計画では時折見られます。

先ほど述べた通り、平屋は階段がなく2階との関係を考えなくてよいため設計の自由度が高くなりますが、家族空間とプライベート空間をどう配置するかという点では2階建てより難しいといえます。
住宅会社からプランを提案されたら、ご家族の毎日の暮らしを思い浮かべながらプライバシーが確保されているか、家事動線が悪くないかをよく検討しましょう。
プライバシー確保と動線を完璧に両立するのはなかなか困難ですから、どのようにバランスをとるかという視点で見るのがよいと思います。

③バリアフリー目的の場合はアプローチにも気をつけよう
平屋を選ぶ目的のひとつがバリアフリーだという人も多いでしょう。
その場合は家の中だけでなく主要な道路から敷地までの経路、敷地内の玄関までのアプローチにも気を配りましょう。
主要な道路から自宅の前まで車がつけられるか、つけられない場合は車椅子で移動できるような道路かどうかを確認しましょう。
この条件を満たしていない場合、家の中をバリアフリーにしても外出にかなり制限がかかってしまいます。
既存の自宅をバリアフリーをおもな目的として建替えようと考えているなら、現在の土地を売却して別の敷地を探すことも視野に入れなくてはいけません。

敷地内は、玄関までスロープで上がれるスペースが必要です。
バリアフリー設計の基準では、スロープの勾配は12分の1とされています(建築物移動等円滑化誘導基準)。
50cmの高低差を上がるためには長さ6メートルのスロープが必要ということ。
結構な長さが必要だな~と思われるかもしれません。
折り返しでもかまわないのでこの基準に沿ったスロープがつくれる広さを確保しましょう。

④建て替えの場合は部屋数が減るので注意しよう
同じ敷地で2階建てから平屋に建て替える場合、元の家と同じ部屋数を確保することはできません。
同じ部屋数を確保しようとすると単純に2階の広さを1階に足すことになり、敷地にそれほどの余裕がない!というケースもよくあります。
また、たとえ敷地に余裕があったとしても建ぺい率という制限があるため、元の部屋数を確保できるほどのサイズの平屋がつくれることは滅多にありません。
結果的にほとんどの場合で減築となるので、実際にどのくらいの大きさの建物が建てられるのか早めに設計士に相談した方がよいでしょう。
※建ぺい率とは;敷地面積に対する建築面積(建物を真上から見たときの面積)の割合。敷地面積50坪・建ぺい率60%の場合、建築面積は最大30坪となる。

 

和モダン平屋の外観をおしゃれに見せるコツ

前半で平屋のコストダウン方法をご紹介しましたが、外観は住まいの顔ですから、必ずしもコスト優先で考えるのがいいわけではありませんよね。
また、特にコストダウンを目指していなくても平屋は2階建てに比べてどうしてもシンプルな見た目になりがちです。
というわけで、ここでは平屋の外観をおしゃれに見せるコツを中島工務店の施工事例を取り上げながらご紹介してみたいと思います。
当社が得意とする和モダン住宅限定なのはご容赦くださいませ。

シンプルになりすぎないためには、格子や柱など目を惹く部分をつくる・外構を工夫する等アクセントを設けるのがコツです。
こちらは格子を効果的に使った例で、光の漏れ方がきれいです。

こちらは2色の外壁と玄関建具の色のコントラストに庭木の緑が映えます。

シンプルな長方形+切妻屋根でもアクセントの付け方次第で印象が変わります。

こちらのお住まいは玄関上部に屋根を設け、格子と庭木も配しました。

なお、内部を広々と感じさせる工夫としては勾配天井がおすすめです。
こちらはすぐ上の外観写真の住まいの内観ですが、平屋とは思えないほど開放感があります。

勾配天井のメリット・デメリットなどはこちらの記事もご覧ください↓↓↓↓

 

来場予約はこちら