愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

テレビブースターの置き場所と弱電盤(情報分電盤)のススメ~テレビ・電話・ネット会社の乗り換えに必要!既存住宅での探し方も~

 

分電盤と弱電盤を一箇所に。各種機器は入居後に設置します。

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『テレビブースター&弱電盤』です。

テレビブースター?弱電盤??どちらも聞き慣れないという方も多いと思います。
のちほど詳しくお話ししますが、テレビブースターとはテレビの電波を増幅する機器で、通常のテレビ配線の一部に含まれています。
昔は家を建てたときにアンテナからテレビまで一度配線してしまえば、ほとんどの人が二度とテレビブースターの存在を気にする必要はありませんでした。
ところが近年、過去に当社で家を建てさせていただいたお客様から「テレビブースターはどこにありますか?」という問い合わせをいただくことが増えてきました。
それは、テレビや電話、インターネットの接続会社を乗り換えるのが当たり前になってきたから!
光回線やケーブルテレビの回線を使ってテレビ・電話・ネットをつなぐときに、テレビブースター部分での工事が必要になるんです。
そう考えると、これから家を建てるときにも考えておかないといけないことですよね。

というわけで、今回はまず既存住宅のテレビブースターの探し方をご紹介。
さらに、これから新築するならおすすめしたい弱電盤(情報分電盤)の設置についてお話しします。

 

テレビブースターとは

まずはテレビブースターとは何なのかを確認しておきましょう。
テレビブースターとはテレビ電波(信号)を増幅する機器。
アンテナで受信したテレビ信号は混合器や分配器、ケーブルを通るうちに減衰してしまい、そのままだとテレビの映りが悪くなってしまいます。
それを防ぐために信号を強くするのがブースターの役割です。

地デジやBS/CSの屋外アンテナからテレビをつないでいる場合は、下図のような配線になっています。

アンテナからテレビに配線している場合

 

混合器(図の②)は屋外にある複数のアンテナの信号をひとつにまとめる機器。
分配器(図の③)は地デジやBS/CSの信号を分ける機器で、ここで分けた信号をアンテナケーブルを使って各部屋につなぎます。
テレビ端子(図の④)は皆さんご存知のテレビをつなぐところ。
一般の人に見えるのはテレビ端子から先で、テレビをつなぐというとここにアンテナケーブルを挿すというイメージではないでしょうか。

なお、ブースターは地デジ・BS・CS・4K・8Kなど接続するテレビ信号の種類によって対応機器が異なります。
中島工務店では電気工事業者が建築地の受信環境を確認した上で、適切な機種を選択しています。
ご自身で選ぶ場合はつなぎたいテレビ信号の種類に注意し、できればお隣さんなど建築地周辺にお住まいの人に受信状況を確認した方がよいでしょう。

 

テレビブースターはどこにある?

では、よくお問い合わせをいただくテレビブースターの置き場所を見ていきましょう。
最初にも言った通り、テレビブースターを探さなければならなくなるのは、だいたいテレビ・電話・ネットの接続会社を切り替えるとき。
新しい契約先の工事担当者がやってきて「どこにありますか?」と確認されることが多いようです。
少し前~10年以上前の住宅の場合、天井点検口のそばの屋根裏または床下点検口そばの床下をまず確認してください。

昔は一度配線したらやり直すことがほとんどなかったため、屋根裏や床下のジャマにならないところに設置しているケースがよくあります。
とはいえ設置しやすくなくてはいけないので、点検口の近くというのが一番可能性がある場所というわけです。
点検口そのものが押入れや収納の中、洗面室など比較的目立たない場所にあることが多いので、まずは点検口を見つけてそこを開けて覗いてみましょう。
ユニットバスの屋根裏に置かれていることもありますので、要チェックです。

比較的最近の住宅ならコンセントの裏側という可能性もあります。
テレビなどの契約先を変更するのがめずらしくなくなってきたことから、のちのち工事しやすいようにこうした場所に設置されるようになってきました。
テレビのそばのコンセントカバーを開けてみてください。
コンセントプレートの下にマイナスドライバーなどを挟んで少し持ち上げ、引っ張るとはずれます。
その中にあるコンセント部分をドライバーを使って取り外し、引っ張ると奥にあるブースターや分配器が出てきます。

参考までに、ひかりTVやケーブルテレビの回線を使ってテレビ・固定電話・ネットをつなぐと下図のような配線になります。

画像はNTT西日本様サイトより拝借

 

先ほどのアンテナからつないだ図とくらべると、配線が変わっていることがわかります。
このようにつなぎ直すためにテレビブースターなど各機器の場所を確認しなくてはいけないというわけですね。
これからの時代、家庭のネット接続にはますますよいサービスが出てくると考えられます。
契約先は変更することがあるという前提で、こうした機器の設置場所も確認しておくとよいでしょう。

 

新築なら弱電盤(情報分電盤)がオススメ!

入居後もテレビやネットの工事をすることがあるという前提に立つと、これから新築するなら弱電盤(情報分電盤)の設置がオススメです。
弱電盤とはテレビ・電話・ネットなどの回線を一箇所に集めて管理する場所のこと。
似たような名前で皆さんご存知の分電盤(ブレーカーがいっぱいあるアレ)が電気回線を一箇所で管理しているのに対して、弱電盤は情報ネットワーク関連を集めたところ。
一箇所に集めなくても困るわけではありませんが、情報機器が増える一方の現代の住宅では設置を検討するとよいと思います。

弱電盤に配置されるおもな機器はこんな感じ。

弱電盤に置くといいもの
●テレビブースター
●分配器
●モデム(ADSL回線の場合)
●ONU(回線終端装置/光回線の場合)
●ルーター
●HUB

 

ホームネットワークの構築に必要で且つ更新するものをひとまず集めておく、という感じですね。
テレビブースターと分配器は前半でお話しした通り、契約先が替われば工事が必要になります。
モデムやONUも契約先が変われば交換しなくてはいけませんし、ルーターやHUBもいずれ新しい機器や規格に合わせて買い替えることになるでしょう。
これらを一箇所に集めてしかも取り出しやすくしておくと、工事や入れ替えが簡単です。
ほかにNAS(Network Attached Storage/ネットワーク接続ハードディスク)なども更新するでしょうから、一緒に入れておくとわかりやすいし配線もスッキリしておすすめです。

※モデム:アナログ信号をデジタル信号に変換する装置。
※ONU:モデムと同じ機能。光回線用の装置。
※ルーター:ひとつのインターネット回線に複数の機器を接続する装置。有線の場合はLANケーブルで、無線の場合はWi-Fiで接続する。
※HUB:有線接続時の集線装置。複数のケーブルを接続して相互に通信できるようにする。

 

弱電盤(情報分電盤)設置の注意点

弱電盤をどこにどんなふうに設置すればいいかについては、特に難しく考える必要はありません。
注意しておきたいこととしては。

①頻繁にさわる必要はないので、物置やクローゼットなど目立たない場所に設置した方がジャマにならない。
②機器類が発する熱を排出するため、扉はなしにするか、扉がある場合はスリットを設けるなど熱がこもらないようにする。

といったところ。
扉なしの場合、ホコリがたまりやすくなるので注意が必要です。
たくさんの機器が集まっている=電源もたくさんあるので、ホコリがたまると火事(トラッキング現象)の危険がありますから、こまめに掃除しましょう。
※トラッキング現象とは:コンセントとプラグのあいだにたまったホコリが湿気を帯びて漏電し、火災が起こること。

これらに注意しつつ「ここに弱電盤がほしい」と設計士に伝えれば、適切な配線を提案してくれるはずです。
大きな場所をとるものではありませんが配線に関わるので、できるだけ早めに伝えましょう。

来場予約はこちら

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )