愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

事例画像あり!設計前に考えたいベランダのこと~規制・アルミベランダと造り付けの違いなどまとめ~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『ベランダ』です。

設計に先立ってお客様のご要望をお聞きすると「ベランダがほしい」と言われることがあります。
ところが詳しく打ち合わせを進める中で「何に使いますか?」と尋ねると「あれ???」と考えた末に「いらないかも」となるケースがちらほら・・・。
一方で、当初予定していなかったベランダを「どうしてもほしい」と言われて設計を考え直すことも。
そう!実際の生活の中でベランダをどう使うかを考えたときに必要かどうかの判断が変わってしまうことがあるんです。
ところがベランダは窓や屋根とも関係が深く、間取りやデザインにも関わるため途中で変わると設計に大きく影響することがあります。
というわけで、今回はスムーズに設計を進める&住み始めてから困らないようにベランダについて考えてみましょう!

まずは住宅のベランダに関する規制を確認。
新築住宅設計時に考えたいポイントをまとめます。
さらにアルミ既製品と造り付けの違い、アルミベランダの取り付け方のおもな3タイプをご紹介しましょう。

なお、厳密にはベランダとバルコニーは区別して扱われます。
ベランダは屋根あり・バルコニーは屋根なしとされることが多いですが、この記事では両方を含めて2階以上で建物から外に張り出した屋外スペースをまとめてベランダと呼びたいと思います。

 

ベランダの規制 ①手すりの高さ

ベランダを考えるときに押さえておきたい規制は2種類あります。
具体的に「このようにつくらなくてはいけない」というルールと、どこまでが床面積や建築面積に含まれるかという設計上確認しておきたいルールです。

まずはつくり方のルールですが。
ベランダには高さ1.1メートル以上の手すりを設けること(建築基準法施行令第126条)。
造りに関する規制は実はこれひとつなので、これさえ守っていればOKです。
ただし自治体によってより厳しい規制が定められていることがありますので、実際に建てるときには自治体および管轄の確認検査機関にお問い合わせください。

 

ベランダの規制 ②床面積・建築面積への算入

もうひとつのルールは延床面積や建築面積への算入に関すること。
これはベランダをつけるかつけないか、どのくらいの大きさにするかという判断に関わります。
具体的な規定を見ていきましょう。

延床面積については、外気に有効に開放されている部分の高さが1.1メートル以上且つ天井の高さの2分の1以上の場合、奥行2メートルまでは床面積に含まない(建設省住指発第115号)。
建築面積については、高い開放性があれば奥行1メートルまでは建築面積に含まない(建築基準法施行令第2条1項2号をわかりやすく編集)。
とされています。
建築面積の「高い開放性」は床面積の「有効に開放されている」条件と同じと考えてOKです。

なぜこれに気をつけておかなくてはいけないのかというと、床面積は容積率、建築面積は建ぺい率に関わるからです。
ちょっと専門用語が多いので、確認しておきましょう。

延床面積:住宅全体の面積。2階建てなら1階の面積+2階の面積。
建築面積:建物を真上から見たときの面積(水平投影面積)。
容積率:敷地面積に対する延床面積の割り合い。容積率=(延床面積÷敷地面積)×100
建ぺい率:敷地面積に対する建築面積の割合。建ぺい率=(建築面積÷敷地面積)×100

 

建ぺい率・容積率は良好な環境を守るために地域ごとに決められているものです。
例えば敷地面積50坪・建ぺい率60%・容積率100%の土地があるとしたら、建築面積(≒1階部分の面積)30坪・延床面積50坪までの家しか建てられません。
建ぺい率・容積率が低いほど庭など建物のない部分が大きくなるのでゆとりが感じられる街並みになりますが、住む人にとっては建てられる家の大きさが制限されることになります。
このときに、ベランダは延床面積・建築面積に参入しなくていい場合がある、というのが先ほどご紹介した規定です。

つまり、建ぺい率ギリギリまで建てたい!というときにはベランダをなくすか、開放性の高いベランダで奥行2メートルまでにすれば床面積に含まれないから建ぺい率にも影響しないということ。
布団を干す程度のベランダなら奥行1メートル足らずで大丈夫なのであまり問題になりませんが、「洗濯物をたっぷり干したい」「広いベランダにテーブルとイスを置いてくつろぎたい」といったときには注意が必要です。
なお「高い開放性」がない場合は奥行が何メートルであっても床面積・建築面積に参入されます。
デザイン的な理由からオープン過ぎないベランダをつけたい場合もありますが、そのときは床面積・建築面積に参入される可能性が高くなるので気をつけたいところです。

 

設計のときに考えたいポイント ①目的

次に、設計に際してお客様に考えてほしいポイントをお話します。
最初に考えてほしいのは目的、つまりベランダを何に使いたいのかです。

ベランダが必要かどうかは住む人の使い方しだい。
なくては困る人もいれば、まったく必要がない人もいます。
先ほどお話しした通り、ベランダも建ぺい率などに関わってくることがありますから必要かどうか、どのくらいの大きさがよいかなどは適切に判断したいところです。
新しい家での暮らしをイメージしながら、自分たちの暮らしの中でどのように使うのかを考えてみた方がよいでしょう。

特に注意したいのはマンションなど集合住宅に住んでいた方。
集合住宅に長く暮らしていると「ベランダはあるもの」と思い込んでいることがあります。
「何に使いますか?」
「洗濯物を干したいです」
「1階に庭がありますよ。洗濯機を置いている脱衣室も1階にありますが、2階まで洗濯物を持って上がるんですか?」
「あ。上がりません。庭でいいですね」
コレ、よくあるやりとりです!
マンションと戸建では生活動線がずいぶん変わります。
最近は脱衣室近くに洗濯物干し場(室内の場合も室外の場合もあります)をつくるケースも多くなりました。
洗濯物を干す目的でベランダが必要だと思っているなら、どこに洗濯物を干すのが自分たちにとって使い勝手がいいのか考え直してみるとよいでしょう。

目的によってベランダの位置やサイズが変わり、窓とのつながりや屋根の高さの調整が必要になることもあります。
さらに間取りや外観デザインも変わってきますので、ベランダが必要かどうか、何に使うのかはできるだけ設計に着手する前に伝えましょう。

 

設計のときに考えたいポイント ②屋根・手すり

目的がはっきりしたら、屋根や手すりについて考えてみましょう。
屋根が必要かどうかは、目的によって自ずと決まってくることが多いです。
洗濯物や布団を干すなら屋根または軒があった方が安心ですし、のんびりするのが目的なら陽当たりがいいようにあまり大きな屋根は架けない方がいいのではないでしょうか。

手すりは、目的に加えて周辺環境との関係からも考えましょう。
周囲からベランダの中の様子を見られにくいようにしたいなら壁やパネル状の目隠しになるタイプにした方がよいでしょう。
住宅密集地や幹線道路沿いならインナーデッキという方法もあります。

長久手Studioのインナーデッキ

 

風通しをよくしたいなら、縦格子状の手すりなど隙間が広いタイプがオススメです。
もちろん目隠しと風通しのほどよいバランスのものを選ぶのもアリ。
ベランダや手すりの形状は外観デザイン全体に影響するので、設計士のアドバイスを聞きながら慎重に選びましょう。

 

造作ベランダ

ベランダには既製品のアルミベランダと造作ベランダがあります。
造作ベランダはアルミベランダに比べてやや割高ではありますが、サイズも材料もデザインも自由に決められるというメリットがあります。

次の項でアルミベランダの取り付け方をご紹介しますが、下の画像のような吊り下げ型のベランダは造作でしかできません。
ベランダの下に柱をつくりたくないといった場合には造作を選ぶことになります。

こちらは造作ベランダの両脇に袖壁をつけて、下を軒下にした事例。

手すり部分に木を使えるため、木の家らしさ出せるのも造作ベランダの特長といえるでしょう。

 

取り付け方別 アルミベランダの種類

既製品のアルミベランダは取り付け方によっておもに3種類に分けられます。
どれを選ぶか、あるいは造作にするかは用途やデザイン、構造上の都合によって選びます。

①持ち出し型
柱を使わず、ベランダを躯体で支えるタイプ。
建物の本体にベランダがペタっとくっついているような見た目になります。
柱などがないためスッキリと見えますが、強度上、奥行90センチ程度までという制限があります。

②屋根置き型
ベランダを屋根で支えるタイプです。
ベランダの下に屋根があればこのタイプを選択できます。

③柱建型
ベランダを柱で支えるタイプです。
しっかりとした柱を建てられるので、3タイプの中で最も奥行をつくることができます。

マンションに住んでいると部屋の端から端まであるのが当たり前のベランダですが、戸建の場合は様々な選択肢があります。
住み始めてから「ベランダなんていらなかった!」あるいは「ベランダがないから布団が干せない!」といったことにならないように、よく考えてみましょう。

来場予約はこちら