愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

多灯分散ってなに!?新築時の照明の種類と選び方~ペンダント・シーリング・ダウンライト・ブラケット・間接照明~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『照明』です。

照明選びは家づくりの中でも楽しいプロセスのひとつです。
照明は色やデザイン、配置で空間全体のイメージが変わりますから「こだわりたい」という方がたくさんいらっしゃいます。
一方で、実際に住み始めてから「思ったより暗い」「ここに照明がほしかった」とか、逆に「この照明全然使わない」などと後悔するケースもあります。
ほとんどの場合、光の当たり方や広がり方、動線との関係等が予想と違っていたのが原因です。
新築は出来上がってみないとわからないものですが、特にあらかじめ考えるのが難しいもののひとつが照明だといえるでしょう。

そこで今回はおもな照明の種類と選ぶときの注意点、照明計画の考え方をお話しします。
今回取り上げるのはシーリングライト・ペンダントライト・ダウンライト・ブラケット・間接照明。
照明は設計時に位置を決め、上棟後まもなくだいたいの位置まで配線しなくてはいけません。
プランが固まったら早めに検討しましょう。

 

照明の種類① シーリングライト

シーリングライトは天井に直接取り付ける照明です。
天井にペタっとくっついているこんなやつ↓↓↓↓

スポットライトタイプもあります。

特に上の画像のような円盤型シーリングライトは天井にぴったりくっつくのでスッキリとして見え、天井に影ができないため部屋全体を明るく照らせるという特徴があります。
一方、スポットライトタイプは光が当たる部分が限られること、天井が暗くなることに注意が必要です。

のちほど詳しくお話ししますが、最近は「多灯分散(たとうぶんさん)」といって複数の照明を組み合わせて生活シーンに合わせて光をコントロールする考え方が主流になってきました。
多灯分散型の照明計画においてシーリングライトはメイン照明の役割を果たします。

 

照明の種類② ペンダントライト

ペンダントライトは天井から吊り下げた照明のこと。
ダイニングテーブルの照明などでよく見られますね。

キッチンカウンターなどにも用いられます。

特徴は、目線の高さにあるためインテリアのアクセントになる、照らす範囲が限られるのでメイン照明にはならない、といったところ。
上のダイニングテーブルの画像のように傘をかぶっていると傘の下の範囲しか照らしませんし、下のカウンターの画像のような照明ではひとつひとつは明るさが限られているためほかの照明と組み合わせて明るさを確保することになります(詳しくはのちほど)。

中島工務店ではMAYUHANA(まゆはな)シリーズの大きなペンダントライトをリビングなどでよく採用しています。

吹き抜けなどの大空間にはデザイン性が高いペンダントライトを配置するととても印象的。
ただし、これひとつでは明るさが不足する場合があるので、ほかの照明とうまく組み合わせてメインとなる照明の美しさを引き出すのがポイントです。

 

照明の種類③ ダウンライト

ダウンライトは天井埋め込み型の照明で小型のものを指します。
メイン照明の補助として使ったり、複数のダウンライトを組み合わせて使ったりするほか、飾り棚などピンポイントの照明としても使われます。

天井埋め込みだし小さいので、照明そのものを目立たせたくないときにオススメ。
天井面はスッキリしますが、下しか照らせないため天井は暗くなるので注意しましょう。
なお、のちほど詳しくお話ししますが、ダウンライトは構造にも影響するためつけたいなら早めに相談しましょう。

 

照明の種類④ ブラケットライト

ここまでに紹介した照明がすべて天井に設置するものだったのに対して、ブラケットライトは壁付の照明です。
壁の反射を利用するので、照明のデザインによって陰影を楽しめます。

周囲全体を照らす、最もシンプルなタイプ。
このタイプは正面に立つと光が直接目に入るので配置に注意しましょう。

光の方向が限定されたタイプ。
どこを照らし、どんな陰をつくるのかセンスのみせどころです。

おもに補助照明として使われますが、ロフトなど天井が低いときにもブラケットは重宝されます。
吹き抜けの階段など天井が高いところでも、ブラケットを選ぶことがあります。

 

照明の種類⑤ 間接照明

間接照明は、光源が直接目に入らず、壁や天井を照らした反射光を利用する照明です。
空間をほんのり明るくするので、寝室の雰囲気づくりやトイレなど小さな空間の照明に適しています。

天井や壁の反射光で明るさを確保するので、光を当てる天井・壁を白っぽい明るい色にするのがポイント。
以前は間接照明は電球の交換がたいへんでしたが、LEDが普及した現在はあまり心配する必要はないでしょう。

 

照明計画の注意点① 多灯分散で考えよう

これから家を建てるなら多灯分散型がオススメ。
多灯分散型のメリットはおもに2つ。
①複数の照明を生活シーンによって使い分けることで光環境を楽しめる。
②不要な照明を使わないことで省エネになる。
です。

最近は色を変えられる照明も多いので、宿題や作業をするときは白っぽい照明で周囲をまんべんなく明るくする、くつろぐときはオレンジっぽい照明を少なめにつける・間接照明にするなど使い分けると居心地よく、しかも省エネになるということです。

多灯分散型では、いろいろな種類の照明をどのように組み合わせるかがポイント。
実際、ここまでに紹介した画像でもひとつの空間に複数の照明が配置されていますよね。

なお、多灯分散型でも基本的には天井照明をメイン、壁付け(ブラケット)はサブと考えましょう。
また、サブ照明をつけたりスタンドを持ってくるのが面倒になることもあるので、基本的な明るさはメイン照明で確保しておいた方が安心です。
メイン照明を決めた上で、その部屋で何をするか考えて必要な場所にピンポイントでサブ照明を追加していくと使いやすいはずです。
全体の統一感とバランス、使い勝手を考えながら照明を配置するのは簡単ではありません。
どんなイメージにしたいかを早めに設計士に伝えて、提案してもらいましょう。

 

照明計画の注意点② キッチン・洗面・トイレは実用性重視

リビングや寝室は雰囲気重視の照明計画がよいかもしれませんが、キッチン・洗面・トイレなどでは雰囲気より実用性を優先しましょう。
キッチンやトイレでは作業しやすい明るさのほか、手元に影ができないような配置も重要です。

キッチンの失敗あるあるは、吊戸棚を開けると照明に当たるというもの。
吊戸棚をつけるなら、扉を開いたときの照明との位置関係を今一度確認しましょう。

洗面台やドレッサーを置く場所の照明は、明るく白っぽい光が基本です。
薄暗いところやオレンジの光の下でメイクしたり髪をセットするのは難しいですよね。
照明で実用性を重視する分、洗面台を造作にするなど空間全体でおしゃれな印象を目指すとよいでしょう。

 

照明計画の注意点③ 動線とスイッチの位置・人感センサー

よく言われることですが、スイッチの位置は動線を考えて決めましょう。
基本は、その部屋から出るとき最後に通る場所=その部屋に戻るとき最初に通る場所にあると使いやすくなります。
特に夜暗いときをイメージして、どこで照明がつけられるとよいか図面の中を歩いて考えてみましょう。

玄関や廊下、ウォークインクローゼットなどでは人感センサーを検討することもあると思います。
多くの製品で人感センサーの設定時間は3分くらいが上限です。
玄関やトイレなど3分以上の使用が考えられる場所では使いにくい場合があるので注意しましょう。

注意というほどではありませんが、飾り棚のスイッチはメイン照明と連動させるのがオススメです。
というのも、飾り棚単体でスイッチを用意していると結局使わなくなってしまったという話をよく聞くから。
メイン照明と連動しておけば、いつまでも設計したときの意図通りに素敵な空間が続くはずです。

 

照明計画の注意点④ できるだけピンポイントで計画しよう

冒頭でも言いましたが、照明は設計時に位置を決め、建て方後まもなくだいたいの位置まで配線されてしまいます。
つまり、比較的早い段階でどこにどんな照明をつけるか決めなくてはいけません。
特に、中島工務店のように構造材が見える家ではピンポイントで決める必要があります。

というのも、梁に照明を取り付ける場合、梁の上部に配線のための溝があり、その溝はプレカット(構造材の加工)時点でつくらなくてはいけないから。
天井を張る家なら建て方後にも多少の変更はできますが、構造材を見せる家ではピンポイントで決めなくてはいけません。

ダウンライトの場合は、さらに早めに決定しなくてはいけないことも。
なぜなら、ダウンライトは天井埋め込み=天井より上に照明本体があるため断熱材や気密シートの施工に関わることがあるから。
ダウンライトを埋め込むためには、薄いものでも10センチくらいは天井裏にスペースを確保しなくてはいけません。
それが外部に接する場所(上に部屋がない天井)だと断熱材や気密シートの施工方法が変わってくるんです。
さらに勾配天井だと、勾配天井対応のダウンライトにしなくてはいけません。

ダウンライトは特に後から増やせないタイプの照明です。
ピンポイントでどこにいくつつけるのか、しっかり検討しましょう。

 

照明のコストを抑えたいなら

最後に、照明のコストの抑え方を考えてみましょう。
といっても、中島工務店の場合で延床面積35坪の家の照明費用は30~50万円なので、ン十万円も抑えるというわけにはいきません。
その点はご理解いただいた上で、となりますが。

やるとしたら、メイン照明にのみこだわってほかの照明はシンプルにまとめること。
多灯分散型の照明計画では照明器具をたくさん配置します。
ダウンライトやシンプルなブラケットなど器具の費用が控えめなものをサブ照明に多用すれば、全体的な費用削減につながります。
照明は空間のイメージを左右するので安ければいいというものではありませんよね。
大事なのはメリハリです。
やはり早いうちに予算と叶えたいイメージを設計士にしっかり伝えるのが大切です。

 

来場予約はこちら