愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

電気とガスどっちがお得?コスト&省エネ徹底比較~エアコン・床暖房・エコキュート・エコジョーズ・ハイブリッド給湯器組み合わせ別シミュレーションやってみました~

 

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『電気・ガスの省エネ&コスト比較』です。

家づくりで一度は悩むのが「オール電化にするか、ガスにするか」ではないでしょうか。
一番気になるのは月々の光熱費だと思いますが、ほかにもイニシャルコスト(最初の機器購入費・工事費)、耐用年数などいろんな角度から考えるところです。

今日は、結局電気とガスはどっちがお得なの!?という質問に機器の組み合わせ別シミュレーションで答えてみたいと思います。
シミュレーションの条件はこれから述べますが、あくまで「この条件の場合」ととらえてください。
光熱費や省エネ性能は建物の性能や暮らし方によってずいぶん違ってきます。
できるだけ一般的な条件でやってみたつもりですが、参考としてご覧いただき、実際に決めるときには「うちの場合」をシミュレーションしてもらうことをオススメします。
また、シミュレーションはどこまでも設計上の理論値です。
実際に住んでみるとシミュレーション通りにならないケースもありますので、あらかじめご了承ください。

それでは、まずは使用ソフトと条件設計の確認から始めましょう!
かなり長いので、手短かに結果だけ知りたい方は使用ソフト・住宅の条件設定と最後のまとめをご覧ください。

 

使用したソフト=ホームズ君

今回使用したのは住宅性能診断士ホームズ君「省エネ診断エキスパート」
木造住宅の省エネ性能の計算と評価をするソフトで、住宅会社の設計士など専門家が使用するものです。

ネットで検索すると、一般の方が自由に使える光熱費シミュレーションサイトがたくさんあります。
電力会社やガス会社、設備機器メーカーなどが提供しているものです。
これらとホームズ君の違いは、細かい条件設定と計算ができること。
こういうことです↓↓↓↓

●ホームズ君
・入力すること:断熱材性能・サッシの性能・床面積・設備の種類や熱源など
・結果:年間の一次エネルギー消費量、冷暖房負荷、月別光熱費などで表示
●ネットで使えるシミュレーター
・入力すること:現在の光熱費、家族構成、使用機器など
・結果:光熱費想定額、今よりお得になる金額など

 

ホームズ君はプロ向けソフトですから、省エネや光熱費を考える上で必要な設計上の条件を反映して詳細な試算ができるというわけです。
次に紹介する「住宅の条件設定」をご覧いただくとよくわかると思います。

 

住宅の条件設定

では、シミュレーションに使用した住宅の条件設定を確認しましょう。

●省エネ基準地域区分:6
●UA値:0.54
●延床面積:175.55㎡(53.1坪)
●外皮等面積:408.31㎡

 

省エネ基準地域区分というのは、地域の気候の特徴を省エネ基準に反映するために全国を8つに分けたもので、地域区分ごとに基準が決められています。
こちらの日本サステナブル建築協会の資料がわかりやすいので参考にしてください。
地域区分6(6地域)は北関東や北陸から西日本全域に広がっていて、東海地区はほとんどが該当します。
下の画像のオレンジの部分です。

省エネ基準地域区分

 

なお、実際の地域区分は市町村単位で決められています。
詳細はこちらをご確認ください(国土技術政策総合研究所サイト内資料)。

UA値(外皮平均熱還流率)は断熱性能・省エネ性能の指標で、数値が小さいほど性能が高いことを示します。
省エネ基準の6地域の基準はUA値0.87。
高断熱住宅を謳っているハウスメーカーで0.3~0.45前後。
今回の住宅は0.54ですから、特に高断熱を謳うほどではないけれど省エネ基準は大幅に上回った、イマドキのちゃんと断熱した家だといえます。
なお、シミュレーション対象住宅の断熱仕様はこんな感じです↓↓↓↓

その他設定
ガスは都市ガス、冷暖房の設定温度は冷房27℃、暖房20℃。
光熱費は電気27円/kWh、都市ガス155円/㎥、灯油100円/Lで計算(実際には契約先やプランによって異なります)。
床暖房がある場合はリビングなど主要な部屋のみ、約35㎡=21帖程度としています。

以上、使用ソフトと住宅の条件設定を踏まえると。
東海地方の大部分を占める6地域にあり、イマドキの断熱性能を備えた家で、専門的なシミュレーションをしたのが今回の結果です。

 

比較した機器

今回は電気とガスを使用したいくつかの機器の組み合わせで比較してみました。
というのも、結果を見てもらうとわかるんですが電気かガスかを選ぶだけでなく、どの機器を選ぶかでずいぶん違いが出るものですから。
特に光熱費に響くのは暖房と給湯です。
なぜって、暖房と給湯が家庭のエネルギー消費の半分以上を占めているから!

 

冷房は影響がとても小さいですし、実際のところエアコンしか選択肢がありませんよね。
なので暖房と給湯の熱源・機器の組み合わせを変えて、この9パターンを比較しました。

今回比較したパターン
①エアコン×ガス高効率給湯器(電気×ガス)
②エアコン×エコキュート(オール電化)
③エアコン×ハイブリッド給湯機(電気×ガス/給湯は電気とガスのハイブリッド)
④エアコン+温水式床暖房×エコキュート(オール電化+温水式床暖房)
⑤エアコン+電気式床暖房×エコキュート(オール電化+電気式床暖房)
⑥エアコン+石油温水床暖房×石油給湯器(電気×石油)
⑦エアコン+電気式床暖房×ハイブリッド給湯器(電気×ガス/給湯は電気とガスのハイブリッド)
⑧FF式ガス暖房機×ガス高効率給湯機(オールガス)
⑨FF式灯油暖房機×石油高効率給湯機(オール石油)

 

①~③が基本のエアコンと給湯器の組み合わせシミュレーション。
④⑤はそれに床暖房を追加した場合。
⑥~⑨は寒い地域で見られる石油がFF式ガス暖房機などを採用した場合です。

このあとそれぞれの光熱費・一次エネルギー消費量を見ていきますが、ランニングコストと同じく気になる製品代金と耐用年数を先に確認しておくと。

給湯器のイニシャルコスト
給湯器の製品代金は低い順に、ガス高効率給湯機<石油高効率給湯機<エコキュート<ハイブリッド給湯機。
製品にもよりますが、ハイブリッド給湯器はガス高効率給湯機の2~4倍程度になります。
ただし、ガス高効率給湯機とハイブリッド給湯器はガス引込工事が必要です。
オール電化(エコキュート)だとそもそもガス引込工事が不要になるので、イニシャルコストはその分(20~30万円程度)抑えられます。

給湯器の耐用年数
どの給湯器でもだいたい15年前後と違いがありません。

さあ、シミュレーションの前提条件がすべて整いました(長かったですねぇ・・・すみません)。
どれがどのくらいお得なのか、早速見ていきましょう!

 

①エアコン×ガス高効率給湯器(電気×ガス)

エアコンとガス給湯器はとても一般的な組み合わせではないでしょうか。
「うちもそう!」って方、多いはず。
ガス高効率給湯機はエコジョーズという名前で知られていますね。
まずは皆さんになじみのあるエアコン×ガス高効率給湯器から見ていきましょう。

結果は。
年間光熱費 268,708円
年間一次エネルギー消費量 91.6GJ(ギガジュール)

一次エネルギー消費量というのは要するにエネルギー消費量です。
石油や原子力、風力など自然から得られるエネルギーを一次エネルギー、それを変換した電気やガスを二次エネルギーといいますが、二次エネルギーはモノによって単位が違います。
電気ならkW、ガスなら㎥など。
エネルギー消費量を考えるときに単位が違うと実際どれだけエネルギーを使っているのかわかりません。
そこで単位をそろえるために一次エネルギーに変換して比較するんです。
だから「一次」というのはまあ置いといて、単純にエネルギー消費量が多いか少ないか比べてもらえば大丈夫です。

 

②エアコン×エコキュート(オール電化)

続いてオール電化、エアコン×エコキュートを見ていきましょう。
結果はこちら。
年間光熱費 240,964円
年間一次エネルギー消費量 87.2GJ

今回のシミュレーションでは、トータルコスト的にはエアコン×エコキュートが最強です。
次に紹介するハイブリッド給湯器の方がランニングコストは抑えられるんですが、イニシャルコストまで考えるとエアコン×エコキュートの方が安くなる可能性が高いからです。
詳しくは次の項目をご覧ください。

ところで、ホームズ君ではこんな感じで結果が出てきます。
一緒に表示されている「比較プラン」は従来型のそれほど断熱性がよくない家で、参考として表示されますがとりあえず気にしないでください。

今回取り上げるすべてのシミュレーションでこうした数値を算出していますが、なかなかスペースをとるので本文中では結果のみ表示していきたいと思います。
では次いってみましょう!

 

③エアコン×ハイブリッド給湯器(電気×ガス)

①の電気×ガスのパターンで給湯器をさらに省エネな機器にしたのがこちら、エアコン×ハイブリッド給湯器です。
ハイブリッド給湯器はエコキュートのようにヒートポンプでお湯をつくりつつ、貯湯タンクのお湯がなくなったらガス高効率給湯機でお湯をつくるという優れもの。
省エネ性能にも優れています。

で、結果はというと。
年間光熱費 228,937円
年間一次エネルギー消費量 81.5GJ

床暖房を含まない、エアコンと給湯器の組み合わせの中ではエアコン×ハイブリッド給湯器がランニングコストを最も抑えられます
ただしハイブリッド給湯器はエコキュートよりイニシャルコストが高くつきます。
機器代が1.2~1.8倍程度になるほか、ガス引込工事も必要です。
エコキュートと比べると、ランニングコストは年間12,000円ほどの差。
耐用年数を15年と想定すると、12,000円×15年→180,000円。
う~ん・・・残念ながら、イニシャルコストが増える分を光熱費削減分で補うことはできません。
いわゆる元が取れないというやつです。

とはいえ、エネルギー消費量はエアコン×ハイブリッド給湯器が最少です。
地球環境のことを考えると、この組み合わせを選びたいですね。

 

④エアコン+温水式床暖房×エコキュート(オール電化+温水式床暖房)

ここからは暖房器具に床暖房を追加した場合を見ていきましょう。
お客様からも「床暖房を入れたい」というご相談、よくいただきます。
エアコンとはあったかさの質が違いますもんね。

床暖房は温め方によって、おもに温水式と電気式があります。
温水式は床下にお湯を流して温めるもの、電気式は電熱線/ヒーターで温めるものです。
まずは②のオール電化仕様に温水式床暖房を追加した場合を見てみましょう。
オール電化なので、床暖房の熱源も電気です。

年間光熱費 251,657円
年間一次エネルギー消費量 91.0GJ

床暖房なしの場合に比べて1万円ほど光熱費が上がりました。

 

⑤エアコン+電気式床暖房×エコキュート(オール電化+電気式床暖房)

次に電気式床暖房の場合です。
結果は。

年間光熱費 344,194円
年間一次エネルギー消費量 124.5GJ

光熱費もエネルギー消費量もびっくりするくらい上がりましたね!
光熱費は床暖房なしの場合と比べて約10万円、温水式床暖房の場合と比べて9万円もアップしました。
これだけ見ると「床暖房を入れるなら温水式一択!」って感じですが、電気式もハイブリッド給湯器と組み合わせるとアリなんです。
詳しくは⑦エアコン+電気式床暖房×ハイブリッド給湯器をご覧ください。

なお床暖房は設置費用がかなりかかります。
設置面積によって大幅に違いますが、50~100万円くらいかかることも。
温水式なら床暖房を入れても光熱費はそれほどアップしませんから、あとはイニシャルコストをかけるかどうかの判断になりそうです。

 

⑥エアコン+石油温水床暖房×石油給湯器(電気×石油)

さて、ここで給湯と床暖房の熱源を石油(灯油)にした場合を見てみます。
愛知県では自宅に灯油タンクがあるのはめずらしいと思いますが、寒い地域では一般的。
東海地区では岐阜県内、特に山間部ではよく見られます(中島工務店の本社がある中津川市加子母でも多いです)。

年間光熱費 269,799円
年間一次エネルギー消費量 97.6GJ

オール電化+温水式床暖房よりやや高いという結果になりました。
が、寒い地域で多く採用されているということは3地域や4地域になると結果が変わってくるのかもしれません。
やはり実際に建てる地域の気候と建物の性能を踏まえたシミュレーションが大事だとわかりますね。

 

⑦エアコン+電気式床暖房×ハイブリッド給湯器(電気×ガス)

先ほど光熱費が跳ね上がった電気式床暖房ですが、最もランニングコストがかからなかったエアコン×ハイブリッド給湯器と組み合わせるとどうなるのでしょう。

年間光熱費 251,928円
年間一次エネルギー消費量 89.8GJ

さっきに比べると大幅に下がりました。
オール電化+温水式床暖房と光熱費はほぼ同じで、エネルギー消費量はさらに削減されています。

電気式床暖房は温水式に比べて設置コストが低い、小スペースに適している等のメリットがあります。
電気式床暖房を導入するならハイブリッド給湯器との組み合わせを検討してみるのがよいでしょう。

 

⑧FF式ガス暖房機×ガス高効率給湯機(オールガス)

FF式とは建物外部と配管がつながっていて、外から取り込んだ空気で燃焼し、燃焼後の排気ガスも外部へ排出する方式です。
フツーのガスファンヒーターが外部に接続されているとイメージしてください。
空気を汚さず換気の必要がない等のメリットがあります。
こちらも寒い地域で採用されることが多いものです。
6地域で検討する必要があるのかというとまあありませんが、シミュレーションなので参考までにご覧ください。

年間光熱費 300,282円
年間一次エネルギー消費量 95.7GJ

こちらも寒い地域でシミュレーションするとまた違うのかもしれません。

 

⑨FF式灯油暖房機×石油高効率給湯機(オール石油)

最後はこちら、熱源がオール石油(灯油)でFF式暖房機を採用した場合です。

年間光熱費 329,164円
年間一次エネルギー消費量 95.6GJ

熱源がガスの場合より、やや高くなりました。

⑧と⑨は寒い地域で多い方法なのでエアコンを設置していない想定ですが、近年の酷暑を考えると、かなり寒い地域でもエアコンなしというわけにはいかないでしょう。
もはや命に関わりますから、住宅会社としては設置しておきたいところです。
というわけでエアコンも設置すると、光熱費・一次エネルギー消費量ともにもう少しプラスになります。

 

まとめ

長かったですね~。
わかりやすく表にしてみました。

基本のエアコン+給湯器については。
ランニングコスト最安はエアコン×ハイブリッド給湯器。
トータルコスト最安はエアコン×エコキュート。
最も省エネなのはエアコン×ハイブリッド給湯器。
です。

床暖房は
オール電化なら温水式。
電気式を選ぶならハイブリッド給湯器との組み合わせがオススメ。

といったところですね。

最初にもお話ししたとおり、これは今回の条件下での結果です。
建物の性能や地域が変われば結果も変わります。
実際に建てる際には、自分の家の条件で住宅会社にシミュレーションしてもらいましょう。

ところで。
電気かガスかを選ぶポイントは光熱費と省エネだけではありませんよね。
もうひとつ、多くのお客様が重視するポイント「料理」について比較実験してみました!
思ったより差があってビックリ・・・という結果に。
こちらの記事をご覧ください↓↓↓↓

来場予約はこちら