愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

IHクッキングヒーターvsガスコンロ 調理実験やってみました~お湯を沸かす・煮る・焼く・炒めるの時間と味比較!~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『IHクッキングヒーターvsガスコンロ 調理実験』です。

前回、光熱費と省エネの観点から電気とガスを比較しました。

機器の組み合わせにもよりますが、東海地方の大部分を占める6地域では基本的には電気が有利と言えそうです。
でも、電気かガスかを決めるポイントってもうひとつありますよね。
そう!調理です。
暖房や給湯は部屋が温まったりお湯が出たりすれば、その熱源はコストが低くて省エネな方がいいに決まっています。
でも調理は違います。
「食」に関わることですから、味や見ためがとても重要。
やっぱりおいしい方がいいですもんね。

というわけで、今回は長久手StudioのIHとガスコンロを使って調理実験をしてみました。
お湯を沸かす、煮る、焼く、炒めるという4つの調理を材料・味付け(調味料)の分量を同じにして挑戦。
調理方法で差がつかないように、調理作業は1人のスタッフがすべて担当。
味・見ため・調理時間を評価しました。

味も見ためも主観じゃないかって?
その通り。
というか、そこが狙いなんです!
ガス会社やメーカーのショールームに行けば、サーモグラフィなんかを使ってもっと本格的な実験をやらせてもらえます(面白いので行ってみる価値ありますよ!東邦ガスさんだとこんな体験やってます)。
でも、なかなかなスピードでフライパン振らされたり調味料ガシガシ入れたりして「家ではこんなことできないよ?しないよ?」状態になることもしばしば。
その手際の違いが味の違いになってるんじゃないかというくらい・・・。
なので、もっとリアルに家でつくってる感じでやってみて、味や見ためも家で食べる感覚で評価しよう!というのが今回の実験です。
料理の楽しみ方なんて、結局主観なんですから。

では、実験の結果を見てみましょう!

 

比較① お湯を沸かす

これは時間の勝負です。
こんな感じで、同じ分量の水が沸騰するまでの時間を計りました。
火力はどちらも最初から最後まで最大にしました。

結果。
IH 1分27秒、ガス2分59秒。
IHがガスの半分以下の時間で沸騰、圧勝でした。
電気ケトルの人気からもわかるように、お湯を沸かすなら電気で間違いなさそうです。

 

比較② 煮る~かぼちゃの煮物

煮る実験ではかぼちゃの煮物に挑戦。
まず、調理時間はというと。
IH 12分40秒、ガス12分45秒と誤差の範囲。
お湯を沸かす対決でIHが圧勝したので煮るのも早いかと思いきや、差がつかないという結果になりました。
今回は「完成」も主観で判断しているので、やわらかさなどなんらかの方法で測定してより正確さを求めれば差が出るのかもしれません。
が、家庭料理というレベルでは差はないといえそうです。

肝心の味と見ためはスタッフ6人で試食して評価しました。

見ためが違うんですけど、コレ写真の撮り方のせいじゃなくてほんとに違ったんです。
火が通るまでの所要時間はほぼ同じだったんですが、IHは煮汁がたっぷり残ったのに対してガスはほとんどなくなりました(どちらも蓋なしで調理)。
ガスの方が煮詰められたという感じですね。

味も予想以上に違ってビックリ。
ガスの方がかぼちゃがほくほくして素材の甘味が感じられたのに対し、IHもおいしいんですがガスに比べると素材の印象が薄いという評価で全員が一致しました。
ほくほく感は見ためでもわかりますよね。
これは見ため・味ともにガスの勝利と言っていいでしょう。

実は、煮る実験だけヘルシオでもやってみました。
かの有名なウォーターオーブン。
長久手Studioのセミナールームに鎮座していて、ふだんはほぼ電子レンジとしてのみ使われています(笑)
結果は調理時間40分、味はよく染みていておいしいんですが、やわらかくなりすぎて箸で持つとすぐに崩れ落ちてしまいました。

というか40分もかかる時点でヘルシオはなしでしょ、って思ってしまいます。
煮物をヘルシオに任せておいて、そのあいだにIHやガスコンロでほかのものをつくる!という人にはいいのかもしれません。

 

比較③ 焼く~ベーコンエッグ

焼く実験はベーコンエッグ。
たまごは半熟くらいを目指しました。

調理時間はIH 2分45秒、ガス2分18秒
30秒弱ガスが早かったですが、差があるというほどではありません。

仕上がりはこんな感じ。

同じ場所で撮影しているのに、なぜかガスの方が黄色っぽい???
えーと・・・色はともかく、ベーコンの焼き上がり具合が若干違うのがおわかりいただけるでしょうか。
IHの方が全体にポコポコと波打ったようになったのに対し、ガスは脂が多い部分を中心に収縮したような姿になりました。
見ためは食感にも反映されていて、ガスの方がパリッ、カリっという感じ。
たまごにはそれほど違いはありませんでしたが、ガスの方がやや端っこの方にパリパリ感がありました。
ベーコンエッグの仕上がりは好みが分かれるところだと思いますが、パリッと感が好きならガス、やわらかめがいいならIHという結果になりました。

 

比較④ 炒める~もやし炒め

最後は炒める実験。
もやし炒めをつくってみました。
今回はもやしとニラ、ウィンナーをサラダオイルで炒めて、塩コショウでシンプルに味付けします。

メーカーさん等の(特にガス推しの)調理実験ではチャーハンなど炒める料理をやることが多いよう。
強い火力で手早く調理するのがコツなので、基本的にガス有利なんですよね。
というかフライパンを振れない(=器具から離すと熱が伝わらない)IHはそもそもつくり方が変わってしまう。
なので、今回もおそらくこれが一番差がつくんだろうなぁと思いながらやってみました。

調理時間はIH 2分20秒、ガス1分44秒
30秒強の差となりました。
こちらも家庭料理としては大きな差はないといえますが、ただ体感として2分かからないガスは早いな~という印象ではありました。
今回はガスの方もフライパン振ってません。
家庭料理らしく(?)菜箸で混ぜながら炒めました。

出来映えはこちら。
もやし炒めだけカメラアプリ変えました(ちょっとおいしそうに撮りたくて・・・Foodieです)

見ために差は感じられませんね。
でも、食べてみると全然違っていて。
ガスの方がもやしがシャキシャキ、ウィンナーもパリッとしていて香ばしい!
IHは特にウィンナーがボイルしたような食感で、やわらかめで香ばしさは感じられませんでした。
やはり炒め物はガス有利!ということでしょうか。

 

まとめ

結果を一覧にしてみました。

ガスの方がパリッと感やシャキシャキ感があってIHの方が全体にやわらかめに仕上がるということがわかりました。

ちなみに。
味や食感の好みは人それぞれだとは思いますが、試食に参加した6人は全員一致でガス!となりました。
写真じゃ伝わらないと思いますけど、実際食べると違いは歴然としていたんです。
正直「差がつかなかったらボツだなぁ」と思いながら始めたんですが、想像以上に面白かったです。
熱源・機器を選ぶときにはやはりショールームなどでの調理実験に参加するのをオススメします。
自分の主観で判断してみてください。

また、IHかガスかを選ぶ際には安全性や掃除のしやすさといった検討ポイントもあります。
そういった点も実際に触ってみると考えやすいでしょう。

 

今回使用したキッチン

最後に今回使用したキッチンをご紹介しておきます。
IHクッキングヒーターはこちら↓↓↓↓

長久手Studioのセミナールームにあるキッチンで、IHクッキングヒーターは日立のHT-F7TFS
消費電力は5.8kWです。

一方、ガスコンロはこちら。
長久手Studioのモデルハウス部分にあり、ガスコンロはハーマンのC3WL5PWA
ガス消費量は4.20kW(13Aの場合)です。

 

来場予約はこちら