愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

台風に強い家とは?~メンテナンススタッフが考える台風に強い家チェックポイントと台風後の対応~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『台風に強い家』です。

2018年には台風21号を中心に、いくつかの台風が日本各地に大きな被害をもたらしました。
東海地区では特に21号・22号の被害が大きく、当社メンテナンス課も対応に追われました。
今回は、台風や豪雨、爆弾低気圧、竜巻など雨風による住宅被害に対して家を建てるときにどのように備えることができるのか、実際に台風が通過した後には何をすればいいのか、被害に遭ったらどうすればいいのかを中島工務店メンテナンススタッフに聞いてみました。

 

台風に強い家とは~①建築基準法は倒壊しない基準

建物の基準といえば建築基準法で、風に対する基準ももちろん書かれています。
その内容を具体的に把握しようとすると建築基準法施行令87条を読み解かなきゃいけないんですが、とても専門的で難しいので、代わりに住宅性能表示の基準を見てみましょう。
というのも、住宅性能表示の耐風等級1と建築基準法の基準が同等なんです。

耐風等級1(建築基準法を満たしたもの)
極めて稀に発生する(500年に1度程度)暴風による力の1.6倍に対して倒壊、崩壊等せず、稀に(50年に1度程度)発生する暴風による力に対して損傷を生じない程度。(国土交通省「新築住宅の住宅性能表示ガイド」より抜粋・一部編集)

 

500年に1度の暴風というのは、伊勢湾台風の名古屋気象台の記録を指すそうです。
「伊勢湾台風」級は台風の特別警報発令の指標にもなっており(気象庁資料)、そう頻繁に起こるものではありません。
つまり、フツーに建築基準法を満たす建物を建てておけば台風で家そのものが倒壊することはないといえます。
なお、耐風等級2はこのさらに1.2倍の力に対して倒壊・崩壊しないという基準なので、さらに安心できそうです。
地域の気候の特性や立地条件によって台風対策も変わってきますので、家づくりに際して特に暴風対策が気になる場合は早めに設計士に相談しましょう。

※住宅性能表示制度:住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)に基づく制度。良質な住宅を安心して取得できるように性能に関する表示にルールを設け、第三者機関が評価する。
※伊勢湾台風:1959年、紀伊半島から東海地方を中心に死者・行方不明者5,098人、負傷者38,921人、住宅の全壊36,135棟、半壊113,052棟など甚大が被害を及ぼした。

 

台風被害の実態~2018年台風21号 中島工務店の場合

上記の通り、フツーに建築すれば構造的な心配はあまりなさそうですが。
実際の台風で件数が多い被害は雨漏りやモノの飛散です。
住んでいる立場からすれば「構造的に倒壊しなければいい」というものじゃないですもんね。
そこで、今回はメンテナンススタッフが考える「台風被害を受けにくい家」を聞いてみたわけですが。
その根拠はメンテナンススタッフの知識と経験、すなわち実際に対応してきた事例です。
この項ではよくある事例と原因をご紹介し、それを踏まえて、次の項でメンテナンススタッフが考える「台風被害を受けにくい家」のポイントをご紹介します。

2018年台風21号
今回取り上げるのは2018年台風21号の事例です。
台風21号は2018年9月4日に徳島県に中心気圧950hPa・最大風速45m/sの非常に強い勢力で上陸、その後、兵庫県神戸市に再上陸し、日本沿岸を北上しました。
全国のおもな被害は次の通り(消防庁資料)。
死者14人、負傷者1,011人
住宅の全壊59棟、半壊627棟、一部損壊85,715棟。
住宅は「一部損壊」が最も多い被害となっていますが、このおもな内容が雨漏りやモノの飛散です。

中島工務店の事例~雨漏り
中島工務店のお客様宅の事例で多いひとつが雨漏りです。
おもにサッシまわり・FRP防水の水切りの取り合い・入隅などで起こりました。
わかりにくいですね・・・。
要するに、防水処理が難しいところです。

もちろん防水処理はしているんですが、強い風が吹くことで普段水が入らないところに入ってしまうのが原因で、壁などをつたって雨漏りが起こるというしくみです。
なので、台風のときに雨漏りしたけれど、過ぎてしまえば雨が降ってもなにも起こらないなんてこともあります

中島工務店の事例~飛散
飛散が多いのは、カーポートの屋根・板金屋根の棟・カラーベスト・割れた瓦などです。
瓦屋根はきちんとビス留めされていればそれ自体が飛ぶことはありませんが、暴風でモノが飛んできて瓦が割れて飛ぶことがあります。
原因は暴風、それに尽きます。

[被害事例]屋根の棟が破損

 

モノが飛散すると自分の家が壊れるだけでなく、近隣の人の家などにぶつかってガラスを割るなどの被害をもたらすこともあります。
我が家にモノが飛んできた!という被害もあり得ます。
避けられないことも多いですが、少なくとも屋外に植木鉢など飛びそうなものがあるときには屋内に移動したり、飛ばないように縛るなどしておきましょう。

 

台風に強い家とは~②メンテナンススタッフが考えるポイント

雨漏りとモノの飛散の原因はとにかく風。
暴風が普段は水が入らないところに水を運んでいき、外部のモノを吹き飛ばす!というわけです。
逆にいうと、それを防ぐことが台風被害を抑えるポイントになります。
では、具体的に見ていきましょう。
なお、ここでご紹介するのはあくまで中島工務店のメンテナンススタッフが知識と経験に基づいて考える「台風の被害を受けにくい家」です。
どのような家でも被害を受けることはあり得るし、これまでの事例に基づいて対策を講じていても想定外の規模や頻度の災害が起こった場合には対処できません。
その点をあらかじめご了承いただいた上で、家づくりの参考にしてください。

ポイント① シンプルな形状の建物にする
雨漏りの箇所に入隅がありましたが、部材と部材の取り合いが複雑な箇所が増えるほど雨漏りしやすいところをたくさんつくってしまうことになります。
外観デザインは重要ですが、複雑になりすぎるとそんなリスクもあることを頭の片隅に置いておいてください。

ポイント② 庇は長い方が雨に強い(ただし風に弱い・・・)
庇が長いと、サッシまわりに普段と違う角度から雨が当たるのを抑えられます。
ただし風で飛んでしまう可能性も高くなるので、設計士と相談しながら適切な長さを検討しましょう。

ポイント③ 瓦は1枚ずつビス留めする
これまでの事例では、ビス留めしておけば瓦が飛ぶことはまずありません。
1枚1枚ビス留めするのを標準工法にしている住宅会社を選ぶと安心です。

ポイント④ 防水処理を確認する
雨漏りを防ぐ基本は防水処理です。
住宅会社を選ぶ際に、どのような防水処理をしているか説明してもらいましょう。
防水シート(ルーフィング)をきちんと施工しているか、台風時に雨が入りやすい貫通部(配管・配線が通っているところ)の防水処理に専用部材を用いているかなどがチェックポイントです。

[被害事例]カラーベストがめくれた

 

台風が過ぎ去ったらここをチェック!

どれほど備えていても台風の被害を完全に防ぐことはできません。
台風が過ぎ去ったら、まずは我が家の状態を確認しましょう。
確認方法はこんな感じ↓↓↓↓

台風の後の住まいのチェック方法
①家の周りを歩いて、落ちているものやなくなっているもの、ぶつかったものがないかチェック。
②少し離れたところから屋根など見えにくいところをチェック。

 

屋根は見えないので被害に気づくのが遅れることもよくあります。
台風の最中に大きな音やなにかがぶつかるような音がしたときには要注意。
少し離れたところや近隣のマンション・ビルの上から見てみるのがオススメです。
見られない場合は「大きな音がした」「なにかがぶつかる音がした」ことを建てた会社のメンテナンス担当に相談するとよいでしょう。

 

台風被害に遭ったらまず写真!~火災保険の手続きに備えて

台風被害は火災保険で補償されるケースがあります(契約内容によりますので、詳しくはご加入の火災保険証券をご確認ください)。
被害が確認できたら、建てた会社のメンテナンス担当に連絡すると共に、火災保険の手続きにも備えましょう。

火災保険の手続きは一般的に次のような手順です。

火災保険の手続きの流れ
①電話等で保険会社に報告
②写真と見積書を添えて申請書を提出
③保険会社が見積もり内容を精査し支払額決定
④保険会社に請求書を提出(完了写真が必要な場合あり)
④保険金の受取

 

まずやるのは写真を撮ること!
被害状況がわかる全景写真と、細部がわかる近くで撮った写真の両方を用意しましょう。

見積書は建築業者が用意します。
ご連絡をいただいたら現地で原因を確認、修繕方法の提案と見積書の作成へと進んでいきます。
ただし、大きな台風が通過した後はあちこちで被害が生じているのでいつもより対応に時間がかかる場合があります。
また、どのタイミングで修繕工事に着工できるかは保険会社や被害の程度によります。

 

まとめ

「台風被害を受けにくい家」についてお話してきましたが、台風被害を絶対に避けられる家というのはありません。
ただ立地によって、例えば周辺に建物が少ない(雨風を受けやすい)など被害を受けやすいことがあらかじめ想定できるケースはあります。
そういったケースでは、家づくりの際に設計士に「台風被害が気になる」ことを相談しておくとよいでしょう。

また、日頃からできることとしては①住宅会社のメンテナンス部門の連絡先を把握しておく(携帯電話に登録しておくと安心!)、②火災保険証券を確認しておく といったことがあります。
保険証券の写真をスマホに保存しておけば、被害状況の写真撮影から住宅会社・保険会社への連絡までスマホ1台でできるのでオススメ。
台風被害は誰にでも起こり得ます。
夏が近づいたら今一度、連絡先や保険の内容確認をしておきましょう。

来場予約はこちら