愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

78歳で決意した終の棲家。和風の平屋に庭の石積み、ウッドデッキがお気に入り~N様邸(2017年新築)~

きっかけは偶然立ち寄ったかしもショールーム

――お引渡しから2年経ちましたが、とてもきれいに住んでいらっしゃいますね。

ご主人・Rさん 私は生涯で3回家を建てましたが、やっぱり木の家はいいですね。

奥様・Mさん 訪ねてくる方がどなたも「旅館みたい」と言ってくださいます。2人で住む小さな家なのに、そう言っていただけるのは嬉しいですね。

――家を建て替えようと思われたきっかけは元の家の老朽化でしたね。

Rさん 元の家は、私たちが昭和46年頃に建てた家ですが、40年以上経って傾いてきていました。木造住宅で、その家で暮らしているうちに「木の家はいいな」と思うようになったよい家だったのですが、ときどき息子が遊びに来ると「めまいがする」と言うほど傾いてきてしまい、建て替えるしかないと思うようになりました。それで子どもたちに「人生最後の仕事として、家を建てたい」と言ったら2人とも賛成してくれたので、妻と相談して80歳までに家を建てようと決めました。当時78歳でした。

――中島工務店との出会いはかしもショールームでした。

Rさん ちょうどその頃、付知峡を訪ねたのですが、思い立って加子母まで足を延ばしてかしも産直市に立ち寄りました。そしたら隣にショールームがあって、ちょっと見せてもらったら「いいじゃん」となりまして。ショールームの方が「営業を呼びますよ」と呼んでくださってお話を聞いたのが最初でした。私は仕事の関係で中島工務店を知っていたのですが、土木の会社だと思っていて、まさか木の家を建てているとは知りませんでした。

Mさん 付知からたまたま奥に入っていって、中島工務店にたどり着いたことが本当に幸せだと思います。

Rさん かしもショールームをきっかけに名古屋支店を訪ねて具体的な話が始まりました。私は建物が傾いてきたのは地盤のせいだと思っていたのですが、調査してもらったら「大丈夫、同じ場所で建て替えられる」とわかりました。それで中島工務店の資料を息子の知人の建築士に見せると「この会社なら大賛成です、応援します」と大推薦してくださって。この人がいうなら間違いないだろうと思って、中島工務店で進めていこうと決めました。

 

木とはなんぞやがわかった、水と緑の勉強会

――水と緑の勉強会にもご参加いただきましたが、いかがでしたか
※水と緑の勉強会:加子母で伐採・製材・加工・建築という木造建築の一連の流れを体感していただく、森と工場見学ツアー。

Rさん あれはいい、本当にすごい!木とはなんぞやから始まって、こういうふうに使うためにはこういうふうに育てないといけないよ、こういうふうに伐採しないといけないよという話を社長自らしてくださいました。

Mさん 食事のときには産直のものをいただいて。こんなおいしいものを食べたことがないというようなものをいただきました。

Rさん 終わったらすぐに社長から当日の写真をまとめたレポートが送られてきました。自筆の手紙も添えられていて、こまめな方なんだなと思いました。

Mさん 社長さんがそのように私たちのことを気にかけてくださる方だから、社員の皆さんも一人ひとりに「心」があるんだと思います。

ご夫婦が座っているベンチは元の家の床柱を活かしたもの

 

――設計には1年近くかけましたね。

Rさん 私たちがああだこうだ言うから、設計の小林さんはたいへんだったと思います。私たちがいろいろ言うのに全部応えてくださいました。

Mさん 本当にコロコロ変えたので、とんでもなくたいへんだったと思いますよ。

――実際に住んでみて、時間を掛けた甲斐は感じていただいていますか。

Mさん お友だちからも近所の方からも「いい家を建てたね」と言っていただけます。中島工務店の皆さんが、樋ひとつでも瓦ひとつでも「こうした方がいい」「ああした方がいい」と常に提案してくださったおかげです。

 

庭の石積み、ウッドデッキがお気に入り

――2年住んでみて、特に気に入っているところはありますか。

Rさん 私が気に入っているのは庭の石積みです。リビングの窓のすぐ外にあるので、つくっているときには「こんなところにこんな石を積んだら威圧感があるんじゃないか」と思っていましたが、小林さんに「一度味わってみてください」と言われてやってみました。それが、出来上がって見てみると「ええなぁ」と思って(笑)よく考えてもらいました。

Mさん ウッドデッキも最高ですね。

Rさん 最初はいらないって、猫が寝るだけだって言っていたのに(笑)

Mさん リビングの床の続きにウッドデッキがあって、その先に石積みの庭があります。家の中にいながらそういう景色が見えるってすごくいいですよ。柿渋のすだれも風情があっていいですね。

Rさん すだれを下ろしているところにパーッと西日が入ってくるの、たまらんよ。これは付けてよかったと思います。

――自然を感じながら暮らしていただいているんですね。

Rさん 雨が降り出したときにどうやって気づくかというと、樋の音。小林さんが銅板の樋を提案してくださったのですが、その樋に雨が落ちるとピン、ピン、ピンと音がします。なんとも言えない響きですよ。

――こうしておけばよかったというところはありますか。

Rさん 土地にもう少し余裕があれば、和室も寝室も8帖にしておけばよかったと思うことがあります。土地の広さが限られている以上、どこかを削らなくてはいけません。リビングを削れば和室は広くなりますが、「使わない部屋を広くしてもしょうがない」と小林さんに言われて、「そうだな」と思って和室も寝室も6帖にしました。でもお坊さんに来ていただいてお経を上げてもらっていると「もう少し広い方がよかったな」と思います。リビングにくると「やっぱりこっちが広くてよかったな」と思うんですが(笑)

ロフトはご夫婦のプライベートジムのよう

 

家は一生もの、大事に考えてほしい

――今日はちょうど2年点検の日で、メンテナンス課の吉川もお邪魔していました。

Rさん 吉川さんは最初に来られたときに「自分は中島工務店に一生いるつもりだから、末永くお願いします」と言われました。一生つきあいます、何かあったらすぐ電話してくださいって。

Mさん 年中、皆さんがお声がけしてくださいます。老後に心配しなくていい、生涯安心の家だと思っています。

Rさん 中島工務店の人は皆、なんでもさらけ出してつきあってくれます。その方が心が許せていい。こちらも本当のことを話せます。

Mさん いつどこでお会いしてもオープンに話せます。こんな楽なことはありませんよ。

メンテナンススタッフの吉川が2年点検の報告をした

 

――最後に、これから家を建てる人にアドバイスをいただけますか。

Mさん 長い目で見て“いいもの”を考えなくてはいけません。簡単な気持ちで建てると歳月はすぐ経って、すぐメンテナンスが必要になりますから。10年もするとあっちもこっちも直さないといけないという話もよく聞きます。年を取ると特にメンテナンスは負担になりますから、先々苦労しないように考えた方がいい。家は一生つきあうものですから、大事に考えてほしいと思います。

Rさん テレビで見る新建材の家は素晴らしい宣伝をしますが、5年もすると傷んできます。リフォームすればいいじゃないかと言われるかもしれませんが、私は家は一生ものだと思います。大事に建てて、大事に暮らして、味わいが出てくる。私にはこういう家が合っています。いろいろな考え方があると思いますが、多少なりと家は一生ものだと思うなら木の家を考えてほしいと思います。

来場予約はこちら