愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

【事例画像あり】中庭のある家のメリット・デメリットと中庭をつくるときに気をつけたいこと

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『中庭のある家』です。

いま、住宅の事例検索といえばInstagramかPinterestです。
試しにインスタで「中庭」と検索すると10万件がヒット、「中庭のある家」でも2.6万件の投稿があります(2020年2月現在)。
さらに住まいとインテリアのポータルサイトHouzzで「中庭」と検索すると58万件がヒットします。
暮らしを豊かにする選択肢のひとつとして中庭は人気があります。

ですが、実際には中庭のある家ってそれほど多くはありません。
というのも、中庭はどうしてもコストアップにつながりますし、うまく使えないともったいないことになりがちなんです。
そこで、まずは中庭のメリット・デメリットと採用するとよい敷地条件を確認。
中島工務店の施工事例の中から中庭のある家をピックアップし、それぞれ中庭を設けた目的とこだわりポイント確認。
さらに中庭をつくるときに気をつけたいことを確認します。

結論としては、中庭をつくるとプラスアルファの費用がかかる→やるんなら目的をしっかり考えて設計士に相談しよう!です。

この記事でわかること
●中庭のメリット・デメリット
●中庭を採用したい敷地条件
●中庭のある家の事例
●中庭をつくるときに気をつけたいこと

 

中庭のメリット・デメリット

メリット① 光や風を取り込める
中庭があると、暗くなりがちな家の中心部にも光と風を取り込めます。
特に住宅密集地の細長い敷地では中心部の採光・通風が課題ですが、中庭をつくればそれを解決しやすくなります。

メリット② 外とのつながりとプライバシーを両立できる
自然を感じて暮らしたいという人はたくさんいますが、前庭や裏庭で過ごしていると近隣や通りがかる人の目線が気になります。
そんなときに中庭があれば、周囲の目線を気にせず外で存分に過ごせます。
子どもを安全に遊ばせたり、人目に触れずに洗濯物を干したりという用途にも最適です。

デメリット① 建築費用が高くなる
中庭をつくるためには四角い建物をわざわざ凹にしなくてはいけません。
その分、外壁や窓が増えるのでどうしても建築費用が高くなります。

デメリット② 光熱費が高くなる
採光や通風が目的である以上、中庭には大きめの窓をつけることが多いです。
窓は日射熱や涼しい風を取り入れるのに役立つ一方で、室内の暖かいor涼しい空気を逃がしてしまう断熱の弱点でもあります。
そのため、中庭があると、ない場合に比べて冷暖房費(光熱費)が余分にかかりやすくなります。

 

中庭を採用したい敷地条件

建築費用も光熱費も高くなる・・・。
なかなか大きなデメリットですが、それでも中庭を採用したくなるのは中庭のメリット=採光・通風、プライバシーを取り入れたい敷地です。
具体的には①都市部、②住宅密集地の細長い敷地です。

都市部や住宅密集地では前面道路に人通りが多かったり、隣家が近かったり、近隣のマンションやビルから庭が覗き込めたりなどプライバシーが気になる敷地がめずらしくありません。
そんなときに三方あるいは四方を自分の家で囲まれた中庭なら周囲の目を気にすることなく過ごせます。
細長い敷地では、採光・通風にもとても有効です。

まあ、だいたい想像通りですよね^^
でも、実際にそんな家を見たことがありますか?
中庭は建築費用と光熱費両方が高くなるので、実際につくる人はそれほど多くありません。
ということで、中島工務店の施工事例の中から中庭のある家をいくつか取り上げて、その目的と設計のポイントを見ていきましょう。

 

中庭のある家 事例①細長い土地で採光・通風を確保

まずは最も中庭を有効活用できる、細長い土地の事例をご紹介。

道路のある南側にリビングを配置するのが常道かもしれませんが、そうすると北側の使い勝手が限られてしまいますし、道路からの目線も気になります。
そこで敢えて少し奥に玄関を配置。
中庭を設けて、北側のリビングに光と風が届くようにしました。

中庭に面したリビングを吹き抜けにしたので、部屋全体に明るい光が射し込んできます。
中庭のウッドデッキはリビングの床と同じ高さ。
木塀と建具で囲んでいるので、周囲の目を気にせず過ごせるアウトドアリビングになりました。

玄関とのつながりはこんな感じ。

中庭を上手に利用して間取りに活かした事例です。

 

中庭のある家 事例②観賞用の庭をつくる

鑑賞用の中庭をつくりたいというケースもよくあります。
まずはこちら。
玄関アプローチから中庭へのつながりを重視し、「旅館のような家にしたい」という希望をカタチにしました。

このアプローチの奥にこんな中庭があります↓↓↓↓

見てもらうとわかる通り、この庭はリビングなど主要な部屋には面していません。
採光や通風のためでなく、本当に「自分が帰ってきたときにこんな風景に迎えてほしい」という願いだけを叶えたものです。
中庭を演出に活用した事例だといえます。

 

中庭のある家 事例③お風呂から眺める庭

こちらも観賞用の庭の一例ですが、「お風呂から庭を眺めたい」という希望を叶えたケース。
お風呂という場所の性質上、庭が外からの目線を遮るようにできていなくてはいけません。
裏庭で周囲を木塀で囲むといった方法もありますが、こちらでは中庭を活用しました。

中庭と浴室、ほかの部屋の位置関係はこんな感じ。

実はこの家には中庭が2カ所あるんですが、上図で青い方の中庭が浴室に面しています。
まわりにウッドデッキを設えて、リビングからも出入りできるようになっています。
リビング側から見たところがこちらです↓↓↓↓

少しわかりにくいかもしれませんが、画像右端が中庭です。
お風呂側から見るとこうです。

入居後、中庭に木を植えられたので今はお風呂から緑を楽しめます。
ところで、この配置だとリビングからお風呂の中が見えるんじゃ???と心配になりますよね。
実際に行くと、絶妙な位置関係でお風呂の中は見えませんのでご安心ください。

こちらのお住まいにはもうひとつ中庭があるので、ご紹介しておきましょう。
先ほどの簡単な配置図で、色がついていない「中庭」の方です。
矢印が道路から家へのアプローチですが、インナーガレージと中庭を通り抜けて玄関に至ります。

上の画像はガレージ側から玄関を見たところ。
手前の格子戸がガレージの戸で、そこから玄関までのあいだが中庭です。
この画像ではちょっとわかりにくいですが、ここにも植栽があって気持ちいい空間になっています。
中庭が奥行を演出している事例です。

 

中庭のある家 事例④中庭で居室のつながりをつくる

リビングや和室、各居室を中庭に面して配置することで空間のつながりをつくった事例です。

リビング側、和室側から見るとそれぞれこんな感じ。

中庭の向こうにお互いが見える、ほどよい距離感になっています。
2階の居室もすべて中庭に面していて、家族の存在がほんのりと感じられる位置関係です。

 

中庭を考えるときに気をつけたいこと

ここまでに見てきたメリット・デメリットと事例を踏まえて、中庭を考えるときに気をつけたいことをまとめておきます。
一番言いたいのは、目的と完成イメージをはっきり持っておこう!です。
デメリットのところでもお話ししましたが、中庭をつくると建築費用も光熱費も高くなりがちです。
具体的な使い方を考えずにつくって使わなくなってしまうと、もったいない空間になってしまいます。
中庭には植栽やウッドデッキを配することが多いですが、これらもお手入れをしないと残念な見た目になってしまい「つくらない方がよかった」という結果になりかねません。
まずはとにかく何のためにどんな中庭をつくるのかをよく考えて、設計士に相談しましょう。

その上で、もう少し細かい注意点を見ていくと。

①近隣との距離感、位置に注意しよう
中庭の位置が隣の家のリビングの前などにならないよう注意しましょう。
特に鑑賞用やアウトドアリビングとして使う場合には、中庭を眺めたりそこで過ごしたりするたびにお隣さんと目が合うなんてことになってしまいます。
住宅密集地ではそれほど位置が選べない場合もありますが、そのときには木塀や植栽で目隠しするなどお互いのプライバシーが保てるように配慮しましょう。

②西側は西日に注意しよう
西側に中庭をつくると、西日をまともに受けてしまいます。
どのくらい隣家の陰になるかにもよりますが、陽当たりがよさそうな場合には避けた方が無難です。
周辺環境しだいですが、南北に長い家ならできれば東側を優先的に検討した方が使いやすい空間になるでしょう。

③日陰に強い植栽を選ぼう
中庭は陽射しが入る時間が限られているため、植栽は日陰に強い種類を選びましょう。
事例②でご紹介した鑑賞目的のお庭には比較的日陰に強いモミジが植えられています。
照明と相まって、旅館っぽさが増していますよね。
どんなイメージにしたいかと合わせて検討しましょう。
また植栽がある場合は水やりをしなくてはいけませんので、水栓も必須です。

事例②のモミジの現在。大きく育っています

④ロの字の中庭は特に陽当たりに注意しよう
今回ご紹介した事例はすべて建物がコの字型の配置でしたが、ロの字型で真ん中に中庭をつくる方法もあります。
ただ、ロの字のときにはコの字のときよりさらに陽当たりが悪くなりやすいので注意が必要です。
それなりに広さがないと暗くて寒い空間になってしまうことも。
コの字の場合もそうですが、ロの字の場合は特に、住宅会社に陽当たりと風通しをよくシミュレーションしてもらいましょう。

来場予約はこちら