愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

24時間換気システムを選ぶポイント~第1種から第3種の違いと熱交換型のメリット、設置の注意点まとめ~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『24時間換気システム』です。

2003年の建築基準法改正で24時間換気設備の設置が義務付けられました。
空気の質を気にする人が増えた最近では、家づくりに際して確認しておきたいポイントのひとつにもなっています。
今日は住宅の換気システムの基本知識を確認した上で、よりよい環境で暮らすために検討したい第1種熱交換型換気システムについてお話しします。
新築のときに気をつけたいこと、既存住宅に24時間換気システムを設置する方法も参考にしてください。

 

この記事でわかること
●24時間換気とは
●第1種・第2種・第3種換気の違い
●熱交換型換気システムとは
●新築時の換気システム設置の注意点
●既存の換気システムを第1種熱交換型に変更するには

 

24時間換気とは

2003年建築基準法改正で24時間換気システムの設置が義務付けられました(建築基準法第28条の2第3項、詳細は建築基準法施行令第20条の8)。
住宅の場合、1時間で室内の空気の半分を入れ替えることができる機械換気設備を設置しなくてはいけません。

もともと建材に含まれるホルムアルデヒドなど人体に悪影響を及ぼす化学物質を屋外に排出するためにつくられた法律なので、内装材の使用制限なども内容に含まれています(国土交通省資料)。
現在ではシックハウス症候群の原因となるような建材を使うことはほとんどありませんが、では24時間換気システムは不要なのかというと、実はより必要になっています。
なぜなら高気密住宅が増えているから。
昔の家はすきま風だらけだったので換気システムなんてなくても自然と空気が入れ替わっていましたが、現代の高気密住宅は計画的に換気しないと室内の空気が入れ替わりにくいんです。
すると家の中に二酸化炭素が溜まりやすくなったり、湿気がこもって結露の原因になったり。
室内に二酸化炭素が増えると眠気が襲ってきますし、もっとひどくなると頭痛やめまいを起こすこともあります。
結露でカビが発生したらシックハウス症候群同様に健康に害を及ぼしますから、やはり24時間換気システムは必要です。

実際の家づくりのでは、設計段階で換気システムの種類と換気経路を計画し、換気計算をして規定に達していることを確認します。
このあと第1種~第3種の違いを説明しますが、建物の構造やお施主様の考え方、それに予算なども考慮して決めていきます。

 

第1種~第3種換気の違いとメリット・デメリット

換気の方法は3つあります。
それぞれの違いは給気または排気を機械で行うかどうかです。

給気 排気
第1種 機械 機械
第2種 機械 自然
第3種 自然 機械

第1種換気
給気も排気も機械で強制的にするしくみで、空気の出入りを機械でコントロールするため換気量を適切に調整しやすい方法です。
後半でご紹介する「熱交換型換気システム」は第1種でないとできません
熱交換型なら常時換気をしても室内の温度を維持できるというメリットも。
デメリットは設備費用が高くなることですが、熱交換型なら初期費用は高くても住み始めてからの冷暖房費を抑えられます。
このあたりは後半で詳しくご説明します。

第2種換気
機械で給気して自然排気するしくみですが、住宅ではほとんど使われません
室内を正圧(気圧が高い)状態にするため外気の影響を受けやすく、外気温によって空調効率が落ちたり、湿気を取り入れてしまって結露の原因になったりすることがあるからです。
おもに手術室やクリーンルームなど外部の汚れた空気が入らないようにしたい場所で使われます。

第3種換気
自然に吸気し機械で排気するしくみで、最もたくさん採用されているといっていいでしょう。
中島工務店で第3種を採用する場合は各居室に給気口を設置し、トイレなどに換気扇(パイプファン)を設けてそこから排出しています。
多くの住宅会社でも同様に、各居室に給気口+ファンをまわしても気にならない場所に排気設備を設置しているはずです。
こんなやつ、お部屋にありませんか↓↓↓↓

画像は三菱電機様サイトより拝借

第3種のメリットは、第1種に比べて簡単な設備なので設置費を抑えられること。
一方、デメリットは換気の際に室内の気温を維持できないことです。
このタイプではパイプファンという扇風機のような羽根が回っているだけなので、熱交換型のように室内の熱を回収・再利用できません。
夏や冬にはせっかくエアコンで冷やしたり温めたりした空気を逃がしてしまい、空調効率が下がってしまいます。
また、一部では「排気ファンの音が気になる」と感じる人もいて、「寒い」「うるさい」といった理由で電源を切ってしまうケースもあります。
そうするともはや24時間換気できていません・・・。
住む地域や人によりますが、室温と音を気にせず常時動かしておけるなら第3種はコストを抑えて計画換気できるよい選択肢だといえます。

 

第1種熱交換型換気システムとは

さて、音はともかく、換気しつつ室温を維持する方法はあります。
第1種熱交換型換気システムです。

熱交換とは排気のときに室内の暖かさや涼しさを回収して再利用するしくみです。
「熱を回収???」ってなりますよね。
排出する空気に含まれる熱だけを素子という部材で回収して、給気に異動させて室内に戻すというものです。
詳しくは第1種熱交換型換気システム・ロスナイ公式ページの説明をご覧ください(ロスナイは弊社が第1種を採用する場合の標準機種です)。
長久手Studioにもロスナイが設置されていますが、特に真夏や真冬にはありがたさを感じます!

画像は三菱電機サイトより拝借

熱交換型換気システムには、熱交換のしくみとして「全熱式」と「顕熱式」があり、設備には「ダクト式」と「ダクトレス式」があります。
全熱式は温度と湿度を両方交換するもの、顕熱式は温度だけを交換するもの。
ダクト式とダクトレス式は文字通りダクトを使用するかどうかの違いです。
それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらがよいかには様々な意見がありますが、それについては別の機会に検討したいと思います(専門的で長くなるから!!!)。

このあと新築住宅・既存住宅それぞれに換気システムを設置する場合の注意点を見ていきますが、今回は、第1種熱交換型としてはロスナイ(全熱式・ダクトレス)を取り上げます。
※ロスナイにもダクト式がありますが、今回はダクトレスを取り上げます。

 

新築時にチェック! ①ロスナイvs第3種のお値段の違い

まずは気になるロスナイ(ダクトレス)と第3種のお値段の違いから。
当たり前ですが、ロスナイの方が機器そのもののお値段が高くなります。
ロスナイ1台あたりのお値段は、パイプファン(トイレ設置用)の3~6倍といったところ。
機種によるのでちょっと幅がありますね・・・。
ちなみに第1種熱交換型の中ではロスナイは最も安価な機種のひとつです。

第1種でも第3種でも、ダクト式でない限り各居室に機器が必要です。
ロスナイなら各居室に1つずつ、第3種ならパイプファン2台程度+各居室に自然給気口。
つまり「1台あたりの金額の差×お部屋の数」となるので、家1軒分だと結構な違いになります。
ちなみに、ダクト式だと一式で50万円~となってなかなか高額です。

 

新築時にチェック! ②第3種排気口のシャッター

第3種を設置するときには排気口のシャッターの有無にも気を付けましょう。
第3種にはシャッター付のものとそうでないものがあり、シャッターがないものは台風のときに強風が排気口を逆流して入ってくることがあるので注意が必要です(長久手Studioで実際に起こったことがあり、排気口のホコリがトイレ内に飛散しました・・・)。
第3種ならシャッター付排気口を選ぶのがオススメです。
また、強風が予測されるときには忘れずにシャッターを閉じましょう(長久手Studioはちゃんとシャッター付いてるのに閉じてなかったんです・・・)。
給気口は通常閉じられますので、忘れずに閉じましょう。

 

新築時にチェック! ③自然給気口の取付位置

第3種の自然給気口からは意外と風を感じます。
「寒い」と閉じてしまう人がいるくらいですから。
自然給気口は人がよくいる位置、特に顔や体で風を感じやすい場所を避けて設置するのがオススメです。

自然給気口は、その部屋の中で排気口に遠い方に付ける必要があります。
排気口はトイレなどにある場合が多いですから、通常は各居室のドア(=排気口があるトイレにつながる経路)の対角の壁などに給気口を設置します。
こうすることで給気口から入った空気がしっかり室内を横切って排気口へと流れていくわけです。
逆にいうと、このために室内でのおよその位置は決まってしまいます。
そこが人がよくいる位置だったときには身長より高いところに設置するなど、体で感じにくいような工夫をした方がいいでしょう。

 

既存住宅にロスナイを設置するなら

2003年の24時間換気システム義務化前に建った家や第3種を設置している家にもロスナイ(ダクトレス)を設置することができます。
まずは住宅会社に必要な換気容量を計算してもらいましょう。
換気容量によって設置する機器が決まります。

実際に設置するために必要なのは、電源と給排気のための穴をあけること。
とはいえ、完成した住宅ではどこにでも穴をあけていいわけではありません。
気密などに配慮しつつ、設置位置を決定します。
設置したい場所の近くに電源がない場合はどこかから配線してこなくてはいけません。
住宅会社に相談すれば、そうした点を含めて計画してくれます。

ロスナイを設置すれば窓が開けられないときにもしっかり換気ができ、空調効率も上がって快適な室温を維持できるようになります。
が、それなりの費用がかかるので全室にとはいかない場合もありますよね。
そんなときには、例えばLDKなどよく使う部屋にだけ設置する方法もあります。
ただし、設置した部屋だけ室温を維持しやすくなるので、ほかの部屋と温度差ができてしまうのは避けられません。
また、気密性が低い住宅ではそもそもすきま風がたくさん出入りしているので、ロスナイをつけても効果は限定されますのでご注意ください。

 

第3種のパイプファンを取り替えるのもオススメ

数年~10数年前に建った住宅で第3種を採用している場合は、パイプファンを取り替えるのもオススメ。
換気扇は数年でずいぶん進化しているので、音が静かになり換気性能もよくなります。

センサー付きの製品も増えています。
●人感センサー:トイレなどに設置され、人がいると強運転にいなくなってしばらくすると弱運転に自動で切り替わる。
●湿度センサー:設定湿度を超えると自動的に強運転に。洗面室や室内干しに最適。
●温度センサー:設定温度を超えると自動的に強運転に。夏にぴったり。
●雑ガスセンサー:タバコの煙を感知して自動的に強運転に。

製品代+工事費が必要ですが、今あるファンを取り替えるだけなので工事費はそんなにかかりません(天井設置、ダクト式の場合を除く)。
音や性能が気になっているならぜひ検討してみてほしいと思います。

 

おまけ;給気口付サッシ、脱臭・花粉やPM2.5対策

第1種熱交換型なら確実に換気できるほか、室温を快適に維持できます。
第3種は音や室温の変化が気になる場合はありますが、低コストで常時換気できます。
それぞれにメリット・デメリットがありますが、どちらにしても24時間換気システムがあればそれだけで2時間に1回家全体を換気できます
極端な話、まったく窓を開けなくても換気できるわけですからとっても便利です。

最後に「こんなものもあるよ」という製品をご紹介しましょう。
まずは給気口付のサッシ。
サッシに換気框(かまち)が付いていて、スリットを開けると換気できます。
24時間換気に対応した製品もあり、適切な換気容量を満たせば給気口をつけなくてよくなります。
「見た目的に給気口がイヤだなぁ」という場合は検討の余地ありです。

画像はYKKap様サイトより拝借

においが気になる場所では脱臭機能「ヘルスエアー」を付加したロスナイという手もあります。
0.1~2.5μmの粒子を除去する機能もあるので、花粉やPM2.5対策にも有効です。
換気システムにこれらの機能を付加すれば、よりよい空気環境で生活できます。
空気環境にも気を配る時代、気になることがあれば住宅会社や設計士さんに相談してみてください。

来場予約はこちら