愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

リフォーム実例レポート!無垢の床、外部木部の塗装、窓サッシの入れ替え、吹き抜けを部屋にするなど~可児モデルハウスの場合~

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『リフォーム』、それも当社のモデルハウスの実際の工事をレポートします!

リフォームって実際いくらくらいかかるんだろう?本当にきれいになるのかな?
リフォームの広告はたくさん見かけますが、実際どうなのかって気になりますよね。
中島工務店では築10年を迎えた可児モデルハウスのリニューアル工事を実施、今回はその様子をレポートします。
特にお客様からよくご相談をいただく箇所を取り上げて、具体的な工事の様子やおよその金額をご説明。
外部木部の塗装や無垢の床を削って塗装するなど、木の家ならではの手法もありますので参考にしてください。

この記事でわかること
●リフォームの流れ
●リフォーム工事の実態とおよその金額
●リフォームの注意点
★今回取り上げる工事
無垢の床のサンダー掛け+塗装、窓サッシの入れ替え、吹き抜けの一部を部屋にする、ウッドデッキ張替え、外部木部の塗装

 

この記事に掲載している工事の方法や金額は、今回の可児モデルハウスリニューアル工事の場合です。
元の建物の造りや環境、工事前の状況によって工事の方法も金額も変わります。
この記事はあくまで参考としてご覧いただき、実際の工事に際しては施工業者にしっかり相談しお見積もりを取得してください。

 

リフォームの流れ~中島工務店の場合

中島工務店の場合、リフォーム工事は通常次のような流れで進みます。

リフォーム工事の流れ
1)お客様からご相談をいただく
2)担当者がご要望やご予算を聞き取り
3)現地調査
4)設計 ※必要ない場合は省略します。
5)ご提案・御見積書を提示
6)ご契約

 

上記の流れの中で「3.現地調査」は既存建物の築年数や状態、お客様のご要望によってさらに詳細な調査を行う場合があります。
「4.設計」は、例えばキッチンや洗面台といった住宅設備の入れ替えや床の張替えなど、間取りの変更や構造に関わる工事を伴わない場合は省略します。

 

可児モデルハウス着工までの流れと一般的な注意点

可児モデルハウスの場合は、まず関係者で集まって「現在のモデルハウスの問題点」と「これからどんなモデルハウスにしたいか」を話し合いました。
その結果。
●新築した2010年当時と現在では温熱環境の考え方がやや違う。現在の考え方に合わせて断熱性能をアップグレードしよう。
●家で過ごす時間が長くなった今、家族がほどよい距離感で過ごせる空間にしよう。
という2点がおもな目的として決まりました。
一般のご家庭でもここで「何のためにどうしたいか」を家族全員でしっかり検討することが納得できるリフォームの第一歩です。

ちなみに可児モデルハウスLITTLE KASHIMOはこんな建物です。

可児モデルハウスLITTLE KASHIMO
2010年3月竣工
延床面積 43坪(別途ギャラリー棟あり)
おもな外部仕上げ 屋根:陶器瓦(和型)、外壁:そとん壁・ガルバリウム鋼板
おもな内部仕上げ 床:桧上小節・杉上小節、壁:中霧島壁ライト

 

方針が決まったら、設計です。
今回はモデルハウスということもあり、担当設計士は家族と一緒に体験宿泊して実態を確認しました。
その上で改めて関係者みんなで改修箇所を検討しながら、図面にまとめていきました。
一般の皆様の場合は、設計士が改修案をご提案しますのでわからない点があれば質問していただき、納得できるまで検討してください。

改修内容が決まったら工事スタッフの出番です。
現場監督が積算し、工程を組み立てました。
工事期間はモデルハウスを休業しなくてはいけませんし、工事完了後も写真撮影やパンフレット類の制作などリニューアルオープンに向けた準備があります。
そうした期間も含めて十分調整した上で工程と休業期間が決定。
2020年6月1日から休業、着工、8月後半に再オープンという運びになりました。
一般のご家庭の場合、工事がある部屋の荷物を運び出したり、工事の規模によっては一時的に仮住まいに引っ越さなくてはいけないこともあります。
生活にも影響しますので、どれくらいの期間、どんな対応をしなくてはいけないか設計士・現場監督とよく相談してください。

それでは具体的な工事のレポートにいってみましょう!

 

工事① 無垢の床のサンダー掛け+塗装

中島工務店の家は無垢の木が特徴。
床も東濃ひのきや長良すぎの無垢フローリングをオススメしています。
無垢の床は年月とともに飴色に変わっていく姿が「経年美」として好まれていますが、キズや日焼けの状態によっては「いったんキレイにしたい」と思われるお客様もいらっしゃいます。
そんなとき、建材の床なら張り替えるしかありませんが、無垢の床は表面を削ることで木の美しさがよみがえります。
今回実施した床のサンダー掛け+塗装は無垢の木の家ならではのリニューアル方法です。

というわけで、まずは専用の機械で表面を削っていきます。
色が濃いところが削る前、白いところが削った後です。
10年でこんなにも深い色になっていたんですね~。

下の画像の通り、きれいに削れました。
が、画像の右半分はさらに白っぽいですよね。
これはここに家具を置いていた跡です。
表面を削っても、日焼けの跡はある程度残ってしまいます。

2階子ども室

削り終えたら塗装です。
使用するのはリボスカルデットという塗料。
刷毛と専用スポンジで塗っていきます。

全体を塗り終えました。

2階子ども室2

これでしばらく乾くのを待ちます。
天候によりますが、だいたい半日から24時間くらいあれば乾きます。

無垢の床のサンダー掛け+塗装については、こちらの記事でより詳しくレポートしていますのでご覧ください。

工事② 吹き抜けの一部を部屋にする

新築のときに「吹き抜けの開放感はほしいけれど、子どもが大きくなったらもう一部屋ほしい。とりあえず吹き抜けにしておいて、いずれそこを部屋にするかなぁ」なんて検討される方、いらっしゃいますよね。
それを具体的にやってみました。
可児モデルハウスの場合は、ここにライブラリーコーナーをつくることで家族がほどよい距離感で過ごせる空間をつくるのが目的です。

もともと、吹き抜けに面して共有のデスクコーナーがありました。

これを長時間心地よく過ごせるようにもっとゆったりした空間につくりかえます。
具体的には8畳分あった吹き抜けの半分、4畳分に床を張りました。
まずは既存のカウンターの解体から。

1階から見るとこんな状態に。

ここに新しい床を張るために、梁を掛けていきます。

照明は後で移設します

見えないところで、既存の梁にしっかりボルトで接続します。

2階部分に構造用合板、杉の無垢フローリングの順で張っていきます。

下から見える部分は新しい天井になるので、こちらも桧をきれいに張ります。

手すりをつくって・・・。

造作工場でつくられた書棚を設置、塗装したら完成です。

吹き抜けだったところに新しく4畳分のスペースができました。
今回は既存の吹き抜けに対してオープンな造りにしましたが、もちろん壁をつくって独立した部屋にすることもできます。

 

工事③ サッシの入れ替え

断熱性能のアップデートのひとつの方法がサッシの入れ替えです。
窓の断熱性向上にはおもに2つの方法、①内窓設置、②サッシの入れ替え があります。
内窓設置の方が簡単ですが、今回はサッシを入れ替えることにしました。

サッシを入れ替えるためには外壁を一部壊してやり直さなくてはいけません。
可児モデルハウスでは、左官壁の部分と板金壁の部分がありましたので両方ご紹介しましょう。
とはいえ、基本的な流れは同じ。
周囲の外壁を一部解体→サッシを入れ替え→再度外壁をつくる、です。
今回はサッシをより高断熱な製品に入れ替えましたが、サイズは変わっていません。
ですので、内壁の工事はありませんでした。

では、まずは左官壁の場合。
左官壁(今回はそとん壁)に取り付けられたサッシを交換する場合は、サッシまわりの左官壁を切り取ります。
左官壁の場合はこんな感じで、壊す範囲は比較的小さくて済みます。

サッシを入れ替えたら、再度壁をつくっていきます。
これは通常の壁を塗る工程と同じで木摺の上に下塗りをして、仕上げます。

一方、板金壁(今回はガルバリウム鋼板)の場合はガルバリウム鋼板1枚分をまるごと剝がすことになります。
ガルバリウム鋼板は外壁の上から下まで長い板を張っているので、それをすっかり剥がします。
部分的に切ると見ためにも外壁としての性能にもよくないので、これはやむを得ません。

窓まわりを同様に剥がします

こちらもサッシを入れ替えた後は新築のときと同じようにガルバリウム鋼板を張っていきます。

最後の画像にあるように、2階の窓サッシを入れ替えるときには足場が必要です。
せっかく足場をつくるなら外壁や屋根の塗装も一緒にやるように計画すると、お金の面でもスケジュールの面でも効率的です。

 

工事④ 外部木部の塗装

外部木部というのは破風や鼻隠し、軒天など外にあって木でできているところです。
中島工務店のお客様は木が好きな方が多いので外部にも木を使っていただくことがよくありますが、どうしても傷みやすいのがこの外部木部です。
築10年経った可児モデルハウスもこんな感じになっていました。

今回はここにオスモ カントリーカラープラスという塗料を塗ります。
先ほどの床と同様にいったん表面を削って塗装する方法もありますが、カントリーカラープラスは表面を削らずにそのまま塗れるのが特徴。
可児モデルハウスは元の塗装が濃い色だったので、そのまま上から塗る方法を選びました。

こんな感じになりました。
きれいになりましたね!

下の画像では右半分だけ塗装済です。
違いがよくわかります。

可児モデルハウスにはこのような濃い色の木部のほかに、木そのものの色を活かした部分もあります。
そういった部分は表面を削ってクリア塗装し直しました。
白っぽくなっているところが削った部分です。

外部木部も表面を削って塗り直すと見違えるようにきれいになります。

 

工事⑤ ウッドデッキの張替え

ウッドデッキも傷みやすいところのひとつです。
特に可児モデルハウスのウッドデッキは屋根や軒がないためか、ずいぶん傷んでいました(お客様宅でもここまで傷んでいるのはなかなかありませんのでご心配なく!)。

部分的な補修も検討しましたが、調査の結果、土台まで傷んでいたので今回はすべてつくり直すことに。
まずは解体です。
木を1本1本バラしていきました。

新しいデッキの木材はウッドエイドカラーという塗料で塗装します。
中島工務店では「先行塗装」といっておもな部材をあらかじめ工場で塗装してから現場に納品します。
その方が作業効率がよく、仕上がりもきれいになります。

土台を組みます。

その上から板材を張って・・・。

完成です!

この記事では工事の箇所別にご紹介しましたが、実際にはいろいろな工事が並行して進みます。
実はここでご紹介したほかにもいくつかの工事をしましたので、工期はおよそ2カ月弱でした。

 

リフォームの費用~可児モデルハウスの場合

さて。
最後に、皆さんが気になるリフォームの費用をご紹介しておきましょう。

床 サンダー掛け+塗装(1階・2階・階段):約28万円
サッシ入れ替え(外壁やり直しを含む、足場別途)
①YKKapエピソードたてすべり出し窓・そとん壁部分:約9万円
②YKKapエピソードたてすべり出し窓・ガルバリウム鋼板壁部分:約13万円
外部木部塗装:合計 約54万円
足場設置費:約30万円

 

最初にも書きましたが、今回の工事の方法と金額はあくまで可児モデルハウスの場合です。
既存建物の状態やご要望によって工事の方法も金額もずいぶん変わりますので、参考としてご覧ください。
床のサンダー掛け+塗装は、実際には部屋単位でご相談いただくことが多いので、例えば「8畳の部屋でいくら」といった見積もりをさせていただくことになります。
窓も今回例に挙げたのはいずれもトイレの窓ですが、大きさや種類によって違ってきます。
どこを何のために、どんな風にリフォームしたいのか、予算はいくらくらいなのかをよく検討してご相談ください。

リニューアルした可児モデルハウスの全貌は期間限定の“可児モデルハウスLITTLE KASHIMOリニューアルウィーク”でお披露目します。
詳細および来場予約は下記よりお願いします。


新築をご検討中のお客様には「家族がほどよい距離感で過ごせる木の家」を。
リフォームをご検討中のお客様には「建物を暮らしに合わせてつくり直す方法」をご覧いただけます。
可児モデルハウスLITTLE KASHIMOにぜひご来場ください。

 

おまけ;インテリア設営

今回のリニューアルに際し、名古屋の家具店「鈴屋」の鈴木貴詞社長にインテリアのご協力をいただきました。
とはいっても家具などは既存のものを使うという制約つき。
なかなか難しい条件でしたが、逆に今あるものを活かしたインテリアの参考になる仕上がりになりました。

インテリアのテーマは『東濃モダン』。
元からあるものに何をどう足したり引いたりしたのか、ぜひ現地でご覧ください。

来場予約はこちら