愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

ウッドショックによる住宅会社・工務店との合意書は交わすべき?背景とチェックポイントを解説

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『ウッドショックによる合意書』です。

2021年4月、住宅業界をウッドショックが襲いました。
いまや一般のニュースでも取り上げられるほどの事態となっており、着工や引き渡しの遅れ、値上げが現実になってしまいました。
大手ハウスメーカーでは坪単価数万円の値上げが起こっています(ウッドショックだけが原因ではありませんが)。

このような状況の中、ネット上では「住宅会社から合意書にサインを求められたけどどうしたらいい?」といったお施主様の声が見られるようになってきました。
工期の遅れや値上げの可能性に合意を求めるもので、お施主様が困惑されるのも当然です。
今回はこのウッドショックによる合意書について工務店の立場から背景やチェックポイントを率直に解説します。
結論としては、納得できないなら合意書にはサインしない方がいい、けれどサインしなければこの1年程度は着工できない恐れがある といったところです。

この記事でわかること
●ウッドショックによる合意書とは
●合意書が求められる背景
●合意書のチェックポイント
●合意書にサインしなかった場合、または合意書なしで着工した場合に起こること

 

ウッドショックについてはこちらの記事をご覧ください。

 ウッドショックによる合意書とは

ウッドショックによる合意書に定型はありません。
住宅会社・工務店によって細かい内容は異なりますが、目的は同じで契約後・着工後に工期および金額が変更になる可能性があることに合意するというものです。

通常は契約書に工期や金額が明記されていて、お施主様と住宅会社はその内容に同意して契約します。
もちろん工事中にいろいろな事情で工期が延びたり、仕様変更で金額が変わることはあります。
その場合は改めて変更契約を結ぶといった対応になりますが、それは天候等によるやむを得ない工期延長だったり、お施主様の希望あるいは納得した上での仕様変更なのでウッドショックの合意書とは位置づけが異なります。

ウッドショックの合意書にお施主様が困惑されるのは、工期や金額がどうなるかわからないからですよね。
それもきちんと同意して契約したにもかかわらず、「予定通り建たないかもしれないし、値上がりするかもしれないけどよろしくね」と言われているようなものですから簡単に納得できなくて当然です。
私たち住宅会社もこんな合意書にサインをいただきたいわけではありません。
ですが、そうしなければならない事情があります。

 

合意書が必要な背景

ウッドショックにより、一部木材は入荷時期が未定で金額もわからないという状況が続いています。
特に金額は「木材は時価」といわれる異常な状態になっていて、私たち工務店も発注しなければ金額がわかりません。
日々価格が変わるため、発注前に見積もりをとるという当たり前のことができなくなっていて、発注して初めて金額を教えてもらえるのが実情です。

おそらく木材を売る側も本来は見積もりに対応したいはずです。
けれども彼らもいくらで仕入れられるかわからず「●日間有効」の見積書が出せなくなっているのです。
それでも住宅会社・工務店各社は金額不明のまま発注します。
なぜなら、木材を手に入れるためにはそうするしかないからです。
そうして発注しても必ず工程通りに入手できるとは限らないので、工期変更にも合意してほしいという話になります。
それくらい異常な状況が起こっているのがウッドショックなのです。

お客様に金額を提示するには発注するしかないというわけですが、発注するにはご契約していただく必要があります。
年間数百棟・数千棟建てる大手ならともかく、私たち中小工務店は建てるかどうかわからない段階で材料の調達はできません。
ご契約いただいてから発注するのが基本です。
こうした事情で、契約→木材発注→やっと金額がわかるという流れになった結果、お施主様に合意書をいただかなくてはいけなくなっているのです。

 

合意書にサインするべきか

だからといって合意書にサインするべきかどうか、お施主様としては悩みますよね。
工期・金額が変更になる可能性に納得できないなら合意しない方がいいでしょう。

ここまでに述べた通り、工期と金額の変更をある程度許容していただかなければ住宅会社は工事を請け負うことができないのが現状です。
中には「木材価格の変動リスクは住宅会社・工務店が負うべき」と考える方もいるでしょう。
契約を交わした以上、その契約に則って工事を進めるのが当たり前ですから、その意見は至極当然です。
私たち住宅会社も、本来そうしたいんです。
ですが、数週間で2割も値上がりしている現状でそのリスクを負える会社はほとんどありません。
そんなことをしていたら、いずれ倒産してしまいます。
家を建てた住宅会社が倒産してしまったら、それもお施主様にとっては大きな問題ですよね。

お施主様を脅すわけではありませんが、お施主様が納得できる価格でいい家を建てたいと思っているのと同じように、私たち工務店も適正な価格で長く住んでいただける家を建てたいと思っています。
そして、その家のメンテナンスにも末永く対応したいと願っています。
ウッドショックに便乗して値上げを企む会社が絶対ないとはいいませんが、ほとんどの住宅会社・工務店はギリギリのところで負担できない部分をお客様に協力していただくしかないと考えて合意書を用意しています

このようなウッドショックがもたらした事態を許容できるなら、合意書にサインしてください。
工期は遅れるかもしれませんし、多少値上がりするかもしれませんが、住宅会社・工務店はしっかりと家づくりを進めていきます。

とはいえ、お客様にもいろいろな事情があります。
工務店に不信感があるわけではないけれど、どうしても譲れない入居時期がある・追加費用は支払えないといったケースもあると思います。
そうしたケースを含めて、納得できないなら合意書にサインしない方がいいでしょう。
多くの会社で、それはイコール契約しない、または契約はしたけれど着工できないという結論になります。
繰り返しますが、これは脅しではありません。
注文住宅は数千万円という大きな買い物ですから、ウッドショックに関係なく、納得できないなら契約しないのが基本です。
後悔しないように、自分たちの気持ちをよくみきわめて判断してください。

 

合意書のチェックポイント

合意書にサインしようと思ったときのチェックポイントは、合意書の内容が一方的でないかです。

例えば、中島工務店の合意書は「工期や金額の変更を提示できる」という内容になっています(※文言は多少違います)。
「提示できる」というところがポイントで、当社が一方的に提示した工期延長や値上げにお施主様が必ず応じるという合意ではありません。
とはいえ、応じてもらえないと困るというのが本音です。
それでも「提示できる」という合意にとどめたのは、納得していただけるよう説明を尽くすという約束だからです。
お客様に不信感を与えることがないようしっかり根拠を示して説明します、だから耳を貸してくださいというのが中島工務店の合意書です。

このように一方的でない合意書であれば、お客様もどんな理由でいくら値上がりするのか、どのくらい工期が延びるのかをきちんと説明してもらえるので納得しやすいというメリットがあります。
もしも提示された合意書が「住宅会社・工務店が提示した工期延長や値上げに応じる」と断定しているようでしたら、サインするかどうかは慎重に考えた方がよいでしょう。

ただし、中島工務店のような説明と合意を前提にした合意書にはごね得が生じる恐れがあるというデメリットもあります。
工務店の説明に対して「納得できない」と主張し続けたお施主様と合意に応じたお施主様で結果に差が出る可能性がゼロではありません。
私たちはそんな不公平が起きないように努めますが、絶対に公平な結果を約束することはできません。
合意書にサインするかどうか判断するときには、ほかの人と比べるのではなく、自分が納得したら合意するという心構えを持っていただきたいと思います。

もうひとつ注意していただきたいのは、合意書へのサインを依頼してくる住宅会社・工務店のスタッフの人柄に惑わされないことです。
家づくりは住宅会社・工務店と二人三脚で取り組むものですから、契約に至るまでに親しい人間関係ができていることが多いはずです。
でも、合意書の内容を決めるのはその人ではありません(その人が社長さんでない限り)。
合意書については「いい人だから」と思わず、文面をよく見て判断してください。

 

合意書にサインしなかったときに起こること

合意書にサインしないと判断したときには、この先1年程度は家は建たないと考えてください。
合意書を必要とする住宅会社・工務店は、合意書なしでは実質的に着工しません。
ここまでに述べた通りの事情ですので、もし契約済でも材料の調達を見合わせる→着工しないという判断は十分あり得ます。

そしてウッドショックは1年程度は続くと考えられています。
もちろん先のことはわかりませんし、いろいろな立場の人たちがこの事態を解消するために力を尽くしていますので、思ったより早く落ち着くという可能性もあります。
逆に、1年以上続く恐れもあります。
ただ、今のところ短期間で供給が間に合うと予測している人はいませんので、工期にかかる数カ月を考慮すると1年以内に入居できる可能性はほぼなくなるでしょう。
繰り返しになりますが、だからといってサインすればいいというわけではありません。
ご自身が納得できるか、十分考えて判断してください。

 

合意書なしで着工したらどうなる?

すべての住宅会社・工務店が合意書を交わすわけではありません。
合意書を交わさず着工する住宅会社・工務店ももちろんあります。

では合意書がなければ値上げも工期延長もないのかといえば、当然あり得ます。
大量に木材の在庫を抱えていたり、年間契約等で優先的に仕入れを確保している一部の会社を除けば、ウッドショックの影響は甚大です。
実際の仕入れで価格が高騰していたり、予定通りの時期に仕入れられなければ必ず費用や工期に影響します。
このときにどうするかは住宅会社・工務店しだいですが、合意書なしでも値上げや工期延長を打診してくる会社はあるでしょう。

住宅会社・工務店から契約書通りの内容で木材を確保できているという明確な説明がない限り「うちは合意書を求められていないから大丈夫」とは思わず、工事の途中で値上げや工期延長が起こる可能性があると考えておきましょう。

 

まとめ;納得できるかどうかで判断しましょう

しつこいようですが、住宅会社・工務店も望んで合意書にサインを求めているわけではありません。
世の中では、合意書によってお施主様と住宅会社・工務店の信頼関係にひびが入ってしまう残念なケースも起こってしまっているようです。
もちろん、お施主様が悪いわけでは決してありません。
その住宅会社・工務店の説明が足りなかったのかもしれませんし、十分説明しても受け入れられない事情があったのかもしれません。

ウッドショックは私たち住宅会社にとっても経験したことがない事態です。
十分な対応ができないケースもあると思いますが、それでもお客様の大切な住まいをつくらせていただく以上、説明を尽くす責任があります。
家づくりはお施主様と住宅会社のパートナーシップで成り立ちます。
お客様はしっかりと説明を聞いていただき、納得できるかどうかで合意書にサインする・しないを判断してください。

来場予約はこちら